2018年7月27日

vol.3「出会いが生んだ博多のキムチ」


博多区千代に、50年にわたって愛され続けているキムチ店がある。店に並ぶのは、白菜はもちろん、オクラにワカメ、セロリ、山芋からゴーヤまで、バリエーションに富んだキムチの数々だ。
店主の横尾満行さん(77)がキムチを売り始めたのは20代のころ。当時、漬け物屋を営んでいた大津町商店街の近所には、朝鮮半島出身の人が数多く暮らしていた。終戦後、祖国に戻れず福岡に残った人々が、御笠川の脇にバラック小屋を建て、身を寄せ合うように生活していた。在日コリアンの人々に「漬け物を売っているならキムチ作ってよ」と頼まれた横尾さん。当時キムチは日本人には馴染みがなかったが、作り方を教えてもらい、キムチ作りを始めた。やがて、キムチの奥深さに魅了された横尾さんは、韓国にも足を運んで研究を重ね、在日コリアンの人々にも納得してもらえるキムチが作れるようになった。いま、キムチ作りは、横尾さんの2人の娘に受け継がれようとしている。
戦後の復興期、在日コリアンとの出会いによって生まれたキムチ。横尾さんのキムチ作りの原点をひもとき、福岡の戦後史の一片を見つめる。

■キムチ店について
▽横尾商店(博多せんしょう内)
住所:福岡県福岡市博多区千代3丁目19番1-115号
電話:092-641-4510

kyu_180727_01.jpg kyu_180727_02.jpg

kyu_180727_03.jpg kyu_180727_04.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:17時00分 | カテゴリ:九州・沖縄クロスポイント | 固定リンク

夏まっさかり!


2週間ぶりのブログ、失礼いたします。
「山笠とともに、本格的な夏がやってくる」
そんな言葉を肌で感じるきょうこの頃です。

はじめの博多祇園山笠。
夜明け前から多くの人で埋め尽くされる街の様子に
圧倒されました。

n_180727_09.JPG

福岡出身、女優の奈緒さんとともに1枚。
博多織の浴衣がお似合いです。

n_180727_02.JPG

熱気あふれる山笠の模様は、
29日(日)午前11時から、BSプレミアムでダイジェスト版を放送します。

山笠の後は、続く猛暑に耐えかねて、
涼しいところに出かけることにしました。

大分県九重町にある九重“夢”大吊橋です。
歩行者専用橋としては日本一高い吊り橋。
吹き抜ける涼しい風に気分も最高!でしたが…。

n_180727_03.JPG

いざ渡ってみると、ちょっと怖い…。

n_180727_04.JPG

真下の川までおよそ170m。
足がすくみます。

n_180727_10.JPG

実は、高所が若干苦手でして、
冷や汗がにじむ瞬間でした。

吊り橋の次は、高原を満喫!
くじゅう連山の北側にあるタデ原湿原を散歩しました。

n_180727_06.JPG

清々しい空気を吸い込んで、発声練習!

n_180727_07.JPG

小さな花々にも癒されます。
手に何か違和感を感じて思わず見ると…。

n_180727_11.JPG

トンボが遊びに来てくれました。
カシャっと撮影すると、静かに飛び立っていきました。
自然の中で、ほてった体と心を大いにクールダウンできた
休日でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時09分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ページの一番上へ▲