食いち!

2017年01月04日 (水)やわらかコリコリ!絶品ナマコ


s_170104_04.jpg

冬の味覚、ナマコ。なかでも、長崎県・大村湾のナマコは、その身のやわらかさから、九州だけでなく、全国的にも高値で取り引きされています。
大村湾は四方を陸地で囲まれた、まるで湖のように静かな海。“琴湖(ことのうみ)”と称されるほど、波がほとんどなく穏やかなことから、やわらかく、それでいてかむほどに潮の香りが口の中に広がる上質なナマコが育つのだといいます。
漁期になると、大村湾には200隻もの船がいっせいに沖へ出ます。ナマコをとるおもな漁法は「桁(けた)網漁」。桁(けた)と呼ばれる金属製の枠のついた網を船で引き、海底に生息しているナマコをすくいとっていきます。
漁の成否を決めるのは「どこに網を入れるか」。岩の多い海底に網を入れてしまうと、岩に引っかかってしまう危険があるのはもちろん、石が網の中に大量に入ってしまうと、重くて引き上げられなくなってしまいます。
どの海域には岩が多く、どの海域には少ないか。それを見極める経験と知識がなによりも重要になってきます。
妻の勝子(かつこ)さん(73)といっしょに夫婦船を操る川林透(かわばやし・とおる)さん(75)は、10歳のころから大村湾に漁に出ていたという大ベテラン。川林さんの頭の中には、どこに岩があって、どこになめらかな土が広がっているのか、すべての海底の情報がインプットされています。川林さんにとって、大村湾はまさに自分の庭。対岸に見える山の形や潮の流れを確認しながら、的確にかじを切っていきます。
番組では、大村湾のナマコを使った、ちょっとめずらしいイタリア料理や、漁師ならではのナマコ料理も登場。旬を迎えた大村湾のナマコの魅力に迫ります。

■大村湾のナマコを使った料理を食べられるお店(VTR冒頭のお店)

s_170104_01.jpg s_170104_02.jpg

▽ラ カーサ ディ ナオ
住所:福岡市中央区薬院4-8-6
電話:(092)404-7030
ランチ:午前11時30分~午後2時
ディナー:午後6時~午後11時
店休日:水曜日

★大村湾のナマコは、各地の鮮魚店などで手に入れることができます。
お近くのお店にお問い合わせください。
下には、川林さんが所属している大村湾漁協の直売所の情報を記します。

s_170104_03.jpgのサムネイル画像

▽大村湾漁協直売所
住所:長崎県西彼杵郡時津町浦郷542-18
電話:(095)882-2415
営業時間:月~土 午前9時~午後5時
日・祝日 午前9時~午後4時


egawa.jpgのサムネイル画像

あけましておめでとうございます!
みなさん、お正月はどうお過ごしになったでしょうか?
私は・・・食べ過ぎました。怖くて体重計に乗っていません。
来月には、フルマラソンを控えているので絞らないと・・・

ところで、みなさん、ナマコはお好きですか?
お正月に食べたという方もいらっしゃるでしょうか。
ナマコというと、コリコリした固い食感がたまらないという方も、もちろんいらっしゃると思うんですが、コリコリが苦手な方もいらっしゃると思います。
今回は、そんな方にもおすすめの長崎県大村湾のナマコです!
コリコリした食感を残しつつ、やわらかいのが特徴です。そのおいしさから、子どもさんからも人気があるそうですよ♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年12月21日 (水)人気上昇中↑ふっくらやわらか姫島ひじき


大分県国東半島の北に浮かぶ姫島。漁業が盛んな小さな島です。代表的な特産品は「ひじき」。ところが、島のお土産屋さんを覗いてみると、ある異変が起きていました。なんと全国から注文が殺到し品薄状態。売り切れてしまったお店もあります。食べた人の中には「ひじきの概念が変わった」と話す人も。一体どんなひじきなのか…!?
ひじきの漁がおこなわれるということで海岸にやってきたのは深夜0時。暗闇にたくさんの謎の光が現れました。光の正体は、ひじき漁をする人たちの明かり。大潮の晩、干潮になるのを待って収穫しているのです。乱獲を防ぐため、漁は1年に2日のみです。
漁師のひとり、中城ハルミさんは、たくさん採れる場所を求めて誰よりも遠くの海岸を目指します。中城さんが採って見せてくれたのは「ひじき」の新芽。実はこの時期に採れる新芽はやわらかくて美味しいのだといいます。一般的にひじきの漁がおこなわれるおは春先ですが、島では寒い冬に収穫がおこなわれます。
漁から戻ると休む暇もなくひじき作り。中城さんは添加物を使わず、昔ながらの製法にこだわっています。ことし73歳になった中城さん。ひじきの漁や製造は大変な作業ですが、これからも多くの人においしさを届けていきたいと話していました。

