2019年10月

ほっかほかの...


きのうの気象双方向のテーマは、「どの中華まんが好き?」でした。

m_191031_01.jpg

圧倒的に肉まん派が多かったです。

m_191031_02.jpg

寒くなると温かいものが恋しくなりますが、こんなデータもあるんですね。


きのうのアンケートを受けて
けさ、庭木アナウンサーと。

m_191031_03.jpg

この肉まん、実は中山アナウンサーが買ってきてくれたのです!
感激(^O^)!!!おいしく頂きました。


今回の投票数は1万5000超でした。
たくさんの方が参加して下さって本当にうれしいです。
ありがとうございます。
来週もたくさんの方が参加してくれますように…☆
よろしくお願いします!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時56分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

庶民の味を名物に!小倉・焼うどん ~福岡・北九州市~


パンチパーマに競輪、アーケード商店街など、あまたの“日本発祥”を誇る北九州。グルメの代表格が「小倉焼きうどん」だ。甘みたっぷりのタレと、地元・若松産のキャベツ、博多うどん(やわやわ生麺)とは違う腰の強い乾麺を使い、鉄板で香ばしく焼き上げたあと半熟卵をかけて食べる。地元民だけでなく、観光客もわざわざ食べに来るB級グルメだ。しかしそもそもは、物資が乏しい戦後に、希少品だった焼きそば玉が手に入らず、安く手に入るうどん乾麺を代わりに使ったのが始まり。まさに“貧乏グルメ”だった。
その「焼きうどん」を名物にまで高めたのが、2000年に発足した「小倉焼きうどん研究会」。元ホテルマンの竹中康二さん(51)らのメンバーが、街の名物にしようと尽力。「焼きうどんマップ」を作ったり、全国のイベントでPRするなど知名度向上に尽力。近年は、専用ソースも開発されるなど味も進化している。福岡県民が意外と知らない「小倉焼きうどん」誕生秘話と、美味さの秘密に迫る。

s_191030_01.jpg
小倉焼うどん研究所 所長 竹中康二さん(51)

s_191030_02.jpg
小倉発祥の「焼うどん」。
コシの強いうどん麺(乾麺など)を、地元産の野菜や肉と一緒に炒め、九州人が好きな甘めのソースで味をつける。最後に鰹節や鯖節をかけるのも特徴。

s_191030_03.jpg
商店街の中にある焼うどん発祥の店。
戦後の食糧難の時代、「焼きそば」を作るにもそば玉が手に入らず、代わりに「うどん乾麺」を使ったのが始まり。

s_191030_04.jpg
焼うどん談義に花が咲く、竹中康二さん(右)と中田リポーター(左)


■小倉で 焼うどんが食べられるお店
北九州市の小倉駅周辺繁華街に多数あります。焼うどん提供店には、「焼うどん」と書いた黄色いのぼりを目印に出している店もありますが、事前に店を調べたい場合は、以下の方法があります。

1:インターネットで調べる場合
●「小倉焼うどん研究所」の名前で検索。焼うどん研究所のサイトで、
店舗紹介のマップを見ることができます。

2:小倉駅で調べる場合
●小倉駅構内に観光案内所があります。そこで、焼うどんを提供しているお店について教えてくれます。

■焼うどんマップはどこでもらえるのか?
現在、最新版を製作中のため配布しておりません。完成後、小倉駅周辺の観光案内所等で配布する予定です。

■焼うどん研究所に入るには?
「焼うどん研究所」のサイトの中に、研究員を募集する「募集フォーム」があります。ご自身で検索の上、ご応募下さい。

■番組で紹介した焼うどん店の名前は?
▽焼うどん発祥の店…「だるま堂」
→休業中のため、連絡先等はお教えできません

▽ちゃんぽんスープで麺に味をつける店…「玉川食堂」
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-21 B1F 
電話:093-522-6305

▽唐辛子入りの追いソースが提供される店…「一銭洋食 和羅部(わらべ)」
住所:福岡県北九州市小倉北区京町2-6-16
電話:093-541-3401



nakata.pngのサムネイル画像

s_191031_05.jpg

こんにちは! 中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県北九州市の名物・小倉焼うどんをご紹介しました!

私は大阪出身で“粉もん文化”の真っただ中で育ってきたのですが
そんな私でも、今回のロケはとにかく驚きの連続でした!

【驚きその1】
まずは口に入れた瞬間、焼うどんがソース味なこと!
「え!?焼うどんは醤油味やろ!」という関西の常識を覆されましたが…
甘く濃厚なソースの味が口の中に広がると、とっても幸せな気分に(^^)
九州人好みの甘い味付け、最高においしかったです。
「焼うどんは醤油派」という方も、ぜひご賞味ください!

【驚きその2】
焼うどんといえば、全国どこでも食べられる料理。
それが“小倉発祥”という事に驚きました!
(粉もんの聖地・大阪発祥だとばかり…小倉の皆さんすみません)
発祥の店があるのは、小倉駅前のアーケード街にある狭い路地。
戦後・闇市の近くに誕生し「鳥町食堂街」と呼ばれるこの場所は、当時から続く店がいくつも残るノスタルジックな雰囲気が素敵です。
全国で愛される焼うどんの聖地、北九州を訪ねた際は 一見の価値ありです!

【驚きその3】
小倉焼うどんは、とにかく懐が広い!
コシのあるうどんを炒め、ソースで味付けすることからスタートした焼うどん。
ところが、発祥当時のスタイルにとらわれることなく、カルボナーラ風の味付けをした焼うどんや、麺を焼かずにソースを絡める“焼かない焼うどん”など、現在進行形でバリエーション豊かな味が生み出され続けています。
その結果、戦後70年を超えた今でも、老若男女・誰からも愛される庶民の味であり続けられるのかもしれません。
ということで、バリエーション豊かな焼うどんの食べ比べ、超おススメです!

最後に、焼うどんを“名物”にまで押し上げた、竹中さんはじめ焼うどん研究所の皆様の熱意に感動しました!
九州人の食べ物への愛を感じつつ、今日もズズズ~っと麺をすすろうと思います!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

キンモクセイの香り


お散歩していると、キンモクセイの香りがふわりと漂ってきます。
秋を感じるし、なんだか落ち着きます。

私にとってキンモクセイというと、この木です。
通っていた幼稚園の近くにあります。

幼い頃、この木の名前を知る前から、まるいシルエットとオレンジ色の小さな花がかわいいなぁと思っていました。
木が今もその場所にあって、みんなを見守ってくれていてうれしいです。

ni_191030_01.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:12時03分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

久しぶりの再会!


