2020年1月

記録的大雨と記録的暖冬


気象予報士の吉竹です。

ロクいち!の気象コーナーに向けて、毎日、天気図とにらめっこしています。
さまざまな気象資料を解析して、きょうお伝えするポイントを頭の中でまとめ放送に臨みますが、
時には私が経験したことがない予想以上のことが起こります。

y_200131_01.jpg

1月27日(月)の出来事です。
発達中の低気圧の通過で九州北部は雨になりました。
放送中、大分県南部に発達した雨雲が発生、気になっていました。

y_200131_02.jpg

放送終了後、みんなできょうの番組反省会をしていましたが、
大分県佐伯市に相次いで「記録的短時間大雨情報」が発表され、
報道フロアは一気に緊張、慌しくなり、特別番組の対応に追われました。
私は雨雲の状況、雨の降り方、水蒸気の流れ込みなど、いろいろなデータを確認。
「線状降水帯」の発生です。
午後7時27分までの1時間に佐伯市で117.5㎜の猛烈な雨を観測。
1月としては日本歴代1位の記録更新。
雨雲は午後8時ごろからようやく東へ動き始め、
佐伯市の雨の峠は越えましたが、被害が発生しました。

y_200131_03.jpg

経験のない豪雨、ここでポイントになるのは、
(1)なぜ1月のこの時季に?
(2)南西諸島ならわかるが、なぜこれほどの猛烈な雨が九州で降る?

データを解析すると、低気圧が大量の暖かい湿った空気を持ち込み、
南東の風が大分県南部の山に吹きつけ、佐伯市付近に線状降水帯が形成されました。
そして、季節はずれの暖かい大量の水蒸気が九州付近まで持ち込まれたのには、
どうもこの冬の記録的暖冬とも関係があるようです。

y_200131_04.jpg

この冬は偏西風の位置が例年よりかなり北に位置した状態が続いています。
このため、シベリアの寒気が南下できず、九州を含め全国的に記録的暖冬になっています。
大分県佐伯市大雨当日の1月27日、お隣の熊本県八代市で最高気温が23.7度、
平年より13.5度も高い5月上旬並みの記録的高温になりました。
つまり初夏並みの暖かい空気が九州に流れ込んでいたわけです。

y_200131_05.jpg

この冬の記録的暖冬についてはさまざまな要因が考えられますが、
太平洋の日付変更線付近の海面水温が高いことや
通常とは異なるインド洋の海面水温の状態が日本の南の高気圧を強め、
ひいては偏西風を北上させていることが大きな原因のひとつ。
これに加え、地球温暖化による気温の上昇も暖冬に拍車をかけているものと考えられます。

福岡の1月の平均気温を1890年(明治23年)の観測開始以降、グラフにしてみました。
右肩上がりに気温が上昇しています(100年あたり1月の気温は1.9度上昇)。

y_200131_06.jpg

そして福岡における今年2020年1月の月平均気温(1月30日まで)は9.6度。
これは平年より3.0度も高く、観測開始以来130年間で2位を大きく引き離し、
経験したことがない記録的高温です。
9.6度とは3月上旬から中旬の気温に相当するまさに季節はずれの高温。
地理的には福岡市が鹿児島市や枕崎市のさらに南、種子島の近くまで移動したような状態です。

すでに記録的暖冬の影響で、
農作物の生育や冬物商品の消費など社会的にも大きな影響が出ていますが、
いろいろな資料を検討してみても、2月も暖冬が続く可能性が高いと考えられます。
今後も気候の動向に注目していく必要があります。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:17時07分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

新型ウイルス肺炎 家庭でできる備えは?


新型のコロナウイルスによる肺炎のニュースが、連日報道されています。
不安な気持ちを抱える人も多い中、私たちができる備えを専門家に聞きました。

f_200131_01.jpg
(手洗い・うがいが大切です)

感染症対策を行っている福岡東医療センターの中根博さんは、
「手洗い・うがい」が大原則だと話します。

f_200131_02.jpg

中でも、手を洗うときには、
「20秒」しっかりと時間をかけて洗うことが大切だといいます。

手洗いのポイントです。
(1)  石けんのボトルに触れる前に、一度水で手を洗い流しましょう。
(2)  指の股の部分も、指を差し込むようにして洗いましょう。
(3)  親指の付け根の部分など、手のひらの膨らんだ部分は洗い残しが多いので意識して洗いましょう。
(4)  手をふくタオルはこまめに取り換えたり、使い捨てのものを利用したりすると効果的です。

f_200131_03.jpg

続いて、大切なのが「アルコール消毒」です。
今回のウイルスについては、
アルコール消毒が一定の効果があるとされています。
人がよく触れるドアノブや手すりなどは、
こまめにアルコールでふき取るようにしてください。

f_200131_04.jpg

外出するときには、「マスク」を着用しましょう。
咳をしている人はもちろんですが、
症状がない人でも、様々なものに触れた手が安易に口元に触れないためにも、
マスクを着けることが効果的です。
マスクは外出先から帰ったら外すなど、こまめに取り換えることも大切です。

私も、いつも以上に意識して、
手洗いとうがいを続けていきたいと思います。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:12時40分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ボーっと生きてんじゃねーよ!