【姫島ひじきの購入について】
姫島のひじきは島内に4カ所あるお土産店のほか、大分県漁業協同組合姫島支店でも購入できます。2016年に収穫されたひじきの販売は、年明けになる見込みです。また、ネット販売もおこなわれています。

■島内土産店
▽「おみやげ店ビ・ボーン」
住所:大分県東国東郡姫島村2080
電話:0978-87-2844

▽「東みやげ店」
住所:大分県東国東郡姫島村2071―1
電話:0978-87-3436

▽大分県漁業協同組合姫島支店
住所:東国東郡姫島村字南1827―10
電話:0978-87-2211

■ネット販売をおこなっている会社
▽株式会社おおいた姫島
住所:大分県東国東郡姫島村2051
電話:0978- 87-2067

■番組冒頭で紹介した民宿について
▽民宿「民の宿 姫茶屋」
電話:0978-87-3838

egawa.jpgのサムネイル画像

s_161221_01.jpg

珍しいひじきを求めて「食いち」初の離島、姫島に行ってきました!大分県の伊美港からフェリーに乗っておよそ20分で到着!どんなところなんだろう…わくわく♪でも、地元の方の方言聞き取れるかなあ…?なんて思っていたんですが、民宿の女将さんが「いっぱい食べり~」と!なんと、北九州の方言と似ていて安心!会話も弾みます。

s_161221_02.jpg

私が見つめているのが…今回の主役ひじきです!

s_161221_03.jpg


まず、見た目に驚きました。太くて長い!色は真っ黒ではなくて茶色っぽく透明感があるんです。何もつけずにいただいたんですが、とにかくみずみずしくて磯の香りがふわーっと口の中で広がります。食感は、歯ごたえを残しつつふっくらして柔らかくて独り占めしたいほどのおいしさでした♪地元のお土産屋の方が姫島のひじきを食べると「ひじきの概念が変わるよ」とおっしゃっていた意味が分かりました。
このひじきは、通常の春ではなく冬に新芽を収穫するのでひと味違うんです!ひじき漁師の中城さん。

s_161221_04.jpg

笑顔がとてもすてきな中城さんは、おいしいひじきを届けたいと手間暇そして愛情を込めてひじき作りをされています。姫島の方は、とても温かくて充実した旅になりました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年12月14日 (水)ホクホクあまい!巨大なサトイモ


s_161214_01.jpg

今年も残りあと少し。そろそろお正月の準備も始まる季節です。お正月と言えば「おせち料理」。
佐賀県でうまれたサトイモが料亭やホテルなどの「おせち」に使われているそうなんです。
そのサトイモはお正月にとってもあう「福頭(ふくがしら)」という名前のサトイモです。
福頭を作って10年以上の、ベテランの藤川哲朗さんの畑で見せてもらった福頭は驚きの大きさ!
なんと一般的なサトイモのおよそ15個分!とても大きなサトイモです。
大きさだけではなく、甘みもあってキメも細かくホクホクした食感がウリ。
一般的なサトイモは皮をむくとき、ぬめりがあってむきにくいですよね?
この福頭はそのぬめりも少なく、手がかゆくなる成分も少ないため、とても使いやすいサトイモなんです。

