2019年11月

私の趣味は植物観察


気象予報士の吉竹です。

休みの日は何をするか?
家族の冷たい視線を背中に感じながら、ひたすら趣味に没頭します。
その中のひとつが「植物観察」。
ということで、週末になるといそいそと福岡市植物園に出かけます。
バスと徒歩で植物園正門に到着しました。

y_191129_01.jpg

きょうは穏やかな小春日和。
おっ!いきなりきれいな寄せ植えがお出迎え。
植物園では春夏秋冬、いろいろな工夫が施されており、来園者を楽しませてくれます。

y_191129_02.jpg

園内は遅れていた「イロハモミジ」がようやく見ごろ、錦秋の季節を迎えていました。
さあ、きょうはどんな植物たちが私を待っていてくれるのか、
毎回、ワクワク!ドキドキ!です。

y_191129_03.jpg

「ジュウガツザクラ(十月桜)」です。
桜といえば春ですが、
名前の通り、10月ごろから咲き始め、
冬にかけて風雪の中でも次々に可憐な花を咲かせます。

y_191129_04.jpg

植物の状態を次々に「みて」いきます。
「見る」はなんとなくボーっとみる、いわゆるチコちゃんですね。
「視る」は「おや?いつの間にか咲いてる」といいながら近づいてしっかりみる。
「観る」は「この花はどうなってるのかな?」と観察しながら、写真に撮っていきます。
そして必ず、その植物の名前を観察野帳に書き込みます。
私は書かないと覚えられないので、とにかく書いて植物の名前を覚えます。
過去の観察野帳をさかのぼることにより、植物の開花などの遅速もわかります。

y_191129_05.jpg

おっ、今年も逢えたね。
足元には「キチジョウソウ(吉祥草)」が。
大きな木の下、日に反り返った落ち葉をかき分けたら、
5cmほどの高さに小さな花が咲いていました。
吉祥という名のとおり、縁起のいい花です。

y_191129_06.jpg

途中、展望台に登ります。
眼下には福岡市の街並みと山々が一望できます。絶景です。
お茶を飲んだりしてひと休み。

y_191129_07.jpg

人目につかない場所にひっそり、
「ロウヤガキ(老爺柿)」の実です。
サクランボくらいの大きさです。
去年は10個余り実をつけていましたが、今年はこの貴重な1個です。
カラスに食べられないか見守っていましたが、きれいに色づきました。

y_191129_08.jpg

植物園は、私にとって植物の面白さと奥深さを教えてくれる大切な場所。
数年前、NHKで「植物男子ベランダー」なる植物萌えの中年おじさんの番組がありました。
私はそんな植物男子です。
ロクいち!の気象コーナーでは、私の趣味をいかし、
これからも季節の花、四季折々の季節の移ろいをご紹介していきたいと思います。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:14時05分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

福岡堅樹選手が生出演!


きょうのロクいち!福岡に、
ラグビーワールドカップ日本代表
福岡堅樹選手が生出演です!

 m_191129_01.jpg

先週、地元に凱旋したときには
この笑顔。
本当にうれしそうでしたね。


日本大会が幕を閉じて
1か月が経とうとしていますが、
あの感動をもう一度!


ワールドカップを通じて得たものは?
来年の東京オリンピックへの思いは?
など、福岡選手にたっぷり伺います。

ぜひ、ご覧ください☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時30分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ウェルカム!九州沖縄 動画まるっと紹介


先日、NHK福岡放送局のロビーで
ちょっと変わった収録が行われました。

先輩の岩元良介アナウンサーと
スケッチブックをめくりながら
「ウェルカム!九州沖縄」を紹介する番組の
撮影をしていたのです!
なんだか、「すイエんサー」みたい…!
と思いながら、はりきって収録しました。

ni_191128_01.jpg

「ウェルカム!九州沖縄」って何!?と思った方
あす 29日(金)20時29分~
10分間の放送なので、ぜひご覧ください。
「撮っておきフォト」の投稿も待ってます!

ウェルカム!九州沖縄

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時02分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

珍しいアジア野菜でワクワクを!~福岡 小郡~


「カントンパクチョイ」「カイラン」「ユーマイサイ」、あまり日本人にはなじみのない言葉ですが、中国やベトナム、タイなどアジア料理には欠かせない野菜です。そんなアジア野菜にこだわり、福岡県小郡市で農園を営む川辺一平さん(51)。15年前に栽培をスタートして、現在、ハウス15棟、露地2反の農地で40種類以上のアジア野菜を生産しています。
以前は、食品会社に勤める会社員。中国やベトナムに7年間駐在し、その時に食べていたアジア野菜の味が忘れられず、帰国後、脱サラして生産者に。
当初はあまりの知名度のなさに、全く売れませんでしたが徐々に口コミで広がり、今では全国から注文が入るまでに。
もっと多くの人に知ってもらいたいと市内に直売所も設け販売。タイの政府機関に勤めていたアジア通の妻・久美さんが料理も提供。アジア野菜をPRしています。