「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
このセリフでおなじみ、チコちゃん。

m_200130_01.jpg

なんと!
NHK福岡放送局開局90年を記念して
やってきました!

この何とも言えない表情がたまりません。

福岡放送局1階ロビーで、
みなさんをお待ちしています。

ぜひ遊びに来てくださいね☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16時33分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

脂たっぷり 養殖サバ ~佐賀県 唐津市~


今回の食いち!は佐賀県唐津市の養殖のマサバを紹介しました。
サバを刺身で食べるなどの食文化がある九州では、各地でサバが養殖されブランド魚として流通しています。唐津市でも呼子のイカに次ぐ、新たな名物にと2014年に誕生しました。
唐津市の養殖サバの特徴はなんといっても「完全養殖」であるということ。
一般的な養殖サバは、天然の稚魚を捕まえて大きく育てますが、唐津市は九州大学と連携し、卵から育てる養殖方法を開発しました。
九州大学の“九”と「品質(Quality)」の頭文字をとって、「唐津Qサバ」と名付けられました。
完全養殖は稚魚からエサを管理することで、寄生虫のアニサキスの発生を抑えること、
また天然資源に頼らないため自然に優しいことが特徴です。
特別なエサを与え、1年半かけて育てたQサバは脂がたっぷり。身に含まれる脂質の割合は、天然サバと比べ、年間を通じてなんと2倍以上になるのだそうです。
サバ好きのみなさん、ぜひ唐津市のQサバを試してみてはいかがでしょうか。

s_200129_01.jpg
唐津Qサバ

s_200129_02.jpg
稚魚は市の施設でふ化させます

s_200129_03.jpg
サバを育てる 坂本進一さん

s_200129_04.jpg
およそ1年半で出荷を迎えます



s_200129_05.jpgs_200129_06.jpg

■Qサバの料理が食べられるお店
▽大志
住所:〒847-0052 佐賀県唐津市呉服町1798
電話:0955-74-0107
※要予約。詳しくはお店にお尋ねください
※18:00~23:00 定休日:火曜日


s_200129_07.jpgs_200129_08.jpg

■Qサバを取り扱う店
▽田川鮮魚店(Aコープやまもと店)
住所:〒847-0002 佐賀県唐津市山本1390
電話:0955-78-1373
※時期によっては取り扱いがない場合もあります

■唐津Qサバに関しては…
▽唐津市 水産課
住所:〒847-0014 佐賀県唐津市西城内1-1
電話:0955-72-9130


nakata.pngのサムネイル画像
 
こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、佐賀県唐津市の養殖サバ、その名も「唐津Qサバ」をご紹介しました。
本当にとってもおいしかったです。
臭みは全くなく、脂のノリも絶妙でした!

s_200129_09.jpg

Qサバを使った料理を提供している松田拓也さん。最近では、Qサバのほうが天然のサバよりも良質の脂が乗っていて、おいしいんじゃないかとおっしゃっていた程です。
そして、そのQサバの稚魚を育てている市の施設へ行き、サバを見せていただいたのですが、徹底した工夫が沢山あり、感動しました。
私はスーパーや魚屋さんに並んでいるサバしか見たことがなかったのですが、泳いでいる姿を上から見て驚きました。
少し蛇に似た模様がくっきりと見えていて、全体的に白っぽく見えたんです。
施設の村山孝行さんにお伺いしたところ、養殖で小さい頃から屋内で育つため、紫外線の影響などが少ないから白いのではないかとのことでした。

s_200129_10.jpg

その後、市の施設で育った稚魚を、海で大きく育て出荷している、坂本進一さんのいけすに伺いました。
すごく面白くて優しい方で、育てているサバの特性など、いろんなことを教えてくださいました。

s_200129_11.jpg

そして今回、はじめてサバの白子が食べられることを知りました(笑)
普段食べるタラなどの白子よりも、弾力があり、かむとあっという間になくなります。サバの風味も感じられて、本当においしかったです。

s_200129_12.jpg

サバは、自分の子供のようだとおっしゃる坂本さん。元気な姿を見るとうれしいと笑う坂本さんの表情からも、サバへの愛情がひしひしと伝わってきました。
皆様もぜひ、愛情たっぷりに育てられたQサバを食べに、唐津を訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