懐かしい2人に会いました。

m_191029_01.jpg

昨年度まで一緒に働いていた水越さんと宮脇さん。

いまは、それぞれの新しい道を突き進み中です。
2人の頑張りを見ていると、チャレンジすることがいかに大切か!というのを教えられます。


ということで、体を張った!?チャレンジを。

m_191029_02.jpg

ハロウィーンメイクです!

頬にカボチャなど可愛らしいメイクも選べましたが思い切ってこちらにしました★

これがチャレンジと呼べるかは別として(笑)
毎日、チャレンジする気持ちを忘れずに過ごしていきたいなと思います!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13時32分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

宗像 漁師さんの技に学ぶ


中山庸介です。
きょうの「よかとこ」は玄界灘!
釣りが上手くなるには、プロの技を知るしかない・・・。
というわけで、知り合いの漁師さんに、アジの一本釣りの様子を見せていただきました。
朝5時、宗像市の鐘崎漁港はまだ真っ暗です。

n_191028_01.jpg

鐘崎漁港の沖合で、厳しい条件を満たして釣り上げた「マアジ」は「玄ちゃんアジ」と呼ばれ、ブランドアジとして高値で取引されています。

n_191028_02.jpg

網も竿も使わず、釣り糸と針だけで釣っていきます。
びっくりしたのが、そのスピード。
流れるような技で、ひょいひょいっと釣り上げていくんです。
しかも、全く無駄のない動きに「これがプロか」と感動!

n_191028_03_2.jpg

このアジ、何がすごいかって、「料理人の手に渡るまでは絶対に手で触れてはならない」というルールをきっちりと守っているんです。
魚は人間の手に触れると火傷し、鮮度が落ちてしまいます。
このため、針を外すまでアジは触らず、船の上で生かしておきます。
港に着いてからは、そっとタモですくって、水槽付きの車へ。

n_191028_04.jpg

「網で捕ったほうが早いけど、釣りものとはまったく違う味になる。
まあ、食べてみなさい…」。

n_191028_05.jpg

我が家でさばいて食べてみましたが…。
「これって、アジ?」
甘みとコリコリ感が抜群。かすかにさわやかな潮の香りがします。
脂が乗っていて、舌の上でとろける…。
アジの魅力を究極に高めるのは、プロの技があってこそ。
宗像に行ったら、ぜひ一度食べてみてください!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時42分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

くまモン大好き


熊本出身なので、お休みの日は熊本に帰っていることも多いです。
先月オープンした桜町バスターミナルで大好きなくまモンに会えました!

3年前の熊本地震で、身内の家が全壊して落ち込んだり、自分なりにどうにもできない思いを抱えたりしたとき、くまモンが街のいろんなところで「がんばろう!」「いつも一緒だモン」と応援してくれていて、好きになってしまいました。

ni_191025_01.jpg

このたびの台風19号で被害に遭われた方にも1日でも早く、心安らぐ時間が戻ってきますように。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時32分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

ピクニック


先日、舞鶴公園でピクニックをしました!


秋晴れの中、みんなでワイワイ過ごすのは楽しいですね。

m_191025_01.jpg

外で飲むワイン、おいしい。


m_191025_02.jpg

庭木アナウンサーもこの表情。
(これはお茶です)


またピクニックしたいね~!と、充実した一日でした☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13時25分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

あなたの"推しメン"は?


中山庸介です。
福岡市もだんだんと木の葉が色づいてきました。
大濠公園のイチョウも、淡いレモン色から、ところどころに鮮やかな黄色に。
足をとめてしまいます。

n_191024_01.jpg

朝晩は少しひんやりしてきたこの季節。
23日(水)の気象双方向のテーマは「あなたが好きな”めん”」は?
テレビの前のみなさんにリモコンで答えていただきました。
選択肢は、

(1)うどん
(2)ラーメン
(3)そば
(4)ちゃんぽん の4つです。

n_191024_02.jpg

放送中にもどんどん回答数が伸び、総数はなんと今年度トップの14695票!
さすが麺どころ、福岡ですね~!

やわやわの博多うどんは美味しいし、細いつるつるの博多ラーメンも最高!
あっさりと、そばもたまらないし、もつ鍋のシメにはちゃんぽん!・・・。

そして、注目の結果は・・・!

(1)うどん   4302票(28%)
(2)ラーメン  3023票(21%)
(3)そば    3173票(22%)
(4)ちゃんぽん 4197票(27%)となりました。

僅差でうどん好きが多いという結果となりました。
スタッフの間では、ラーメンがもっと伸びるかと話していただけに、ちょっと意外でしたね・・・。
ただ、どれも美味しいだけに、答えに悩んだかもしれません。
ああ、そんなことを考えていると、もうたまらんばい!というわけで・・・。

n_191024_03.jpg

今日のお昼は、ちゃんぽんに。
ちょっと太めの麺にとんこつスープがからみあい、シャキシャキの野菜と、かまぼこの兄弟が箸を進ませる…。
麺パワーをたっぷりチャージして、本番に臨みます!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時05分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

まろやかで香り豊か!壺作り黒酢 ~鹿児島 霧島市福山町~


今回の食いち!は鹿児島県霧島市福山町で作られている黒酢を紹介しました。
福山町では、200年前の江戸時代から「壺作り黒酢」という独特の製法が受け継がれています。長い時間かけて丸みを帯びた酸味、酢とは思えぬ香ばしさ、そして透き通るような琥珀(こはく)色。おいしいだけでなく美容や健康にも良いと言われ、人気を集めています。
しかしこの黒酢は、作るのに大変な時間と手間がかかります。5万2千本もの壺を持つ醸造所で、約40年にわたって黒酢を作ってきたベテラン職人、藏元忠明さん。壺のことを自分の子どもになぞらえて、黒酢作りのことを「子育て」と呼んでいます。
黒酢の発酵の成否を決める仕込みの様子や、熟成中に雑菌が邪魔しないよう壺の中をかきまぜるかくはん作業。毎日のように壺を見回り、我が子のように慈しむ藏元さんの仕事の様子と、黒酢づくりにかける思いを伺いました。
また、藏元さんおすすめ、黒酢を使ったおいしくて超!簡単な料理「いりこの黒酢漬け」を紹介しました。

