2017年06月13日 (火)ソフトバンク ケガ人続出の中で先発を支える東浜投手


ソフトバンクは和田投手、武田投手、千賀投手と去年2桁勝利をあげた先発ピッチャー3人が離脱する緊急事態となっています。そんな中、先発投手陣を引っ張っているのが東浜投手です。勝ち星、投球回、防御率でチームトップ。活躍の陰には、若手の甲斐捕手と相談して取り組んだ「インコース攻め」がありました。インコースを強気に攻めることで、持ち味のシンカーが決まりやすくなりました。「自分がチームを引っ張る」と意気込む26歳が、ケガ人続出のチームを支えています。

s_170613_02.jpg
▲チームトップの成績で投手陣を引っ張る東浜投手

s_170613_05.jpg
★リポート動画はこちらから


sueishi_02.pngのサムネイル画像
今回の「ゆかメモ」は、東浜投手へのインタビューです。とにかくケガ人が多いシーズンとなる中、開幕からずっとローテーションを守り、今シーズンのエース級の活躍を続けています。去年は規定投球回に届かず、9勝に終わった東浜投手。6月12日の時点で6勝をあげている今シーズンの飛躍の要因は、「インコース」を強気に突くことにありました。持ち味のアウトコースに鋭く落ちるシンカーをより生かすため、インコースを攻めることをキャンプから取り組んできました。速球でのインコース攻めは、一歩間違うとボールがシュート回転して真ん中に入ってきてしまい、甘いボールになってしまいます。今シーズンからバッテリーを組む甲斐選手は、バッターの真後ろに立つくらいの勢いで、強気にインコースを要求し、ここまで上手くインコースを攻められています。
 
s_170613_03.jpg
▲インコースに投げ込む東浜投手

明日も予告先発された東浜投手は、巨人のエース菅野投手と投げ合います。特に意識することはないと話していましたが、「勉強することはあると思うので、しっかり投げ合いたい」と話し、やわらかな話しぶりの中に強い闘志を感じました。沖縄出身の東浜投手ですが、チーム内では「汗かきキャラ」として有名で、暑さが非常に苦手だそうです。そのせいもあってか、去年は体力が落ちてしまい、夏場に成績を落とし、ローテーションを外れてしまいました。ことしは、走る量やトレーニングの量も増やし、夏場に失速しないよう心がけているそうです。苦しいチーム状況を支える東浜投手の今後の活躍も期待したいです。

s_170613_04.jpg
▲投手陣にケガ人続出の中、心がけているのは「長いイニングを投げること」

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:17時24分


ページの一番上へ▲