2019年08月07日 (水)復活!絶品「赤ウニ」 ~熊本天草市五和町(いつわまち)~


熊本・天草の夏の味覚「赤ウニ」。7月に漁が解禁になり8月下旬までのまさに夏の味。一般的なウニより味が濃厚でうまみが強いそうです。地元の方も解禁を楽しみにする赤ウニ、「一度食べたらほかのウニは食べられない」というほどの美味だという。漁を行う通詞島は素潜り漁が古くから盛んな地域。しかし、このウニの漁場に10年ほど前からウミアザミいう軟体サンゴが繁殖し海底を覆ってしまいました。ワカメなどが育たず、ワカメを食べるウニも身が入らず絶滅の危機に陥りました。そこで地元素潜り漁の漁師達およそ30人が自分たちの手で漁場の回復に取り組みました。危機から10年、試行錯誤をしてやく海を回復することに成功。ワカメが復活し、ウニの実入りも回復前より良くなりました。この海の再生事業は去年、農林水産大臣賞を受賞した。天草の絶品赤ウニの魅力と海を守る地元漁師の取り組みを紹介します。

s_190807_01.jpg
25年のベテラン漁師 金子進さん

s_190807_02.jpg
水深7~8mの岩場にいるウニを探す

s_190807_03.jpg
天草漁協五和支所 裸潜組合のみなさん

s_190807_04.jpg
海藻が生い茂る藻場が復活

s_190807_05.jpg
「赤ウニ」は味が濃厚で甘みが強い

s_190807_06.jpgのサムネイル画像

■「赤ウニ」問い合わせ
▽天草漁協五和支所
住所:〒863‐2421 熊本県天草市五和町二江46889番6
電話:0969-33-0211
FAX:0969-33-0816
「赤ウニ」は8月いっぱいの販売予定。詳しくはお問い合わせください

s_190807_07.jpg


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いち、熊本県天草市の「赤ウニ」をご紹介しました!

まず、最初に!赤ウニ、おいしすぎました…。
あんなにおいしいウニを食べたのは、初めてでございました…。

すごく甘いんです。食べる前に、ウニを手に乗せると、結構身がしっかりしているなと感じたのですが、食べるとじわじわと口の中でとろけました。
そのあとも口の中がずっと幸せであふれていました…。

そんな、最高においしかった赤ウニの漁を、実際に船に乗せていただき取材しました。
漁師の金子進さんは、優しくて、とてもユーモアのある方で、お忙しいのに沢山のことを教えてくださいました。

まず、ボンベなどは一切つけず、素潜りで何度も潜ってウニを獲る、その手法と、何よりも金子さんの体力に驚きました。
私だったら、10分で音を上げてしまうだろうなと思いました…(笑)

そんな、金子さんをはじめ地元の漁師さんたちが、“きれいな自慢の海を作ろう”と思い、一生懸命にがんばったおかげで赤ウニはおいしく食べられるのだと思いました。
皆様も、この夏、きれいな海と、絶品の赤ウニを堪能しに、熊本・天草へ足を運んでみてはいかがですか!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