2018年06月27日 (水)宮崎 西米良村のご当地サーモン


「ご当地サーモン」ってご存知ですか?
サーモンといえばサケ(シロザケ)をイメージしますが、実はいろいろなサケマス類の総称として使われています。ちなみにお刺身やお寿司など生で食べるトラウトサーモンは、ニジマスです。

現在、全国で50を超える「ご当地サーモン」が養殖されています。魚種はギンザケやニジマス、イワナ、サクラマスなどです。瀬戸内海区水産研究所によると、各地で養殖が活況になった背景には東日本大震災が関係しているのだそうです。被災した水産業者が他県の養魚場に種苗を持ち込み、サーモン養殖が全国に広がりました。

魚食が世界中で広まったいま、サーモンは人気の魚で供給量が足りないといわれています。国内で流通するサーモンの6割を輸入に頼っている日本では、このご当地サーモンブームをきっかけに、国内の自給率を高めることが期待されています。

s_180627_01.jpeg
■養魚場 専務
▽濱砂慎吾(はますな しんご)さん

今回取材した宮崎県西米良村(にしめらそん)の養魚場では、平成6年からサーモンの出荷を行っており、九州沖縄でも先駆け的な存在です。
もともと釣りぼりや旅館向けにニジマスやヤマメを養殖していたのですが、夏季以外にも売れる商品をと、独自にサーモンの品種を作り上げました。
そのノウハウをいかし、今では宮崎県小林市や大分県の湯布院でもサーモンの養殖を手掛けています。

▽宮崎県 西米良村の養魚場
s_180627_02.jpeg

▽西米良村のサーモン
s_180627_03.jpeg

■西米良村のサーモン 購入に関しては
▽株式会社 井戸内養魚場
住所:〒881-1411 宮崎県児湯郡西米良村大字村所75-1
電話:0983-36-1673

■西米良村のサーモンが食べられるお店
s_180627_04.jpeg s_180627_05.jpeg
▽グランドハイアット福岡
住所:〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2-82
グランドハイアット福岡1F「THE MARKET F」(ザ マーケット エフ)
電話:092-282-2803 (レストラン予約)
ディナー:17:30~22:00(ラストオーダー21:30)
※西米良サーモンのカルパッチョの提供は2018年7月13日までの期間限定

s_180627_06.jpeg s_180627_07.jpeg
▽西米良温泉 ゆた~と
住所:〒881-1411 宮崎県児湯郡西米良村大字村所260-6
電話:0983-41-4126
昼の営業:11:00~15:00(オーダー14:00まで)
夜の営業:17:00~21:00(オーダー20:00まで)
定休日:第3水曜日・1月1日

▽そのほか西米良村のサーモンは、宮崎市内の居酒屋など飲食店で食べることができます


miyawaki.jpgのサムネイル画像
今回の食いち!はサーモンを求めて西米良村に行ってきました!
サーモンで山?と初めに思ったのですが、今、日本で行われているサーモンの養殖は
山奥の川を利用して行われているところもたくさんあるんです!
西米良村を流れる川は水が透き通っていて、とってもきれいなんですが、それだけではないんです!酸素濃度が高く、養殖に適しているんだそうです!
そんな自然豊かな環境で育つサーモンは元気いっぱいで、手で持つのも一苦労!
身が引き締まっていて、ぷりぷりで、ほんのりと感じる脂の甘みが後を引きます。
お刺身も、お寿司も、カルパッチョも!何にしてもおいしいですが、国産のサーモンだからこそ新鮮で、生で食べるのがおすすめなんだそうですよ!
西米良のサーモンを育てている濱砂さんは、もっと国産のサーモンのおいしさを知ってほしい!と意気込んでいました。
大自然で育ったサーモン!福岡でも食べられますので、ぜひ一度食べてみてください♪

s_180627_09.jpeg s_180627_010.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