食いち!

2018年06月20日 (水)夫婦二人三脚のヤギミルク乳製品


ヤギのミルクを使った乳製品が、大分市に続々と登場している。プリンや本格派のチーズ、地元のレストランではヤギのチーズを使ったチーズケーキも食べられる。味わいは、さっぱりまろやか。ゴーダチーズとアイスクリームは、今年2月に大分市公式ブランド「Oita Birth」にも認定された。
原料のヤギミルクを生み出す牧場は、大分市内にある。木村憲一さん・喬子さん夫妻が営むヤギ牧場には、およそ60頭のヤギが飼育されており、そのうち14頭からミルクをとっている。ヤギの世話や搾乳は憲一さんの仕事、加工品の生産は妻の喬子さんの担当。まさに夫婦二人三脚だ。

s_180620_03.jpeg

s_180620_02.jpeg

憲一さんは元々大の動物好き。高校卒業後、畜産試験場で酪農家になるための勉強をしていたほどだったが、父親の会社を継ぐことになり、その夢をあきらめた。しかし還暦を前に一念発起し、ヤギ牧場を始めた。
新鮮な味わいそのままに搾乳されたミルクは、自宅の工房に届けられ、喬子さんが加工する。牧場を始める前は、チーズ作りやお菓子作りなどしたことがなかったという喬子さんだが、試行錯誤を繰り返し。いまでは慣れた手つきで乳製品を作っていく。
「ヤギミルクは臭いが苦手だという人が多いけれど、本当はとても美味しい」と二人は口をそろる。ヤギのミルクの臭みを抑える工夫を施し、おいしく加工して届けたいと取り組んできた「第二の人生」のたまものを紹介する。

▽木村山羊牧場
住所:大分県大分市大字佐賀関1380-2
電話:097-575-2470

【冒頭に紹介】
■ヤギミルクのアイス・プリン・チーズを取り扱っている販売店
▽葉な果菜(はなかな)
住所:大分県大分市城原358-1
電話:097-511-4088

■チーズケーキを作っているレストラン
▽ハンブルグ 大分本店
住所:大分県大分市牧上町4-20
電話:097-553-5386

▽ソフトクリーム「道の駅 さがのせき」
住所:大分県大分市大平989-6
電話:097-576-0770
※アイスやプリン、日によってロールケーキもあり


miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回の主役はやぎ!
中でもご紹介したのは、やぎのミルクからつくる乳製品です。
アイス、プリン、ロールケーキ、ソフトクリーム、チーズ!
たくさんあって、どれもおいしいんです!
私が特に好きだったのはプリン!
甘さ控えめでなめらか、1つじゃ足りません…!

s_180620_01.jpeg

こうした乳製品の元となるヤギのミルクを生産している、笑顔がすてきな木村さんご夫婦。やぎ愛にあふれたお二人でした。
やぎたちの健康管理の徹底、時には子やぎを自宅で育てることも…!
小柄で繊細なやぎを飼育するには、気力・体力が必要なんだそうです。
そうして愛情たっぷりで育てたやぎから絞るミルクは、各地で大人気!
取材に伺った日も、牧場まで買いに来ていた人たちもいました。
初めはやぎのミルクから作る乳製品を販売するつもりはなかったというお二人ですが、今では、もっといいものを!と日々試行錯誤しているそうです。
お二人の「今の方が楽しい!」という笑顔はとても印象的で、元気をもらいました!
今は大分市内の食料品店などで販売しているので、ぜひ、大分に行かれた際には特産の1つとしてヤギの乳製品を味わってみてください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年06月13日 (水)"ウニ"がつなぐ 人と人 ~長崎県壱岐市~