天神 伝説のライブハウスをたずねて


中山庸介です。
今年は福岡放送局開局90年。
ある年代以上の方なら、NHK福岡が天神にあったことを
ご存じかもしれません。

次々と新しいものを生み出していく、天神の街。
中でも、昭和から平成にかけて
新たな音楽の発信地として全国的に有名になった
ライブハウス「照和」をたずねました。

n_200128_01.jpg

「チューリップ」「海援隊」井上陽水さんに長渕剛さん・・・。
フォークの分野を中心に、
多数のスターが、誕生していきました。


n_200128_02.jpg

高さ、わずか10センチほどのステージ。
しかし、ここに上がることはなかなか叶うことではない。
当時の若者たちの憧れだったといいます。
ステージの奥には、超・著名アーティストたちの
サインがぎっしり。

n_200128_03.jpg

椅子の数は40。しかし、かつては100人を超える観客が
立ち見でぎっしりだったそうです。
その後ビッグになっていった歌手たちは、
ここでスポットライトと熱気を感じながら、
どんな気持ちでマイクの前に立っていたのでしょうか。

変わる天神と、NHK福岡が伝えてきた90年を振り返る企画。
1月30日(木)のロクいち!の中でたっぷりとお伝えします。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時46分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ぽかぽかする靴下


庭木櫻子です。
あす「にっぽん列島夕方ラジオ」で
福岡発の「はっけんラジオ」を担当します。
番組では
みなさんからのメッセージを募集中です。
今回のテーマは「我が家の寒さ対策はこれ!」。

私の寒さ対策は、この靴下です!
中がモコモコの素材でできていて、
お風呂上りにこの靴下をはくと
ぽかぽかが長続きする気がします。

ni_200127_01.jpg

長安智子キャスターとともに、あす
ラジオ第1で午後5時05分~お送りする予定です。
ぜひ、こちらの応募フォームから
メッセージをお寄せください!!

■はっけんラジオ

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:17時55分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

"国産バナナ" 福岡で栽培中!


全国でも珍しい“国産バナナ”。
なんと福岡県大川市で育てられていると聞き取材してきました。

f_200127_01.jpg
【まるで南国の雰囲気】

冬場だというのに、
ハウスの中は20度近い気温。
しかも、スチームサウナに入ったような“ムシムシ”した湿度の中で…見つけました!

f_200127_02.jpg
【たわわに実った国産バナナ】

まだ小ぶりで緑色ですが、
追熟させると糖度24度以上のとても甘いバナナになるそうです。

寒い冬でもバナナが栽培できるの・・・?
みなさん、そう思いますよね。
実は、私たちの生活に馴染みが深い“ある施設”が、
“国産バナナ”の栽培を可能にしているんです。

今週金曜日(31日)の中継では、
大川市の“国産バナナ”の魅力に迫ります。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:17時45分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ワインどころ福岡!


今週のロクいち!福岡に、
長安智子キャスターが出演しています!

m_200124_01.jpg

普段、はっけんラジオのアンカーを務めている長安さん。
九州沖縄のみなさんは夕方、ラジオでおなじみかしれません。

長安キャスター、実はワインエキスパートという資格も持っています。
しかも、福岡市は、総務省・家計調査のランキングで
一世帯あたりのワイン購入数量が1位!
ということで、今週は「福岡のワイン最新事情」をお伝えしました。

長安キャスターおすすめの、
福岡の食に合うというワイン、番組のなかでも紹介してもらいました!
「水炊き」には、甲州の白。
「ギョーザ」には、スパークリング。
「めんたいこ」には、イタリアの甘口の赤、だそうです。


ギョーザとスパークリング、ちょっと思いつかないですが、
試してみたいですね☆


さて、「はっけんラジオ」は
27日(月)から再開の予定です!
平日午後5時5分~、
ぜひラジオもお楽しみ下さい☆

■はっけんラジオ

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16時43分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

懐かしのロクいち!メンバー


きのう、東京・渋谷の放送センターで
廊下を歩いていると、
この人にバッタリ会いました!

ni_200124_01.jpg

去年の夏まで
一緒にロクいち!リポーターをしていた
浅野達朗アナウンサーです。
運動することや、携帯用の電子小物=いわゆるガジェット機器が大好きで、
私の知らないことをたくさん教えてくれる楽しい先輩です。
「久しぶりに大濠公園をランニングしたい」
と言っていました!!

