フォーカス福岡

2016年12月28日 (水)小児がん 親子を支える "第二のわが家"


九州唯一の小児がんの拠点病院に指定された九州大学病院。そのそばに先月、入院する子どもに付き添う親のための宿泊施設、ファミリーハウスがオープンした。市民団体が設立したもので、一泊千円で宿泊でき、風呂や洗濯なども好きな時間に利用できる。
この施設が作られた背景には、小児がん患者の家族をめぐる厳しい事情がある。専門的な治療が必要となる小児ガン。国は3年前、患者が適切な治療を受けられるよう、全国15の拠点病院に治療体制を集約することにした。しかしその結果、遠方の病院に入院する患者が増加し、付き添う家族の負担が高まっている。
そうした家族を支えようと、多くの人々の協力を得て完成したファミリーハウス。白血病で入院中の息子に付き添っている母親は、この施設で入浴や洗濯ができるようになって、気持ちも軽くなったと喜んでいる。小児がんの家族を支える取り組みを取材する。

■福岡ファミリーハウス事務局
電話:09079888189
FAX:092-832-8277
このファミリーハウスは、小児がんを含む子どもの病気と闘う家族が利用できます。

f_161227_01.jpgのサムネイル画像 f_161227_02.jpgのサムネイル画像

f_161227_03.jpg

取材ディレクターの一言メモ
このファミリーハウスを作る市民団体の取り組みを知ったのは、今年の7月でした。ハウスが作られた背景には、3年前に九州大学病院が小児ガン治療の拠点病院となり、遠方から来る患者と付き添いが増えたことがあります。子どもの突然の入院に、遠方での付き添い生活。親たちには宿泊や交通費などの金銭的な苦労はもちろん、気の休まるときがなく精神的な負担がかかっていました。そうした親を支えようと、地域と市民の力で作り上げたこのファミリーハウス。ハウスそのものも無償提供をうけ、多くの人の寄付と協力の上で完成したのです。特に印象的だったのは、プロジェクトに関わる人たちの思いがとても熱いことでした。ある学生は真夏の暑い中、12回も改築のボランティアに参加をしていました。それはひとえに「親たちを支えたい」という思いに突き動かされたからだということです。この多くの人に支えられたファミリーハウス。オープンして二か月が経ちますが、利用者はのべ150人を超え、多くのガンと闘う親子の“第二のわが家”となっています。プロジェクトのスタートから施設の完成まで取材させていただきましたが、人のあたたかさとやさしさを実感しました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時24分 | 固定リンク


2016年12月20日 (火)"転勤"あっても働き続けたい


f_161220_01.jpg

全国でも特に転勤族の多い福岡。「転勤族の妻」たちの中には、夫の転勤で仕事を辞めざるを得なかった人や、女性自身が転勤を命じられて家庭との両立に悩んで仕事を辞めたという人も少なくありません。
こうした中で広がっているのが、「働きたい」という女性たちの思いをサポートする取り組みです。もう一度働きたいという女性たちに人気の「子連れ出勤」できるオフィス。そして、女性社員の転勤による離職を防ぐ「地銀人材バンク」など、新たな動きを伝えます。

■転勤族の妻たちが交流する集まりについて
▽TKT48転勤族協会
全国17のチームに分かれて、悩みを話し合うおしゃべり会や地域交流イベントなどを行っています。

f_161220_02.jpg

■子連れ出勤できるオフィスについて
▽株式会社ママスクエア(東京本社)
電話:03-5443-2160 (平日10:00~16:00)

f_161220_03.jpg

■全国64の地銀が連携して行っている「地銀人材バンク」の取り組みについて
▽千葉銀行 ダイバーシティ推進部
電話:043-245-1111

f_161220_04.jpg

miyawaki.jpgのサムネイル画像

勤族の妻、略して「転妻」☆
ご存じでしたか?この言葉!
大企業の支社が多い街福岡には、転妻の方たちも多いんです。
私の父も転勤族だったのですが、慣れた頃に新しい地に引っ越すというのは家族にとっても大変でした。これが仕事をしていて…となると悩みはつきないでしょう。
今回印象的だったのは、お会いした転妻の方々の「仕事したい!」という意欲でした。
実際、子連れ出勤できるオフィスでは、「仕事を始めてから毎日が充実している」「忙しいけど楽しい!」といった声をたくさん聞きました(^^)
安心して働ける場所が増えているのは本当に素敵なことだなと実感しました。
今後も様々な形で、家庭を持っていても、転勤があっても、女性たちが働き続けられる場所が増えていってほしいなと思います!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:19時33分 | 固定リンク