磯の香りと甘みをもたらす海の恵み「ウニ」。九州はムラサキウニや赤ウニなどが春から秋にかけ次々と旬を迎える。長崎県の壱岐は、暖流と沿岸流が交わる好漁場で、浅い岩礁に「ウニ」が育まれる九州最大の生産地だ。
昔から島の東部では海女が「ウニ漁」を担ってきた。ところが、高齢化によって海女40人の平均年齢は68歳と先行きへの不安も上がっている。そんな中、期待されているのは、島外から移り住んだ若者たち。岩手県出身の大川香菜さん(33)は、5年前にこれまでの仕事を辞め、海女の世界に飛び込んだ。いまも修行の毎日だが、先輩海女を追いかけ、少しずつ成長してきた。さらにおととし、島で知り合った夫とゲストハウスを開始。取ってきた「ウニ」を客に殻むきしてもらうなど、島の恵みを直接届け、海女への関心も持ってもらいたいと動き出している。多くの人に支えられ、大川さんの取り組みを見つめる。

■海女ゲストハウス経営
▽大川香菜さん
s_180613_01.jpeg

※壱岐市には5つの漁協があり、海女は壱岐東部漁協の組合員だけ。
そのほかの漁協では、男性の海士(あま)がウニ漁などを行う。
※水揚げの多い『ムラサキウニ』は6月10日までが漁期。
その後は、バフンウニや赤ウニが旬を迎えていく。

■「生うにぶっかけ」が食べられるお店
▽うにめし食堂はらほげ
住所:〒811-5311長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1307
営業時間:午前10時~午後8時
電話:0920-45-2153

s_180613_02.jpeg s_180613_03.jpeg

■ゲストハウス
▽みなとやゲストハウス
住所:〒811-5301長崎県壱岐市芦辺浦258
電話:0920-40-0190

※現在のところ、宿泊客への「うにかき体験」は水揚げ量の多い5月限定にしている。
※ゲストハウスなので宿泊費に2000円追加すれば、夕食が提供される。
6月以降の宿泊客も海女漁や釣りでの海産物や、島の野菜などを食すことができる。

miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回の食いちは、長崎県北部の離島・壱岐に行ってきました!
私自身初めての壱岐でしたが、穏やかで自然豊かで身も心も癒やされる場所でした。
お会いした大川さんや先輩海女のみなさんは、強くて優しいかっこいい女性で、私も気が引き締まりました。
お話を伺うと、お邪魔した壱岐東部の八幡地区では、昔から、母親から娘へ代々続く家庭が多かったそうです。
今は海女の数も少しずつ減ってきていますが、島外からやってきた大川さん初め若手海女のみなさんが、少しずつ壱岐の海女漁に活気を取り戻しているのかなと感じました。
頂いたウニはもちろん絶品!
取れたては、磯の香りとうにそのものの甘みが感じられ本当に幸せな体験で、壱岐でしか味わえない味だけに、よりおいしく感じられました!
これは行くしかありません!ぜひみなさんも、ウニも壱岐の雰囲気も味わいに行ってみてください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年06月06日 (水)町を挙げて挑戦!これ以上ない太刀魚!?


銀色に輝く美しさと美味しさで、全国から注目されるのが熊本県の芦北町(あしきたまち)で獲れる太刀魚だ。「田浦銀太刀(たのうら・ぎんだち)」のブランド名で親しまれ、1キロ3000円以上で取引される程の人気ぶりだ。キャッチコピーは「これ以上の太刀魚あったら出てこい」。この文言に恥じぬ太刀魚が町の誇りになっている。
しかし、ブランドが定着する前、田浦の太刀魚は、品質に見合った価格がつかずにいた。そこで関係者にアンケートを取ったところ、“見た目の美しさ”があまり評価されていないことが判明。その理由は太刀魚の繊細さにあった。ウロコがない太刀魚は漁師が手を触れただけで指紋の跡が残ってしまうほど、扱いが難しい魚なのだ。
それ以降、地元の漁師達は太刀魚の銀色に輝く美しさを守るため、細心の注意を払うようになった。指紋を残さないための工夫や、変色を防ぐための保存法などとともに、太刀魚料理を通して、わが町の地域ブランドを盛り上げようと奮闘する地元の人達の姿も伝える。