そして、私は
きょう「Nスペ5min.」という番組の
ナレーションをしてきました。
舞台は、カリブ海ユカタン半島。
海の映像がとってもきれいなのでご覧ください。
あす 総合 午前5時10分~
あさって 総合 午前6時45分〜

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時15分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

一瞬のファンタジー


けさ、宿直勤務がそろそろ終えようというとき、局内のお天気カメラのモニターに
思わず目が釘付けになってしまいました。

 f_200123_01.jpg
【福岡タワーから見た福岡市内の様子(午前8時ごろ)】

ビルの間に雲が流れ込んだように見えます。
雨が上がった後、強い日差しが降り注ぐことで、
霧などが発生してできる現象です。

雲の切れ間から差し込む朝日がキラキラと輝き、
ビルの間の靄とあいまって幻想的な光景を描き出しています。
私の大好きな映画「天気の子」のワンシーンのようだ・・・と
ひとりで感動♪

しだいに雲が多くなってきて、
この景色はしばらくして見えなくなってしまいましたが、
自然が作り出すファンタジーに、朝から得した気分です。

1月とは思えない「菜種梅雨」のような雨が降る今週。
きょうの最高気温は4月下旬なみの17度の予想です。
季節外れの暖かさと、この空もようは、今日の「ロクいち!福岡」で
お伝えします。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:13時06分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

サーモグラフィーカメラ


庭木櫻子です。
今週は、「あさイチ」出張アナとして東京にいます。
こんな撮影をしましたよ。

ni_200122_01.jpg

身体をあたためるグッズは
どのような効果を発揮するのか、
サーモグラフィーカメラを使って試しています。

あたたかくなったり急に寒くなったり
お天気に負けそうだという方、
あすの「あさイチ」、必見ですよ~!

朝ドラのあとは「あさイチ」
夕方6時10分からは「ロクいち」を
よろしくお願いします♪

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11時35分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

暖冬を探しに


ポカポカ陽気の福岡市。
福岡管区気象台によると、きのうは福岡市でウメが開花しました。
何をもって「開花」というのか、ご存じの方も多いと思いますが…。

n_200121_01.jpg

気象台の敷地の中にある標本木。
この木に5~6輪花が咲くと、「開花」というわけです。
あれ、でも、どこに咲いているのか・・・?

n_200121_02.jpg

よくよく探すと、小さな花をつけていました。

n_200121_03.jpg

今年は平年よりも13日早い開花です。
気象台の方によると、
九州のほかの地域でも平年より早く開花しているところがあり、
暖冬傾向が、その理由の一つと考えられるとか。
さて、ウメやサクラで有名な標本木ですが、敷地の中にはほかにもありました。
たとえば…。

n_200121_04.jpg

スイセンに…。

n_200121_05.jpg

サルスベリも。
いろんな植物の「開花」を調べているんですね。
同じ植物を、継続して調べることで、
季節の進みが早い遅いを総合的に知ることができるそうです。
通りがかりに眺めてみて、楽しみが増えました。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時30分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

〇〇で生まれたドジョウ!


今週も始まりました!
きょうは、ある珍しい場所で生まれた
「オンガスジシマドジョウ」を
取材してきました。

m_200120_01.jpg

水草の奥に見えるその姿、分かりますか…?
写真は成魚で、
稚魚はまだ1センチぐらいでした。


いったい、どこで生まれたのか?
本日のロクいち!福岡でお伝えします!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13時36分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

「雪中四友」 初雪はいつ?


気象予報士の吉竹です。

先日、成人式の日に福岡市植物園に行ってきました。
天気はくもり、福岡市の最高気温は10.7度、平年並みの気温で寒の内らしい寒さでした。
花の数が一年で最も少なくなる時季ですが、
いろいろな植物に挨拶しながらおよそ3時間、
すっかり寒さを忘れ、広い園内を散策するのはとても楽しく贅沢なひとときです。

「雪中四友(せっちゅうしゆう)」という言葉があります。
雪の中に咲く、冬を代表する四つ花のことをこう呼びます。

雪中四友、咲き始める順にまずはサザンカ(山茶花)

y_190117_01.jpg

初冬のころから次々に咲き続けているサザンカ、
冬枯れのモノトーンの季節に彩を添えてくれます。
この赤いサザンカの名前は「勘次郎」、日本的ないい名前ですね。
そろそろサザンカは雨に濡れて散り始め地面を赤く染めますが、
そんな雨が「山茶花散らし」。