s_191023_01.jpg
黒酢(左・1年熟成 右・3年熟成)

s_191023_02.jpg
黒酢職人 藏元忠明さん

s_191023_03.jpg
黒酢作りに使う壺と桜島

s_191023_04.jpg
簡単でおいしい「いりこの黒酢漬け」


■壺作り黒酢 購入に関しては
▽坂元醸造 株式会社
電話:0120-207-717(フリーダイヤル)
※インターネットで購入することもできます。

検索:坂元醸造オンラインショップ
なお、黒酢づくりは見学できます。詳細はサイトをご覧ください。

■いりこの黒酢漬け 作り方
▽いりこひとつかみを、黒酢100mlに漬けて、3~4時間待てば完成。
▽お好みで、鷹の爪や昆布の粉末を入れてもよい。
▽いりこの大きさによって、漬ける時間を調節するとよい。


fukuchi.pngのサムネイル画像

黒酢は個人的に大好きで、リンゴ黒酢をほぼ毎日飲んでいます。
健康のためでもありますが、私はなにより黒酢の味が大好きです!

ワクワクして向かったのは鹿児島県!
私は約3年ぶりに鹿児島県に行きました。鹿児島県は行くたびに桜島の大きさに驚きます。
今回も着いてすぐ桜島を見つけては大きくて力強さを感じ、感動しました!

s_191023_05.jpgs_191023_06.jpg

取材で訪ねた醸造所は桜島をきれいに見ることができる場所にありました。
醸造所について何よりも驚いたのが壺の数!!なんと全部で5万2千本もあるんです!

黒酢はどのようにして作られているのだろう・・・?
取材する前は黒酢大好きなのにもかかわらず、こう思っていました。
しかし取材を進めていくと、黒酢は自然の力と手作業からできており、とても手間暇がかかっているのだと感じました。
手作業で仕込みを終えると、自然の力で熟成されます。
熟成期にはかくはん作業を繰り返します。
これは酢の表面に雑菌が膜を張り、風味を損なうのを防ぐためです。
そのかくはん作業は壺の中をよくかき混ぜるのですが、5万2千本もの壺を手作業でかき混ぜていくのです。
1日千本以上の壺をかき混ぜるのも珍しくないのだそう・・・。

s_191023_7.jpgs_191023_08.jpg

手間暇かけて作られる貴重な黒酢、これからも大切に飲みたいと思います。
黒酢はいろいろな料理にも使うことができ、栄養も豊富なので、みなさんも是非使ってみてください!!

s_191023_09.jpgs_191023_10.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

コスモス・バラが見ごろ~福岡市植物園


きょう取材で福岡市植物園に行ってきました。
コスモスとバラが見ごろです。
普段見かけない色もあって、園内の散策が楽しみです。

f_191023_01.jpg
(黄色コスモス)

f_191023_02.jpg
(紫のバラ)

今週の金曜日(25日)は、福岡市植物園から中継します。
見どころは、“音楽”と“生け花”のコラボレーション。
家庭で生かせる“ワンポイント生け花”のアドバイスもあります。

園内には、写真スポットもたくさん。
自撮り用のカメラ置き場もありますよ!

f_191023_03.jpg
(ハロウィーンの気分も味わえます)

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:16時05分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ソフトバンク2連勝☆☆


日本シリーズ、ソフトバンクが2連勝!
日本一に向けて最高のスタートですね。

きのうの第2戦、辻本キャスター、長安キャスターと応援に行ってきました。

m_191021_01.jpg

両先発の好投、均衡を破る松田選手のホームランは本当にしびれました!!!

インタビューで「100点満点の熱男ができた」と喜んでいる姿が可愛かったです(笑)


22日からは東京ドームでの試合が始まります!
勢いそのままに頑張ってほしいです☆


ちなみに、今夜の「スポーツ×ヒューマン」は松田宣浩選手ですよ。
マッチファン、必見です!

■スポーツ×ヒューマン 「ソフトバンク 松田宣浩」

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時34分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

あすから日本シリーズ!


いよいよ日本一をかけた戦いが始まります!

m_191018_01.jpg

以前のブログで紹介した「福岡局の博多じゅんいち・ゆういち」の2人。
(名前の順番は上記が正しいそうです。笑)


埼玉から戻り、日本シリーズに向け、鋭意作業中です。

そんな2人一緒に…


m_191018_02.jpg



m_191018_03.jpg

ダーーーーーーーッシュ!(奪取)


ソフトバンクの日本一が見たい!
私も全力で応援します☆

日本シリーズの放送予定はコチラです。
NHK福岡スポーツサイト

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時05分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

風疹をなくしたい


去年の夏から風疹の流行が続いています。
私は、岡山県に行って、妊娠中に風疹にかかったことが原因で娘さんが先天性風疹症候群になった親子に会ってきました。

川井千鶴さんと七海さんです。
七海さんは耳が不自由で両耳とも全く音が聞こえません。
でも、ダンスが大好きで何にでもまっすぐ一生懸命な女の子でした。

ni_191018_01.jpg

きょう「ロクいち!福岡」で放送予定です。

ワクチン接種の大切さや風疹と向き合う川井さんの気持ちが、誰かの予防のための一歩となりますように。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:12時20分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

こつこつ天気図を描く


気象予報士の吉竹です。
ロクいち!福岡で気象キャスターを担当させていただいています。

10月12日の台風19号では東日本・東北各地に甚大な被害が発生しました。
被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私は気象の仕事に携わり40年近くたちますが、今年ほど全国的に相次いで大きな気象災害が発生している年はないと思います。
福岡県でも7月に久留米市など筑後地方を中心にした豪雨が発生、8月下旬には佐賀県や筑後市など筑後地方を中心にした豪雨災害がありました。

y_191017_01.jpg

気象の仕事を志すようになったのは、小学校のときに父からもらった1枚の黄ばんだ白地図用紙がきっかけです。
佐賀弁で「とうちゃん、この紙、なんばすっとね(何をするの)?」

