2017年10月

コスモスの秋 睦子ばあちゃんと花畑


f_171026_01.png

博多湾、沖合2キロのところに浮かぶ能古島(のこのしま)に芋農家の夫婦、久保田耕作さんと睦子さんが始めた花の公園「のこのしまアイランドパーク」がある。79歳になる睦子ばあちゃんは秋に咲かせる50万本のコスモスを見て「幸せの花」だという。48年前、5000万円の借金をして公園をつくったものの入園者がすぐに来るというわけでもなく、借金の返済に追われる苦しい日々が続いた。しかし10年目に、青い空と海を背景に咲くコスモス畑をつくってから入園者が急増し経営も安定するようになった。淡いピンク色に染まるコスモス畑は、アイランドパークの秋を象徴する風景になった。
このコスモスに特別な思いを寄せる人がいる。能古島に住む藤瀬三枝子(ふじせ・みえこ)さんは、長年、小学校の教諭を勤めてきた。藤瀬さんは、能古島のコスモスを見ながら一遍の詩を思い出す。
「小さきは小さきままに 折れたるは折れたるままに コスモスの花咲く」
詩を書いたのは昇地三郎(しょうち・さぶろう)さん。昭和29年、福岡市に全国で初めての障害児のための養護学校「しいのみ学園」を設立した人である。藤瀬さんは学園の最初の先生だった。詩にはそれぞれ色や形が違っても、雨風で茎が折れても咲く力強いコスモスのように、子供達一人一人がそれぞれの花を咲かせてほしいという思いが込められている。
秋の能古島。睦子ばあちゃんの日々と訪れる人のコスモスへの思いを見つめる。※シリーズ3回目。

f_171026_03.jpeg

f_171026_02.jpegのサムネイル画像

▽のこのしま アイランドパーク
電話:092-881-2494

■再放送のお知らせ
睦子さんと花畑と春から夏まで描いた番組が九州沖縄向けに再放送されます。
▽「春から夏へ 睦子ばあちゃんと花畑」
放送日時:2017年10月29日(日) 総合 あさ 7時45分

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

出荷シーズン到来!長崎 養殖トラフグ


長崎県のフグの養殖生産量は、全国の5割以上を占め日本一。そのほぼ全てが最も高級といわれるトラフグです。最大の産地の一つ松浦市でトラフグを養殖する谷川一壽さん(59)は、5万匹を育てています。身がぷりぷりして、うまみのあるトラフグが自慢。フグは主に肝臓にエネルギーを蓄えるため、ウコンを与えたり、近海でとれたアジを与えるなど、独自の工夫を重ねています。毎日、トラフグがエサを食べる様子を一匹一匹観察しながら量を調節するなど、愛情をかけて育てています。また、松浦市の漁協と自治体が協力して、トラフグの加工品の開発を新たに進めるなど、地元の人々のトラフグにかける思いをお伝えします!

▽トラフグ養殖 谷川 一壽さん
s_171025_01.jpeg s_171025_02.jpeg
※谷川さんは発注は直接受け付けていません。

■番組冒頭でご紹介したお店
▽いけす割烹 華
住所:長崎県松浦市志佐町浦免1515
電話:0956-72-5587
s_171025_03.jpeg

■トラフグを購入できるところ
刺身と鍋のセットなどの注文ができます
商品の注文や問い合わせは・・・
▽新松浦漁業協同組合水産加工場
電話:0120-004-226

■長崎県の養殖トラフグに関するお問い合わせは・・・
▽新松浦漁業協同組合水産加工場
住所:長崎県松浦市調川町下免851番地22
電話:0956-72-2911

miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_171025_04.jpeg

旬を迎えるトラフグの産地、長崎県松浦市に行ってきました!
近くに島々があり、とても海を身近に感じる街です。
朝、通勤・通学のために皆さんで海を渡ってくる様子はとても穏やかな気持ちになれるすてきな光景でした。
そんな松浦市、魚の養殖が盛んですが、中でも一押しなのが「トラフグ」!
鍋に入れるとぷりぷりで、お刺身は歯ごたえがあってほんのりと甘い!
もう絶品です☆
料理法によって味や食感が変わり、いろんなふぐが楽しめます。

s_171025_05.jpeg s_171025_06.jpeg

このおいしさを生み出すために、養殖業者のみなさんは
海、そしてふぐの状態を見極めながら育てています。
だから、毎日えさの漁もタイミングも変えているそうなんです。
私も船に乗せてもらったのですが、少し風があるだけで船は大揺れ!
雨の日や風が強い日はどんなに大変かと、身にしみて実感しました。「とにかくおいしいふぐを届けたい!」と毎日ふぐと向き合う谷川さんたちに、
海で働く皆さんの強さを感じました。
松浦の皆さんの自慢の養殖トラフグ!ちょっと贅沢したいなというときにおすすめです☆

