2018年10月10日

"うみっこかあちゃん"が守るカツオの味~宮崎・日南~


s_181010_01.jpeg

宮崎県日南市では一本釣りの「カツオ」の漁獲量が日本一。
「戻りガツオ」がとれる今、その味を求めて観光客も訪れる。地元では、新鮮なカツオの表面をあぶるのが一番おいしい食べ方として、市内の飲食店10店舗で「カツオ炙り重」を提供、町の名物となっている。地元の港の駅でも、「カツオ」は地魚の中でも売り上げは一番。町ではとれたてのカツオをカレーやオイル漬け、菓子など、10種類を超える加工品も生み出している。中でも最近お土産として人気なのが、「かつおのしょうゆぶし」。漁協の女性部「うみっこかあちゃん」たちが生み出した郷土料理だ。隠し味は地元の「焼酎」。農林水産大臣賞も受賞した一品だ。日南市で古くから食べられてきたこの味を観光客にも知ってもらいたいと毎週2日間かけて作っている。「お父さんがとってきた魚をおいしく味付けして広めていくのが私たちの仕事。」その想いを込めて煮込む「うみっこぶし」。「母ちゃん」たちの愛情たっぷりのふるさとの味を伝える。

s_181010_02.jpeg s_181010_03.jpeg

■「日南一本釣りカツオ炙り重」が食べられるお店(冒頭で紹介したお店)
▽港の駅めいつ
住所:宮崎県日南市南郷町中村乙4862-9
カツオ炙り重:1500円
営業時間:午前10時30分~午後2時30分
店休日:月曜日(祝日の場合は日曜日)
電話:0987-64-1581
他、市内9店舗の飲食店で食べることができます。

s_181010_04.jpeg s_181010_05.jpeg

■カツオのしょうゆぶし(かつおうみっこ節)について
港の駅めいつで販売されています。
直接加工場で注文・購入もできます。売り切れる日もありますので、事前の連絡をおすすめします。

▽日南市漁業協同組合水産加工センター
住所:宮崎県日南市大堂津2-10-1
電話:0987-64-1581

s_181010_06.jpeg s_181010_07.jpeg


miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回はかつおを求めて…福岡市内から6時間かけて宮崎県日南市へ!
着いた頃にはへろへろだったのですが…
そんな疲れを吹き飛ばしてくれるほどのおいしさ!!
いちばん最初に頂いたのはお刺身。シンプルにおいしかったです!笑
とろける食感とうまみがたっぷり詰まったかつお。
手が止まりませんでした…!

s_181010_08.jpeg

なぜこれほどおいしいかつおが食べられるかというと、わたしがかつおを頂いた海の駅は魚市場のすぐ隣にあるんです!
さらに取れたての新鮮なかつおを、朝のうちにさばいているんです!
この徹底ぶりがおいしさの秘けつなんだそう。
さらに、しょうゆ節という日南で親しまれている郷土料理を作っているお母さんたちともお会いしてきました。
気持ちいいほどに豪快でとっても元気なみなさんが、かつおを丁寧に丁寧に調理していく姿がとても印象的でした。
昔から保存食として漁師の家庭で作られているそうで、アレンジも自由自在!
わたしも自宅に戻ってから、スープに入れたり、おにぎりの具にしたりといろいろ試してみました。どれもとってもおいしく、普段のメニューが少しグレードアップしました。お母さんたちの知恵と工夫、愛情がたっぷり詰まったしょうゆ節。
ぜひ、おすすめです♪

s_181010_09.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