そしてこの1枚の白地図に、NHKラジオで放送されていた「漁業気象」を聞きながら天気図を描き始めました。
最初は1枚描くのに1日かかっていました。

中学2年の夏休みの自由研究に40日間描いた天気図を提出しました。
右上の赤いラベルは、「金」「銀」「赤」の順に先生が評価したもので、みごと参加賞に相当する「赤」でした。
一番いいのはもちろん「金」ですね。

y_191017_02.jpg

その中の1枚を見てみると、昭和46年8月5日、台風19号が九州を直撃しています。
955hPaで長崎県付近に上陸していますので、私が当時住んでいた佐賀県も相当、風が強く吹いたことと思います。
現在は台風の進路は予報円ですが、このころは「扇型」になっています。
自分の左下のコメントを読むと、恥ずかしいですね。

y_191017_04.jpg

それから50年余りたった今でも、NHKのスタジオの片隅の机で放送の出番の間に、毎日、天気図を描いています。
今では1枚、5分でさっーと描きます。

y_191017_03.jpg

数値予報でさまざまな予測資料が画面上で見られる時代、なぜ、毎日、自分で天気図を描くのか?

それは私自身の気象予測、そして気象キャスターとしての解説のためには、まず実況の観測データと気圧配置の把握が最も大切なこととして身体に染みついているからです。
毎日起こっている、微妙な変化、大きな変化、あるいは変化がないことをアジア全体で微細にそして俯瞰的に確認するためです。

私の原点は父からもらった1枚の紙切れ、そして今も地道にこつこつと描き続けています。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:15時34分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

めざせ完走!


中山庸介です。
東京オリンピックの開幕を前に、マラソンと競歩の会場を札幌に移す検討が始まりました。
私も「ニュース7」での一報に、正直びっくりでした・・・。
夏の猛暑を考えると理解できる一方、これまで積み重ねてきた準備はどうなるんだろうとさまざまな思いに駆られます。
そう思うようになった一番の理由は、私自身も、夜に

n_191017_01.jpg

朝に、

n_191017_02.jpg

最近、走るようになったからです。
といっても、もちろん東京オリンピックに出るわけではありません(笑)。
目下の目標は

n_191017_03.jpg

福岡マラソン、完走です。
来月10日の大会を前に、平日は朝や夜に走っています。
休みの日は、博多湾に沿って、往復30キロほど。
とにかくゆっくり、ゆっくりです。
子供のころは走るのなんて大の苦手、でしたが、不思議なもので、風と太陽の光に洗われながらのんびり走っていると、いろいろな雑念が抜けていき、かなりリフレッシュできます。
体重も4キロほど減りました。

n_191017_04.jpg

初出場の福岡マラソン、沿道のみなさんとどんな出会いがあるか。
フルを走り切って、自分の何が変わるのか。
少し楽しみな秋です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時19分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

震災乗り越えた阿蘇の恵み「鶴の子芋」


阿蘇山を望む熊本県阿蘇郡高森町には、連日多くの客でにぎわう場所がある。お目当ては高森地区で300年以上続く「高森の田楽」だ。地元産の食材に自家製味噌をたっぷり塗って炭火であぶる。かやぶき屋根の下、いろりでいただく田楽は、まさにフォトジェニック。最大の特徴は、地元の在来種である「鶴の子芋」(里芋の一種)だ。火山灰が堆積し、作物が育ちにくい土地でも栽培できることから、昔から人々の食を支えてきた。農家の村上公夫さんは、農薬に頼らない昔ながらの方法を守る一人。芋が伸び伸びと育つよう、丹念に耕された畑にはびっしりと芋の根が張り巡らされている。
そんな高森が危機に直面したのが、2016年の熊本地震。道路が寸断され、客足も遠のき、鶴の子芋の販路も失った。それでも村上さんは、移動販売に乗り出すなど、伝統の味を守る努力を続けた。先月、ようやく道路が復旧し、にぎわいが戻りつつある高森。昔ながらの味を伝えようとする人々の営みを伝える。

s_191016_01.jpg
村上公夫さん(鶴の子芋農家)

s_191016_02.jpgs_191016_03.jpg
高森の田楽

s_191016_04.jpgs_191016_05.jpg
鶴の子芋畑


■鶴の子芋を食べられるお店
▽「高森田楽の里」
住所:〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町大字高森2685-2
電話:0967-62-1899
その他、鶴の子芋を使った田楽を提供するお店が町内に5店舗あります。

■鶴の子芋を購入できるお店
生産量が少なく、個人では購入することができません。高森町内の飲食店にてお召し上がりください。


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、熊本県阿蘇郡高森町の「高森田楽」をご紹介しました!

人生で初めて、阿蘇に行ったのですが、すごく景色が綺麗で自然豊かなところでした。
そんな阿蘇山の麓、高森町の限られた場所でしかとれない「鶴の子芋」を使った、高森田楽を取材しました。

鶴の子芋は、鶴の頭の部分に似た形をした里芋の一種です。
訪れた高森田楽のお店では、そのお芋に季節ごとに味が変わる味噌をつけて食べます。

s_191016_06.jpgs_191016_07.jpg

私が食べたのは、大葉の味噌でした。
この味噌が、なんとも鶴の子芋と合うんです!

s_191016_08.jpg

そして、鶴の子芋は、ほくほくで、食べるときの歯ごたえは良いんですが中はしっとり、すごく美味しかったです!
感動しました…。

そんな高森田楽に欠かせない鶴の子芋。
生産している農家を訪ね、収穫を体験させていただきました。

s_191016_09.jpg

鶴の子芋は、根がしっかりと張っていて、私が全体重をかけて引き抜こうとしても、びくともしないんです。
それくらい強く元気に育っていました。

s_191016_10.jpgs_191016_11.jpg

収穫作業を体験させていただいた後、村上さんのお家で、お話を聞かせていただきました。

村上さん夫妻は、鶴の子芋と高森田楽の食文化をずっと守っていきたいという思いを熱く語ってくださいました。

s_191016_12.jpg

そして、鶴の子芋をつかった、「のっぺ汁」を作ってくださりました。

s_191016_13.jpg

本当に美味しくて、私はすっかり鶴の子芋のファンになってしまいました…(笑)。
鶴の子芋やそれを使った田楽は、高森でしか食べることができません。
皆様もぜひ、ほくほくの鶴の子芋を味わいに高森を訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