▽太刀魚漁師:岩田栄治さん
s_180606_01.jpeg

■冒頭で紹介し太刀魚の刺身や卵が売られている道の駅
▽道の駅たのうら
住所:熊本県葦北郡芦北町大字田浦657
電話:0966-87-2230

■冒頭で紹介した太刀魚のコース料理、および
VTRの最後に紹介した太刀魚を使ったメニュー「竹巻き」が食べられるお店

▽野坂屋旅館
住所:熊本県葦北郡芦北町佐敷373-1-1
電話:0966-82-2510

yamamoto.jpgのサムネイル画像

「これ以上の太刀魚あったら出てこい!」
とても強気な芦北町の太刀魚のキャッチコピー。

s_180606_02.jpegのサムネイル画像

この言葉の通り、とっても美しくて美味しい太刀魚でした。

まず、地元の旅館を訪ねると、太刀魚の刺身、天ぷら、寿司など太刀魚を使った料理がたくさん!
お刺身を一口食べると、歯ごたえもしっかりしていて、プリッとしていました。
脂もしっかりのっていて、とても甘かったです。
また、太刀魚を竹に巻き付けて塩焼きにした料理「竹巻き」は、皮はパリっとしていて、身はとてもふわふわでした。

s_180606_03.jpeg

そして、やはり目を引くのは、銀色に輝いていて、見ているだけで食欲がそそられる、太刀魚の美しい輝き。

s_180606_04.jpeg

この輝きを守っていたのは、漁師さんたちでした。
太刀魚は触ってしまうと、指紋がつき、時間がたつと黒ずんでしまうこともあるほど、とてもデリケート。
太刀魚に触らないように、手首の返しだけで針を外していく作業は、一瞬のことで驚きました。この技が美しい太刀魚を保っていたんですね。

s_180606_05.jpeg

芦北町の太刀魚の美しさ・美味しさには、漁師さんや料理人など地域の方の熱い想いがこめられています。
皆さんも、芦北町の太刀魚、ぜひ食べに行ってみて下さいね!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年05月30日 (水)厄介な灰でうまいもの!


明治維新150年、大河ドラマ西郷どんに沸く鹿児島。その玄関口JR鹿児島中央駅の駅弁売り場で、人気No.1のお弁当があります。桜島の火山灰を利用し「灰干し」という製法で作られた、魚のお弁当です。灰干しはその昔、鹿児島でも行われていた製法です。
灰干しの魅力は、魚独特のアンモニア臭がまったくなく、噛めば噛むほど出てくるうま味成分が凝縮されていること。魚の切り身をフィルム・さらし・灰で覆い、3日間冷蔵庫で熟成させます。灰が魚の水分の中にある臭み成分を吸収し、また低温でじっくり熟成させることで、うま味も増え、空気にも触れないので、ジューシーなまま。大量生産には向きませんが、最近では、捨てていた雑魚なども少しずつ灰干しとなり、東京などで人気に。町おこしにも一役買っています!

s_180530_01.jpg
JR鹿児島中央駅の駅弁の中で66か月売り上げNo.1を更新中のお弁当があります。
その名も「桜島灰干し弁当」です。

s_180530_02.jpg
メインのおかずは、桜島の火山灰を利用して作った魚の干物。
季節によって魚の種類は様々。

s_180530_03.jpg
日本料理を手掛け30年の梛木春幸さん。
鹿児島の近海魚を世界に届ける夢を持っています。

s_180530_04.jpg
灰干しは食材を灰で覆う方法です。
直接灰が触れないように、さらしやフィルムを被せます。

s_180530_05.jpg

s_180530_06.jpg
3日掛け低温で熟成された魚はジューシー。

■灰干しを作っている会社
▽株式会社 樹楽
住所:〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田2344-4
電話:0995-73-3812