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

"悪魔が作った楽器" バンドネオン


情熱的なアルゼンチンタンゴに欠かせない楽器・バンドネオン。アコーディオンに似ているものの、鍵盤ではなく左右にある71個のボタンを様々なパターンで押して奏でることで、歯切れのいいリズムや、深みのある5オクターブもの音色を表現する。ただ、その構造の複雑さゆえ、奏者の間では、「悪魔が作った楽器」とも言われているほど演奏するのが難しいとされ、奏者自体も少ない。宗像市出身のプロ奏者・川波幸恵(かわなみ・ゆきえ)さんは、少しでも多くの人に楽器の魅力を伝え、音楽のすそ野を広げたいと、演奏会や他分野とのコラボレーションに力を入れている。知られざるバンドネオンの魅力とともに、川波さんの奮闘に迫る。

f_171019_01.jpeg

f_171019_02.jpeg

■川波さんの演奏会の問い合わせや、演奏依頼の窓口
▽バンドネオン知っとう隊
電話:080-3952-0123

egawa.jpgのサムネイル画像

みなさん「バンドネオン」という楽器はご存じですか?私は、小さい頃からピアノやトランペットを習ってきて音楽が大好きなのですが、今回初めて知りました。まず目にとまったのは、ボタンの数の多さです。これがまさか・・・

f_171019_03.jpeg

弾かせてもらうと、ドレミファソラシドがバラバラに並んでいるんです。鍵盤のように順番に並んでいることが当たり前だと思って弾くと、全く思うように弾くことが出来ませんでした。貴重な楽器を弾かせて頂いて本当にありがとうございました。
というのも、このバンドネオンは、製造・修理できるところが限られていて、川波さんはこの楽器を20年間自ら大事に修理しながら使い続けているんです。川波さんは、難しく演奏家が少なくてあまり知られていないというバンドネオンの魅力を少しでも多くの人に届けようと、演奏会のときはお客さんの近くに行って、初めて見た方でも分かるようにバンドネオンの複雑な構造や音色を伝えていて、そこに情熱を感じました。川波さんの今後の活躍に注目です!力強さの中に繊細な音色も生み出すバンドネオン。みなさんもぜひ聞いてみてください♪

f_171019_04.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

渋いのにスイーティー!川底柿の不思議な世界


これから旬を迎える上毛町の川底柿。渋抜きした豊かな甘みまろやかな食感、そしてくっきりした4本の溝が特徴です。この地域だけでしか作られていない川底柿は、400年以上もの栽培の歴史を持ちます。
渋柿の甘みを引き出す秘密はドライアイス。収穫した柿と袋に入れて、空気を抜き、5日間おいておくだけで、渋みが抜けるといいます。
幼いころから柿畑で育った中園さんは、12年前に父が他界したことを機に跡を継ぐことを決意。その2年後には台風5号によって畑の隣を流れる山国川が氾濫し、9割もの川底柿の木を失いました。それでも諦めることなく、生き残った木から新しい苗木を作り、今後も地域の柿を守り続けていく中園さん。父から子へと受け継がれる川底柿の生産現場を描きます。