とにかく逃げて!ダム管理者が語る「緊急放流」


台風19号による被害、本当に甚大です。
被害の状況が次々に明らかになっています。

こうした中、
ニュースでダムの「緊急放流」という言葉を耳にした方も
多いのではないでしょうか。

大雨が予想される場合、
ダムでは「安全」とされる水量ぎりぎりまで放水量を増やして、
ダムにたまっている水を減らします。

しかし、さらに降水量が予想を大幅に上回り、
ダムが “これ以上” 水をためることができなくなっとき、
「緊急放流」が行われるのです。
ひとたび緊急放流が行われると、上流に流れ込む水をそのまま下流に流すことになり、
浸水被害の危険性が高まります。

実は、過去、福岡でも「緊急放流」が行われる恐れがありました。
おととしの九州北部豪雨では、福岡県朝倉市にある寺内ダムで、
安全とされる基準の最大で7倍以上の水量がダムに流れ込んでいました。

どんどんダムの水位が上がり、あと一歩で、
流れ込む大量の水を“そのまま”下流に流さざるを得なかったのです。

寺内ダムを管理する水資源機構の所長代理・松浦旬さんは、
「とにかく逃げてほしい」と強調します。

f_191016_01.JPG
(松浦さん)

松浦さんは、ダム管理所から見える町を見ながら、
「“緊急の放流のボタンを押す”ということは、この街に向かって水を流すことだ」と
険しい表情で語っていました。
その上で、「緊急放流をせざるを得ないとき、必ず下流の人たちの顔が浮かぶ。だからこそ、緊急放流までに “絶対に” 逃げていてほしい」と話します。

f_191016_02.JPG
(「寺内ダム下流の景色」寺内ダムの下流には民家や田畑が広がる)

松浦さんは、人命が犠牲になる最悪の事態を避けるため、
「災害時には緊急放流がありうること」を、
普段から下流の集落の集会に出て、説明をしているということです。

緊急放流についての情報が出たら、身の安全守ることを最優先に考えてください。
そして、緊急放流の情報はあくまで「逃げる時間を稼ぐためのもの」だと思って、
速やかに行動を始めてください。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:18時20分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

水害・博多での対策は


中山庸介です。
このたびの台風19号によって被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。
放送を通じて、少しでも防災や減災、そして被害にあわれた方々の力になれるよう、努めていきます。

福岡も、過去幾たびも水害に苦しんできました。なかでも平成11年の6月には 1時間の最大雨量が79.5ミリを記録する大雨で、博多駅周辺の地下街が浸水。御笠川が溢れ、都市機能もマヒしました。

きょうは、そんな都市部の水害を防ぐために整備された施設を取材しました。
福岡市博多区の山王公園です。
グラウンドの地下には、巨大なコンクリート製の貯水池が。
 
n_191015_01.jpg

大雨の時に、市街地を浸水から守るため、
ここに水を貯めます。
天井までの高さは6.4メートル。
最大で15,000トンの水を貯めることができるそうです。
 
n_191015_02.jpg

案内してくれた、福岡市道路下水道局の安永英治さんは「平成11年の大雨は、私が市役所に入って3年目に経験しました。都市機能が集積する博多駅周辺が水に浸かり、大きな衝撃を受けました。こうした災害を絶対繰り返してはならないと、諸先輩方が必死になって作ってきたこの施設。水害が激甚化する中でも、確実に運用して、市民を守りたい」と語っていました。
 
n_191015_03.jpg

福岡市の取り組みや、今後の台風の可能性などについて、今夜のロクいち!福岡でたっぷりお伝えします。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時30分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

防災・減災のために


東日本に大きな被害をもたらした台風19号。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

テレビやラジオなどで
情報を収集していた方も多いと思いますが、
こちらも、活用して頂きたいです。

m_191015_01.jpg

スマートフォン向けの
NHKニュース・防災アプリです。
最新の災害情報・防災に役立つ情報などを
発信しています。

m_191015_02.jpg

アプリの「マップ」機能では、
(画面中央の下・緑の〇で囲ったところ)

m_191015_03.PNG

「台風」の予想進路や
「雨雲」状況などを確認できます。


また、
台風19号では堤防の決壊などによる
浸水の被害も深刻です。

m_191015_04.jpg

マップで「河川」を選択すると
川の氾濫に関する情報を見ることもできます。


離れて暮らす家族や友人などにも
今どんな状況なのか、
これからどうなるのか、を
伝えることもできます。

アプリは、アプリストアから
無料でダウンロードできます。
命を守るために、ぜひ活用してください。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時38分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

大規模停電、「自分事」として備えを


藤澤義貴です。台風19号が首都圏を直撃する可能性が高まっています。
9日(水)の「ロクいち!」では、大規模停電が起きた際、どうすればよいか
取材しました。

h_191011_01.jpg

まず必要なのは、情報を集めるのに必要なスマホの充電器。
灯りをつけるために必要な電池もお忘れなく。
単3電池を単1や単2に変えられるアダプターは、
100円ショップなどでも購入できます。

h_191011_02.jpg

もしドライヤーやアイロンなど、熱を発する電化製品を使っているときに停電したら、
コンセントから抜いてください。
電気が復旧したときに起きる「通電火災」を防ぐためです。

そして、停電後、断水が発生することがあります。
飲み水用にペットボトルを購入しておくほか、
風呂の残り湯をためることを習慣にすれば、トイレなどの生活用水として使えます。
ただし、小さなお子さんがいるお宅では、子供がバスタブで溺れないよう注意も
必要です。

h_191011_03.jpg

冷蔵庫の食品は、ペットボトルを凍らせておいたものを冷蔵庫の最上段に
入れておくことで、中の温度が上がっていくことを抑えることができます。

h_191011_04.jpg

このほか非常食や携帯トイレやラジオなども早めに準備しておきましょう。
そして、一番大切な準備は「停電は自分の家でも起こりうるかもしれない」と、
“意識のモードチェンジ”をすることかもしれません。
大丈夫だろう、何とかなるだろうとついつい思いがちですが、
気持ちを変えていくことが、命を守ることにつながると思います。

そして、台風が接近する地域に住んでいる家族、親戚、友達などにも、
ぜひ早めに呼びかけてください!

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時36分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ソフトバンク2連勝!