s_161214_02.jpg

■番組でご紹介した日本料理店
▽「福岡 なだ万」
住所:福岡市博多区住吉1-2-82 グランド・ハイアット・福岡 5階
電話:092-271-7161

s_161214_03.jpg


egawa.jpgのサムネイル画像

ドーン!!!私が持っているもの、実はどちらもサトイモなんですよ。
写真の右側が今回紹介する「福頭」。左側が、ふだん私たちが食べているサトイモで、福頭はその15個分ほどの大きさがあります。こちらは計ってみると1.6キロ!あまりの大きさにびっくりしたんですが、生産者の藤川さんは、今年は秋に雨が多かった影響で例年に比べて、小さいとおっしゃっていました。
びっくりなのは、大きさだけではありません。収穫した福頭でコロッケと豚汁を作っていただきました。ふだん食べているサトイモと違いはあるのかなあと思いながら食べてみると・・・コロッケは、とてもクリーミーで甘みを感じました。豚汁に入っている福頭は、かんだ瞬間ホクッとした食感!サトイモって、かむと歯形がつくんですが、その歯形がつかないほどのホクホク感に驚きました。
ぬめりが少ない福頭は、皮をむくときも滑りにくいので調理もしやすくおすすめです!縁起のいい名前の福頭をたくさんいただくことができたので、今年も幸せに一年を締めくくることができそうです♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年12月07日 (水)ぷりっとジューシー!うまみたっぷりの一粒かき


福岡県内で牡蠣(かき)の生産量第一位を誇るのが「豊前海一粒かき」。豊前海で養殖される、福岡のブランド牡蠣(かき)だ。通常のものと比べて粒が大きいのが特徴で、12月から2月にかけて味わうことができる。
その特徴は、凝縮された濃厚なうまみ。その秘密は海の地形にある。4本の河が流れ込んでおり、山からもたらす腐葉土と干潟の沈殿物が、カキのエサとなる植物プランクトンを大量に生み出すのだ。たっぷりエサを取れる牡蠣(かき)は、成長も早く、出荷できる大きさになるまで、8か月ほどしかかからない。
そんな豊前海で漁をするのはかき生産者の恵良義一さん(55)。恵良さんは、元サラリーマン。人事部で働いていた際、若手社員をリストラさせるよう命じられ、若者の未来を奪うことに耐えられず、自ら退職した過去を持つ。だからこそ今、次の世代が活躍できる場所を作りたいと漁師仲間と会社を設立し共同でかき小屋を運営している。
そんな恵良さんの元に漁師になりたいという若者が。山内洸兒さん(27)。山内さんもまた競艇選手になる夢破れ、新たな夢として、漁師を志すことにしたのだ。
仲間と共に奮闘する漁師たちの営みを通して、豊前海の牡蠣(かき)養殖の現場を見つめる。

■番組で紹介した漁師さんたちの会社
▽株式会社セイゴ会
住所:福岡県北九州市小倉南区曽根新北3丁目16-1
電話:093-472-9036

syo_161207_01.jpg

syo_161207_02.jpg

■番組で紹介したカキ小屋
▽カキ小屋はちがめ
住所:福岡県北九州市小倉南区曽根新北4丁目1-2
電話:080-5255-2491

syo_161207_03.jpg

syo_161207_04.jpg

■豊前海一粒かきが購入できる場所
▽北九州市の各地で販売でしています。
北九州市役所HPなどをご参考下さい。


egawa.jpg

syo_161207_05.jpg

ぷりっぷり!かむと口の中にかきのうまみがジュワーッと広がります♪なんておいしいんだろう・・・地元北九州にこんなにおいしいかきがあるなんて・・・実は、私人生初めてのかき小屋に行ってきました。小さい頃から、父がかきにあたったエピソードを聞いて「かきを食べるとあたるかも知れない」というイメージがどうしてもあったんですよね。今回少し勇気を出して食べてみると・・・あまりのおいしさに感動しました。
あ!もちろんあたりませんでした!(笑)
北九州市の沖合にある栄養豊富な豊前海で育つ「豊前海一粒かき」!今でも十分大きいなと感じたのですが、これからどんどん身が大きくなるそうです。漁師の皆さんの愛情も相まってさらにおいしさも増すことでしょう。

syo_161207_06.jpg

こちらのかき小屋では焼きがきの他にも、かきを使った雑炊やグラタンも味わえます。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月30日 (水)ネバネバ!粘りがつよ~い 唐津のじねんじょ