s_171018_01.jpeg

■柿農家
▽中園美奈子(なかぞの・みなこ)さん
s_171018_02.jpeg

■川底柿を購入できるところ
▽産直処 さわやか市・大平
住所:福岡県築上郡上毛町下唐原1625
営業時間:08:00~19:00
電話:0979-72-3945

詳しくは…
▽上毛町役場 産業振興課 農政係
電話:0979-72-3111

miyawaki.jpgのサムネイル画像

s_171018_03.jpeg

今回ご紹介した福岡県上毛町の特産「川底柿」。
“渋柿だけど甘い“という不思議な柿です!
ところでみなさん、ご存知でした?市場に出回っている柿の半分以上が「渋柿」だってこと。
私、今回初めて知りました。ちなみに、放送ではお伝えできなかったのですが、日本では奈良時代から柿が食べられているそうなんです。そして、いまふつうに食べている「甘柿」。実は、鎌倉時代に、突然変異で誕生したものなんだそうです。こんなに柿に歴史があるなんてビックリ!
今回は、渋いままのものと、甘くしたもの、どちらも食べたのですが・・・
どちらも同じ川底柿だと思えないほど違いました!
ここまで甘くなるとは、驚きです!!
甘さに加えて、ジューシーでとろけるような食感。
いくらでも食べたくなるおいしさでした☆
渋柿とは言え熟れているかが重要!
微妙な色の違いを見て、”熟れている”柿のみ収穫します。
この見極めが甘くておいしい柿につながるそうです♪
甘柿よりも手間暇のかかる渋柿「川底柿」ですが、
このおいしさを知り、地元の皆さんが作り続ける理由が少しわかった気がしました。
地産地消に近い川底柿のおいしさをより多くの人に届けたいと、
遠方にも発送できるよう取り組んでいるそうです。
これから旬を迎えて、さらにおいしくなるそうですよ!
みなさんもぜひぜひ、食べてみてください(^^)

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

LGBT "生きづらさ"を防げ


同性愛や心と体の性が一致しないLGBT(性的マイノリティ)。いま福岡で、LGBTの人たちの“生きづらさ”を解消し、サポートしようという動きが広がっている。
九州各地の小中学校を回って、LGBTについての講演活動を行っている市民団体FRENS。代表の石﨑杏理さんは、LGBTの当事者として、女子トイレやスカートなど学校生活で男女の区分に苦痛を感じ、周囲の偏見の目にも苦しんできた。自分のような状況の人を救いたいと、LGBTの支援団体を立ち上げた石﨑さん。その取り組みにより、いま少しずつ支援の輪が広がっている。那珂川町にある女子高では、スカートの制服を着るのが苦痛だったという石﨑さんの経験を聞いて、ことしから制服にズボンを導入。自転車に乗りやすい、冬に暖かいなど、さまざまなニーズを持つ生徒たちから好評だ。不動産会社では、LGBTへの偏見などから部屋探しで苦労しがちな同性カップルをサポートする取り組みを始めたところ、多くの当事者から問い合わせが来るようになった。
LGBTの人たちの“普通”に暮らしたいという思いを支援する取り組みを伝える。

■性的マイノリティの子どもや若者のサポートをしている団体
▽FRENS
代表:石﨑杏理さん
▽LGBT無料電話相談 フレンズライン
電話:080―9062―2416(毎週日曜午後5時から午後9時まで)
対象:24歳までのこども、若者とその周りの大人たち

■福岡女子商業高校
住所:福岡県筑紫郡那珂川町片縄北1-4-1
電話:092―952―2231(代)
FAX:092-952―5934

f_171012_02.jpeg


f_171012_03.jpeg

■三好不動産 博多駅前店[スマイルプラザ博多駅前店]
※10月12日現在、LGBT対応店舗は博多駅前店のみ
▽株式会社 三好不動産 スマイルプラザ事業部
住所:福岡市博多区博多駅前3丁目30-1
電話:092―473―1000
FAX:092-475―0828


egawa.jpgのサムネイル画像

今回、特に印象的だったのは、「当たり前は当たり前じゃない」ということです。女性イコールスカート、男性イコールズボンなどと、固定概念にしばられるのではなく、当たり前の基準は人それぞれ違い、それを知って理解することが大切だと感じました。
LGBTの当事者の方が、精力的に活動されている中、今後、支援の輪が広がっていってほしいなと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:12時39分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

アビスパ 連勝で自動昇格圏内の2位浮上


サッカーJ2アビスパ福岡は、先月30日にレノファ山口とホームで対戦しました。前半14分に仲川選手が相手の裏をつく攻撃でペナルティーキックを獲得。これを山瀬選手が決めて先制すると、その3分後には松田選手の2試合連続ゴールで追加点をあげました。終了間際に相手に1点を返されますが、2対1で勝利しました。
ホームで勝利したのは7月29日以来です。V・ファーレンが引き分けたため、アビスパは2位に浮上しました。

s_171013_02.jpg 
▲仲川輝人選手の相手のウラをつく抜け出しが先制ゴールにつながった
 
s_171013_03.jpg
▲この日、J通算100試合を達成。8月に誕生した息子が初観戦!