プロ野球はCSファイナルステージが
始まりましたね!!!

ソフトバンク、敵地で2連勝。
この勢いのままに
勝ち進んでほしいですね☆

福岡局からも
スポーツ班が現地に行っています!

m_191011_01.jpeg

「福岡局の博多ゆういち・じゅんいち」こと
早瀬雄一アナウンサーと西川順一アナウンサー。
(スポーツ班の先輩が名付けたそうです…笑)

余談ですが…局内では
早瀬アナがツッコミ担当、西川アナがボケ担当。
ナイスなコンビです☆


話を戻して、
「メットライフドームは、
両チームのファンの熱気で
かなりの盛り上がりです!!!」
とのことです(^^)


2人の担当は日曜日の第4戦!

実況は早瀬アナウンサー
リポートは
ソフトバンクが西川アナウンサー、
西武は仙台局の池野アナウンサーです。


詳しい放送予定はこちら☆
NHK福岡スポーツサイト

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時29分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ノーベル賞 吉野さんと九大


中山庸介です。
ノーベル化学賞に、「旭化成」名誉フェローの吉野彰さんが輝きました。
日本人受賞の嬉しいニュース、昨日のロクいち!福岡の中でもお伝えしました。

実は吉野さん、ここ福岡とも関わりがあるんです。
それが、去年の春まで客員教授を務めていた九州大学。
リチウムイオン電池の研究について、苦労話も含めて学生たちに語っていたといいます。

n_191010_01.jpg
 
吉野さんの研究と人柄について、九州大学の岡田重人教授を訪ねてお話を伺いました。
学生のみなさんも、吉野さんの講演に大きな刺激を受けたようです。
知られざる秘話は今夜のロクいち!福岡で!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時30分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

朝からおはぎ


泊まり勤務や早朝のニュース担当で
朝の5時半くらいに
局でごはんを食べることがあるのですが、
最近は、おはぎにハマっています!

朝から甘いものを食べると、
パチっと目覚める気がします。
でも、中山アナウンサーからは
いつも「本当によく食べるね~」とつっこまれています。

ni_191010_01.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11時03分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

味が変わる?「牧場の濃厚プリン」 ~佐賀 みやき町~


今回の食いち!は佐賀県みやき町の牧場で作られているプリンを紹介しました。
約50年続く牧場で3代目の大富力(おおとみ・つとむ)さんが育てる乳牛。
こだわりはエサにあり、毎日大富さんが牧草やわら、トウモロコシなどを配合しています。
冬にむけて脂肪を蓄えるため食欲が増している牛たち。栄養もしっかり摂取しているため、これからの季節、濃厚な牛乳がとれるそうです。
そんな牧場でとれた牛乳をつかってプリンを作っているのが妻の藍子さんです。
無添加・無着色・無香料にこだわり、材料は牧場の牛乳と地元・佐賀県産の卵、そして奄美諸島のきび砂糖の僅か3つのみ。脂肪分の多い牧場の搾りたて牛乳を使っているため、プリンにクリームの層ができ、これが濃厚さを際立たせています。
さらに日を置くことで3つの材料がなじみ、できたてとは違った味わいが感じられるプリンです。

s_191009_01.jpg

■牧場プリン 購入に関しては
▽大富牧場
住所:〒849-0102 佐賀県三養基郡みやき町簑原43-3
電話:090-4812-1215


fukuchi.pngのサムネイル画像

こんにちは!福地礼奈です(^_^)!
今回は私の生まれ育った地元、佐賀県での取材でした。
佐賀県みやき町のプリンです!

s_191009_02.jpg

牛乳を使った濃厚プリンを求めて、向かった先はみやき町にある牧場!
たくさんの牛がいました!近い距離で牛を見たのは初めてで、牛の大きさに驚きました!
とても可愛かったです(^^)
牧場では搾りたての牛乳をいただき、これも初めてのこと。とっても濃厚なのかなと
想像していましたが、そんなことありませんでした!
やわらかな甘みが口いっぱいに広がって、ゴクゴクとたくさん飲める味でした。
おいしかったです(^^)

s_191009_03.jpg

そんな自慢の牛乳を使って作られたプリン!
さっそく食べてみたのですが、結構弾力がありました!ほんのりと甘くて、何よりも牛乳の味がしっかりとしました。濃厚でとてもおいしかったです!

s_191009_04.jpgs_191009_05.jpg

プリンを作る妻の藍子さん。子供たちに安全でおいしいおやつを食べさせたいという一心からプリンを作り始めました。
おいしいと言いながらパクパク食べている子供たちの姿にほっこりしました(^^)!

s_191009_06.jpg

家族の温かさも詰まった佐賀県みやき町の濃厚プリン、みなさんも是非食べてみてください!!!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

食の宝庫・九州


m_191009_01.jpg

九州は食べ物がおいしい!
食の宝庫ですよね!

そんな九州の食の魅力を伝え、
販路拡大や地名度アップを狙う商談会
「フードエキスポ九州」を
取材してきました。

m_191009_02.jpg
(一緒に取材をした後藤ディレクター)

商談会には、
国内外のバイヤーたちが
集まっていましたよ!

私も
これは何!?と気になったものを
いくつか試食させて頂きました。
きょうのロクいち!でご紹介します☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時04分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

休日は大物狙いで


中山庸介です。
台風など荒天で、週末なかなか出られないことがこのところ多いですが、
天気がよいときはだいたい外にいます。

n_191008_01.jpg

暑さも一段落、釣りをするのにいい季節になりました。
博多湾でも釣りますが、最近は足をちょっと伸ばして佐賀の仮屋湾へ・・。

湾を網で仕切った釣りセンターに行ったときのこと。
のんびり釣り糸を垂れていたら突然、ギュイーンと引き込む糸。
デカい!
しかし、糸は3号(そんなに太くない)。
ゆっくり竿を上げては引き込まれ、格闘すること5分。
海面に姿を現したのは・・・。

n_191008_02.jpg

60センチ以上はあるハマチでした!
大事に持ち帰り、身は三枚におろして刺身と照り焼き、頭は塩焼きに。
甘くとろける海の幸、家族でぜんぶ平らげました。
九州最高!あらためて噛みしめる日々です!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時13分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

よかとこin柳川


久しぶりの、よかとこシリーズ。
(そう呼ぶのは私だけですが…)

