2019年11月 1日

首里城火災 福岡から思いを寄せる


中山庸介です。
首里城の火災、私も言葉が出てこないほど衝撃でした。
初任地を沖縄で過ごした私にとっても、忘れられない場所。
青い空に映えるあの朱色の城は、いつまでも、永遠にそびえ立つものだと思っていました。・・・昨日までは。

失われたものがいかに大きいか、計り知れませんが、それでも一歩前に進む動きが、福岡でも、始まっています。

na_191101_01.jpg

博多区にある沖縄物産店では、火災から一夜明けた今日から、募金箱の設置を始めました。
福岡にある沖縄県人会と共同で募金活動を行おうと言うものです。
お店を訪れるお客さんたち、次々と募金をしていっていました。
中には、おそらく募金ができるだろうと予想して、お店に足を運ぶ人も。
「沖縄の宝が失われた事は、福岡に住む私たちも大きなショック。何かできることがあれば」。
そんな声も聞こえました。

この募金箱は、博多区の川端商店街にある
沖縄県物産公社「わした博多店」に設置されています。
いつの日か、再びそびえ立つ首里城の姿を信じて、心を寄せていきたいですね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時55分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

能古島のコスモス


きょうは能古島に
コスモスの取材に行ってきました。
一面ピンクに染まるパノラマの風景です!

秋晴れの空と海もきれいで、
ずーっと見ていたくなってしまいます。
例年より20日遅れて満開だということです。
きょう「ロクいち!福岡」でご覧ください。

n_191101_01.jpg

SNS映えすることでも有名で、
自撮りにも挑戦しました!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:14時15分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

1年ぶりに...


築城町出身の松鳳山関が
スタジオに来てくださいました!

大相撲九州場所は
11月10日に初日を迎えます。

この1年間で印象的だった取り組みや、
九州場所への意気込みなどを
大相撲担当・戸部アナウンサーと伺いました。


松鳳山関、
いま、あることに夢中になっているそうです。
その答えは、本日の「ロクいち!福岡」で!

m_191101_01.jpg

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時05分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

天気予報と季節の写真


朝の通勤途中、空を見ながらバス停までとぼとぼ。

心の中で
「きのうの予想通りかな?
だいぶ巻雲が出ているが・・・
上空1万メートル付近はこんなに湿る予想だったっけ?
それにしても予想外にきれいな筋雲だな
写真に撮っとこう(カシャと)」

毎朝、空を眺めながら、時には石ころに躓きながら、
そして予報が外れたときはロクいちでの言い訳を考えながらの出勤です。

y_191101_01.JPG

心の中で
「あれっ!
こんなところに黄色い花!
チコちゃんに怒られそうな二日酔いのボーっとした目に、鮮やかな黄色が飛び込んできたぞ
オーッ 石蕗(ツワブキ)が咲き始めているぞ!
おれの好きな花、写真撮っとこう(カシャと)」

y_191101_02.JPG

とまあこのようにして雨の日も、晴れの日も、雪の日も、
空と植物と街の風景の移ろいを五感で感じながら通勤しています。
カバンにはコンデジといわれるコンパクトなカメラを常時携帯。
シャッターチャンスを逃さないためですね。
携帯電話は相変わらずガラケーを使っていますので、
写真を撮るには少々重くてもこのカメラが必需品。

写真といえば、みなさまからたくさんの季節の写真を投稿していただいています。
「季節の写真」は今やロクいち気象コーナーの目玉になっています。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。
たくさん送って頂いていますので、順番待ちの状態で嬉しい悲鳴です。
私が撮った写真は出番がない。

y_191101_03.JPG


「吉竹さん、あの写真のコーナーが一番よかよ」
「いろんな花が見られるけん、いっつも見よーとよ、ずーっと続けんしゃいね」
歩いていると天気のお話より、まずこんな嬉しいお言葉をかけていただけます。

うーん、今や天気予報は季節の写真に主役の場を奪われてしまった、感じですね。
いやいや、いいのです。
これからもロクいちの気象コーナーは、
みなさまからの写真で季節の移ろいを十二分に感じて頂き、
ついでに私の当たる天気予報を見ていただければ、これほどの幸せはありません。

みなさまからの旬の写真、独自ネタの写真、見てもらいたい写真、なんでもない写真、
どしどし投稿お待ちしています。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:11時07分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

ページの一番上へ▲