sueishi_02.pngのサムネイル画像
ホームでおよそ2か月ぶりの勝利でした!今シーズンから勝利した時は、試合終了後、博多手一本をサポーターと選手が行っています。2か月ぶりに行われた博多手一本。選手たちは、この瞬間を待っていたファン・サポーターとともに、2か月ぶり勝利の喜びをわかち合っていました。
試合は、前半に2点をあげたアビスパが優位に進めました。エースのウェリントン選手が出場停止から戻ってきましたが、ウェリントン選手はベンチからスタート。先週、ロクいち!福岡で紹介した仲川選手と前の試合でゴールをあげた松田選手が2トップで出場しました。
井原監督は、相手の守備の裏を狙っていました。仲川選手は、「松田選手とともに、連係を意識しながらお互いがいい距離感を保ってプレー出来た。連係が合わなかった部分はあるが、よくなってきている」と話していました。
前半戦は、セットプレーでの得点が多く見られましたが、後半戦に入り、流れからの得点もあって、攻撃のバリエーションが増えてきたのを感じます。ただ、決定力不足に悩まされ勝てない試合が続きました。この連勝で勢いに乗って自動昇格でのJ1に突き進んでほしいと願っています!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時14分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

Bリーグ開幕 ライジングのB1への挑戦


男子バスケットボールのプロリーグ、Bリーグが開幕しました。福岡市に本拠地を置くライジングゼファーフクオカは、去年3部のB3からB2へと昇格し、今シーズンは1部にあたるB1への昇格を目指します。開幕戦では、去年B2の東地区で優勝した強豪の群馬のチームに競り勝ちました。スポーツコーナーでは、開幕戦の盛り上がりの様子をお伝えしました。

s_171013_01.jpg 
▲力強く意気込みを語るキャプテンの山下選手

sueishi_02.pngのサムネイル画像
バスケットボールの「Bリーグ」が開幕しました。福岡市に本拠地を置く「ライジングゼファーフクオカ」は、3部から2部にあたる「B2」に昇格したばかりですが、最短での1部昇格を目指します。2部での初戦となる9月30日の群馬との試合では、後半に追い上げられたものの、何とか振り切って、白星発進となりました。続く10月1日の2試合目も接戦を制し、2連勝としました。シーズンは来年5月までと長いですが、B2で優勝し、1年での1部昇格を目指しています。
しかし、昇格するためには、チームが1部のライセンスを取得しなくてはなりません。ライセンスの取得には「ホームアリーナの確保」や「財政面の健全化」など様々な条件をクリアしなくてはなりませんが、福岡の1番の課題は集客力のアップです。開幕戦はおよそ1000人が集まりましたが、チームの目標は1500人とまだ足りません。
福岡は、ことしの全国高校総体で福岡大大濠高校が全国制覇をするなど、バスケットボールが盛んな地域です。私も会場で試合の様子を取材しましたが、バスケ経験者の人が数多く駆けつけていました。また、女性ファンも多く「選手との距離の近さが魅力」と話していました。会場で観戦しスピード感やダンクの迫力などでファンになる人が多いようです!   
バスケットボールは、プロ野球やJリーグがオフの時がメインのシーズンです。ソフトバンクやアビスパのファンの人たちも、1度バスケットボール会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 チームには、ぜひ勝利を重ねて人気チームになってもらい、1部に昇格して欲しいと思います!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時08分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

やわらかホクホク!豊後高田の落花生


落花生といえば千葉が有名だが、落花生をブランド商品にしようと大分県豊後高田市が栽培に力をいれている。7年前に「豊後高田市落花生生産者協議会」を発足し、昔から食べられてきた新鮮な落花生の味を多くの人に知ってもらうと取り組みをしている。生の落花生は日持ちがしないため、新鮮なうちに食べてほしいと栽培や収穫にこだわっている農家の大森章司さん。落花生の美味しさが一番わかるのは生を茹でて食べた時という。その中でも、若い落花生を殻ごと食べるのが地元流!
落花生栽培に力を入れている今が最盛期、豊後高田の落花生の魅力をお伝えする!

