2017年07月26日 (水)甘みたっぷり!"まぼろしの桃"


大分県清川町の特産品クリーンピーチ。生産量が少なく、なかなか手に入らないことから、「まぼろしの桃」とも呼ばれています。
6月下旬、桃農家の小野康成さんの畑では、その収穫作業がはじまっていました。クリーンピーチのおいしさの秘密は、桃の木を、同じバラ科の「ユスラウメ」という背の低い植物に接ぎ木するという珍しい栽培方法にあります。桃の木よりも細くて小さい木に接ぎ木することで、歯ごたえのある食感と通常の桃よりも高い糖度がうまれるのです。
しかし今、産地は岐路に立たされています。一村一品運動の一環としてはじまった清川町のクリーンピーチ生産。かつて85軒もあった農家は、今や16軒まで減少。そこに高齢化が追い打ちをかけています。
そんな中、町の活気を取り戻そうと奮闘する若農家が現れました。大分県の農業大学校で桃の研究をしてきた川上茂宏さんです。川上さんは、遣われなくなった農地を借り受け、減ってしまった桃の木を増やすことで、地域の再生を図ろうと取り組んでいます。

s_170726_01.jpg

■クリーンピーチ生産者

▽小野康成さん
s_170726_02.jpg

▽川上茂宏さん
s_170726_03.jpg

■クリーンピーチを購入できるところ
※販売は「道の駅」店頭のみとなっており、予約や取り寄せ、地方発送などは受け付けていないとのことです。
※基本的には朝8時から整理券を配布した上での販売となります。

▽道の駅きよかわ
住所:〒879-6903 大分県豊後大野市清川町砂田1574-1
営業時間:午前7:30~午後6:00
電話:0974-35-2117(受付時間は営業時間のみ)

miyawaki.jpgのサムネイル画像

桃と言えば、岡山県や山梨県や福島県などが有名ですが、九州にもあるんです!桃の産地!
ということで、「幻の桃」があるという大分県豊後大野市に行ってきました。
清川町という地区で育てられているのは“清”川の桃ということで名付けて“クリーンピーチ”!すてきな名前ですよね~!
実がきゅっと詰まった“クリーンピーチ”。歯ごたえがしっかりしていて、甘さ濃厚!
初めて食べるおいしさでした(^^)♪
このおいしさを支えているのは16軒の農家さんたち。
なんと、その3分の1が80歳以上!
クリーンピーチの栽培にはとても手がかかるため、高齢の農家さんのところへ、若手の農家さんがお手伝いに行くこともしばしばあるそうです。
高齢化が進む中で、町全体で助け合いながらクリーンピーチの生産を守っているんですね。
2つの木からできた幻の桃!来月中旬まで出荷が続きます。
みなさんもぜひ食べてみてください★
お買い求めになる際は、朝から行かれることをおすすめします!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