2017年10月19日

"悪魔が作った楽器" バンドネオン


情熱的なアルゼンチンタンゴに欠かせない楽器・バンドネオン。アコーディオンに似ているものの、鍵盤ではなく左右にある71個のボタンを様々なパターンで押して奏でることで、歯切れのいいリズムや、深みのある5オクターブもの音色を表現する。ただ、その構造の複雑さゆえ、奏者の間では、「悪魔が作った楽器」とも言われているほど演奏するのが難しいとされ、奏者自体も少ない。宗像市出身のプロ奏者・川波幸恵(かわなみ・ゆきえ)さんは、少しでも多くの人に楽器の魅力を伝え、音楽のすそ野を広げたいと、演奏会や他分野とのコラボレーションに力を入れている。知られざるバンドネオンの魅力とともに、川波さんの奮闘に迫る。

f_171019_01.jpeg

f_171019_02.jpeg

■川波さんの演奏会の問い合わせや、演奏依頼の窓口
▽バンドネオン知っとう隊
電話:080-3952-0123

egawa.jpgのサムネイル画像

みなさん「バンドネオン」という楽器はご存じですか?私は、小さい頃からピアノやトランペットを習ってきて音楽が大好きなのですが、今回初めて知りました。まず目にとまったのは、ボタンの数の多さです。これがまさか・・・

f_171019_03.jpeg

弾かせてもらうと、ドレミファソラシドがバラバラに並んでいるんです。鍵盤のように順番に並んでいることが当たり前だと思って弾くと、全く思うように弾くことが出来ませんでした。貴重な楽器を弾かせて頂いて本当にありがとうございました。
というのも、このバンドネオンは、製造・修理できるところが限られていて、川波さんはこの楽器を20年間自ら大事に修理しながら使い続けているんです。川波さんは、難しく演奏家が少なくてあまり知られていないというバンドネオンの魅力を少しでも多くの人に届けようと、演奏会のときはお客さんの近くに行って、初めて見た方でも分かるようにバンドネオンの複雑な構造や音色を伝えていて、そこに情熱を感じました。川波さんの今後の活躍に注目です!力強さの中に繊細な音色も生み出すバンドネオン。みなさんもぜひ聞いてみてください♪

f_171019_04.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

ページの一番上へ▲