2016年12月13日 (火)ボクシング世界王者!強さの秘密に迫る


WBC女子世界ミニフライ級チャンピオン、黒木優子さん(25)。12月18日に、福岡で世界タイトルをかけた5度目の防衛戦に挑みます。福岡市出身の黒木さんは、高校3年生(17)の時、当時女子では国内最年少でプロテストに合格。そして2年前、念願の世界王者の座につき、これまで4度防衛を果たしています。「母の支えがあるからこそ戦える!」とトレーニングに励む黒木さん、その強さの秘密を探ってきました。

f_161213_01.jpgのサムネイル画像

■黒木優子さんが所属しているボクシングジム
▽YuKO Fitness Boxing GYM
住所:福岡市博多区博多駅南2-16-10
電話:092-409-8455
営業時間:(月~金)14:00~23:00(土日祝)10:00~17:00

f_161213_02.jpgのサムネイル画像

■女子ボクシング/WBC女子世界ミニフライ級王者
黒木優子 世界タイトルマッチ(V5)
日時:2016年12月18日(日)14時より第一試合開始予定
会場:九電記念体育館(福岡市中央区)
対戦相手:安藤麻里(日本)元WBC女子世界ミニフライ級チャンピオン

 f_161213_03.jpgのサムネイル画像

miyawaki.jpgのサムネイル画像

WBC女子世界ミニフライ級チャンピオンの黒木優子さん。
チャンピオンの練習は朝6時から始まります。
けれども、朝が大の苦手だという黒木さん!
瞬発力やスタミナを付けるのと合わせて、精神力も鍛えたいと朝練を始めたそうです。
私は今回初めて女子ボクシングを見たのですが、スピードと音、選手たちの気迫に圧倒されました!
ボクサーが軽々とこしているサンドバッグも、実はとても重たくて私がやってみると素手では手が折れてしまいそうなほど・・・!
心身ともに厳しいスポーツですが、黒木さんのジムには女子ボクサーが何人もいました。
中学生の女の子からママさんボクサーまで!
やはり、皆さんのあこがれは世界チャンピオンの黒木さん(^^)☆
ボクシングには、厳しく過酷な真剣勝負だからこそ感じられる楽しみがあるそうです!
そんな魅力を多くの人に伝えて女子ボクシング界を盛り上げたいと、黒木さんはおっしゃっていました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年12月06日 (火)狙え!ネットで爆買い 国境を越えるネット通販


f_161206_01.jpg

福岡では九州・沖縄でチェーン展開しているドラッグストアが、先月より海外の人へのインターネット通販を始めた。価格はネットも店頭も同じ、狙うはネット上の “爆買い”だ。
こうした海外に住む人に日本製の商品売るインターネットサイト“越境EC=国境を越えたネット通販(electronic commerce)”を行う企業が増えている。北九州の企業は創業から1年で、年商1億円を突破。何週間かかっても欲しいという海外の人のニーズは多く、日本の手ぬぐいや駄菓子は100個一気に注文する人もいるほどヒット商品が出ている。
さらに福岡のIT企業も外国人向けた巨大免税通販ショッピングモールのサイト運営を始めた。
日本の人口が減り、国内消費がこれから伸び悩む現代にまだまだ可能性を秘めた外国人の消費。福岡の中小企業が、世界を相手に始めた越境ECの現状に迫る。

f_161206_02.jpg

■越境ECに参加したドラッグストア
▽ドラッグイレブン
電話:092-583-3100

f_161206_03.jpg

■越境EC ベンチャー企業
▽(株)アジアンドア
電話:093-981-6034 

f_161206_04.jpg

■巨大免税ショッピングモール 「DOKODEMO」 
▽(株)ベガコーポレーション
電話:092-281-3501

f_161206_05.jpg

■寿司手ぬぐい 
▽(株)米七
電話:093-383-8787


egawa.jpg

f_161206_06.jpg

こちら、何に見えますか?
まぐろに、たまご・・・きれいなシャリの上に大きなネタが乗っています!
そう!寿司に見立てた手ぬぐいです。こちらは、北九州市の企業がオリジナルに考えた商品。かわいいですよね。