鹿児島出身
miyawaki.jpgのサムネイル画像


食べてびっくり!干物とは思えないほどのジューシーさと柔らかさ!
そして、噛めば噛むほど出てくる魚のうまみ...。
とにかくご飯がほしくなります!
私は鹿児島出身で「灰干し」も聞いたことはありましたが、製法も詳しくは知りませんでしたし、正直こんなにおいしいとは思ってもみませんでした。
ですが、実は100年ほど前までは地元で作られていたそうなんです!
それを現代版にアレンジしてよみがえらせた、鹿児島出身の料理人 梛木さん。
「地元の漁師さんに活気を取り戻してほしい」と始めたものだったそうです。
だからこそ、灰干しの原料にしているのは"シイラ""アイゴ""エイ"などの雑魚と言われる魚ばかりなんです。
取材にお邪魔した日にアイゴの灰干しを食べさせていただいたのですが、雑魚と言われるのが惜しいほど、臭もなく、身も厚く食べ応えがあってとてもおいしかったです!
梛木さん曰く「雑魚はおいしくないというのは、ただの先入観であることが多い」そうなんです!
捨てるしかなかった魚も火山灰を利用して、町おこしのきっかけにもなるんだと、可能性を感じました!
姶良市の特産品といえば"灰干し"!となる日も遠くないかも知れませんね!
とても楽しみです♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年05月16日 (水)鮮度が命!米水津湾(よのうづわん)のしらす ~大分県佐伯市~


大分県佐伯市の米水津湾では今、春しらす漁が盛んです。海辺にある漁師直営のお店の名物が「生しらす丼」。めったに味わえない春が旬の「生しらす丼」は鮮度が命!新鮮であればあるほど歯ごたえも味も抜群です。
もう一つの町の名物が「釜揚げしらす」。加工すると言えどもこちらも鮮度が命なんです。漁港では、毎日、新鮮なシラスを落札するために加工業者たちが待ち構えます。落札後は急いで工場へ。ゆで始めるまでの時間は5分。そして、ゆで時間は2分40秒。このスピードが鮮度と絶妙なおいしさの秘密なんです。仕上げにもひと手間。「ちりめんモンスター」と呼ばれるしらすに混ざった小さなエビやイカなどのやっかいものをピンセットで取り除いていきます。ふわふわな食感の釜揚げしらすは、分単位で時間を刻むスピードと、丁寧な手仕事によって生み出されているのです。

■しらす加工会社 四代目
▽中宮 重樹(なかみや しげき)さん
s_180516_01.jpeg


■「生しらす丼」が食べられるお店
(冒頭で紹介したお店)
▽しらす料理の「豊洋丸」
住所:大分県佐伯市米水津大字浦代浦680
生しらす丼:1300円
営業時間:午前11時~午後4時
店休日:金曜日(予約可)
電話:0972-35-6959

※「生しらす丼」が食べられるかどうかは、その日の水揚げ次第です。
詳しくは、店までお問い合わせください。

s_180516_02.jpeg s_180516_03.jpeg

※天候により、漁に出られない場合は入荷がないこともあります。
詳しくは直接店舗へお問い合わせ下さい。

■釜揚げしらすを購入できるお店

s_180516_04.jpeg

▽有限会社 中宮商店(番組で紹介した加工場)
住所:大分県佐伯市米水津大字色利1281
営業時間:午前7時30分~午後6時
電話:0972-36-7249
※全国へ発送を行っています。

▽有限会社 高橋商店
住所:大分県佐伯市米水津大字宮野浦144-5
電話:0972-36-7435
※全国へ発送を行っています。


yamamoto.jpg
はじめまして。北九州放送局のリポーター、山本奈央です。
今年度から「食いち!」のメンバーに加わりました。
しっかりとお伝えしていきますので、よろしくお願い致します。

さて、今回私は、大分県佐伯市に行ってきました!
ここにある米水津湾でとれる名物が…しらす!

s_180516_05.jpeg

まずは頂いたのは、「生しらす丼」。生しらすを食べたのは初めてでした。
口の中に入れると、プリプリしていて、ほんのりと潮の香りが。
そして、しらすの中は甘みがギュッと凝縮されていました。

s_180516_06.jpeg

また、加工会社の方に作って頂いた、ふわふわの釜揚げしらすを使った料理も絶品でした。
全部で11品!しらすでこんなにたくさんの料理ができるのだと驚きました。
しらすには、ほんのりとした塩気があるので、味付けがいらないそうです。
いろんな料理に使えそうですね!

s_180516_07.jpeg s_180516_08.jpeg

そんな美味しいしらすが食べられるのは、地域の人が鮮度にこだわって届けているからなんです。漁師や加工会社のみなさんから、1番美味しいしらすを届けたいという思いを感じました。
鮮度が命!ぜひ、皆さんも食べに行ってみて下さいね!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年04月25日 (水)地元で愛されるエタリ~長崎県 雲仙市~


