2017年05月11日 (木)共感を呼ぶ 蛭子ワールド!


f_170511_01.jpg

漫画家・蛭子能収さん(69)の描く世界が今ブームだ!北九州市漫画ミュージアムで始まった蛭子さんの展覧会「シン・えびすリアリズム」も大人気。出版されたエッセイ本は13万部を突破。蛭子さんの人生訓を記した「日めくりカレンダー」は、4万部が発行され、ヒット商品が相次いでいる。さらに、博多バスセンターでは今年、蛭子能収さんと宣伝ポスターなどコラボ企画も進行中。いま、蛭子さんの絵と言葉に共感の輪が広がっている。番組では、「漫画」と「言葉」から、今注目される蛭子ワールドの魅力に迫る。

■蛭子能治と博多バスターミナルのコラボ企画
▽博多バスターミナル株式会社
電話:092-431-1441(代表)

f_170511_02.jpg

■蛭子能収さんの展覧会「シン・えびすリアリズム」
▽北九州市漫画ミュージアム (あるあるCity 5階) 今月21日まで開催中
電話:093-512-5077
営業時間:11:00~19:00 火曜休日

f_170511_03.jpg

■蛭子能収さんの日めくりカレンダー
▽パルコ出版 「生きるのが楽になる まいにち蛭子さん」 全国書店にて発売中

f_170511_04.jpg

miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回のフォーカス福岡は、漫画家 蛭子能収さんの作品の魅力をご紹介しました。
漫画家活動に加え、バラエティーなどのテレビ番組に出演したり、執筆活動をされたりと精力的に活動をされています。

そんな蛭子さんに幅広い仕事ができる秘けつを伺ってみると、「とにかくつきあう人と仲良く!」そして「生きていくためにはどんな仕事でもやる!」とアドバイスを頂きました。
穏やかな雰囲気の蛭子さんが発する力強い言葉は、私の胸にすっと入ってきました。
世の中への不条理さが描かれた漫画やイラストも、蛭子さんが描く漫画だからこそ多くの人の共感を呼んでいるのだと感じました。
奇想天外な絵や、思わずクスッと笑ってしまうお話、皆さんも蛭子ワールドに浸ってみてはいかがでしょうか(^^)?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分


ページの一番上へ▲