2018年03月16日 (金)アビスパ 開幕から3試合負けなし


サッカーJ2のアビスパ福岡は、今月11日にツエーゲン金沢とアウェーで対戦しました。前半から細かくパスを回して攻めましたが、なかなかゴールをあげることができませんでした。後半12分に、福岡出身の鈴木選手が放ったミドルシュートがゴールをこじあけました。1対0で勝利したアビスパは開幕から3試合負けなしです。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
攻撃陣が好調のアビスパでしたが、固い守備が持ち味の金沢に対して攻めあぐねました。この試合でアビスパが放ったシュートは、たったの4本。開幕からの2試合では、1試合で10本以上シュートを打っていただけに、シュートの数を見ても明らかです。
そんな中、福岡高校出身の鈴木選手が積極的に打ったミドルシュートが決まって勝利したことについて、井原監督は「こういう苦しい試合をモノにしていくことが大切だと思うので、次につながる」と話していました。また、3試合負けなしについて井原監督は「もう少し様子を見てみないスタートダッシュに成功したとはいえない」と冷静に話していました。
 
s_180316_01.jpg
▲次はヴァンフォーレ甲府!
 
s_180316_02.jpg
▲ドゥドゥ選手は契約上甲府戦出られません

少し気になることがあります。開幕からこれまで先発出場を続けてきたドゥドゥ選手が相手の甲府からの期限付き移籍のため、契約上甲府相手の試合には出られません。井原監督は、「甲府は昇格のライバルになる」と話していただけに、ドゥドゥ選手のいない攻撃の形がどうなるのかにも注目です!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時24分


ページの一番上へ▲