長崎県雲仙市、橘湾に面した南串山町で地元だけでひっそりと造り続けられている食材が「エタリの塩辛」だ。方言でエタリと呼ばれるタクチイワシを丸ごと塩に漬け、稲わらを加え2か月ほど発酵させる。強い塩気の中にカタクチイワシの旨みがギュッと詰まった逸品だ。丸ごと漬けるため内臓の苦味が少し残りかえって食欲をそそる。
南串山町は明治の初めから煮干の生産地として栄えてきた。あしの早いカタクチイワシを水揚げしてすぐに港で塩漬けにしたのが始まりだといわれる。冬場の保存食として、客人へのおもてなしとして地元に愛されてきたが、現在では作る人も少なくなっているという。
橘湾周辺で愛されてきたエタリの昔ながらのおいしい食べ方とは?

■エタリ(カタクチイワシ)の刺身を紹介した鮮魚店 
▽田中鮮魚店
営業時間:6:30~18:00
電話:0957-75-0082
住所:〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町114-14

▽エタリ (カタクチイワシ)
s_180423_02.jpeg

▽エタリの刺身
s_180423_01.jpeg

※エタリの入荷はその日によって変わりますのでお問い合わせください。

■エタリの塩辛を試食した海産物店は
▽「小浜海産物店」
電話:0957-74-5311
住所:長崎県雲仙市小浜町マリーナ20-3
※小浜海産は営業していますが、電話は4月26日以降に開通しますのでご了承ください。

■エタリの塩辛を作っている「塩辛名人」は
三木直義さん(88歳)
所属 エタリの塩辛愛好会
s_180423_04.jpeg s_180423_03.jpegのサムネイル画像

■エタリの販売情報や作り方などは・・・
▽「エタリの塩辛愛好会」

■エタリの塩辛を購入した海産物店は
「小浜海産物店」ですが、現在改装中のためエタリの塩辛のお求めは「エタリの塩辛愛好会」までお問い合わせください。

※通常は店頭での「エタリの塩辛」の試食は行っていません。


miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_180423_06.jpeg s_180423_05.jpeg

九州屈指の温泉のまち、長崎県雲仙市に行ってきました!
風情ある町並みで私も大好きで何度か旅行に行っていたのですが…
今回の食材の「エタリ」、私は全く知りませんでした。みなさんは知っていましたか?
知らずともよく食べているであろうエタリは、カタクチイワシのことだったんですね~。
しかも、煮干し以外でも食べることがあるなんて、これまた驚きでした!
まず頂いたのはお刺身。とっても脂が乗っていて、身が柔らかく口の中でとろけます。
そして!エタリの塩辛!ガツンとくる塩辛さと独特の苦み。お酒好きの方はきっと好きなはず。そのままではちょっと強烈な塩辛ですが、地元の方に教えていただいたように、ほくほくの焼き芋と合わせて食べると、甘さとしょっぱさが絶妙でやみつきになる味でした!地元のみなさん、子どもの頃にはおやつとしてよく食べていたそうです。
大人になってからは、アワビの貝殻に入れ少しあぶってお酒のあてにしているそう!
エタリの塩辛愛好会が発足して普及に力を入れていますし、今はお土産屋さんなどでも手に入るので、雲仙のソウルフード、ぜひみなさんも一度味わってみてはいかがですか?
はまるかも知れませんよ(^^)??

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年04月19日 (木)海人のまちの"ビックり"かまぼこ


沖縄で、この時期に飛ぶように売れる食材があります。
それは「沖縄カマボコ」。特徴は、1つ700グラム程もある大きさと、鮮やかな赤い色。そして、板がついていないことです。4月に行われる先祖供養「清明祭(シーミー)」で作られる重箱料理に欠かせない食材のひとつなのです。
沖縄カマボコの発祥の地といわれるのが沖縄県糸満市。この時期、老舗カマボコ店では、深夜までシーミー用のカマボコ作りに追われています。
3代目を継いだばかりの玉城理さん(42)には今、取り組んでいることがあります。それは、かつて沖縄で作られていた県魚「グルクン」を使ったカマボコの復活です。沖縄独自のカマボコを生み出し、他の産地との差別化を図ろうとしているのです。しかし、その挑戦は前途多難です・・・。
玉城さんのお店でも作らなくなって60年近くも経っています。玉城家で唯一、当時の味を知る「末子おばあ」の舌を頼りに沖縄カマボコ本来の味の復活を試みます。