f_161206_07.jpg

駄菓子!懐かしい!小学生の時、遠足でたくさん買って持って行きました。

f_161206_08.jpg

色とりどりの筆ペン!
実は、これらの商品が「和」や「日本文化」を感じさせると、外国人から人気を呼んでいるそうです。今回は、日本の商品を海外の方にインターネットの通販サイトを通して買ってもらう「越境EC」について紹介します。外国人観光客の方に英語でインタビューをしたんですが、なかなかうまく英語が伝わりませんでした。英語を勉強しようと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月29日 (火)もっとディープに!変わる外国人の旅


今年、2千万人を超えた訪日外国人。その外国人観光客の行先に変化が起きています。以前は、大宰府、福岡タワー、キャナルシティなどのメジャーな場所が定番でしたが、最近では意外な場所に外国人が殺到。
実は、柿狩りやカキ小屋、ラーメン工場に、まが玉作りなど、
何かを「体験」できる場所に外国人の方が集まっているんです。さらには、そんな外国人観光客のニーズに答えて、売上アップにつなげた企業もあります。
外国人観光客の変わる行き先と、その観光客を受け入れる企業の様子を取材してきました。

f_161129_01.jpg

■柿狩りについて
▽右田果樹園 本社
住所:〒839-1214 福岡県久留米市田主丸町地徳3024
電話:0943-72-2729

f_161129_02.jpg

■ビール工場見学について
▽(株)アサヒビールコミュニケーションズ
住所:〒812-0895 福岡県福岡市博多区竹下3-1-1
電話:092-431-2701

miyawaki.jpgのサムネイル画像

日本を訪れる外国人観光客が急増する中、九州にも200万人を超える外国人の方が来ています!
公共交通機関などでもよく見かけるかたも多いのではないでしょうか?
そんな外国人の方たちが向かっている場所はというと、地方の農園や、工場、川下りといった私たちの身近な体験スポットでした。
また、自分のペースで旅行を楽しみたいと、ツアーではなく個人で手配をして訪れている人多くもいました。
レンタカーや公共交通機関を駆使して、いろんなところに遊びに行くのが楽しいんだそうです(^^)
私も海外に行くときは、お買い物だけでなく、その土地ならではの体験をしたい!地元の人たちが行くような穴場に行ってみたい!といつも思います。
やはり日本に来られる外国人の方々もそういった気持ちで旅行計画をたてられるのでしょう♪
九州には、私たちにとっては当たり前でも、外国人の方にとっては魅力的だと感じるスポットがまだまだあるかもしれないですね!!
今回多くの方にインタビューをしましたが、
皆さん口を揃えて「日本は綺麗な街!親切な人ばかり!」と嬉しそうでした★
福岡・九州の魅力をもっと多くの方に知ってもらうためにも、私たちの心がけが大切なんだと実感しました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月08日 (火)「食」と「応援」でランナーを支える!


11月13日に行われる「福岡マラソン」。1万3千人のランナーが天神の渡辺通りをスタートし糸島市まで走り抜けます!都会から自然へと次々に変化していく風景を楽しめると人気のイベントなんです!
コース中には、13か所の福岡ならではの食べ物も用意されている「給水・給食所」と、33チームがパフォーマンスを行う5か所の「応援ステージ」が設置されています。
今回はこれらの「応援」と「食」の分野でランナーを支える人たちを取材しました!

f_161108_01.jpg

■「スポーツマシュマロ」を開発した菓子店
▽石村萬盛堂 本社
住所:〒812-0028 福岡県福岡市博多区須崎町2-1
電話:092-291-5090

f_161108_02.jpg

■糸島高校ダンス部 Rainbow’s
住所:〒819-1139 福岡県糸島市前原南2丁目21番1号
電話:092-322-2604

f_161108_03.jpg

■和太鼓道心

f_161108_04.jpg

miyawaki.jpgのサムネイル画像

福岡県民にとっての毎年恒例ビッグイベント「福岡マラソン」!!
当日走る予定の方もいらっしゃるのでは?
ランナーにとって気になるのは、沿道で熱い「応援」を送ってくれる人たち!
そして、栄養補給の「給食」ですよね!?
そこで今回は「食」と「応援パフォーマンス」をテーマに取材してきました。
どの分野でも、関わる皆さんそれぞれに「福岡マラソン」にかける思いがあり、大会本番に向けて本当に一生懸命でした!
福岡県内外の多くの方から支えられているイベントなんだと実感しました。
この思いが多くのランナーの方に伝わるといいな~!!
今年は参加しない予定だった皆さんも、「応援」をしに、「応援」を見に行ってみてはいかがですか(^^)?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