次にスイセン(水仙)

y_190117_02.jpg

この冬の暖かさでスイセンは12月から早々と開花、
今、最盛期を迎えています。
植物園には斜面いっぱいに日本水仙が植えられてあり、
上品な香りにいっぱい包まれて幸せな気持ちになります。
スイセンの別名はまさに「雪中花」。

そしてロウバイ(蠟梅)

y_190117_03.jpg

y_190117_04.jpg

ロウバイは例年より早い年末から咲き始めました。まもなく満開を迎えます。
蠟細工のような光沢があり、梅に似ているのでこの名前。
黄色の花の中心は、少し赤みがかっています。
一方、下の写真はソシンロウバイ(素心蠟梅)です。
薄い黄色一色で、素心とは混じり気がないという意味です。

雪中四友の中で最後に開花を始めるのがウメ(梅)

y_190117_05.jpg

y_190117_06.jpg

園内のウメの中で毎年最初に咲くのは「雪月花(せつげっか)」という白梅。
紅梅の「緋の司」も咲き始めていました。
近くでみると長い長い雄しべが、パッチリおめめのつけまつ毛のよう。
凛とした寒さの中に馥郁たる香りを漂わせ、早春の訪れが感じられます。

そんな雪にちなんだ花が咲き揃う季節ですが、
肝心の雪がまだなんですね。
福岡の初雪の平年日は12月15日、
もう一ヶ月過ぎていますが、初雪が観測されていません。

y_190117_07.jpg

1月17日現在、初雪が観測されていない地点は、
九州の県庁所在地7地点、さらに四国全県、下関、広島、京都、名古屋、岐阜など
西日本から東海にかけての広い範囲です。
これらの地点は福岡市と同じように平年より1ヶ月前後も初雪が遅れています。

福岡の初雪の遅い記録は、今から111年前、
1909年(明治42年)2月6日です。

y_190117_08.jpg

いろいろな気象の予測データを見て見ると、九州北部はこのあと1月下旬にかけても
平地で雪が降るような強い寒気の南下はなく、暖冬傾向が続く見込みです。
従ってこの冬は、これまでの初雪の遅い記録にかなり迫るか、
場合によってはこれまでの記録を更新する可能性もあり注目です。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:16時31分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

久留米の防災士が企画展~阪神・淡路大震災から25年


阪神・淡路大震災から、きょうで25年です。
久留米市にある施設では、
災害についての意識を高めてもらおうと、
日本防災士会久留米支部の防災士が、
きょうから3日間の日程で企画展を開いています。

f_200117_01.JPG
(防災士が実演を交えて説明)

災害時に活用する携帯トイレの使い方や
非常用持ち出し袋に何を入れるかなど、
被災地支援の経験を踏まえながら、
説明していました。

f_200117_02.JPG
(非常食の消費期限もチェック)

福岡県には、
5000人を超える防災士が活動しています。
東日本大震災や熊本地震などで
被災地にボランティアに行った人も少なくありません。
皆さんが口をそろえて言うのが、
「日頃の備え」が一番大切ということです。

私も、非常用持ち出し袋を一度開けて、
賞味期限が切れた非常食がないかなど、
確認したいと思います。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:13時40分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

芥川賞に沸く!


きのう発表された芥川賞に
福岡市出身の古川真人さんの
「背高泡立草」が選ばれました。

受賞から一夜明け、
書店や母校を取材してきました。

ma_190116_01.jpg

恩師の喜びの声や、今後の期待など、
本日のロクいち!福岡でお伝えします☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:17時34分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

どうなる!? 喫煙をめぐる新ルール


健康増進法が改正され、
4月1日から「喫煙室」を除いて、原則「室内禁煙」になります。

ただ、すべての店に喫煙室を設けるのは、
「スペース」も「費用」も厳しい・・・ということで、
法律では、100平米以下の“小規模な店舗”については、
これまで通り「喫煙室」を設けなくてもよいことになりました。

でも、100平米ってどれくらいの広さなの!?

…ということで、実際にスタジオの大きさを測ってみると、意外に広い!

fu_190116_01.jpg
中山アナとスタジオの大きさを確認

皆さんの馴染みの飲食店はどうなるのか。
喫煙をめぐる新しいルールについて、
きょうの「ロクいち!福岡」の中で徹底解説します。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時56分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

九州で開運パワーを!?