■出演者
▽玉城理さん
s_180419_01.jpeg


■玉城さんのかまぼこが買えるところ
▽西南門小カマボコ店
住所:沖縄県糸満市糸満989-83 糸満市公設市場
電話:098-994-8525

■お魚センター内・西南門小カマボコ店
住所:沖縄県糸満市西崎町4丁目19
電話:098-992-2803

そのほか、インターネットでも注文が可能です。

■グルクンカマボコについて
※現在、来年の販売を目指し試作中のものです。販売はしていません。

■冒頭で紹介した市場
▽那覇市牧志公設市場
住所:沖縄県那覇市松尾2丁目10-1
電話:098-867-6560

s_180419_02.jpeg

■スタジオで紹介した料理
▽沖縄かまぼこのチーズフライ
【材料】
●沖縄かまぼこ(1本)
●スライスチーズ
●小麦粉
●溶き卵
●パン粉

■作り方
①沖縄かまぼこ1本を5mmほどの薄さにカット。
②カットした蒲鉾2枚に切れてるチーズを1枚サンドします。
③小麦粉・溶き卵・パン粉の順で衣をつけます。
④170℃の油で揚げて出来上がり!

■うちなーかまぼこ体操について
コーナー冒頭で紹介した「うちなーかまぼこ体操」は、玉城さんたちが、沖縄カマボコをPRするために制作したものです。CD等は販売しておりません。

s_180419_03.png

miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回の舞台は、食いち初登場の沖縄県!
食材は「沖縄かまぼこ」です!

s_180419_04.jpeg


市場に並ぶかまぼこは、種類が多く、一つ一つが大きくずっしりと重みもありました。
私たちが撮影していた1時間ほどの間にも、お客さんが途絶えることなくやってきていました。数多くあるかまぼこの中でも今回ご紹介したのは「赤かまぼこ」。
歯ごたえがあり、すり身の味がしっかりとしていて食べ応えがありました。
地元の方は切るサイズも大きくて、一口では食べきれませんでした…!
鮮やかな赤が目を引くかまぼこですが、食紅を直接塗ってあるからだったんですね~。
食紅を泡盛で溶いてからかまぼこに塗るというお店もありましたよ!
沖縄の先祖供養「シーミー」の時によく食べられる赤かまぼこですが、首里城も朱色、伝統の衣装も赤と沖縄県民は赤が好きで、赤かまぼこも普段の食事で食べる人も多いそうですよ。
沖縄に行かれた際には、沖縄グルメの一つに沖縄かまぼこもいかがでしょうか♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時02分 | 固定リンク


2018年04月11日 (水)しっとり!もっちり!地産地消の米粉パン ~熊本~


お米の甘さともっちりとした食感が人気の米粉パン。創業70年、熊本市内の老舗パン屋3代目・石井久芳さんは、10年ほど前から米粉を使ったパンを作り、フードコンテストでも入賞、九州米粉食品アドバイザーにも認定されています。
休耕田の解消などを目的に、熊本県でも近年生産が徐々に増えている米粉専用の品種「ミズホチカラ」。従来の米に比べ、膨らみやすく、パン作りに適しています。これを、地元の製粉会社が粉砕の仕方を研究し、主成分のでんぷんがしっかりと水を含み、膨らみやすい米粉を開発しました。その米粉を使って、よりおいしくふっくらした米粉パンを作ろうと、石井さんは、工夫を重ねてきました。小麦パンよりも水を約2割多く、焼きあがりの温度を10~20度高くしたことで、米特有のほんのりした甘さが残る香ばしいパンを作ることに成功しました。
しっとり、もっちり、ほんのり甘みのある、地元・熊本のお米で作られた、地産地消のパンの魅力をお伝えします。

