2019年07月31日 (水)味は人なり!サクふわアジフライ ~長崎・松浦~


香ばしい衣をカリッと噛むと、中には肉厚なふわっふわの身が!天然アジの水揚げ量で全国上位を誇る長崎県松浦市は、今年4月から「アジフライの聖地」を掲げ、市内29軒の店舗でそれぞれ自慢のアジフライを提供している。おいしさのヒミツは、何と言っても飛び抜けた新鮮さ!刺身にしても当然おいしい大きなアジを、海水で保管したり冷やしながら調理をすることで、鮮度を保ち、臭みのまったくない、食べ応えたっぷりの味を実現した。このアジフライを町の名物とすべく、100軒以上の飲食店に声をかけたのが、『アジフライ番長』こと、地域経済活性課の樫山まちこさんら。最初は懐疑的だった町の人たちも、その実力を再発見し、松浦の誇りに思ってくれるようになったという。さらに、漁港で長年愛されてきた食堂の名物お母さんを取材。今や市外からの客も急増、「650円の定食で幸せになれた」という言葉を糧に、元気に働く地元の思いを伝える。

 s_190731_01.jpg
アジフライ定食
 
s_190731_02.jpg
中はふわふわ、外はサクサクのアジフライ
 
s_190731_03.jpg
松浦市役所地域経済活性課の樫山まちこさん(右)と永田裕紀さん(左)

s_190731_04.jpg
「魚市食堂」店主の坂本義江さん(66)

■アジフライを出している店舗
(1) 「あじ彩」
住所:〒856-4501 長崎県松浦市志佐町浦免1131-1
電話:0956-72-2955
営業時間:昼 12:00~14:00、17:30~22:00
価格:アジフライ定食 1080円(その日のアジの値段によって変動あり)

(2) 「長崎ちゃんぽん 焼肉の店 きらく」
住所:〒859-4522 長崎県松浦市今福町東免1-11
電話:0956-74-0361
営業時間:
(月・水) 昼 11:00~15:00
(木・金) 11:00~22:00
(土・日・祝) 11:00~15:00
価格:アジフライ定食 980円

(3) 「魚市食堂」
住所:〒859-4536 長崎県松浦市調川町下免695 松浦魚市場1F
電話:0956-72-3794
営業時間:5:00~14:00
価格:アジフライ定食 650円

■松浦市役所 地域経済活性課
住所:〒859-4502 長崎県松浦市志佐町里免365
電話:0956-72-1111
営業時間:8:30~17:15

■上記3店舗以外でアジフライが食べられるお店
「アジフライ食べ歩きMAP」に掲載。
市内の駅や観光物産協会などで入手可能


nakata.pngのサムネイル画像
 
s_190731_05.jpg

こんにちは!
中田理奈です。

今回の食いちは、長崎県松浦市の「アジフライ」でした!

私は松浦のいくつかのお店でアジフライを食べたのですが、店舗によって、味や食感も違い、それぞれに別の違ったおいしさがありました。

今までは、アジフライをそんなに特別美味しいものだと思っていなかった私は、松浦でアジフライを食べてみて、驚きました。
本当に、お箸で持った際に重みを感じるほどに肉厚で、アジのうまみや食感、すべてが美味しくて、感動しました。
アジフライの概念が変わり、これを食べるために、松浦に来る価値がある!と思いました。

アジの水揚げ量が全国有数の松浦、どこで食べてもアジはすごく新鮮で、とても美味しかったです。

しかし、私が松浦で魅力に感じたことは、アジフライのおいしさだけではありません。
人の温かさです。

番組でもご紹介したように、アジフライの聖地化への道のりは、沢山の人の協力があって成り立っているものでした。
松浦に住む人たちが、市が勝手に町おこししているものだ、と他人事に考えるのではなく、自分たちにもできることがあるのならば、と、みんなで町おこしに協力している様子が素敵だなと思いました。

今回取材させていただいた松浦の方々は皆さんとても優しくて、松浦への愛がある方々ばかりでした。

皆様も、是非、松浦の人々の温かさに触れに、そして、絶品のアジフライを味わいに、松浦市へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