2018年10月 4日

vol.5 ゴミへの挑戦~世界に広がる「福岡方式」~


k_181004_01.jpg

九州・沖縄ゆかりの人々のその後を「決定づけた」場所と時間を探り、その人の人生をたどるミニ人間ドキュメント「九州クロスポイント」。5回目は、福岡大学の名誉教授、松藤康司さん(70)に迫る。51年前、福岡大学薬学部に入学した松藤さん。卒業にあたり、長崎県五島列島の福江島にある総合病院で現場実習を行った。そこで出会ったのが、今からちょうど50年前に問題となった「カネミ油症」の患者たちだった。福江島では、原因となる食用油が多く流通し、被害が集中していたのだ。油症患者との出会いをきっかけに、公害に関心を持つようになった松藤さん。このまま薬の勉強を続けていくのか疑問を持っていたとき、教授から、当時確立されていなかったゴミの処分技術の開発プロジェクトに参加しないか誘われた。ひとり海辺で自分と向き合い、悩んだ松藤さんは、ゴミ問題に取り組むことを決意した。
それから半世紀。松藤さんが開発に携わったゴミの処分技術「福岡方式」は、自然の力を生かし、ゴミから出る水をきれいにするだけでなく、メタンガスの発生も抑制することから、世界中から評価されるようになった。松藤さんは、今では世界中を駆け回り、ゴミ処分場の開発の支援を行っている。リポートでは、松藤さんの半世紀を振り返り、その原点と公害、公衆衛生への思いを伝える。

■問い合わせ
▽福岡大学工学部 社会デザイン工学科 水理衛生工学実験室
電話:092-863-8238
▽NPO SWAN-Fukuoka 松藤康司
電話:092-862-3166

k_181004_02.jpg

 【取材者のひとこと】
「たまたまそこに生まれただけで」。松藤さんがインタビューで口にしていた言葉です。カネミ油症も、水俣病などの公害もたまたま食べてしまった、そこに住んでいただけで、何の罪もない人たちが被害にあっていた。松藤さんは、もし、自分がそこにいたら、自分もそうなっていたかも知れないと、他人事ではなく、自分事として考えていたのです。そして、それが、今、世界中を駆け回りながら出会うゴミ山で暮らす人々とも重なっているのではないかと思いました。ゴミの処分場の開発は、ただ、環境をよくするためではなく、そこに暮らす人々を苦しませる貧困問題にもつながり、まさにその地域に住む人々の生活を改善するための糸口ともなっているのです。だから、松藤さんは、70歳になり、福岡大学を退職した後も、止まることなく、世界各地に足を延ばしています。松藤さんの取材を通じて、私自身、自分にできることを改めて考えさせられました。このリポートが皆さんにとっても、別の地域、国で起きていることを自分事として考える一つのきっかけになれればと願っています。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:九州・沖縄クロスポイント | 固定リンク

行合の空


タイトルにした
「行合(ゆきあい)の空」。
この言葉、ご存知ですか?
先日。気象コーナーで吉竹さんが教えてくれた言葉で、
「夏から秋へ移り変わるころの空」のことです。


その「行合の空」、見つけました。
9月の終わり、糸島で撮影しました。

m_181004_01.JPG

山の真上には夏の雲。
その上や、手前には秋の雲。
見つけたことがうれしくて
何枚も写真を撮ってしまいました(笑)


空は夏から秋へ移行中でしたが、
食べ物はすっかり秋です。

m_181004_02.JPG

さつまいもご飯を炊きました。

m_181004_03.jpeg

お店では銀杏を頂き、秋の味覚を満喫中です。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時05分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

ページの一番上へ▲