2018年03月14日 (水)"2つの荒波が育む 天然わかめ"


今月、漁が解禁となった宗像市地島の「天然わかめ」。特徴は、肉厚で歯ごたえのある食感と豊かな磯の香り。今では、地元のフランス料理店で愛用されるなど、活用法が広がりつつある。
漁が行われるのは、玄界灘と響灘のちょうど境目にある浅瀬の海域。潮の流れが速く、漁を行うには過酷な環境であるものの、わかめにとっては恵みの海だ。ここでは、双方向から豊富な栄養が運ばれ、荒波にもまれて成長する。わかめがおいしく育つ条件がそろっているのだ。
そんなわかめ漁が、後継者不足により存続の危機に立たされている。そこで地島では、3年前からブランド化に乗り出し、品質と価格の向上に取り組んでいる。収益性を高め、島の若者が漁業で暮らしていける環境を作るのが狙いだ。伝統のわかめ漁を受け継ぐ漁師たちを描く。

【出演者】
■わかめ漁師
▽前田浩昌(まえだ・ひろまさ)さん
s_180314_01.jpg

▽児島恒治(こじま・こうじ)さん
s_180314_03.jpg

【問い合わせ先】
■番組で紹介したフランス料理店
▽FRANCEYA
住所:福岡県宗像市江口800
営業時間:11:00~15:30(L.O.14:30) 17:30~21:30(L.O.20:30)
電話:0940-62-3959

■地島の天然わかめを購入できるところ
▽道の駅むなかた
住所:福岡県宗像市江口1172
営業時間:09:00~17:00
電話:0940-62-2715

▽海千 宗像本店
住所:福岡県宗像市王丸770-4
営業時間:10:00~19:00
電話:0120-94-5356

▽海千 博多デイトス店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
営業時間:08:00~21:00
電話:092-292-6390

詳しくは…
▽宗像市役所 市民協働環境部 コミュニティ協働推進課
電話:0940-36-5394


miyawaki.jpgのサムネイル画像   

最近暖かい日が続いていますね。
桜の開花予想も出て、もうすっかり春の陽気ですね~。
春の訪れを告げるのはほかにもあります!そう!「天然わかめ」です!
弾力のある歯ごたえと豊かな香り、今だけしか味わえません。
自宅でわかめを使ったサラダとしゃぶしゃぶ、お味噌汁を作ってみたのですが、
火を通しても歯ごたえがあり、
生で食べると噛んでいくうちに甘みが感じられて、
とってもおいしかったです!
今回伺った地島は、島民同士のつながりが深く、漁も加工も皆で協力して行っています。
漁師のみなさんは「地島特有のこの地形だからこそのわかめ。ありがたい。」と話していました。
荒波にもまれ、地島のみなさんの手が加わってできる「地島の天然わかめ」。
みなさんも、ぜひ味わって春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