s_161130_02.jpg

佐賀県唐津市で、「じねんじょ」が収穫の最盛期を迎えています。江戸時代には、お殿様に献上されたという文献が残っているほど、唐津は昔からの産地です。このじねんじょ、全国から注文が寄せられるほどの人気ぶり。大きいものは長さ1メートルを超え、重さは2キロにもなります。特長は、お餅のように真っ白で強い粘り。この秋、福岡市天神にあるイタリアンレストランでは、じねんじょを使った新メニューのコロッケが登場しました。外はサクッと、中はもっちり、そしてトロッととろけるような食感が、女性客の心を早速、わしづかみにしています。
唐津でこのじねんじょを作り続けているのが、佐々木励さん。全国でもめずらしい、無農薬のじねんじょ栽培にとりくんでいます。粘りの強い、立派なじねんじょが生み出されるのには、ある秘密がありました。
それは、佐々木さんが「お宝」と呼ぶ土選び。石や木など固いものが混じっていない土、そして粘土質な赤土を使うことで、他にはない、じねんじょを育てることができるのです。
佐々木さんのじねんじょは世界的に有名な料理人からも注目され、九州を走る特別列車「或る列車」のメニューにも使われることが決まったばかり。
これからの時期は、お歳暮用の贈答品としても、出荷されます。
まだまだ、さらに良いじねんじょを作り続けたいという佐々木さん。その想いとともに、おいしさの魅力を伝えます。

s_161130_01.jpg

■じねんじょの生産者
▽ささき農園 佐々木励(ささき・つとむ)さん
住所:佐賀県唐津市浜玉町渕上1247
FAX:0955-56-6017
(ささき農園831のホームページのFAX用紙から注文してください。)

s_161130_03.jpg
 
■じねんじょを使ったコロッケを食べられるお店(VTR冒頭のお店)
▽リストランテASO天神
住所:福岡市中央区天神2-5-55 レソラ天神4階
電話:092-724-0600
ランチ:午前11時30分~午後3時30分
ディナー:午後5時30分~午後11時
店休日:毎週月曜日(月曜日は祝日の場合は営業)

egawa.jpgのサムネイル画像

まっすぐに長く伸びた太くて白いこちら!

s_161130_04.jpg
 
じねんじょです。
佐賀県唐津市に行ってきました。収穫の真っ最中の畑におじゃますると・・・
おもしろい発見がたくさんありました。
まず、じねんじょが縦ではなく横向きに生えていました。さらに、ただ横向きではなく角度をつけて斜めに!これは、生産者の佐々木さんがじねんじょの粘りけをさらに強くするために10年以上試行錯誤して編み出した方法だそうです。佐々木さんは、1本1本とても丁寧に育てられていて、「まるで娘のように大切な存在」と話していました。みなさん、
生産者の佐々木さんとパシャリ♪

s_161130_05.jpg

そんな特別なじねんじょを佐々木さんの1番おすすめの食べ方でいただきました。すりおろしたじねんじょを油でカラッと揚げたものです。中はもちっと、外はさくさくしていて口の中でとろーっと溶けました。こんな食べ方があるのか!!と感動しました。じねんじょは、高級な食べ物で普段からたくさん食べられるわけではありませんが、あまりのおいしさに心を打たれ、じねんじょの概念が変わりました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月09日 (水)やわらかジューシー!新しょうが


s_161109_01.jpg

熊本県のしょうがの生産量は、高知県に次いで、全国2位。なかでも、八代市東陽町は、熊本県全体の生産量の4割を占める一大産地です。いま、町では新しょうがの収穫の最盛期を迎えています。
町では、毎年収穫期を迎える10月に、その年のしょうがの収穫を祝う「しょうが祭」が開かれます。祭りのメインイベントは、「しょうがの品評会」。
今年は195の農家がそれぞれショウガを持ち寄り、出来を競いました。色づきや形、大きさなどが総合評価され、見事金賞(1位)に輝いたのは、中村敬子さんと智幸さん親子。その金賞のしょうがが作られるヒミツを探りに畑におじゃましました。ヒミツは、「とことん手間をかけること」でした。
まずは、成長して、土から顔を出したしょうがが、乾燥してかたくならないように、こまめに土をかぶせて回ること。こうすることで、繊維質の少ないなめらかで水分たっぷりなしょうがができるんだそうです。もうひとつのヒミツのありかは、畑から歩くこと2キロ先。足場の悪い沢を登っていくと・・・その先に現れたのは清流でした。人家や畑のない上流の水を使えば、しょうがが病気にかかる心配がありません。なので、わざわざ2キロにもわたってパイプを設置し、山の水を引いていたのです。こうして、とことん手間をかけて作った新しょうがは、みずみずしくてやわらかいため、今の時期はそのまま食べることもできます。番組では、この時期ならではの新しょうがのおいしさと、それを生み出すヒミツに迫りました。