s_191127_01.jpg

s_191127_02.jpg
シャキシャキとした歯ごたえとみずみずしさが特徴の広東白菜(カントンパクチョイ)。

s_191127_03.jpg
生産者の川辺一平さん(51)。
アジア野菜の話しをする時はつねに笑顔です

s_191127_04.jpg
約40種類のアジア野菜を栽培する川辺農園

s_191127_05.jpg
ハーブ類を中心に1年前から試験的に始めた水耕栽培

s_191127_06.jpg
さらにアジア野菜を広めるために福岡市に直売所「アジアン・マルシェ」をつくった

s_191127_07.jpg
妻・久美さんが料理も提供する

s_191127_08.jpg
5種類のアジア野菜が入った鍋料理

■紹介した店など

▽アジア野菜を栽培
「川辺農園」
住所:福岡県小郡市赤川516-8
電話:0942-23-8833
※農園では一般向けの販売はしていません。

▽川辺農園の野菜の販売と食堂
「アジアン・マルシェ」
住所:福岡市中央区高砂1-22-20エレガンテ薬院1F
営業時間:10:00~17:00
(食堂は11:00~16:00)
定休日:日曜日

▽川辺農園のアジア野菜を使う中華料理店
「星期菜」
住所:福岡市博多区須崎町4-19
電話:092-282-6688
営業時間:ランチ11:30~14:00
     ディナー17:30~22:00
定休日:日曜日


nakata.pngのサムネイル画像


s_191127_09.jpg

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県小郡市の「アジア野菜」をご紹介しました!

はじめに中華レストランで食べた料理は、どれもとてもおいしかったのですが、
料理の中心にある野菜は、食べたことがないものばかりでした。
だからこそ食感や味も、予想と違っていて、とても楽しかったです。

そして、そのレストランで使っていた野菜を作っているという福岡県小郡市にある
川辺農園にお邪魔しました。
農園では、想像以上にたくさんの野菜やハーブが育てられていて、これも野菜!あれも野菜!と、宝探しのようでとても面白かったです。
その川辺農園を15年前にはじめた川辺一平さんにお話を伺いました。
実は今、農園では、年間40種類もの野菜を栽培しているそうです。
しかし、はじめからこんなにうまくいっていたわけではなく、農業をはじめた当初は、まず、種の入手から苦労したそうです。
そもそも、当時は日本で栽培されていない野菜ばかりだったため、種が国内で入手できず、また、身近に相談できる人もいなかったそうです。そのため、試行錯誤を重ねながら、今に至るそうです。

そんな川辺農園で育てられた野菜やハーブは、川辺さんの妻・久美さんが任されているお店でも販売しています。育てた野菜やハーブを使った料理も提供していて、私もいただいてきました。
もう、野菜やハーブがすごく新鮮で、野菜が生き生きしていました!(笑)
また、私はもともとハーブ類が少し苦手だったのですが、こちらで食べたバインミーがすごく美味しくて、たっぷりハーブを入れて、もりもりいただきました。
お鍋は、野菜の味がひとつひとつ味付けしているのではないかと思うくらいに際立っていて、とても楽しく、美味しく、いただきました。

あまり日本では口にする機会のなかった料理ばかりでしたが、こうしてお店で身近に食べることができ、野菜やハーブを買うことができたのは、貴重な体験でした。
また足を運びたいと思います!
皆様も是非、アジア野菜、一度味わってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

たて穴式住居を体験


きのうなんと…
私、たて穴式住居に入ってきました!

小郡市の九州歴史資料館で
今月30日(土)に行われるイベントの体験を
一足先にさせていただいたんです。

ni_191127_01.jpg

29日(金)の「ロクいち!福岡」で
生中継でお伝えします。
古くから大陸と交流してきた
福岡ならではの歴史を感じてみてください!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:10時05分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

うるおいのある職場


中山です。
もうすぐ師走、とは思えないような暖かさの福岡市。

n_191126_01.jpg

でも、道路を見ると、
きょうはカラカラに乾いた落ち葉が舞うようになりました。

n_191126_02.jpg

季節は少しずつ前に。
そして、空気も乾燥しはじめてきました。
職場に着くと、こんな冬支度が。

隣に座る松崎さんの机の上から、
何やら「シュワー」という音。

n_191126_03.jpg

ペットボトルにつなぐ携帯型の加湿器でした。
アナウンサーにとって、乾燥は大敵!

何年か前でしょうか、
飲んだ帰り、乾いた部屋で口を開けて寝た翌日、
声がガラガラ&風邪に。
心がけが足りないと痛感しました。

「出張でホテルに泊まるときには、
タオルをビチャビチャに浸して部屋のハンガーにかけておけ」とは、
海外取材経験の豊富な某スポーツアナウンサーの教えです。
以来、出張の際などには着実に実行しています。
でも、日頃が大事ですね。

n_191126_04.jpg

声もお肌も、そして職場にも。
うるおい、大事な季節ですね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時20分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

博多駅に...