2016年11月02日 (水)急成長!"ハンドメード・マーケット"


f_161101_01.jpg

いま、手作りのものをスマホアプリなどで売買する「ハンドメード・マーケット」が、若い女性の間で大人気になっています。売られているアクセサリーや雑貨は主婦や学生などが作ったものですが、完成度の高いものばかり。「誰も持っていないカワイイもの」を手軽な価格で買えるのが魅力だと言います。ハンドメード作品を買えるアプリはこの3年で複数登場し、推計市場規模は78億円に達しています。
中でも最も取り引きが多いのが、福岡で誕生した「minne(ミンネ)」。29万人の作り手が登録しています。運営するIT企業では、魅力的な写真の撮り方などを教えたり、オススメ作品をメールマガジンでPRしたりして、多くの人気作家を育ててきました。趣味で作っていたものを販売したところ人気が出て、脱サラした女性も!企業では、素人作家たちのセンスを活かそうと、波佐見焼などの伝統工芸とのコラボ商品も開発しています。
女性たちを惹きつけて成長するハンドメード・マーケット。その舞台裏を伝えます。

f_161101_02.jpg

■ハンドメードマーケットのアプリについて

▽GMOペパボ
電話:03-5456-2622
※ハンドメード作家のアトリエも東京で運営

f_161101_03.jpg

f_161101_04.jpg

■番組で紹介したドライフラワーや押し花のアクセサリーについて
「YURIAN-ROSE'S」
紹介したものはハンドメードマーケットアプリminneで取り扱っています。
お電話での注文は対応していません。

f_161101_05.jpg

■ハンドメード作家がデザインした波佐見焼

▽マルヒロ
電話:0955-42-2777

egawa.jpgのサムネイル画像

ハンドメードを扱うアプリ、見るだけで楽しいですよね♪ アプリの人気をきっかけに、作家さんと直接会ってハンドメード作品を買うことが出来るイベントも次々と行われています。先日行ってみたところ、アクセサリーだけでなく、衣類や文房具なども販売されていました。私が注目したのがこちら!

f_161101_06.jpg

好きなデザインを選んで自分の名前を彫ってもらえる、手作り消しゴムはんこ!

f_161101_07.jpg

アプリからも注文することができるそうです。
女性のハートをつかむハンドメード・マーケット、今後も目が離せません!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時45分 | 固定リンク


2016年10月25日 (火)福岡で高まる落語人気!


f_161025_01.jpg

毎度ばかばかしいお話しを一つ「隣のお宅に囲いが出来たんだってねー」
「へー!かっこいーー」「おあとがよろしいようで」。伝統芸能の落語ですが、最近ではイケメンの若手落語家が登場したり、落語をテーマにした漫画がヒットするなど、さまざまな理由で若い世代にも落語人気が広がっているんです。福岡での人気の秘密を取材しました!

■「立川生志 独演会」を企画しているお店
▽洋風居酒屋ブラッカブロッコ
住所:久留米市ムツ門町22-21 プリンス開館B1F
電話:0942-38-5111

f_161025_02.jpg

f_161025_03.jpg

■手作り落語会「美案寄席」を企画しているグループ
▽株式会社 WMKエージェンシー
住所:福岡市南区桧原2-54-9
電話 : 090-2390-9365

f_161025_04.jpg

miyawaki.jpgのサムネイル画像

私は今回3つの落語会にお邪魔しました。
とにかく行って良かった!のひとことです!!
おもしろおかしく笑える話もあれば、はたまた人情味あふれる感動的な話もあったりと落語の魅力にどんどん引き込まれていきました!!
落語の本場といえば大阪や東京を思い浮かべますが、最近ではご紹介したように福岡でもどんどん落語会が開かれています。
福岡出身の落語家さんの寄席の時には、方言を使った枕なども聞けちゃうかも!?
皆さんも、「最近笑ってないな~」「今日いやなことあったな~」なんて思ったときにはぜひ落語会に参加してみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時40分 | 固定リンク


