2018年11月28日 (水)清流で育てる唐津のツガニ


佐賀県唐津市の浜玉町でこの時季旬を迎えるのが「ツガニ」。正式名称は「モクズガニ」といって、あの上海ガニと同じ種類の川ガニだ。町を流れる清流・玉島川で夏から冬にかけて漁獲され、小ぶりのカニをまるごと炊き込む「ツガニ飯」は地域の秋祭りに欠かせない郷土料理として愛されてきた。玉島川でとれるツガニは香り高く、身がぎっしりと詰まったオスや濃厚な卵とかにみそたっぷりのメスは、東京など遠方からもファンが訪れる。
まさに「清流の恵み」として親しまれてきたツガニだが、近年は漁獲量も減ってきている。これによって、姿煮に使われる大きいサイズのカニの個体も以前ほどとれなくなってきた。そんな中で、ベテラン漁師の岩田好信さんは、下流でとれた小さいカニを成長させるため、上流に放流する取り組みを行っている。岩田さんは「また大きなカニがたくさんとれて、地域の人に喜んでもらえるといい」と語る。
岩田さんがとったカニを奥さんが調理した「ツガニ飯」は、近隣の方や友人たちにとって秋の楽しみ。自分がとったカニを待っていてくれる人たちのために、岩田さんはこれからも地道な取り組みを続けていく。

▽ツガニの姿煮
s_181128_01.jpeg

■ツガニを食べられるお店

▽川魚 摘草料理 飴源(あめげん)
休:火曜日
住所:佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2
電話:0955-56-6926
営業時間:11時~午後9時
※年末は29日まで、年始は3日の昼のみの営業で1月4日から通常営業
※ツガニは1月いっぱいは食べられますが、1月後半から徐々に在庫が少なくなるので、事前の確認・予約をおすすめします。

■ツガニを購入できるお店
▽農産物委託販売所 あゆのさと
住所:佐賀県唐津市七山仁部1259-1
営業時間:(直売所)7時半~午後5時半
電話:0955-58-2926
※年末は30日まで、年始は6日か7日からの営業。
※例年は2月頃までツガニの取り扱いがありますが、年によって異なるので事前にご連絡下さい。

▽ツガニ漁師 岩田好信(いわた・よしのぶ)さん(81)
s_181128_03.jpeg s_181128_02.jpeg

▽ツガニがとれる玉島川
s_181128_04.jpeg

▽ツガニ飯
s_181128_05.jpeg

▽岩田さんご夫妻
s_181128_06.jpeg

s_181128_07.jpeg


miyawaki.jpgのサムネイル画像

生まれて初めて食べました「ツガニ」!
おいしすぎて、言葉が見つからない…!
私が言うのは変ですが、おいしいものには言葉はいらないものなんですね~!
全国からツガ二を求めてやってくるのも納得の味でした。
ツガ二のふるさと、唐津市浜玉町に流れる清流・玉島川は、下流でも透き通ったきれいな水が流れる穏やかな川。
この川だからこそ、臭みのないおいしいカニが育つのだと地元漁師の岩田さんはおっしゃっていました。
仕事の合間を見つけては、川に様子を見に行き漁の確認をしたり、撮影の合間にも、私にカニや玉島川についていろんなことを教えてくださったりと、本当に大切に思っているんだな~と、ひしひしと伝わってきました。
カニが小さくなったり数が減ったりと、環境は思わしくない状況になっていますが、地元の人たちが大切に守り、季節のものとして味わってきたツガ二、食べるだけじゃない、守っていく活動の大切さを感じ、今後よりよい状況になっていってほしいと、心から思いました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