きょうは博多駅での取材へ。

m_191125_01.jpg

後藤ディレクターと一緒です。


あるモノの登場に、何重もの人垣が…。
マスコミも大勢取材に来ていましたよ。


一体、何が現れたのか。
本日のロクいち!でお伝えします。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時19分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ゴスペラーズインタビュー


あたたかく、心をつかむ5つの歌声。
最近は、アカペラの歌を
たくさん聞いて過ごしていました。

実は、ゴスペラーズの
村上てつやさんと安岡優さんに
インタビューをさせていただいたのです!
ことしが、メジャーデビュー25周年。
歌うときにこだわっていることや
福岡での思い出話など、たっぷり伺いました。

ni_191122_01.jpg

きょうの「ロクいち!福岡」で放送予定です。
お二人の福岡へのメッセージもご期待ください!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:12時12分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

ノーベル平和賞受賞者 ムハマド・ユヌスさんにインタビュー


きのう、ノーベル平和賞の受賞者が、
福岡市東区にある九州大学のキャンパスで講演会を開きました。

fu_191122_01.JPG
国連などでも活躍する方々もパネリストに

バングラディシュ出身のムハマド・ユヌスさんは、
貧困者のための銀行を創設したことなどから、
2006年にノーベル平和賞を受賞しました。

ノーベル平和賞受賞者の声を直接聞こうと、
会場には、研究者や起業家だけなく、
県内外から外国人も数多く訪れていました。

fu_191122_02.JPG
数多くの外国の方々も会場へ

「どんなに小さな投資でも、
貧困で苦しむ多くの人たちの生活を変えることができる」と語るユヌスさん。

福岡の若者たちにどんなメッセージを残したのか。
11月25日の「ロクいち!福岡」でお伝えする予定です。

fu_191122_03.JPG
素敵な笑顔で私たちに答えてくれました

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:11時49分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

マサラメシ


NHK福岡の地域ドラマ「となりのマサラ」の撮影が始まりました。
福岡の、ネパール人コミュニティーをテーマにした作品です。
「マサラ」といえば、ガラム・マサラが有名ですが、
スパイスのことですね。

私も、大のスパイス好き。
この日のサラメシも…。

n_191121_01.jpg

スパイスたっぷりのインドカレーです。
実は、学生時代にインド・パキスタンで話されている
ウルドゥー語やヒンディー語を学んでいました。

現地も10回以上訪れましたが、地域によってまったく違う
スパイスの香りに魅了されました。
北はクミンやカシューナッツを使った濃厚なテイスト。
南はマスタードシードやカレーリーフを使った、
鮮烈かつあっさりした味です。

とくに、いまハマっているのが、南インドのカレー定食
「ミールス」です。

n_191121_02.jpg

ナンよりも、お米をたくさん食べる南インド。
ベジタリアンが多く、数種類のスープカレーを
サラサラのご飯にかけていただきます。
これに、野菜の炒め物やココナッツの付け合わせがつく、というものです。
現地ではご飯と野菜カレーはお代わり無料、というところが多く、
お金のない学生時代の旅行では、ありがたかったです!

n_191121_03.jpg

いま福岡には、こうした南インドの「ミールス」を出すお店が
続々と増えています。
濃厚な北インド料理も好きですが、南のあっさり料理とお米、
という組み合わせは、どうも日本人の私の胃袋には合うようです。
食べた瞬間、インドの街並みの記憶がよみがえります。
ちょっぴり学生時代に戻れるのも、足を運ぶ理由かもしれません。

というわけで、この次はどんな「マサラメシ」に行こうか
楽しみな今日この頃です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時12分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

秋の装い


大濠公園のイチョウも
すっかり秋の装いです。

191120_01.jpg

青空に映えてより一層美しく感じます。

191120_02.jpg

今週の「ロクいち!福岡」では、
県内各地の紅葉を紹介しています。

今日は、太宰府の竈門神社の紅葉。
あすは、広川町太原のイチョウ。
金曜は、久留米の石橋文化センターから
紅葉とアートのコラボレーションを。


191120_03.jpg

紅葉ハンター・木内カメラマンが
鮮やかで美しい秋の景色をお届けします!
お楽しみに☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時04分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

寒い日は鍋!


寒さが緩んだきのうから一転。
きょうも冷え込みが強くなりました。

大学時代、六本松にあった母校のキャンパス沿いでは、
イチョウの紅葉が進んでいます。

f_191119_01.jpg
鮮やかに色づくイチョウ並木

足元を見ると、赤や黄に色づいた葉がたくさん。
本格的な冬に一歩ずつ近づいているのを感じます。

f_191119_02.jpg
並べてみるとキレイです

「寒い日は、鍋!」ということで、
唐辛子が入った豆腐鍋を食べてきました。

f_191119_03.jpg
風が冷たい日には“鍋”ですね

体の内から温めて、
風邪を引かぬよう頑張ります。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時36分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

スシ食いねェ!


