2018年06月21日 (木)"野鳥の声"届け人


初夏を迎え、新緑が生い茂るこの時期は1年で最も多くの野鳥が海を越えて九州にやって来ます。そんな野鳥たちを探して山や水辺を巡っている男性がいます。福岡市に住む田中良介さん(79)。探しているのは野鳥の姿ではなく“鳴き声”です。四季を通してさまざまな野鳥の鳴き声を録音して目が不自由な人に届けているのです。活動を始めて15年。これまで集めた野鳥の鳴き声は80種以上にもなります。目が不自由な人にとって野鳥の声は“生きる力”になると毎年オリジナルCDを作っては全国各地の盲学校や点字図書館などに送り、これまでに400か所以上に届けてきました。今回は野鳥の鳴き声を探して届ける活動に密着しました。

f_180621_01.jpeg

f_180621_02.jpeg

■野鳥の声を届けているボランティアグループ
▽「バードコール」代表 田中良介さん
電話・FAX:092-865-1355

f_180621_03.jpeg


【取材ディレクターの一言】
田中さんのCDには至近距離で録音に成功したであろう野鳥の美しい鳴き声がたくさん収録されています。それもいいものを届けたいという思いで日々努力を積み重ねた結果なのだと同じ制作者としてとても勉強させられました。
とても79歳とは思えないバイタリティで活動を続けている田中さん。ことしも10月頃に新作を完成させて全国の点字図書館や盲学校などに届けるということですが、CDを聞いてみたいという方がいればお問い合わせくださいとのことです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