中山庸介です。
指宿菜の花マラソンに出た話は昨日書きましたが、
実はその道中、鹿児島県の、
とある行きたかった場所に、行ってきました。

na_190115_01.jpg

桜島を眺めつつ、薩摩半島を南下すること約1時間。
南九州市にある「釜蓋神社」です。

na_190115_02.jpg

海に面したところにあるこの神社、
木でできた大きなお釜のフタが備え付けられています。
これを頭の上に乗せたまま、落とさずに拝殿まで歩いて
お参りできれば願いがかなう・・・そうです。

na_190115_03.jpg

私も、乗せてお参りしてみました。
自分の頭の平らなところを探すのが意外と難しい。
すぐに滑り落ちてしまいます。
首を固定、足を浮かせて、慎重に、慎重に…。
バランス感覚のなさを嘆きながら、なんとか2度目のトライで
無事お参りできましたが、
何をお願いしようかすっかり忘れてしまいました。

この釜蓋神社、「ウエルカム九州・沖縄」のコーナーで
存在を知り、行ってみようと思いました。
もしよかったら、こちらの動画も見てみてください!

ウエルカム九州・沖縄
「鹿児島×いろんな意味で回ってます」の巻

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時55分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

指宿 菜の花の季節に


中山庸介です。
この週末、鹿児島県指宿市に行ってきました。
目的は・・・。

n_200114_01.jpg

第39回いぶすき菜の花マラソンに参加するためです!
11月の福岡マラソンでスタートを待つ間、
「1月の指宿はいいですよ~。菜の花マラソン、まだネットなら
申し込めるし」と同じ参加者の人から教えてもらい、
勢いでポチっとWEB申し込みをしてしまった私。
行ってみると・・・。

n_200114_02.jpg

沿道上は満開の菜の花。
遠くには開聞岳。最高の景色です。

n_200114_03.jpg

薩摩半島の一番南。
いまが真冬だということを忘れさせてくれます。
沿道ではひっきりなしの応援をいただきました。
「はっけんTVのニュース見てるよ!」というありがたい言葉も。
私設も含めてエイドステーションが充実していました。
お芋に黒糖、ソラマメ、ブロッコリー、豚汁・・・。
ついつい食べ過ぎてしまいます。

しかし、この菜の花マラソン、アップダウンがとにかくきつい!
スタート直後から高低差100mの坂を上がり、
下っていってはまた上がる。
極めつけは、残り6キロ、36キロ地点の坂。
悶絶しました。

n_200114_04.jpg

足の筋肉はピクピク引きつり、
腰を立てようとしても溶けてしまいそう。
タコ踊り状態で、腕だけを最後の気力で大きく振っていきます。

n_200114_05.jpg

他の参加者も苦しそうです。
何度も止まっては歩き、少し走っては歩き、を繰り返しながら、
ゴールへと向かいます。
そこで思い出したのが、「前のめりに倒れろ!」という、新人時代の講師の言葉。
「もうどうなってもかまわない!ここまで来た以上、とにかく前に進まなければ」
なりふり構わず、とにかく右と左の足を交互に動かし、
心なしかぼんやりしかけたとき、
ようやく見えてきてきました。フィニッシュゲート。

n_200114_06.jpg

完走の瞬間、ちょっと涙腺がゆるみかけました。
いやーしんどかった!
記録は5時間11分あまりと、目標のサブ5には届きませんでした。
下りで飛ばしすぎて、最後の上りに足が耐えられなかったですねー。
でも、明るい菜の花の美しさが、沿道のみなさんの暖かさとともに
心に刻まれた、小さな旅でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時45分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

めんたいこの日


みなさん、きょう何の日か知っていますか?
めんたいこの日です。
昭和24年1月10日に、福岡の中洲の食品店が
はじめてめんたいこを販売したと
いわれています。

ということで、きょうは福岡市東区にある
「博多の食と文化の博物館 ハクハク」で
めんたいこ食べ放題の催しを取材しました。

めんたいこの食べ過ぎで
私のくちびるもこんな風に…!?

ni_200110_01.jpg

放送は、きょう夕方6時10分からの
「ロクいち!福岡」です。
きっと、
白いご飯とめんたいこが恋しくなりますよ!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時00分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

2020年スタート!