2016年10月19日 (水)やさしい日本語で"おもてなし"


f_161019_02.jpg

外国人に話しかけられたら、「英語で答えなければ!」と思いがちな日本人。しかし、その発想を転換し、「やさしい日本語」で外国人観光客を“おもてなし”しようという動きが福岡県柳川市で始まっている。
「やさしい日本語」とは、日本語を学んだことのある外国人に対して、わかりやすく伝える技術のこと。やさしい日本語はちょっとしたコツを学べばすぐ習得でき、より心の通うコミュニケーションができるのがメリット。柳川市では外部の専門家と連携し、土産物店の店員や川下りの船頭などにやさしい日本語を教えたり、訪日客に「やさしい日本語、おねがいします」というバッジを配ったりして、やさしい日本語でスムーズに旅ができる街作りを進めている。
近年、世界の日本語学習者数は増加しており、こうした取り組みは、韓国や中国など他の国からの観光客の対応にも役立つと期待されている。東京五輪を控え、全国から注目を集める柳川の取り組みを伝える。

f_161019_01.jpg

■柳川市役所産業経済部
▽観光課おもてなし推進係 
住所:〒832-8601 柳川市本町87番地1
電話:0944-77-8564(係直通)

f_161019_03.jpg

miyawaki.jpgのサムネイル画像

「やさしい日本語」というと、日本人になら簡単に話せそうに思えますが・・・
いざ使うとなると、すらすらとは出てきません!!意外と難しいんです。
外国人に通じやすい日本語のポイントは
1、文を短くする  2、やさしい言葉で言い換える
というシンプルなものだと私も教えていただいたのですが、相手が初めて会う外国人の方となると、つい敬語を使って長い文にしてしまい、実際に使うのは簡単ではありませんでした。
ですが、外国人観光客の方たちが、柳川市民と日本語で話が通じて、うれしそうにしている姿はとても印象的でした。
福岡県に訪れる外国人観光客は年々増加しています。少しでも心に残る素敵な思い出ができるよう“おもてなしの心”で接していけたらいいですね!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時42分 | 固定リンク


2016年10月11日 (火)本屋 新サービス続々


f_161011_01.jpg

読書の秋、みなさんはどこで本を買いますか。
インターネットを使えば、電子書籍で読めたり、すぐに欲しい本が手に入ったりとサービスが増えていくなかで、地域にある本屋は苦しい立場に置かれています。
しかし福岡には去年から、新しいサービスを始める本屋さんができ始めました。
30坪もない小さな本屋さんでは「本を売る」だけではない様々なサービス、さらに本の売り方にも個性があります。
一体どんなところなのか、人が集まる本屋に迫ります。

f_161011_02.jpg

■トークイベントを開催している本屋について

▽Rethink books
電話:092-406-7787
営業時間:11:00~22:00

f_161011_03.jpg

■部活がある本屋について

▽福岡天狼院
電話:092-518-7435 
営業時間:平日 12:00~22:00 土日祝日 10:00~22:00

f_161011_04.jpg

egawa.jpgのサムネイル画像

今回は「読書の秋」本の話題です!今、本はインターネットで注文したり電子書籍で読んだりでき、書店に足を運ばなくても手に入りますよね。そんな中、ちょっと変わった本屋さんを発見しました!
規模の小さな町の本屋さんでは、お客さんを呼んで本を買ってもらうための仕掛けがたくさん!紹介する1つめの本屋さんでは、ビールや焼酎などお酒を飲みながら本を読めるカフェスペースがあったり、本の並べ方を「食」「子育て」「落語」などジャンルごとにわかりやすく分類してあったりと、本屋のスタッフがおもしろいと思った物を厳選して置いてありました。さらに夜になると、本屋に小説家やタレントを招くトークイベントが開催されています。2つ目の本屋さんでは、夜、仕事終わりの大人が集う“部活”の人気が高まっています。フォト部、メイク部、ヨガ部など10種類の部活があり、本屋の中で講師の指導を受けることが出来ます。部活を受けているみなさんは、とても楽しそうで輝いていました。大人になっても、知らない人同士が集まって興味があることを学べる場があるというのは貴重ですよね。私も通ってみたいなと思いました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