中山庸介です。
週末、思い立って関門海峡に行ってきました。
下関と門司、寄り添いながら発展してきた二つの街。
かつて「新日本風土記」でナレーションを担当して以来、
あこがれの場所でしたが、ようやくかないました。

na_191118_01.jpg

思っていたよりも対岸が近い!
海というよりは川ですね。
そして潮の流れの速さに驚きました。
潮どまりでないとなかなか釣りづらいだろうな・・・などと考えつつ、
まずは下関の台所・唐戸市場へ。

na_191118_02.jpg

週末ということもあり、人がぎっしり!
駐車場もあちこち満車でした。
新鮮な寿司や刺身を買ってその場で食べられるのが人気です。

na_191118_03.jpg

というわけで、寿司!
ネタが大きい!!
マグロのほほ肉とか、クエとか、ネタも一味違います。

na_191118_04.jpg

ご当地名物、フグ、いや、こちらでは「フク」と呼ぶようですね。
コリコリした歯ざわりと甘みが絶品でした。

お腹を満たした後は、対岸の門司へ。
妻子らは乗って5分の連絡船で。
私は車を廻送して門司港レトロで落ち合うことに。

na_191118_05.jpg

レンガ造りの雰囲気のある街。
街歩きが楽しくなります。

na_191118_06.jpg

駅構内の水道栓も、レトロ。
「帰り水」と言われ、終戦後、引き揚げて門司に上陸した人たちが
安堵の思いで喉を潤したとか。

歴史と食と、関門海峡をはさんで一挙に楽しめるコースに家族も大満足。
また、折にふれて行こうと思った一日でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時39分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ヴォ―ゲル教授インタビュー


きのう、東アジア研究の第一人者で
ハーバード大学名誉教授の
エズラ・ヴォ―ゲルさんにお会いしました。

1979年に出版されたベストセラー
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者です。

ni_191115_01.jpg

ヴォ―ゲルさんにインタビューしていると
“アジアや世界の中で”どうなのかという
もっと広い視点で物事を見なければ!と
とても刺激を受けました。

きょう「ロクいち!福岡」で放送予定です。
みなさん、ぜひご覧ください。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時03分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

思えば遠くへ来たもんだ


福岡出身、私の大好きな武田鉄矢さんの曲のタイトルですが、
そんな思いにこの人も浸っているかもしれません。
福岡放送局の早瀬雄一アナウンサーです。

na_191115_01.jpg

スポーツ担当の早瀬アナが今いるのは、
イギリス・ロンドンです。
テニスのATPファイナル実況のため、現地を訪れています。
福岡のみなさんに向けて、早瀬アナよりメッセージです。

na_191115_02.jpg

「ロンドンは最高気温が10度以下、雨が降る時間も多いです。
日本の真冬の寒さです。

今年のトッププレーヤー8人しか出場できない
ATPファイナル。
テニス界のトップに君臨する"ビック3"に若手が挑み、
連日ハイレベルの戦いが続いています。
会場は華やかにショーアップされ、観戦も特別感があります。
優雅にイングリッシュティーを楽しむ、なんてことはなく、どっぷりテニスに浸っています!

na_191115_03.jpg

写真は会場のO2アリーナ。独特の外観が特徴です。
長崎出身の内村航平選手がロンドン五輪で体操個人総合で金メダルを取った会場でもあります!」

そんな早瀬アナ、
「大会が始まってからは飲んでません。早く焼酎と魚を補給したいところです」との
つぶやきも。
海外での取材、日本食が恋しくなるようですね。

ATPファイナルは、日本時間16日(土)午後11時から準決勝、
18日(月)午前3時から決勝です。
最終盤の熱戦もお楽しみに!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時36分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ドバイからのメール


世界パラ陸上、連日総合テレビでお伝えしています。
ドバイに出張して10日ほどたった森田アナウンサーから
メールが届きました。
環境にもだいぶ慣れてきたようです。
以下、森田アナ。

「福岡は冬の寒さとのことですが、みなさんお元気ですか?
ドバイは毎日暑いです!
そんな暑さを吹っ飛ばすのが、スパイスです。

毎日ホテルとスタジアムの往復ですが、
そんな合間にも、スパイスの効いたカレーをスタジアム近くの
フードコートで食べるのが楽しみです。

na_191114_01.jpg

どこに行ってもカレーは万国共通で美味しいです!

そして、暑い中での取材、放送。
英気を養うのが、スタジアム外の出店に売られているミックスジュースです。

na_191114_02.jpg

この日はマンゴー味!上の赤いのはストロベリーです。

na_191114_03.jpg

生クリームも乗っていてかなり甘かったですが、暑さで疲弊した体には
いいカロリー補給でした。」

だいぶ現地の生活にも慣れてきたようです。
パラ陸上世界選手権2019は連日総合テレビで放送中。
大会も終盤に入ってきました、選手たちの活躍お見逃しなく!

そして最後に森田アナからのメッセージ。
「いま、刺身と納豆が半端なく食べたいです!!」

がんばれ森田!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時41分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

おでん日和


m_191114_01.jpg

毎週水曜日の気象双方向。
きのうのテーマは「おでん」でした!