遅ればせながら、
みなさま
2020年もよろしくお願いいたします。

m_200109_01.jpg

ことしは子年。
初詣に行った神社には
大きな絵馬がありました。

m_200109_02.jpg

その向かいには、厄年一覧なるものが!
毎年気に留めていなかったのですが、
今回はそうもいかず…。
平成元年生まれ、前厄です。
友人と一緒に厄払いに行こうと計画中です。


m_200109_03.jpg

おみくじは小吉でしたが、
「願事 思いどおりです 他人に親切に」と
ありました。

ことしも県内各地を伺います!
取材する中で出会う人たち、
一緒に働く仲間たち、
周りの人たちを大切にして
毎日を過ごしていきたいです。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:10時13分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

南関揚げでひとり反省会


中山庸介です。
きのうの「食いち」でもご紹介した、南関揚げ。
帰りにスーパーを見渡してみると…。
ありましたありました。
九州では一般的だということですが、恥ずかしながら
ちゃんと買ったことがまだありませんでした。

というわけで、さっそく購入。
晩酌のつまみにしようと試案します。

n_200109_01.jpg

時間のあるときは、台所に入ってちょこっと酒のつまみを作るのが
好きですねー。
少し小さめに刻んで…。

n_200109_02.jpg

ブルーチーズと、生ハム、胡椒の塩漬けをパラっと乗せました。

n_200109_03.jpg

南関揚げ、深いコクと、かなり歯ごたえがありますねー。
これで芋焼酎のソーダ割りを一杯。

だいたい晩酌しながら自分の放送同録を見返すのですが、
少しほぐれた頭で見ていると、
「いやー今日の語りは固かったなぁ。」
「この映像は面白かったなぁ。」などなど、
おそらく、見ている人の気持ちに近づけると思っています。

そんな「ひとり反省会」のお供に、
また新たなメニューが増えました。
南関揚げのように、味わいのある放送をめざして・・・。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時45分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

パリッでもちっ!南関あげ ~熊本 南関町~


今回の「食いち!」でご紹介するのは熊本県南関町で古くから作られている「南関あげ」です。大きさは20㎝四方と普通の油揚げよりもずっと大きく非常に軽いのが特徴です。というのも水分は3%ほどで普通の油あげの10分の1以下。出来上がりはパリッパリで、おだしを吸収すると、もっちもちに大変身。みそ汁やお鍋、稲荷ずしなどどんな素材ともよく馴染み、味をひきたてる優れものの食材で今、全国のプロの料理人からも注目されてるんです。最近は地元でもカレーや丼メニュー、ピザも登場してレシピのバリエーションも広がり、通販で全国にも出荷されています。その味を支えてきたのは独特の伝統的な製法です。家庭料理も絶品にしてくれる熊本発の食材「南関あげ」の魅力をご紹介します。

【番組で紹介した場所】

■「南関いなり」が名物のすし屋
▽「たつみ寿司」総本店
住所:福岡市博多区下川端町8番6号
電話:092-263-1661

■様々な「南関あげ」を置いている地元スーパー
▽「ビッグオーク」
住所:南関町関町1479番地
電話:0968-53-3300

■「南関あげ」を手作りで作る南関あげ屋
▽「南関食品」津留満彦さん
住所:南関町関東705番地
電話:0968-53-6911
FAX:0968-53-6912
※電話&FAXでの注文も受け付けています。

■「南関あげ」を全国に出荷する食品会社
▽「塩山食品」
住所:南関町小原32-2
電話:0968-53-0154
FAX:0968-53-2752
※電話&FAXでの注文も受け付けています。

■「南関あげ丼」が食べられるところ
▽「なんかんいきいき村」
住所:南関町関町419-1
電話:0968-53-0388
※南関あげを使った様々な食品を販売。食堂で「南関あげ丼」を食べられる。


s_200108_01.jpg
南関町のスーパーで何種類もの地元産「南関あげ」を発見!

s_200108_02.jpg
左側が南関あげ。普通の油あげ(右側)よりもずっと大きい!

s_200108_03.jpg
手作りで南関あげを作る津留満彦さん

s_200108_04.jpg
塩山工場長「南関あげのおいしさを全国に届けたい」

s_200108_05.jpg
南関あげが主役!「南関あげ丼」


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、熊本県南関町の「南関あげ」をご紹介しました!

南関町では、南関あげが沢山の種類の料理に使われていて驚きました。
特に稲荷ずしは、格別に美味しく、人気が高い理由がわかりました。
また、稲荷ずしだけでなく、今回、南関あげを使った様々な料理をいただいたのですが、すべて、本当によく出汁(だし)がしみ込んでいて、噛んだ瞬間にじゅわっと口の中に出汁の味が広がりました。
私のお気に入りは、南関あげのコロッケです。
そちらも、しっかりと揚げの味がするのに、コロッケとして完璧に成り立っていて、斬新で、しかも、とってもおいしかったです。

s_200108_06.jpg

s_200108_07.jpg

そんな南関あげを手作りで作っているという津留さんのところに伺いました。
なんと毎日深夜0時に起きて南関あげを作っているそうなんです。
しかも、南関あげ作りを体験させていただくと、一定の大きさに豆腐を切ったり、しっかり大きく揚げたりなど、すごく難しいんです。

s_200108_08.jpg

s_200108_09.jpg

津留さんは、ご自身でいろんな試行錯誤を重ねて、今の南関あげを作ることができるようになったそうなのですが、南関あげ作りの奥深さを感じました。

そして、最近機械を導入したという工場にもお邪魔しました。
こちらでは、機械と人間の力と組み合わせて南関あげ作りの効率化を図っていました。
そうすることで、より多く作ることができ、地元だけでなく遠方の人など沢山の人に食べてもらえると言います。

