2019年10月 2日

ぷりっぷり!清流の恵み"すっぽん" ~大分・安心院町~


水炊き・から揚げ・甲羅の湯引き・・・すっぽんといえば、見た目と裏腹に「美味にして栄養の王」と言われるほど、濃い旨味と高い栄養価を併せ持つ珍味。大分県宇佐市・安心院町では、清流に古くから生息し、親しまれてきた食材だ。冬眠に向け、身に栄養をたっぷり蓄える秋こそが、すっぽんの旬。養殖場を営む塚崎公弘さん(81)は、「お客さんにいいスッポンを食べて貰いたい」と、安心院の暖かい気候ときれいな水を生かしながら赤ちゃんの頃から育てている。
さらに、安心院には今も天然物を捕まえる名人が。漁協組合長の宮本孝義さん(61)は、夜な夜な川に出かけ、手づかみですっぽんを捕まえる唯一の人物。川底の石に紛れる獲物を見つけ、すっぽんが首を伸ばした瞬間にわしづかみに!捕まえたすっぽんを、釣り仲間や近所の人を味わうのが至福の時間だという。育まれ続ける滋味深い恵みを、「安心院の宝」として楽しむ地域を伝える。

s_191002_01.jpg
養殖場を営む 塚崎公弘さん(83)

s_191002_02.jpg
大きく身の肥えたすっぽん

s_191002_03.jpg
やまさ料亭の若おかみ・山上梓さん(右)と中田リポーター(左)


■安心院町で すっぽん料理が食べられるお店
(1)「やまさ料亭」(番組で紹介したお店)
住所:〒872-0503 大分県宇佐市安心院町下毛1785
電話:0978-44-2118
営業時間:昼11:00~15:00、17:00~21:00
価格:すっぽん鍋コース(基本の水炊きコース)5,000円
   竜王コース(番組で頂いた人気コース)11,000円

(2)「安心院亭」(塚崎公弘さんが養殖場とともに経営するお店)
住所:〒872-0503 大分県宇佐市安心院町新原59-5
電話:0978-44-2118
営業時間:11:00~(※17:00以降は予約制)
※木曜日定休
価格:スッポン料理水炊きコース 4,000円
   スッポン料理フルコース 8,000円 など
通販:ネット上ですっぽん鍋セット(11,500円)など販売。

(3) 里の駅「小の岩の庄」
住所:〒872-0505 大分県宇佐市安心院町戸方7-1
電話:0978-34-2224
営業時間:8:30~17:30(食堂は10:00~16:00)
価格:すっぽんうどん・そば(切り身入り)900円

▼毎年2、3月に開催される「安心院すっぽんウィーク」では、
町内の5店舗で「すっぽん昼統一メニュー」が食べられます。
問い合わせ:宇佐市観光協会安心院部会 
電話:0978-34-4839

■すっぽんの漁業権について
VTRで登場した宮本孝義さんは、漁協組合に所属しています。
すっぽんは漁業権魚種になるため、漁協に所属していない方が捕獲するためには遊漁権の購入が必要となります。


nakata.pngのサムネイル画像

s_191002_04.jpg

こんにちは! 中田理奈です。
今回の食いちは、大分県宇佐市にある安心院町のすっぽんをご紹介しました!

私、今回の取材で初めてすっぽんを食べまして…。
はじめは、少し怖い印象で、本当にこれが高級食材で美味しいのかな、と失礼ながら疑問に思っていました(笑)
ですが、食べてみると、すごく美味しかったんです!
お刺身や、甲羅の部分、エンペラもコリコリしていてちょうど良い歯ごたえが美味しかったです。
この美味しさで栄養満点、しかも美肌効果があるなんて、もう、最高ですよね…。

そして、そのすっぽんの養殖場にもお邪魔させていただいたのですが、すっぽんの赤ちゃんが想像以上にかわいくて癒やされました。
養殖場を営んでいる塚崎さんは、すっぽんへの愛情にあふれた方で、すっぽんをよく理解しているからこそ、赤ちゃんたちも元気に育ち、こんなに大きな養殖場を運営することができるのだなと感じました。
さらに、塚崎さんが経営する料亭では、お子さんのお宮参りのお祝いで来たというご家族にお会いしました。上のお姉ちゃんも、初めて食べたのがすっぽんだったとのこと!この日も何杯もおかわりしていました。

 s_191002_05.jpg

また、夜には天然のすっぽんの漁をしている宮本さんと、その仲間の方々の漁に、同行させていただきました。
月明かりと自分たちが付けているヘッドライト以外、何の明かりもない、真っ暗な中、川に入ってすっぽんを探していました。
そして、足場も悪い中、石などに紛れるすっぽんを見つけ、捕まえる際、宮本さん、手づかみですっぽんの首をわしづかみにしていたんです!(笑)
漁の間じゅう、終始驚いていた気がします(笑)

そして、そのすっぽんを、みんなでお鍋にして食べるというのでお邪魔させていただきました。
皆さんとても優しくて、いろんな話をしてくださり、とても楽しい時間を過ごすことができ、宮本さんが、自分たちで捕ったすっぽんをみんなで食べるのが至福の時間だと仰っていた意味がわかりました。

今回、この取材を通して、すっぽんがいかに安心院の人々に愛され、大切にされてきたかを取材した人たちの言葉の端々から、ひしひしと感じました。
とても温かい時間を過ごすことができた気がします。
みなさまも、安心院へすっぽんの食文化に触れに訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

下半期スタート!


早いもので、新年度がスタートしてから半年が経ちました。
 ロクいち!福岡、下半期もさらにパワーアップしてお伝えします。
キャスター・リポーターブログも、メンバーの素顔満載で投稿しますね。
(すっぴんというわけではありません^_^)
というわけで・・・。

n_191002_01.jpg

本番まで1時間!
原稿チェックにコメント作成に、これから慌ただしくなる下読み席でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時20分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ページの一番上へ▲