おでんの具は、何が好きですか?という
アンケートには、
過去最高の2万を超える投票が!
私たちも、うれしい悲鳴です!


ということで、
今日のランチは「おでん」。


庭木アナが好きなのは牛すじ。

m_191114_02.jpg

わたしは大根。

m_191114_03.jpg


おいしく頂きました。
今日のように寒い日は、
おでんの温かさが体に沁みますね。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時30分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

藤重アナウンサーがやってきた


きのうのロクいちで
小倉競輪場バックヤードツアーを伝えた
北九州局の藤重博貴アナウンサー。

きょうは福岡局に出張で来ています!
藤重アナは1年先輩なのですが、
私が悩んだり落ち込んだりしていても
「前向きにがんばればいいことある」と
声を掛けてくれる
仲良しのお兄ちゃんのような先輩です。

ni_191113_01.jpg

福岡局には、多い時には週に1度
九州沖縄のアナウンサーが出張してきて
「はっけんラジオ」「ニュース845福岡」
泊まり勤務などを担当しています。

「ロクいち!福岡」の前後には
ぜひこうした番組もチェックしてください!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時33分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

我が家の初冬のイベント


気象予報士の吉竹です。

11月9日に所要で糸島市に出かけました。
出かける直前に家族から
「そんなら、あれあれ、そうそうJAであれ買ってきて~~」
「あれってあれね。立冬過ぎて、そんな季節だもんね」
長年連れ添う夫婦の会話は大体「あれ、あれ」で以心伝心、通じるものです。

ということで、糸島市のJA産直市場に寄ってみると、ありましたありました。
生産者のお名前が書かれた立派なおいしそうな柿が。
ネット入りの柿をレジに持っていくと
「これ渋柿ですがよろしいですか?
(このスーツ着たおじさん、甘柿と渋柿の違い知らんかも)」
私は「もちろん!渋柿大好きですから」と
ネット入りの渋柿をたくさん買いこんできました。

y_191113_01.jpg

翌日、朝から恒例の渋柿の皮むきです。
家族のために一心不乱、粉骨砕身して鮮やかな包丁裁きで次々に。
まだ修行が足りないかも知れませんが、
私はおよそ30分で担当の20個の渋柿を一気にむき終わりました。
柿の皮、途中で切れずに最初から最後までつながってむけたときは
「オー、芸術的」と一人悦に入りながら。

y_191113_02.jpg

全部で60個あまりの渋柿の皮むきが終了。
柿のへたがある枝の部分をビニール紐に結わえて、
熱湯にざぶんとしばらくつけて消毒。

y_191113_03.jpg

そして、ベランダの雨が吹き込まない物干し竿にズラリと並べます。
初冬の柔らかい日差しと朝昼の大きな温度差を受けることで、
1ヶ月でおいしい干し柿の出来上がりです。

故郷佐賀の実家では、毎年、祖母や母が干し柿を作っていました。
子供のころから元日には、家族全員で必ずこの干し柿を食べて新年を迎えます。
食べた後に入っていた種の数でその年の運勢を占います。
具体的なことは忘れてしまいましたが、
種の数によって「ぼくは今年は縁起がいい!」などと。

y_191113_04.jpg

今も毎年作る干し柿、まずお正月に食べて、
あとは冷蔵庫に保管しながら少しずつ出して大切に味わいます。
家族がとても好きなので奪い合いになり、
私の口に入るのは毎年2~3個です。

干し柿作りは、初冬の我が家の大切なイベント。
そして朝起きて窓を開けてベランダの干し柿に向かって、
「おはよう!!きょうは調子どう?」
と声をかけるのが私の毎日の日課です。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:14時53分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

完走のよろこびと、感謝!!


中山庸介です。
今月10日の福岡マラソン、昨日のロクいち!でも
体験ルポをお伝えしましたが、
なんとか完走することができました。

na_191112_01.jpg

フィニッシュを迎えて、一緒に出場していた
伊奈アナウンサーと。
初出場の今回、5時間切りを目指していましたが、
そこには届かず、5時間3分39秒でした。
しかし、なんとも言えない充実感に包まれています。

30kmまでは「なんとかいけるかな!」とそこそこ快調
だったのですが、そこからの坂で異変が起きました。
足がガクガクして、うまくコントロールできません。
ひざの力を抜くと、倒れてしまいそう。
自分の体がこんなふうになるとは、思いもよりませんでした。

na_191112_02.jpg

それでも、沿道のみなさんのサポート、
応援に、本当に背中を押されました。

na_191112_04.jpg

「大濠公園、あと6周」のメッセージ。
これなら頑張れるかも…と思いました。


まだまだ筋肉痛は残っていますが、
これだけ多くの人に「がんばれ!」と言ってもらったのは人生初体験。
マラソンがやみつきになる気持ちが、わかりました。
道中、「ロクいち!見てます!!」とか、
「中山アナウンサー頑張って!」という声援も。
無事に走れたのは、みなさんのおかげです。
ありがとうございました!!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時15分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

福岡マラソン2019


きょうは筋肉痛で動けない
という方も多いのではないでしょうか。

きのうは、福岡マラソンでしたね!
約1万2000人のランナーたちが
福岡市から糸島市までを駆け抜けました!


