2019年02月06日 (水)若い力でホットな"焼き芋"を ~大分県・臼杵市~


大分県内の大手コンビニチェーンで、冬季限定で売られ人気を集めているのが、地元産さつまいもを使用した「焼き芋」だ。一般的なさつまいもの1.5倍という甘さが特徴の「甘太くん」。10年前の2009年1月に販売が開始され、生産量はこの10年で15倍になった。去年11月には、12人の若手生産者が集まり、青年部を結成。
「甘太くん」を広めようと、新技術の導入や販促活動を行っている。
甘太くんは「べにはるか」という品種のさつまいもを、一定条件下で作ったものだけが認められる地域ブランドだ。他の大産地に負けないよう、徹底した品質管理をしている。
「甘太くん」を広めようと奮闘する若手生産者たちの取り組みと思いを伝える。

大分発 ブランドさつまいも甘太くん
s_190206_01.jpg

JAおおいた「甘太くん」部会 青年部のみなさん
s_190206_02.jpg

青年部 部長 後藤謙治さん
s_190206_03.jpg

後藤家特製 甘太くんのまるごと天ぷら
s_190206_04.jpg


■「甘太くん」が購入できる場所
▽福岡県内のスーパーで購入できます。
また、福岡県内の一部のコンビニで「焼き芋」を販売しています

▽全農が運営するインターネット通販サイトからも購入できます
「JAタウン」

※例年11月末~4月まで販売されます

■「甘太くん」“焼き芋”の作り方
(じっくり派)
▽「オーブンレンジ」
 ホイルで包まずに200℃で約60分焼く。竹串を突き刺してスッと入ったら完成。抵抗がある場合は、さらに加熱。

▽「オーブントースター(500kw)」
 ホイルで包まずにオーブントースターで約60分焼く。竹串を突き刺してスッと入ったら完成。抵抗がある場合は、さらに加熱。
 
(お急ぎ派)
▽「オーブントースター(500kw)と電子レンジを使用」
 (1)芋の中央部に箸やフォークなどで穴をあける。
 (2)ホイルに包まずにオーブントースター(500kw)に入れて約20~30分加熱
 (3)芋の破裂を防ぐため、(1)であけた穴を上向きにして電子レンジに並べて、2~3分加熱
竹串を突き刺してスッと入ったら完成。抵抗がある場合は、さらに電子レンジで1~3分加熱

■甘太くんに関するお問い合わせ
▽「全国農業協同組合連合会 大分県本部」
電話 : 097-544-4729


miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_190206_05.jpg

今年の冬は暖かい~なんて言いますが!
やっぱりこの冬の時期に食べたくなるのが…「焼き芋」ですよね?
甘くて、心も体もほかほかになる、あったか焼き芋。
鹿児島県出身の私からすると、焼き芋なくして冬は過ごせません!笑
ですが、今回の主役は大分県生まれのブランドさつまいも「甘太くん」!
まず焼き芋でいただいたんですが…
クリーミーな食感と濃厚な甘みにびっくり!最高でした…!
後藤さんのご自宅では、奥様特製のさつまいもを丸ごとあげた天ぷらに、大学芋、そして砂糖を使わないでできちゃうスイートポテトまで!
正直、すべておいしすぎて一番は選べません!笑
後藤さんの奥様・理沙さんも、「何を作ってもおいしいんです!」と笑顔で話されていました。
このおいしさの秘密、生産者のみなさんが、口をそろえて何度もおっしゃっていたのが「品質管理」。
若手からベテランまで、みんなで気持ちを合わせて一つの作物を作る姿がとても印象的でした。
後藤さんを初めとした若手農家のみなさんも、とても熱心な方が多く、大阪や神戸、外国にまで視察に行ったり、新しい栽培技術を試行錯誤したりと、甘太くんへの愛情はつきません!
「甘太くんのためなら何でもしますよ」とさらりと言う後藤さん、素敵でした!
冬のあま~くあったか~い幸せ、みなさんも味わってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