■落花生農家
▽大森章司(おおもりしょうじ)さん
s_171011_01.jpegのサムネイル画像 s_171011_02.jpegのサムネイル画像

■落花生を購入できるところ
▽(有)大森青果
住所:大分県豊後高田市呉崎1121
電話:0978-24-0907

■ゆで落花生の作り方
1.生落花生を水洗いし、砂を落とす
2.鍋に水・生落花生・塩を入れ、沸騰させる
水の量は、落花生は浮く程度が目安
塩の量は、水1Lに対して20g~25g
3.中~強火で沸騰してから30分程度ゆでる※吹きこぼれに注意
4.30分ゆでたら火を止め、20~30分程度そのまま放置
やがて落花生がゆで汁に沈んでいくと塩味がつく
5.ザルにあげて出来上がり

s_171011_06.jpeg s_171011_05.jpeg
s_171011_04.jpeg s_171011_03.jpeg

■豊後高田落花生まつり
日時:平成29年10月22日(日)
場所:昭和ロマン蔵(駐車場あり有料)
※小雨決行
▽豊後高田市農業ブランド推進課
電話:0978-25-6243(土日祝日は除く8:30~17:00)


egawa.jpgのサムネイル画像

みなさん落花生の旬がいまだと知っていましたか?私は、今回初めて知りました。旬の落花生の産地、大分県豊後高田市に行ってきました。
着いたと思いきや…

s_171011_07.jpeg

一面緑で、落花生は見当たりません。実は、土の中にはえていました。

s_171011_08.jpeg

1株に100粒程もついているそうです。
さらに驚いたのは、とれたての落花生の色!なんと…

s_171011_09.jpeg

キレイな白、うすいピンク色をしています。私たちがふだん食べている落花生は、この状態から炒ったものだったんですね。
この落花生の収穫は、1株ずつ収穫した後、1粒ずつ丁寧に手作業ではずしていきます。とても大変な作業ですが、農家の大森さんは1粒ずつに愛情を込めて育てていて、ことしは特にできがいいとおっしゃっていました。

s_171011_10.jpeg

そして、毎度お楽しみの地元ならではの食べ方!今回は、なんと「ゆで落花生!」食べてみると…ホクホク!落花生の風味が濃厚でとてもおいしかったです。大森さんは、このゆで落花生は、子どもの頃からおやつや運動会のお弁当の中に入っていて、とても思い出の味なんだそうです。
見てびっくり食べてびっくりの豊後高田市の落花生を堪能して来ました。

s_171011_11.jpeg

落花生をモチーフにしたラッピーくんとパシャリ!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

実りの秋


朝晩肌寒くなり、本格的な秋の訪れをあらためて実感する今日この頃。

h_171006_01.JPG

h_171006_02.JPG

さて、先日スーパーでこんなものを見つけました

h_171006_03.jpg

あけびです!
小さいころ、絵本で見てずっと食べてみたかったあけび。
ようやく果たせたあけびとの対面、いざ!

パカリ!

h_171006_04.JPG

種を取りながら、ゼリー状の実をいただきました。
とろーりとした素朴な甘さがあとをひく味でした。

そして、秋の福岡の味覚といえば・・・こちらを忘れてはいけません!

h_171006_05.jpg

h_171006_06.jpg

実は、福岡県は柿の栽培面積が全国3位!
「フルーツ王国」として知られる筑後川流域一帯では、柿をはじめぶどうやりんごなどたくさんのフルーツが、今まさに旬真っ盛りです。
来週9日(月)放送の「ひるブラ」では、朝倉市の観光果樹園から、豪雨に負けず今年もおいしく育ったフルーツの魅力をご紹介します!

取材のときも、美味しいりんごやぶどうが鈴なりでした。

h_171006_07.JPG

h_171006_08.jpg

h_171006_09.jpg

ぜひご覧ください!