「ロクいち!福岡」からも
中山アナウンサーがランナーとして参加。
わたしは、取材側で参加しました!

 

m_191111_01.jpg

入念にストレッチをする中山アナ。

 

m_191111_02.jpg

その隣で、ワクワクする!と私。

m_191111_03.jpg

スタートからフィニッシュまで、
市民ランナーの福岡マラソンへの思い、
沿道での応援や、給食のおもてなしを
取材しました。

 

m_191111_04.PNG

そして中山アナは完走できたのか?
マラソンに参加して何を感じたのか?

本日11日(月)のロクいち!福岡で
お伝えします!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時30分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

この人も!くまモン大好き


私は熊本出身なのですが、
局内でよく一緒に熊本トークをしているのが
先輩の田中秀喜アナウンサーです。

先日、私がこのブログに載せたのと
まったく同じ場所に行っていてびっくり!
でも、さすが先輩!!
熊本城も入っていて構図がいいです。。。

ni_191111_01.jpg

田中秀喜アナからも、
ブログ読者のみなさんにメッセージです。

―――――――――――――――――――
火事で首里城を失った沖縄の人たちのいまの気持ちは、きっと3年半前の熊本地震のときのボクら熊本の人の気持ちと同じなのだろうなぁと思います。しゃちほこや瓦が落ち、自慢の石垣が崩れた熊本城を目の当たりにして、涙してしまったものです。それだけに、往時の姿を取り戻しつつある熊本城を見ると、元気をもらえますね。

田中秀喜

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:10時12分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

春夏秋冬


中山庸介です。
秋ですね~。
文化の日の今月3日。
福岡市の中心部に通じる「けやき通り」も、
少しずつ落ち葉が舞うように。

n_191108_01.jpg

散策していると、人だかりが。

n_191108_02.jpg

読書の秋。
お店の軒先で、本のフリーマーケットを行う
イベント「けやき通り・のきさき古本市」の
真っ最中でした。

ふと見ると、デニムの似合う
ロマンスグレーの男性が。

n_191108_03.png

吉竹さんでした。
今年で14年目のこのイベント。
ほぼ毎年のように参加して、
ご自身で読み終えた本を出しているのだとか。
店名は「春夏秋冬」。
なんとも予報士らしいネーミング・・・。
季節の移り変わりをひときわ感じるこの時期。
じっくり本を読みたくなるシーズンでもありますね!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:12時46分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

スペシャルDAY!


きょうの「ロクいち!」に
この方がいらっしゃいます!

m_191108_01.jpg

ラグビーワールドカップ日本代表
久留米市出身の流大選手です。

ワールドカップの舞台で
どんなことを感じていたのか。
あの涙の訳は。

生出演で、たっぷり伺います。


そして!
あさって10日に初日を迎える
大相撲九州場所。
柳川市出身の琴奨菊関が
スタジオに来てくださいました!

横綱・白鵬関から金星を挙げた一番や、
弟弟子たちの活躍についてなどを
伺いました。

琴奨菊関は現在35歳。
幕内最年長ですが、
「まだまだ強くなれる!」と
語ってくれました。

本当に頼もしいですよね。
今場所の活躍も楽しみです!

m_191108_02.jpg

琴奨菊関へのインタビューも
本日8日(金)の「ロクいち!福岡」で
お伝えします。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:11時30分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ONE TEAM


ラグビーワールドカップ日本大会、
南アフリカの優勝で幕を閉じました。

日本は初のベスト8進出!
心が震える瞬間が何度もありました。
日本中が沸きましたね!


ラグビー関連の番組を
担当してきたディレクターと
魚住アナウンサーが
楽しそうに話していたので聞いてみると。


頑丈そうな鞄を開ける魚住アナ。

m_191107_01.JPG

何が入っているのかな…?

m_191107_02.JPG

これは…!!!!?

m_191107_03.JPG

古賀市出身・福岡堅樹選手の
サイン入りユニフォームでした!

m_191107_04.JPG


本日のロクいち!福岡は
福岡選手のインタビューを
お届けします!


さらに!
あす8日の「実感ドドド!」は
ラグビーワールドカップ特集!
日本ラグビーの歴史を塗り替えた選手たち。
その舞台裏に迫っています!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時49分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

博多駅前広場 イルミネーション開始


毎年恒例の博多駅前広場のイルミネーションが11月6日から始まりました。
午後6時30分にイルミネーションが一斉点灯した瞬間には、
会場のあちらこちらから、「おぉ~」という驚きの声が上がっていました。

f_191107_04.jpg
店頭の瞬間 はっと驚く声が

点灯式には、ミュージシャンの山崎まさよしさんが登場。
7000人を超える人たちが、幻想的な光の世界の中で、
優しい歌声を堪能していました。

f_191107_02.jpg
7000人を超える来場者でにぎわう

博多駅前広場のイルミネーション。
来年1月7日まで午後5時から深夜0時まで点灯しています。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:11時05分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

白秋祭の水上パレード


柳川で北原白秋の命日を偲んで行われている
白秋祭に参加させてもらいました。

以前「西日本の旅」のコーナーでは
お堀の川下りをしたり
船頭さんのお話を聞いたりしましたが、
白秋祭は幻想的な夜の川下り。
フィナーレの打ち上げ花火は感動的でした!