また、南関あげの様々な料理を作っている物産館では、メニューは働かれている皆さんのおふくろの味から生まれたものなのだと聞きました。
南関あげは、昔から人々に愛されてきたのだなと感じ、心が温かくなりました。

皆様もぜひ一度、南関町に足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

お城とともに


庭木櫻子です。
ことしもよろしくお願いいたします。

年明けは、ふるさとの熊本に帰って
熊本城にお散歩に行きました。
ことしのお正月は
お天気のいい日が多くてうれしかったです。

ni_200108_01.jpg

私は、生まれてから22年間も
お城のある風景とともに育ってきました。
高校も熊本城の敷地内にある学校でした。

天守閣の横にこのクレーンが現れたときには
大切なものを失った気持ちになりましたが、
今は、お城がクレーンとも
仲良しになってきたように思います。
「ひとりで闘うのではない」と
なんだか勇気をもらえます。

ちくわサラダを食べてさらに元気が出ました!
ちくわにポテトサラダが詰め込まれた
ローカルフードです!!

ni_200108_02.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時00分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

企業トップにきく 今年の景気は?


中山庸介です。
福岡市内のホテルで、新春恒例の賀詞交歓会を取材してきました。

n_200107_01.jpg

小学校の体育館はあろうかという広さの大宴会場に、
ずらりとそろった企業経営者のみなさん、およそ1400人。
かなり圧倒されました・・・。

n_200107_02.jpg

オリンピックイヤーの今年、どんな思いで経営のかじをとるのか。
ズバリ、景気はどうなるのか、突撃インタビューしてきました。

それにしても、ふだんニュースで伝えているので顔と名前は
すぐに一致するだろうと思っていましたが、
実際に集まったスーツ姿の1400人の紳士たち。
見分けるのが本当に難しい!!
満員列車さながらの会場のなかで、大汗(冷や汗?)をかきました・・・。
こんやのロクいちで、たっぷりお伝えします!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時33分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

新年をふるさと福岡で


15年ぶりに帰ってきた福岡。
今年は、特別に“帰省”することなく「ふるさと」で過ごすことができました。
年末年始の楽しみの一つといえば、お雑煮でしょうか。

f_200106_01.jpg
(シイタケやかつお菜、ブリを入れた我が家のお雑煮)

お雑煮は、郷土の“顔”が見えるもの。
私は、これまで広島→宮崎→大津→和歌山→福岡と、
5つの県に赴任してきましたが、お雑煮に何を入れるか毎年話題になります。
福岡で20年以上過ごしてきた私にとっては、
「かつお菜」は誰でも知っているものと信じて疑わなかったのですが、
「高菜」と言わないと通じなかったり、そもそも「高菜」を入れなかったり・・・。
年末年始のスーパーに行くと、いろいろな発見があります。

小さな発見から、ふるさとの個性を見つける…
そんな一年にしたいと思います。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時42分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

新しい年に


あけましておめでとうございます。中山庸介です。
みなさんはどんな年末年始を過ごされていたでしょうか?
私は、と言えば、東京で実家の家族、そして旧友と
のんびりお酒を飲んだり、なじみの三浦半島で釣りに出かけたり
しながら、新たな年をどう迎えるかぼんやり考えておりました。

さて、「ロクいち!福岡」も、きょうが今年最初の放送です。

n_200106_01.jpg


2020年、私たちキャスター・リポーターのテーマは「挑戦!」。
テレビの前で見てくれるみなさんの心に、いかに届くニュースを
伝えられるか。
毎日毎日、少しずつでも自らの挑戦を忘れずに、切磋琢磨するチームで
ありたいと思います。
年の初めに気合いをこめて・・・!

n_200106_02.jpg

きょうは不在で一緒に写真を撮れませんでしたが、
「ゆく年くる年」で令和最初の年越しを伝えた庭木アナ。
今年はさらにパワーアップします!

n_200106_03.jpg

夕方6時10分からは「ロクいち!福岡」。
新たな年も、どうぞよろしくお願いします!!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時40分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ページの一番上へ▲