2017年9月14日

びっくりしたなぁ、もう


この夏、観光地でソリのような遊びをやった際、安全のためヘルメットをかぶりました。

i_170914_01.jpg

こうしたものを装着すると、必ず「大~成~功」と言ってしまう、元祖どっきりカメラ世代の井上二郎です。あの番組、びっくりし過ぎて時々喧嘩になってましたね。どうでもいいですけど。

i_170914_02.jpg

いや生きていると日々驚かされます。最近「びっくりしたなぁ、もう」と口をついて出たのは。

その一。
「先輩、せ・ん・ぱ・い」。素敵な笑顔で呼びかける後輩。さわやかトーテムポールこと小宮山晃義アナウンサー

i_170914_03.JPG

私と同じくらいの身長ながらなぜか腰の位置がぜんぜん違うな、と妬みに満ちた視線を送っておりましたが、なんと!
「さっき健康診断行ったら、去年よりまた1センチ身長伸びて、189センチになってました!」
ええっ!!30超えてまだ伸びてるの?!このペースなら2028年に2メートルじゃん!・・・にしても、こっちとら年取ってきて年々縮んできてるというのに・・。びっくりしたなぁ、もう。そして悔しい。ねたましい。

その二。
家の近くの橋にて。穏やかな日差し。穏やかな川の流れを、やや微笑んで見つめるわたくし。この穏やかな微笑み、誰か見てくれないかしら・・好感度あがりそうだな・・・などとよこしまな思いに満ち溢れて歩いていると、ええっ!!ええエイ!!・・いや、ほら、エイ。

i_170914_04.JPG

川を悠然と泳ぐ「エイ」。

i_170914_05.JPG

まさかこんなところにエイが・・。いやちょっと大事件だと思い、大相撲の勢関が塩を取りに行くくらいのスピードで(分からない方、すいません)会社に行って少し調べたら、まあ時々あることらしいですね。川にエイが出没するのは。しかし、びっくりしたなぁ、もう。

その三。
ことしある調査会社のリサーチで、「『子どもが尊敬する人』の項目で、初めて『母親』が『父親』を抜いた」という記事を目にしました。
これはいかん。父親の沽券問題勃発。なんとか「お父さんすごい」を見せねば・・。しかし勉強はもはや追いつけず、流行の歌も分からない。ようし、じゃあこれで目に物見せてやろうではないか。
釣り。

i_170914_06.jpg

オヤジの尊敬回復の定番レジャーです。
釣れそうなポイントを探すそぶりを見せつけ、えさも豪快に手づかみで扱う様子も見せつけ、いざ仕掛けを投入!
ちゃぽん。
・・10分後。30分後。1時間半後。2時間後。

i_170914_07.jpg

天気晴朗なれども魚おらず。各員いっそう眠気退治せよ。びっくりするほど釣れず、出るのはあくびばかり。

と、そこへ。ええっ!!「ぼく釣れたよ!」

i_170914_08.jpg

ええっ!えっ!あ、あそう・・。よかった、ですね。
その後も威厳は見せられず。自分のあまりのふがいなさに一番びっくりしたなぁ、もう。

びっくりどっきり。だから人生はおもしろいのかも。そんなことを言い聞かせながら、また日々を生きています。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:14時10分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ページの一番上へ▲