堀端での地元の方々のおもてなしに
心があたたまりました。

ni_191107_02.jpg

ni_191107_01.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:10時54分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

"生"で勝負!「養殖マグロ」 ~長崎 上五島~


長崎県の西に位置する、五島列島。新上五島町のスーパーでは週末になると、名物イベント「マグロの解体ショー」が行われ、活気にあふれる。かつてより、ブリやヒラマサの養殖が盛んな上五島。その養殖技術を生かし、20年ほど前から町をあげてクロマグロの養殖を始めた。
最大の特徴は、一度も冷凍しない「生」のまま提供していること。そのためには、水揚げから2分30秒以内に、神経や血、内臓を抜く「しめ作業」を完了させ、身を傷めないようにしている。また、エサには人間でも食べられるほど新鮮な「アジ・サバ」しか与えないなど、手塩にかけて育てられている。さらに対馬海流が流れ込み、流れが速い若松瀬戸で育てられたマグロは身が引き締まり、きめ細やかだという。
新上五島町では定期的に「マグロフェア」を開催しており、観光客からの評判も上々だ。上五島の新名物「養殖マグロ」を紹介する。

s_191106_01.jpgs_191106_02.jpg
一度も冷凍していない“生”のマグロ。食感とうま味が自慢!

s_191106_03.jpgs_191106_04.jpg
ひとつの生けすに約400匹。
安藤さんは、8つの生けすで年間50トンを水揚げしている。

s_191106_05.jpg
番組で紹介した養殖業者 安藤翔平(あんどう・しょうへい)さん 30歳

■「養殖マグロ」の購入は
▽カミティバリュー
住所:〒857-4511 長崎県南松浦郡新上五島町浦桑1396-1
電話:0959-54-2415

■「養殖マグロ」の問合せ
▽新上五島町 観光商工課
住所:〒857-4495 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷1585-1
電話:0959-53-1100


nakata.pngのサムネイル画像

s_191106_06.jpgs_191106_07.jpg

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、長崎・新上五島町の「養殖クロマグロ」をご紹介しました!
上五島を訪れたのは初めてだったのですが、山も海も本当に綺麗で、見ているだけで目の保養になりました…。
そして、そんな中で育ったマグロ、本当に、絶品でございました。
まず、とっても柔らかいんです。
赤身でも、口の中に入れるととろけるようでした。
そして、実はわたし、大トロが、脂っこいイメージであまり好きではなかったんですが…
今回食べた大トロ、しっかり脂がのっているのに、決してしつこくなく、すごく美味しかったんです!本当に幸せな気分でした…。

そして、そんなクロマグロを育てている、安藤翔平さんにマグロの養殖について教えていただきました。養殖場に連れて行っていただいたのですが、マグロは、私の想像をはるかに超える大きさでした…。しかも、泳ぐスピードも、高速道路を走る車と同じくらいに見えて…。圧倒されてしまいました。
それから、マグロを釣り上げて、“しめ作業”と呼ばれる出荷の準備をするところも見せていただいたのですが、マグロの力強さに驚きました。しめ作業では、内臓も取り出すのですが、心臓は、取った後も、しばらく単体で動いていて…そこに、マグロの生命力の強さを感じました。
そして、取材中、安藤さんは、クロマグロを育てる中での難しさなども話してくださったのですが、それでも、ちゃんと大きく育って、多くの人においしいと食べてもらえることが嬉しいと仰っていました。
来月から、上五島では、第三弾のマグロフェアが行われるそうです。
皆様も、この機会に、上五島へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ここはどこ?


突然ですが問題です。ここはどこのスタジアムでしょうか。

n_191106_01.jpg
 
答えはドバイです。
7日に開幕する「パラ陸上世界選手権2019」の実況を担当する、
福岡局・森田哲意アナから写真が届きました。

n_191106_02.jpg
 
現地の森田アナによると・・・。
「気温は高いです!
連日35℃近くまで上がっています。
ただ蒸し暑くは無く、カラリとしています。
長時間外にいない限り、汗はあまりかきません。
泊まっているのは中心地のホテルですが、
繁華街を歩いている人はほとんどおらず、みんな車移動しているのかなと思います。
走っているのは日本車が多く、信頼感を感じます」とのことでした。

4位以内に入れば、東京パラリンピックへの出場が内定する重要な大会。
福岡県関係では渡辺勝(わたなべ・しょう)選手が
車いすの800m、1500m、5000mに出場予定です。

n_191106_03.jpg

ちなみに、7月まで福岡にいた小宮山アナもドバイにいます。
大会は総合テレビで連日放送します!
森田アナの写真報告もお楽しみに。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:10時23分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

復活しました!筑後市の温泉施設


8月下旬の大雨で浸水被害を受けて休業していた
筑後市の温泉施設が、2カ月ぶりに復活しました。

地元の方にとって大切な“憩いの場”になっている足湯も再開です。

「ぬる湯」の設定になっていることもあり、
1時間以上談笑しながら利用する方も多いとか。

きょうの「ロクいち!福岡」では、
再開までの道のりと共に中継を交えてお伝えします。

f_191105_01.jpg
(足湯が気持ち良かった!)