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:10時30分 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク

希望だけ失わない~被災農家の挑戦~


f_171005_01.jpeg

朝倉市大庭で明治時代から農業を営む星野忠男さん(52)。父弘行さん(81)の背中を追って必死に農業を続けてきた。父の体の衰えを感じ世代交代を迫られる矢先の九州北部豪雨。あたり一面の泥水。農作物の半分以上が水に浸かり、3ヶ月経た今も地面を埋め尽くす土砂の撤去に追われる毎日。国の補助を待っていては、生活できない状況に追い込まれている。
その農地で、新たな挑戦が始まっている。『島らっきょう』づくりだ。動機は、泥につかる田畑を前に生きる意欲を失っていた父にもう一度、希望をもたせてあげたいという思いからだった。『島らっきょう』の産地は沖縄が有名だが、最近は熊本や大分でも栽培が増えつつある。健康志向も相まって人気が高まりつつあるというのだ。しかも、栽培の特徴はどんな土地でも育ちやすく、生育期間が短いこと。年明けには収穫が見込まれる上に、ほんの一株の球根から、何十も株分けされ、単価が安くとも数量の点でも収入も期待できる。
ボランティアの支援に支えられながら、再建への道を歩み始めている生産者たち。ある親子に密着し、その苦闘と日々をみつめる。

■「島らっきょう」栽培に興味のある方
▽BRIDGE合同会社(代表 石橋浩二さん)
f_171005_02.png


miyawaki.jpgのサムネイル画像

九州北部豪雨から3ヶ月がたちました。何度朝倉に向かっても、まだまだ元の姿に戻れない現状に、私も胸が痛くなりました。現地の方はどんな思いなのだろうかと考えていたときにお会いしたのが、星野さんと、その父弘行さんでした。土砂が大量に入り込んだ大きな田畑を黙々と作業する星野さんと弘行さん。不安を感じつつも、前に進まなければという思いがその姿から伝わってきました。
今回、「島らっきょう」という新しい挑戦をして、少しずつ明るい結果が見えてきましたが、お二人は「まだまだこれからですよ」と何度も言い聞かせるようにおっしゃっていました。現地のみなさんもきっと同じ気持ちなのではないかと思います。
自分に出来ることを継続しながら、今後の復旧に携わっていきたいと思いました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

ワイルドをマイルドに!糸島発イノシシ肉


天神にある、人気のイタリアンレストラン・チェルニア。シェフの畑さんが惚れ込んでいるのが、糸島のイノシシを使ったロースト。調達するのは、糸島のイノシシ流通を担う西村直人さんです。九大在学中の昨年11月に、イノシシなどの野生才物の引き受け、加工、精肉、流通のすべてに関わる会社を起業しました。実は福岡県は、鳥獣被害額で全国ワースト2位。猟友会などによって捕獲されるも「食材」として流通するのはそのうちわずか1割ほどとなっています。捕獲したイノシシを、捨てるのではなく「おいしく生かす」ことを考える西村さん。野生肉のため、良い品質に加工するのは至難の業。日々、おいしくするための工夫を重ねながら、よりやわらかく、臭みのないお肉を目指しています。
西村さんがつなぐ糸島のいのしし肉は好評。西村さんは、いのししの命を大切に使い切るためのメニューを開発するなど、地域での活動を大切にしています。地域にとっての被害を恵みに変えようと奮闘する姿を伝えます。

▽「糸島ジビエ研究所」西村直人さん
s_171004_01.jpeg s_171004_02.jpeg

■イノシシ肉が食べられるお店
▽「チェルニア」(オープニングVTRのお店)
住所:福岡県福岡市中央区今泉1丁目3-1
電話:092-406-6891

■イノシシのしぐれ煮を購入できるお店(VTR登場のお店)
▽「惣菜畑がんこ」
住所:福岡県糸島市加布里950-1
電話:092-323-5135

miyawaki.jpgのサムネイル画像

みなさんは食べたことありますか?
私は初体験でした「いのしし肉」!
こんなにおいしいんですか!?衝撃受けましたよ、私!
柔らかくジューシーで、ほんのりと感じる甘み。
イノシシと言われないとわからないほどでした。
私も今まで取材で伺った農家さんから何度も聞いていた鳥獣被害。
西村さんはそれを被害で終わらせまいと活動しています。
イノシシやシカを主に扱っている西村さんですが、
いつどこへでも飛んでいけるように、常に作業着を着ているそうです!
「いかにすぐ処理するかが大切なんです」と力強く話していました。
仕事への情熱と責任感の強さに、同世代の私も背筋が伸びました!
西村さんのお肉はもちろん、この姿勢にも惚れ込む料理人の皆さん。
おのずと料理に思いが詰まって、よりおいしいひと品になるのではと感じました。
とにかくみなさんに食べてもらいたいです~