■中村智幸(なかむら・ともゆき)さんの作った 新しょうがを販売している店
▽東陽交流センターせせらぎ 菜摘館(さいてきかん)
住所:熊本県八代市東陽町南1051
電話:0965-65-2112
FAX:0965-65-2118 
営業時間:午前7時30分~午後6時
定休日:毎月第2水曜日
※菜摘館では、FAXでも注文を受け付けています。
詳しくは、菜摘館にお問い合わせください。

s_161109_02.jpg s_161109_03.jpg

■しょうが祭について
毎年、10月の第4日曜日に開かれています。今年は、10月23日に開かれました。
▽八代市役所東陽支所
電話:0965-65-2111

s_161109_04.jpg s_161109_05.jpg

egawa.jpgのサムネイル画像

今回訪ねたのは、新しょうがの収穫真っ最中の熊本県八代市。畑に近づくと、しょうがの香りが漂ってきました。私も収穫を体験させてもらいました・・・よいしょ!

s_161109_06.jpg

大きいですよね!とてもきれいな白とピンクに輝いていました。生産者の中村さんは手作業でひとつひとつ丁寧に収穫されていました。しょうがというと、ふだんは薬味として食べているんですが(薬味として使うしょうがは「根しょうが」と呼ぶんだそうです)、「新しょうが」は、ひと味違うということで、とれたてをおそるおそるそのままかじってみると・・・

s_161109_07.jpg

みずみずしい!かじった断面からも水分がわかるほど!少し辛みは感じましたが、筋っぽさもなくおいしくいただきました。
このおいしいしょうがを作るヒミツを中村さんに教えていただくと、水や、土のかぶせ方などに工夫がありました。
この季節ならではの、新しょうが。今回も、おいしい旬に出会うことができました。
ごちそうさまでした!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月02日 (水)季節の恵みでおいしさ↑ あま~い豚肉


s_161102_02.jpg

福岡中央区の人気イタリア料理店で、今しか味わえない豚肉料理がある。この秋出荷された豚肉を使った「豚肩ロースの石窯焼」。かむほどに溢れ出す肉の甘みが魅力だ。
おいしさの秘密は独特の飼育環境にある。豚が飼われているのは、熊本県菊池市の山の中。しかも、豚舎ではなく放牧で育てられている。広々とした大地を自由に走り回る豚たち。自然と身体は丈夫になり、おいしい肉質に変わる。そして、秋、おいしくなる秘密が森の中にある。農場に自生する栗やドングリ。その実はうまみ成分の「オレイン酸」がたっぷり、食べれば脂に甘味が増すという。豚たちは、これらの木の実食べ、この時期にしか味わえない味になっていたのだ。
しかし放牧にはデメリットも。豚が、よく動き、よく食べるため、コストがかかるのだ。通常の飼育法に比べ、餌代は1.5倍、飼育期間も2か月ほど長い。そこで生産者の武藤勝典さんは地元の農家仲間の協力を得て、売り物にならないサツマイモを分けてもらい餌にしている。少しでもコストを抑えようというのだ。
「いつかは菊池産にこだわった豚をつくりたい」と願う養豚農家の挑戦と、秋の恵みでおいしさを増す豚の魅力を伝える。

■放牧養豚農家
▽やまあい村
住所:〒861-1441 熊本県菊池市大字原2270-33
電話:0968-27-0955

s_161102_01.jpg

■豚肉の購入など
▽九州産直クラブ
フリーダイヤル:0120-070-529

■イタリアンレストラン
▽イルフォルノドーロ
住所:〒861-1306 熊本県菊池市大琳寺151-1
電話:0968-36-9992
 
s_161102_03.jpg

■福岡市のイタリアンレストラン
▽Il Sol Levante(イルソルレヴァンテ)
住所:〒810-0023 福岡市中央区警固2-14-1
電話:092-713-6888

s_161102_04.jpg

egawa.jpgのサムネイル画像

11月になり、急に肌寒くなってきましたが、食欲の秋!おいしいものを食べて風邪を引かないように気をつけましょう。私は、最近食欲がさらに増して困っています。運動も同時に行うようにします。
今回は、熊本県菊池市へ!かわいい豚さんたちに会ってきました!