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:12時55分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

首里城火災 福岡から思いを寄せる


中山庸介です。
首里城の火災、私も言葉が出てこないほど衝撃でした。
初任地を沖縄で過ごした私にとっても、忘れられない場所。
青い空に映えるあの朱色の城は、いつまでも、永遠にそびえ立つものだと思っていました。・・・昨日までは。

失われたものがいかに大きいか、計り知れませんが、それでも一歩前に進む動きが、福岡でも、始まっています。

na_191101_01.jpg

博多区にある沖縄物産店では、火災から一夜明けた今日から、募金箱の設置を始めました。
福岡にある沖縄県人会と共同で募金活動を行おうと言うものです。
お店を訪れるお客さんたち、次々と募金をしていっていました。
中には、おそらく募金ができるだろうと予想して、お店に足を運ぶ人も。
「沖縄の宝が失われた事は、福岡に住む私たちも大きなショック。何かできることがあれば」。
そんな声も聞こえました。

この募金箱は、博多区の川端商店街にある
沖縄県物産公社「わした博多店」に設置されています。
いつの日か、再びそびえ立つ首里城の姿を信じて、心を寄せていきたいですね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時55分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

能古島のコスモス


きょうは能古島に
コスモスの取材に行ってきました。
一面ピンクに染まるパノラマの風景です!

秋晴れの空と海もきれいで、
ずーっと見ていたくなってしまいます。
例年より20日遅れて満開だということです。
きょう「ロクいち!福岡」でご覧ください。

n_191101_01.jpg

SNS映えすることでも有名で、
自撮りにも挑戦しました!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:14時15分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

1年ぶりに...


築城町出身の松鳳山関が
スタジオに来てくださいました!

大相撲九州場所は
11月10日に初日を迎えます。

この1年間で印象的だった取り組みや、
九州場所への意気込みなどを
大相撲担当・戸部アナウンサーと伺いました。


松鳳山関、
いま、あることに夢中になっているそうです。
その答えは、本日の「ロクいち!福岡」で!

m_191101_01.jpg

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時05分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

天気予報と季節の写真


朝の通勤途中、空を見ながらバス停までとぼとぼ。

心の中で
「きのうの予想通りかな?
だいぶ巻雲が出ているが・・・
上空1万メートル付近はこんなに湿る予想だったっけ?
それにしても予想外にきれいな筋雲だな
写真に撮っとこう(カシャと)」

毎朝、空を眺めながら、時には石ころに躓きながら、
そして予報が外れたときはロクいちでの言い訳を考えながらの出勤です。

y_191101_01.JPG

心の中で
「あれっ!
こんなところに黄色い花!
チコちゃんに怒られそうな二日酔いのボーっとした目に、鮮やかな黄色が飛び込んできたぞ
オーッ 石蕗(ツワブキ)が咲き始めているぞ!
おれの好きな花、写真撮っとこう(カシャと)」

y_191101_02.JPG

とまあこのようにして雨の日も、晴れの日も、雪の日も、
空と植物と街の風景の移ろいを五感で感じながら通勤しています。
カバンにはコンデジといわれるコンパクトなカメラを常時携帯。
シャッターチャンスを逃さないためですね。
携帯電話は相変わらずガラケーを使っていますので、
写真を撮るには少々重くてもこのカメラが必需品。

写真といえば、みなさまからたくさんの季節の写真を投稿していただいています。
「季節の写真」は今やロクいち気象コーナーの目玉になっています。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。
たくさん送って頂いていますので、順番待ちの状態で嬉しい悲鳴です。
私が撮った写真は出番がない。

y_191101_03.JPG


「吉竹さん、あの写真のコーナーが一番よかよ」
「いろんな花が見られるけん、いっつも見よーとよ、ずーっと続けんしゃいね」
歩いていると天気のお話より、まずこんな嬉しいお言葉をかけていただけます。

うーん、今や天気予報は季節の写真に主役の場を奪われてしまった、感じですね。
いやいや、いいのです。
これからもロクいちの気象コーナーは、
みなさまからの写真で季節の移ろいを十二分に感じて頂き、
ついでに私の当たる天気予報を見ていただければ、これほどの幸せはありません。

みなさまからの旬の写真、独自ネタの写真、見てもらいたい写真、なんでもない写真、
どしどし投稿お待ちしています。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:11時07分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

ページの一番上へ▲