2020年5月25日

3カ月ぶりの給食再開です


藤澤義貴です。

福岡市内の公立小中学校で、
3カ月ぶりに、きょう給食が再開しました。
新入生にとっては、“初めて”の給食です。

午前中、福岡市にある給食センターを訪ねました。

fu_200525_01.jpg

1000人分の料理をいっぺんに作れるという大釜。
多くの学校で分散登校が実施されているため、
稼働している大釜は4つしかありませんでした。

それでも、施設の人たちは、
給食を楽しみに待っている子どもたちのために、
早朝から張り切って作ったそうです。

こちらが、
市内の中学校に届けられた給食です。

fu_200525_02.jpg

味噌汁にパン!?という組み合わせに、
驚く人がいるかもしれませんね。

ただ、ご飯の場合、茶碗によそうのに人手と時間がかかり、
袋をかぶせることもできません。
学校では、感染防止対策として、
しばらくは“パン”が主食になるということです。

fu_200525_03.jpg

私が給食を食べていたのは、20年以上前。
給食は、一日の中でも大きな楽しみの一つでした。

子どもたちが遠慮なく会話をしながら、
給食を食べられる日が、
一日も早く訪れてほしいと思います。


■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時06分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ページの一番上へ▲