2017年11月30日

畳上の格闘技"競技かるた"ひと秋の青春


畳の上に並べられた百人一首の札50枚を取り合う「競技かるた」。ここ数年、人気が急上昇している。きっかけは、競技かるたに燃える高校生の青春を描いた漫画「ちはやふる」。累計発行部数は2000万部を超え、映画化もされた。長時間の集中や瞬発力が求められ、札を払う時の激しさから「畳の上の格闘技」とも言われている程見た目以上にハードな競技だ。
そんな競技かるたに熱中する姉妹が福岡県柳川市にいる。姉の濱川琴葉(はまかわ・ことは)さん中学校1年生と、妹の葵葉(あおば)さん小学校4年生の姉妹。漫画をきっかけに、1年半ほど前に2人そろって競技を始めた。積極的な「攻める戦法」で勝ちを積み上げる妹に対し、一方の姉・琴葉さんは、控えめな性格が影響してか「攻め」のかるたができず、壁にぶつかっていた。姉はどう、壁を乗り越えるのか。

■三池よきもの会(2人の所属する競技かるたの練習会)
代表:福島由紀さん

f_171130_01.jpeg

f_171130_02.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

ページの一番上へ▲