とにかく、
よかとこ…今回は、柳川です!
お堀をめぐる川下りが有名ですよね。

m_191008_01.jpg

実は、夏休みに川下りを初体験!

m_191008_02.JPG

(雨の日は雨合羽を貸してくれます)

小雨が降るあいにくの天気でしたが
船頭さんの愉快な語りに魅了され、
もう1周!とお願いしたほど(笑)
楽しい時間でした。


魅力的たっぷりの“柳川の川下り”が、
今回のスーパーハイビジョン紀行の舞台です。

いま、ある人たちが船頭に挑戦しています。
美しい4K映像とともに、奮闘する姿を
ぜひご覧ください。

放送は、
本日8日(火)のロクいち!です☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時39分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

街の「温度感」を探る


中山庸介です。
「ニュースに出ていないときは何をしてるの?」と聞かれることがよくあります。
試写に打ち合わせ、スタジオの演出を検討したりとそれなりに忙しいのですが、
週に1、2度は外に出て取材しています。

n_191007_01.jpg

今日は、福岡市博多区の上川端商店街でロケ。消費増税から1週間、街への影響を探りました。

スタジオにいて感じることと、直接街に出て自分で話を聞くのとでは、かなりの違いがありますね。
意外な発見、街のみなさんの喜びや怒りなど「温度感」がダイレクトに伝わる気がします。
というわけで、現場に行くとアドレナリンが出て、元気をもらっている今日このごろです。

n_191007_02.jpg

放送は夕方6時10分からです。
さあ編集だ!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時50分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

2020年のおせち


きょう取材したのは、なんと、、、「おせち」!!
2020年お正月のおせちの
予約受付が始まったデパートに行ってきました。
もう年の瀬の話題だなんて、びっくりです!

ni_191004_01.jpg

私がおせちの中でいちばん楽しみなのは、栗きんとんです。
みなさんもきょう放送の「ロクいち!福岡」を見て、
ことしのトレンドをチェックしてみてください。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時51分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

空前のタピオカブーム


このところ
日本で大ブームとなっている「タピオカ」の
取材をして来ました!!!

m_191004_01.jpg

天神にも、たくさんお店がありますよね。


日本での需要の高まりをうけて
台湾のタピオカ関連メーカーが
福岡にやってきました!!!

m_191004_02.jpg

あ~んなタピオカや、
こ~んなタピオカ。

タピオカブーム、
まだまだ続きそうな気がしました!

本日のロクいち!福岡でお伝えします(^^)

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16時44分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

季節はずれのサクラ


私、庭木櫻子という名前なのですが
きょうはなんとサクラの取材をしています!

糸島市瑞梅寺で
季節はずれのサクラが咲いているのです。
秋にほんのりピンクのサクラの花が見られるなんて
不思議な気分でした!
このあと夕方6時10分からの「ロクいち!福岡」でご覧ください。

n_191003_02.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時06分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

ラグビーW杯 盛り上がっていますか!


先日、ロクいち!福岡に
ラグビー元日本代表・廣瀬俊朗さんが
生出演して下さいました!

m_191003_04.PNG

日本代表のここまでの奮闘ぶりには
「感無量です!」と喜びを語った廣瀬さん。

福岡出身選手のここだけの話!?では、
福岡選手は、したたか…!?
流選手は、真面目で丁寧…!?など
ユーモアを交えながら
たっぷり話して下さいました。

m_191003_02.PNG

また廣瀬さんが取り組まれている
「スクラムユニゾン」についても
紹介して頂きました。

参加国の国歌などを歌って
選手や世界中のラグビーファンをもてなそう!
というものです。

m_191003_03.jpg

これはウェールズの国歌。
歌いやすいように
カタカナで書いてあります。

“試合見るだけでなく
海外の人たちと何かを一緒に共にする
という思い出が、
今後のラグビーにつながる”という
活動への思いも聞くことができました。


さて日本代表、次はサモア戦です。
このサモア戦に勝つことが
初の準々決勝への大きな一歩になる!と
廣瀬さんは強くおっしゃっていました!


注目のサモア戦、
ラジオ第一とBS1でお伝えします!

詳しくはコチラをご覧ください!
NHK ラグビー特設サイト


大事な一戦、
私もしっかり見届けたいと思います☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時14分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

「三国志」の時代にタイムスリップ 国内初公開の一級資料が目白押し!


私のふるさとである太宰府市の九州国立博物館で、
10月1日から特別展「三国志」が始まりました。

最大の魅力は、およそ1800年前の「三国志」時代に制作された
第一級の価値がある出土品などがそろっていること。
なんと、およそ160点の展示品うち、8割が国内初公開のものばかりです。

さらに、この特別展では、すべての展示品を自由に撮影できます。
博物館の展示品にカメラを向けるのは・・・と思うかもしれませんが、
いまや時代は、「来場者」に魅力を“拡散”してもらうことがトレンドになっています。
実際、東京にある美術館など、展示品の撮影を許している博物館や美術館も増えてきました。

そんな中、私が一緒に“自撮り”したのが「獅子」の像。
1800年前の後漢時代に制作され、中国の山東博物館に所蔵されていたものです。
「一級文物」に指定された貴重な展示物と写真が撮れるのは、
“今の時代”だからこそできる「過去」からの素敵な贈りものかもしれません。

f_191003_01.JPG
(「獅子と共に」:一級文物「獅子」と撮影。混んでないときに撮影しましょう)

特別展「三国志」は、太宰府市にある九州国立博物館で、
来年1月5日まで開かれています。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時00分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

よろしくお願いいたします


リポーターの庭木櫻子です。
「ロクいち!福岡」のブログははじめてです。
よろしくお願いいたします。

10月になりました。
イチジクのケーキを食べましたよ!
夏と秋の、年に2回収穫の時期があるそうです。
おいしいものを食べて、秋を楽しみましょう!!

ni_191003_01.jpg

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:12時52分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