s_161102_05.jpg

こんなに豚と接近したのは初めてで少し緊張しましたが、この豚さんたちとても人なつっこいんです。人が近づくと、寄ってきてくれました。そして驚いたのが、豚が広いスペースで走り回ったり、水たまりを泳いだりしていたこと。(この日の天気は雨でした)こちらでは放牧で養豚していて、畳600畳分もの広さで飼育しています。私の部屋のおよそ100倍!うらやましいです。そしてもう1つの驚きは、くりやドングリを食べていたこと。くりなど木の実を食べることで豚肉の脂が甘くなるそうです♪実際に、この豚肉を石窯で焼いた料理をいただくと・・・脂身が甘い!肉質は柔らかく、かめばかむほどお肉の旨みが広がりおいしくいただきました♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年10月26日 (水)大きさで勝負!日出のギンナン


平成25年の国の統計(※現時点で最新)で、収穫量日本一となった大分県のギンナン。別府市と日出町にまたがる山里でとれるギンナンは、その半分を占めます。大きさは一般的なものより二回り大ぶり。一番大きなものだと直径2センチ以上にもなります。実はヒスイのようなピカピカの緑色。おまけに殻は真っ白。今、収穫の最盛期を迎えています。収穫するのは平均年齢77歳のおじいちゃん、おばあちゃんたち。中でも“名人”と呼ばれるのが、JAべっぷ日出のギンナン部会部会長、上野輝彦さん(84)と奥マサ子さん(82)夫妻。日出のギンナンは上野さんたちの丁寧な仕事ぶりによって生み出されています。厳密に調整された塩水に浮かべ、比重の軽いものを外します。料理店では、ギンナンを殻ごと調理することもあるため、出荷は「殻つき」が条件。上野さんは大量のギンナンをすべて手作業で選果していきます。殻に1点のシミや汚れがあるものも許されません。こうして厳しい目で選別をくぐりぬけたギンナンは、一級品とされ、市場での評価も高いため、高級ホテルや料亭のお墨付きを受けるほど。おじいちゃん、おばあちゃんたちが、愛情込めて出荷している、とびきりのギンナンのおいしさと、驚きの品質を伝えます。

■日出ギンナンに関してのお問い合わせ

s_161026_01.jpg

s_161026_02.jpg

▽JAべっぷ日出 選果場
TEL:0977-72-2251 午前8時30分~午後5時
(現地購入も可能ですが、来店の際は事前の電話連絡をお願いします。)

■日出ギンナンの料理を食べられるお店

s_161026_03.jpg

s_161026_04.jpg

▽日本料理 なにわ(リーガロイヤルホテル小倉内1階)
TEL:093-531-1121(ホテル)
会席料理 味歳時記 15444円(サ・税込み)
営業時間 午前11時30分から午後2時30分 
午後5時30分~午後9時

■日出ぎんなんおこわについて

s_161026_05.jpg

ギンナンのおこわは ひじ産業まつり で食べられます。
11月27日(日)第29回ひじ産業まつり 
午前9時30分~午後3時30分 日出町中央公民館

egawa.jpg

s_161026_06.jpg

ギンナンというと、あの独特の臭い!子どもの頃、外で走って遊んでいるとよく踏んでしまい靴についたまま家に帰っていました。そんな臭いのイメージが強く、実はこれまでは茶碗蒸しに入っていてもギンナンだけ残してあまり食べませんでした。ところが、今回紹介する日出町のギンナンに出会ってイメージががらりと変わりました!まず、見た目の大きさ!今まで目にしていた物より、はるかに大きくて驚きました。
自宅でもいただきました!
塩をふりかけていただきました!
ほくほくで苦みがなく、とてもおいしかったです。
日本一の収穫量を誇る大分県日出町では、来月開かれるお祭りでギンナン入りの山菜おこわを味わえるそうなので、みなさんぜひ行ってみてください♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年10月19日 (水)希少な高級食材復活!食感はプニュプニュ!?


