2017年06月22日 (木)密着!まちづくり請負人


「この人に、まちづくりをお願いしたい!」全国の自治体や商店街から依頼が舞い込んでいる人物がいる。福岡県那珂川町役場などから業務委託を任されている木藤亮太さん(42)だ。肩書きは「事業間連携専門官」―組織と組織、人と人との間に入り、新たな事業を発案・実行し、まちづくりにつなげていく全国でもあまり例のない仕事だ。もともとコンサルタント会社で事業開発などを手がけていた木藤さん。4年前に宮崎県日南市の公募事業で“猫も通らない”と言われた寂れた商店街の復興に成功。その実績を買われ、今では那珂川町のほか、柳川市や佐賀や岐阜の自治体などから依頼を受け、街づくりの仕事にあたる。相談してくるのは、縦割り意識が強く硬直化した行政組織や古いしがらみに縛られて身動きの取れない商店街など。「まちづくりをやりたいが、自分たちではどうしていいのか分からない」と嘆く。木藤さんが請け負うとなぜ、街が変わるのか?一つは、コンサル時代に培った、柔軟な「事業開発」の力。もう一つは「人をつなげる力」だ。番組では、類いまれなる行動力と発想でまちづくりに取り組む木藤さんの仕事に密着する。

egawa.jpgのサムネイル画像

f_170622_01.jpg

「那珂川町は市になります」の看板の前で木藤さんと!来年10月に市を目指す那珂川町で木藤さんのお仕事に密着させていただきました。ことし4月に木藤さんが命じられた役職は全国的にも珍しい「事業間連携専門官」。漢字の変換でも出てきません。初めて聞くことばです。木藤さんのもとには、常に人が集まってきて木藤さんの人柄のよさ、信頼関係ができているんだなと感じました。常に役場内を動き回っていろいろな課の職員と会話をしている木藤さん。全く違うジャンルの課と話をしている頭の中はどうなっているんだろうと聞いてみると、文字と図が整理整頓された手書きのノートを見せてくれました。話を聞きながらでも同時にきれいに仕上がっていくノート。この情報整理のしかたなどは私も勉強になりました。
いま勢いのある那珂川町が今後、木藤さんの力も加わってどう変わっていくのか目が離せません。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分


ページの一番上へ▲