ぷりっぷり!清流の恵み"すっぽん" ~大分・安心院町~


水炊き・から揚げ・甲羅の湯引き・・・すっぽんといえば、見た目と裏腹に「美味にして栄養の王」と言われるほど、濃い旨味と高い栄養価を併せ持つ珍味。大分県宇佐市・安心院町では、清流に古くから生息し、親しまれてきた食材だ。冬眠に向け、身に栄養をたっぷり蓄える秋こそが、すっぽんの旬。養殖場を営む塚崎公弘さん(81)は、「お客さんにいいスッポンを食べて貰いたい」と、安心院の暖かい気候ときれいな水を生かしながら赤ちゃんの頃から育てている。
さらに、安心院には今も天然物を捕まえる名人が。漁協組合長の宮本孝義さん(61)は、夜な夜な川に出かけ、手づかみですっぽんを捕まえる唯一の人物。川底の石に紛れる獲物を見つけ、すっぽんが首を伸ばした瞬間にわしづかみに!捕まえたすっぽんを、釣り仲間や近所の人を味わうのが至福の時間だという。育まれ続ける滋味深い恵みを、「安心院の宝」として楽しむ地域を伝える。

s_191002_01.jpg
養殖場を営む 塚崎公弘さん(83)

s_191002_02.jpg
大きく身の肥えたすっぽん

s_191002_03.jpg
やまさ料亭の若おかみ・山上梓さん(右)と中田リポーター(左)


■安心院町で すっぽん料理が食べられるお店
(1)「やまさ料亭」(番組で紹介したお店)
住所:〒872-0503 大分県宇佐市安心院町下毛1785
電話:0978-44-2118
営業時間:昼11:00~15:00、17:00~21:00
価格:すっぽん鍋コース(基本の水炊きコース)5,000円
   竜王コース(番組で頂いた人気コース)11,000円

(2)「安心院亭」(塚崎公弘さんが養殖場とともに経営するお店)
住所:〒872-0503 大分県宇佐市安心院町新原59-5
電話:0978-44-2118
営業時間:11:00~(※17:00以降は予約制)
※木曜日定休
価格:スッポン料理水炊きコース 4,000円
   スッポン料理フルコース 8,000円 など
通販:ネット上ですっぽん鍋セット(11,500円)など販売。

(3) 里の駅「小の岩の庄」
住所:〒872-0505 大分県宇佐市安心院町戸方7-1
電話:0978-34-2224
営業時間:8:30~17:30(食堂は10:00~16:00)
価格:すっぽんうどん・そば(切り身入り)900円

▼毎年2、3月に開催される「安心院すっぽんウィーク」では、
町内の5店舗で「すっぽん昼統一メニュー」が食べられます。
問い合わせ:宇佐市観光協会安心院部会 
電話:0978-34-4839

■すっぽんの漁業権について
VTRで登場した宮本孝義さんは、漁協組合に所属しています。
すっぽんは漁業権魚種になるため、漁協に所属していない方が捕獲するためには遊漁権の購入が必要となります。


nakata.pngのサムネイル画像

s_191002_04.jpg

こんにちは! 中田理奈です。
今回の食いちは、大分県宇佐市にある安心院町のすっぽんをご紹介しました!

私、今回の取材で初めてすっぽんを食べまして…。
はじめは、少し怖い印象で、本当にこれが高級食材で美味しいのかな、と失礼ながら疑問に思っていました(笑)
ですが、食べてみると、すごく美味しかったんです!
お刺身や、甲羅の部分、エンペラもコリコリしていてちょうど良い歯ごたえが美味しかったです。
この美味しさで栄養満点、しかも美肌効果があるなんて、もう、最高ですよね…。

そして、そのすっぽんの養殖場にもお邪魔させていただいたのですが、すっぽんの赤ちゃんが想像以上にかわいくて癒やされました。
養殖場を営んでいる塚崎さんは、すっぽんへの愛情にあふれた方で、すっぽんをよく理解しているからこそ、赤ちゃんたちも元気に育ち、こんなに大きな養殖場を運営することができるのだなと感じました。
さらに、塚崎さんが経営する料亭では、お子さんのお宮参りのお祝いで来たというご家族にお会いしました。上のお姉ちゃんも、初めて食べたのがすっぽんだったとのこと!この日も何杯もおかわりしていました。

 s_191002_05.jpg

また、夜には天然のすっぽんの漁をしている宮本さんと、その仲間の方々の漁に、同行させていただきました。
月明かりと自分たちが付けているヘッドライト以外、何の明かりもない、真っ暗な中、川に入ってすっぽんを探していました。
そして、足場も悪い中、石などに紛れるすっぽんを見つけ、捕まえる際、宮本さん、手づかみですっぽんの首をわしづかみにしていたんです!(笑)
漁の間じゅう、終始驚いていた気がします(笑)

そして、そのすっぽんを、みんなでお鍋にして食べるというのでお邪魔させていただきました。
皆さんとても優しくて、いろんな話をしてくださり、とても楽しい時間を過ごすことができ、宮本さんが、自分たちで捕ったすっぽんをみんなで食べるのが至福の時間だと仰っていた意味がわかりました。

今回、この取材を通して、すっぽんがいかに安心院の人々に愛され、大切にされてきたかを取材した人たちの言葉の端々から、ひしひしと感じました。
とても温かい時間を過ごすことができた気がします。
みなさまも、安心院へすっぽんの食文化に触れに訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

下半期スタート!


早いもので、新年度がスタートしてから半年が経ちました。
 ロクいち!福岡、下半期もさらにパワーアップしてお伝えします。
キャスター・リポーターブログも、メンバーの素顔満載で投稿しますね。
(すっぴんというわけではありません^_^)
というわけで・・・。

n_191002_01.jpg

本番まで1時間!
原稿チェックにコメント作成に、これから慌ただしくなる下読み席でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時20分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

あの方が生出演です!


ラグビーワールドカップ、
日本代表の熱いプレーに心が震えた!
という人も多いのではないでしょうか。

わたしもその一人。
アイルランド戦の歴史的勝利は
本当に興奮しました!!!


そして、タイトルのあの方とは…
ラグビー元日本代表の廣瀬俊朗さんです!

“あの”ドラマでも話題になりましたよね。


その廣瀬さんが、本日!
「ロクいち!福岡」に生出演です!

どんな話を聞けるのか、
今からわくわくしております!


そんな廣瀬さんが
高校時代の後輩という
福岡局の福岡チーフプロデューサーが
熱い思いを語っています。

福岡局のラグビーワールドカップ特設サイト

こちらも、ぜひご覧ください!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時00分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ページの一番上へ▲