s_161019_02.jpg

熊本地震で大きな被害を受けた希少な高級食材が今、復活しようとしている。その食材とは、絶滅危惧種に指定されている淡水で育つノリ「スイゼンジノリ」。プニュプニュとした独特な食感が人気で、熊本の日本料理店や郷土料理店では欠かせない存在だ。
全国でも数少ない養殖家・丹生慶二郎さん(81)は長年この貴重なノリを育ててきたが、4月の熊本地震で養殖場が破壊された上に、ノリの生育には欠かせないきれいな地下水が泥水となり、廃業を覚悟せざるを得ない状況に立たされた。
しかし、そんななか、丹生さんを奮起させる出来事が。復旧作業の手伝いに来ていた親戚の幸宏さん(29)が後継者になることを決意したのだ。2人は、1か月かけて泥をかき出すなどして養殖場を立て直し、養殖を再開。そして今月、震災後初めて「スイゼンジノリ」を出荷する。
貴重な熊本の味を守り、多くの人に味わってもらおうとする2人の姿を追う。

s_161019_01.jpg

■スイゼンジノリ生産者
丹生慶次郎さん 丹生幸宏さん

s_161019_03.jpg

■スイゼンジノリを食べられるお店
(オープニングVTRのお店)
▽創作郷土料理 坪井庭
住所:熊本市中央区坪井4-20-39
電話:096―346―2224

s_161019_04.jpg s_161019_05.jpg

■スイゼンジノリを食べられるお店(VTR冒頭と最後のお店)
▽日本料理 水前寺 羅生門
住所:熊本市中央区水前寺公園12-25
電話:096―85―3333

egawa.jpgのサムネイル画像

今回、「食いち」では、地震から半年のタイミングで初めて熊本を訪ねました。絶滅危惧種に指定されている希少な食材「水前寺のり」とは、一体どんなものなのか・・・。
嘉島町にある養殖場に着くと、透き通ったきれいな水にプカプカと浮いている緑色のものを発見!想像していたものとはまったく違っていました。今回特別に食べさせていただくと、プニプニとした今まで味わったことのないおもしろい食感を楽しめました。
生産者の丹生さんは、「水前寺のり」は、まるで我が子のような大切な存在で、とても繊細な食材なので毎日光の当たり具合や、水の点検を欠かさないとおっしゃっていました。実は震災で養殖場は被災し、跡取りのいない丹生さんは1度は廃業も考えたそうですが、跡を継ぎたいと親戚の幸宏さんが現れてくれたことで、再び養殖を再開し、消費者に届けられるようになりました。熊本市内にある日本料理店の女将さんは、半年振りに届いた「水前寺のり」を見て、ずっとこの日を心待ちにしていたようで、目には涙が浮かんでいました。改めて熊本では欠かせない食材なんだと感じ、「水前寺のり」がこれからも続いていってほしいと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2016年10月12日 (水)あま~い おひさま!北原(きたはら)わせミカン


s_161012_01.jpg

福岡県みやま市伍位軒(ごいのき)地区で、一般的な「わせミカン」の5倍、5キロ1万円の高値(去年 東京中央卸売市場)で取り引きされた、わせ温州みかん「北原わせミカン」が作られています。特徴は一般的なわせみかんの糖度が10度前後に対して、「北原わせ」は12度。皮の色は、太陽の光を反射させて色づける工夫のもと、まるでお日様のような濃いだいだい色なんです。
この「北原わせ」が発見されたのは今から15年前。この地区でミカンを栽培している北原さん夫婦が、「枝変わり」した実を見つけたのがきっかけで新品種として登録されたのです。それから地域をあげてミカンの栽培が始まりました。ミカン栽培は軌道にのり、5年前からは地区の若者4人がUターンしてきました。中には結婚して子どもができた農家も。今では、若者たちでミカン作りの勉強会も開かれ、技術向上や販売戦力にとりくんでいます。番組では、活気を取り戻した山里の元気を伝えるとともに「北原わせミカン」のおいしさの魅力を伝えます。

s_161012_02.jpg

■北原わせミカンに関してのお問い合わせ
▽JAみなみ筑後
電話:0944-67-1211
FAX:0944-67-1213

■北原わせミカンを販売しているお店(10月13日から)
▽岩田屋(福岡市中央区)
▽博多阪急(福岡市博多区)
※詳しくは、JAみなみ筑後にお問い合わせください。

egawa.jpgのサムネイル画像

これから寒い時期になると、こたつでみかんを食べたくなりますよね。今回は、一足先にみやま市で作られている「北原早生みかん」を紹介します!早生みかんというと、緑色っぽくて味は酸味を感じると思うんですが、「北原早生みかん」は鮮やかなオレンジ色で甘いのが特徴です。東京と福岡の市場でのみ出回る貴重なみかん!みなさんもぜひ食べてみてください♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