2019年11月06日 (水)"生"で勝負!「養殖マグロ」 ~長崎 上五島~


長崎県の西に位置する、五島列島。新上五島町のスーパーでは週末になると、名物イベント「マグロの解体ショー」が行われ、活気にあふれる。かつてより、ブリやヒラマサの養殖が盛んな上五島。その養殖技術を生かし、20年ほど前から町をあげてクロマグロの養殖を始めた。
最大の特徴は、一度も冷凍しない「生」のまま提供していること。そのためには、水揚げから2分30秒以内に、神経や血、内臓を抜く「しめ作業」を完了させ、身を傷めないようにしている。また、エサには人間でも食べられるほど新鮮な「アジ・サバ」しか与えないなど、手塩にかけて育てられている。さらに対馬海流が流れ込み、流れが速い若松瀬戸で育てられたマグロは身が引き締まり、きめ細やかだという。
新上五島町では定期的に「マグロフェア」を開催しており、観光客からの評判も上々だ。上五島の新名物「養殖マグロ」を紹介する。

s_191106_01.jpgs_191106_02.jpg
一度も冷凍していない“生”のマグロ。食感とうま味が自慢!

s_191106_03.jpgs_191106_04.jpg
ひとつの生けすに約400匹。
安藤さんは、8つの生けすで年間50トンを水揚げしている。

s_191106_05.jpg
番組で紹介した養殖業者 安藤翔平(あんどう・しょうへい)さん 30歳

■「養殖マグロ」の購入は
▽カミティバリュー
住所:〒857-4511 長崎県南松浦郡新上五島町浦桑1396-1
電話:0959-54-2415

■「養殖マグロ」の問合せ
▽新上五島町 観光商工課
住所:〒857-4495 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷1585-1
電話:0959-53-1100


nakata.pngのサムネイル画像

s_191106_06.jpgs_191106_07.jpg

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、長崎・新上五島町の「養殖クロマグロ」をご紹介しました!
上五島を訪れたのは初めてだったのですが、山も海も本当に綺麗で、見ているだけで目の保養になりました…。
そして、そんな中で育ったマグロ、本当に、絶品でございました。
まず、とっても柔らかいんです。
赤身でも、口の中に入れるととろけるようでした。
そして、実はわたし、大トロが、脂っこいイメージであまり好きではなかったんですが…
今回食べた大トロ、しっかり脂がのっているのに、決してしつこくなく、すごく美味しかったんです!本当に幸せな気分でした…。

そして、そんなクロマグロを育てている、安藤翔平さんにマグロの養殖について教えていただきました。養殖場に連れて行っていただいたのですが、マグロは、私の想像をはるかに超える大きさでした…。しかも、泳ぐスピードも、高速道路を走る車と同じくらいに見えて…。圧倒されてしまいました。
それから、マグロを釣り上げて、“しめ作業”と呼ばれる出荷の準備をするところも見せていただいたのですが、マグロの力強さに驚きました。しめ作業では、内臓も取り出すのですが、心臓は、取った後も、しばらく単体で動いていて…そこに、マグロの生命力の強さを感じました。
そして、取材中、安藤さんは、クロマグロを育てる中での難しさなども話してくださったのですが、それでも、ちゃんと大きく育って、多くの人においしいと食べてもらえることが嬉しいと仰っていました。
来月から、上五島では、第三弾のマグロフェアが行われるそうです。
皆様も、この機会に、上五島へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