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ハムレット


廊下は走らない。老化が走ってくる。恐怖に走って逃げ回る、そうわたしは井上二郎。

ある日、ピコーンと携帯電話のメール着信音がなりました。見ると、もう何年かぶりの懐かしい名前。
その昔、私がドキュメンタリーの制作で全国を飛び回っておりましたときに知り合った遠くに住むお父さん。もう60、70代かしら。お元気でよかった!とメールを開封した瞬間。

i_171004_01.jpg

まさかの「年取ったね」確認メール。台風のニュースで全国放送に出たのを見ていただいたそうで。
読んだ直後の様子です。

i_171004_02.JPG

はぁ・・・。分かってはいるんです。そう、おじさんは43さい。加齢臭と戦ったり、鼻毛が白髪になったり、若者言葉の「ディスる(「悪口を言う」という意味。『ディスリスペクトする』から)」を「デスる」と言って「それじゃ重犯罪になっちゃいますよ」と若者に嘲笑されたり。

そうかぁ、まあそうだよな、でもなぁ、と、とぼとぼ歩いていると。
頭から「ジジ、ジジジ」という羽音のような音が。しばらく放置していましたが、なんかもそもそ動くような感覚があり、頭をささっと払うと。
ぴょん。

i_171004_03.jpg

コオロギのような虫が飛び出て、着地後絶命しました。

あふれる涙を抑えられませんでした。

もう虫しか寄り付かないおじさん。頭から虫が飛び出るおじさん。人に老けたと指摘され、虫に最期の場所と選ばれる、ああわたしはおじさん。

以上、すべて実話です。

この現状を受け入れるべきか、抗うべきか、はたまた恥を忍んでエステにでも行くか。それが問題だ。
ハムレットならどうするかしら。

そんなこんなでまた一日、年をとるのです。
でも、どうせなら笑いジワでくしゃくしゃになってやるぜ!

i_171004_04.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時13分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

アビスパ 昇格に向け正念場!期待の仲川輝人選手


サッカーJ2は残り8試合になりました。1年でのJ1復帰を掲げているアビスパ福岡は、34試合を終えて3位。24日の試合では7試合ぶりに勝利を収めましたが、J1自動昇格の2位には届いていません。正念場が続く中、期待がかかるFW仲川輝人選手を紹介しました。

sp_170928_01.png
▲仲川輝人選手

sueishi_02.pngのサムネイル画像
明るい髪の色がトレードマークの仲川選手は、7月に横浜F・マリノスからチームに加入しました。持ち味はスピードです。大学時代に計った時には、50メートル5.8秒。俊足を生かして相手の守備の裏の取り、抜け出すプレーを見せてくれます。サポーターの方たちは「何かやってくれそう!」という期待を感じている方も多いようです。
私が驚いたのは、アビスパに合流後すぐに試合に出場したこと。井原監督も「我々のチームにはいないタイプの選手。彼の特長と他の選手とのコンビネーションを高めていければ、よりチームとしてのプラスアルファになる」と話していました。すぐに試合に出場したのは期待の表れですね!ここまで10試合に出場。得点に絡むシーンもあり、着実にコンビネーションが高まってきています。
休みの日は、リラックスすることが多いそうで、若手選手と温泉に行ったりご飯に行ったりと有意義な時間を過ごしているのだとか!ここから1試合1試合大事な試合が続くので、チームが一つになり昇格に向かって突き進んでほしいです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時09分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ソフトバンク 祝リーグ優勝!あなたの選ぶMVPは?


16日に、パ・リーグ史上最速で優勝を決めたソフトバンク。ロクいち!福岡では、街の人に聞いた「あなたの選ぶMVP」を紹介しました。

sp_170919_01.jpeg
▲120人に聞きました。ご協力してくれた方々ありがとうございました。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
やりましたね!2年ぶりのリーグ優勝!当日私は、本拠地・ヤフオクドームで行われたパブリックビューイングを取材。3600人のファンのとともに歓喜の瞬間を迎えました。

その後、ロクいち!福岡では「あなたが選ぶMVP」を放送しました。

放送では、第3位までをご紹介したので、ブログでは、第5位まで紹介します!!!