▽パン屋3代目 石井久芳(いしい・ひさよし)さん
s_180411_01.jpeg

s_180411_02.jpeg s_180411_03.jpeg

■パンの購入は
▽パンの宝屋
電話:096-364-1579
米粉メロンパン1個150円/米粉あんぱん150円/米粉食パン要予約

s_180411_04.jpeg

熊本県内のスーパーなどを中心に、「新・米粉」としてグルテンフリーの米粉を小売りしています。

■製粉した米粉の問い合わせは・・・
▽熊本製粉株式会社
電話:096-355-1223


miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回の主役は「お米のパン」!
できたての米粉メロンパンをいただいたのですが、

s_180411_05.jpeg s_180411_06.jpeg

しっとりもっちり!パンのような、お餅のような、不思議な食感でおいしかったです☆
私が自宅で米粉パンを作ると、パサついたり膨らまなかったりして、まだ米粉パンのおいしさを知らなかったので、とても驚きました。
お米の味も生かせるということで、あんこなどとの相性もいいそうです。
パン屋の石井さんによると、米粉でもよく膨らんだおいしいパンが焼けるようになったのは、ここ数年のことだそうです!

s_180411_07.jpeg s_180411_08.jpeg 

パン作りに適した品種の米で作った米粉に、高い製粉技術があってこその
おいしい米粉パンなんだそう!

s_180411_09.jpeg

熊本だからこその米粉パン、みなさんもぜひ味わってみてください!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年04月04日 (水)もっちり、濃厚!酪農家が作るモッツァレラチーズ


農家が製品の開発をし、加工・販売までを行う「6次産業」。収入の向上のみならず、雇用の創生にもつながるとして期待されている。宮崎県、小林市の大窪和利さん(63)は、その6次産業化にいち早く乗り出し、現在20頭の牛を育て、世界的にも評価を受けるチーズを加工、販売している。
生乳の味がそのままチーズの味に直結するチーズ作りに一番大切なのは、美味しい牛乳作り。そのため、大窪さん牛が口にするエサの配合を独自に変え、脂肪分の多い“濃厚な牛乳”を作り出している。牛が飲む水にもこだわり、3km離れた山からわざわざひいた、ミネラル豊富な湧水を牛に飲ませることで健康にし、より美味しい牛乳の源に。そして、牛舎の床には臭いを吸収する活性炭を混ぜ込んだコンクリートを使用。糞や尿の臭いが牛乳に移るのを防ぎ、香りよいチーズを作り出している。
もともと生乳農家だった大窪さんは、平成5年の生乳の生産調整をきっかけに酪農の先行きに疑問を感じ、生乳の生産から加工・販売を一貫して行う「6次産業化」に乗り出した。今では年間の売り上げは生乳を出荷していたころの2倍、家族で経営していた会社では従業員を12名雇い、地域の雇用にも貢献している。見事な転身をとげたその姿を通して、「6次産業化」の可能性を伝える。

s_180404_01.jpg
モッツァレラチーズ

■出演者
大窪和利さん(チーズ生産者)
s_180404_02.jpg

大窪さんが作る他のチーズ

s_180404_03.jpg s_180404_04.jpg
セミハードタイプ ウォッシュタイプ
s_180404_06.jpg s_180404_05.jpg
カチョカバロ さけるチーズ


関谷勝さん(イタリアンシェフ)
s_180404_07.jpg

s_180404_08.jpg
春野菜とモッツァレラのサラダ

■番組に登場したイタリアンレストラン
▽アクアミネラーレ
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-16
電話:092-522-3320

■モッツァレラチーズや、その購入先に関して
▽ダイワファーム(大窪さんの自社農場)
住所:宮崎県小林市東方4073
電話:0984-23-5357

【カプレーゼのレシピ】
☆材料
・モッツァレラチーズ 90g
・トマト 1個
・バジル 適量
・オリーブオイル 適量
・塩、こしょう 適量

☆作り方
(1)モッツァレラチーズとトマトをスライスし、交互に盛り付ける
(2)バジルをちぎって乗せ、オリーブオイルを全体にかける
(3)お好みで塩こしょうを振りかけてお召し上がりください!


miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_180404_09.jpg

今年度最初の食いち!は、宮崎県小林市の「モッツァレラチーズ」。
生産者の大窪さんは、とにかく研究熱心でチーズ愛にあふれる方でした!
初めは宮崎でモッツァレラチーズ!?と、意外な組み合わせに驚きましたが、
大窪さんだからこそ、宮崎でおいしいチーズが作られるんだと感じました。失敗を何度も繰り返しながら、おいしいモッツァレラチーズにたどり着いたそう。ですが、牛の体調や季節によって生乳の状態が変わるため、3回と同じ作り方はしないそうなんです。
大窪さんによると、最近少しずつ九州でチーズを作りたいと手を挙げる酪農家が増えているそうなんです。「チーズは地域や作る人によって味や食感が変わる食べ物。それを選んで食べてもらえるくらいに、チーズが身近な食材になってほしい」と、話されていました。
「日本一のチーズだ」と笑いながら作る大窪さんのモッツァレラチーズ!
ギュッギュッと弾力があり、とってもジューシー!
牛乳の甘みがふんわりと感じられ、そのまま食べてもおいしいんです。
もちろんサラダやカプレーゼにしてもとってもおいしいので、皆さんもぜひ♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2018年03月28日 (水)"うきうき"コノシロ三昧~熊本県 宇城市~


ニシン科の「コノシロ」。春先は産卵前で脂がのり、珍味の真子と白子も一緒に味わうことができる。シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと名前を変える出世魚で、特に「コハダ」は江戸前寿司で人気のネタだ。
漁獲量が全国2位の熊本県。八代海に面した宇城市では、昔からコノシロが食卓に上り、特に郷土料理「コノシロの姿ずし」は祝いの場に欠かせない。
ところが、コノシロは他県では知名度が低く、小骨が多いなど人気が今一つ。そこで、安くておいしいコノシロをもっとPRしたいと立ち上がったのが地元の商工会や飲食店の人々。「うきうきコノシロ街道」と銘打って、14店が和洋中さまざまなレシピを開発し、食べやすくておいしいコノシロ料理を提供している。去年11月には、宇城市商工会公認キャラクター「コノシロ部長」も誕生!町を挙げて売り込みに躍起のコノシロの魅力を伝える。

・番組に登場した料理が食べられるお店は…
■コノシロの姿ずし
s_180328_01.jpg
▽川本鮮魚店
電話:080-1770-2012

■コノシロの刺身・塩辛
s_180328_02.jpg
▽錦寿司
電話:(0964)42-2839

■コノシロそば
s_180328_03.jpg
▽中国料理 大明天
電話:(0964)33-5358

■コノシロのコンフィと宇城野菜のグラタン
s_180328_04.jpg
▽野の花
電話:(0964)33-6094

■うきうきコノシロ街道に関するお問い合わせは…
▽宇城市商工会
電話:(0964)42-8111

■番組冒頭で紹介した「まっちゃ朝市」に関するお問い合わせは…
▽まっちゃ活かそう会
電話:(0964)42-2003
開催日:毎月第3日曜日、午前6時~
場所:熊本県宇城市不知火町松合 本町通商店街

miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_180328_05.jpg

今年度最後の「食いち!」は、熊本県宇城市に行ってきました!
デコポンで有名な宇城市不知火町ですが、八代海でとれる海の幸もとっても美味しいんです!
なかでも、地元の皆さんに長年愛されているのが「コノシロ」。
宇城市内では、新鮮なコノシロがお安く手に入るんです。
定番メニューは刺身と姿寿司。
姿寿司はなんと、頭の部分も食べられるんですよ!
見た目は斬新なんですが、こりこりしていて、これがまた美味しいんです!
番組でお伝えした中華そばやグラタンのほかにも、チャーハンや燻製などいまコノシロの新しい食べ方が増えています。
お店を案内してくれた“コノシロ部長”、チャームポイントはドット模様のほほと黄色い背びれ!
とっても元気でおもしろい方でした~
これからコノシロ部長が先頭になり、もっと盛り上げたいと意気込んでいました!
まだ4月まで旬は続きますので、皆さんもぜひ食べてみてくださいね。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