■第5位 東浜巨投手 12票/120票
「去年から成長した投球でブルペンを支えてくれた」(50代男性)
「16勝もあげるとは思わなかった。今年の東浜は一皮むけた」(40代女性)

第4位 松田宣浩選手 13票/120票
「チームのムードメーカー。自分がつらいときでもチームを盛り上げようとしていた」(20代男性)
「明るくヒーローインタビューでも盛り上げてくれた。ファンになったきっかけ」(10代女性)

第3位 工藤公康監督 15票/120票
「優勝直後のインタビューの涙でもらい泣きした」(50代女性)
「胴上げされている時の笑顔がよかった。去年は苦しかったと思うので、よく戦ってくれた」(50代男性)

第2位 サファテ投手 17票/120票
「ばったばったと三振を取ってくれる。出てきたらもう試合は決まったなと思う」(30代男性)
「50セーブは大記録で今まで一人もいないことをなし遂げている」(40代女性)

第1位 柳田悠岐選手 31票/120票
「絶対にここで決めてくれるという信頼感がある」(20代男性)
「なんといってもかっこいい」(10代女性)
「内川選手がケガをしてそのあとの4番を担ってチームに貢献していた」(10代男性)
「プレッシャーがある中で30本もホームランを打っていてすごい」(20代男性)

街の人たちが選ぶMVP第1位は柳田選手でした。リーグ優勝を決めた試合の逆転のツーランホームランが印象に残っている人が多くいました。あのホームランで流れが変わりましたよね!他にも、石川投手や上林選手などの若手選手をあげる人も多くいて、票は結構分散したなというのが印象です。ここからクライマックスシリーズ、そして日本一に向かって多くの選手に活躍してほしいですね。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時58分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

3か月が突きつけるもの


青ってどんな色?って言葉を覚えたての子どもに聞かれたら、「これだよ」って見せたいような空。

i_171003_01.jpg

こんな日は、絶好の何日和?
そう、きょうは「ボランティア日和」!

i_171003_02.jpg

もうすぐ3か月が経とうという九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市。大量の土砂と流木に覆われた地域が広がります。

朝倉にも抜けるような青空が広がっていました。

i_171003_03.jpg

前回ボランティアに来たのは7月だったから、2か月ぶりのボランティア。その間何度か被災地取材をして、出会ったボランティアの皆さんから、「もうみんな終わったと思ってるでしょう。でも、これからやけん。これからって、ちゃんと伝えてよ」って託されました。

これから。これから。

そんなことをぼんやりと考えながら、ボランティアセンターで派遣の案内を待っていると「はい、では皆さんには、この3か月まったく手付かずだったお宅に行っていただきます」と社会福祉協議会の方からアナウンスがありました。車に乗り込み移動です。

i_171003_04.jpg

道中、隣に座った方とお話しをしていると「毎週ボランティア行ってるんです」とのこと。いろんなつながりも出来て、できる範囲でやってますから、と。とっても素敵な笑顔。

伺ったお宅は、本当に3か月、時が止まったままでした。あたり一面の灰色の土砂。かろうじて建つ骨組みだけの家々。
家の中は土砂と流木と家財が折り重なって、かがまないと家には入れず、立ち上がると天井にすぐ手が届きます。
3か月の時間で泥はセメントのようにかたまり、へばりついた布団一枚出せません。
マスクの隙間から入り込む埃にむせながら、「これから、これから」とつぶやいていました。

手を見ると、新品だった軍手に穴が開いてました。

i_171003_05.jpg

でも、この手でかきだした土砂なんて、運んだタンスなんて、ほんのわずかだ。なんにも役に立ててない。「これから。いや、これから、すらも言える状況じゃないかもしれない」。作業時間は終了を迎え、呆然と、ただ呆然として帰ろうとすると。

一緒に片づけしていたそのお宅の親戚の方が、いたずらっぽく話しかけてきました。「皆さんのために泥は片付けんと残しておくけん、またのお越しをお待ちしてます」ですって。みんなでひとしきり、げらげらげらげらお笑い。それで、「ありがとね、うれしかった」と。もう少しでも力になれれば、すいません。

i_171003_06.jpg

ボランティアセンターに戻ると千羽鶴が飾られていました。

i_171003_07.jpg

集まる気持ちです。「それじゃあ、また」出会ったボランティアさん達と連絡先を交換して、お別れしました。

あれから3か月。僕に出来ることを考える時間が続きます。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時37分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ページの一番上へ▲