2017年9月13日

アビスパ 5試合勝ちなし、正念場が続く


サッカー、J2の2位アビスパ福岡は9日に愛媛FCと対戦。立ち上がりから積極的にゴールを狙いましたが、決められない場面が続きました。前半アディショナルタイムに守備のマークがズレて4試合ぶりに先制点を許します。後半、相手の倍近いシュートで、ゴールに迫ったもののアビスパは1点が遠く、0対1で敗れました。なんとかJ1への自動昇格圏内の2位を守っています。

s_170913_01.jpeg
▲最大「9」あった3位との勝ち点差が「1」に。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
J1自動昇格圏内の2位のアビスパは、ここ4試合勝ちがなく正念場が続いています。この試合は3連敗中の愛媛FCと対戦で、互いに流れが悪い中での試合でした。アビスパは多くのチャンスを作ったものの、決定力不足に苦しんでいました。

試合後に亀川選手は、「サッカーはチャンスを多く作ったチームが勝ちではない。自分たちがもっともっと学ばなければいけない」と悔しさをにじませていました。得点力不足については、チームの強みであったセットプレーでの得点が取れていないことを挙げ、大きな課題だとも話していました。
この試合を終えてリーグ戦は残り10試合となっています。井原監督は、「下を向く前に上を見て、残り10試合にすべてをかけて頑張りたい」と話していました。昇格に向けて踏ん張りどころですね。

s_170913_02.jpeg
▲九州北部豪雨支援、チャリティーオークション

また、この日は九州北部豪雨で被災された方への支援として、チャリティーオークションが行われました。選手会の協力で、選手のスパイクなどの私物が提供されました。落札金は全額福岡市を通じて、九州北部豪雨で被災された方の支援や災害復興に役立てられるということです。被災された方のためにも勝利を届けてほしいです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:15時08分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ページの一番上へ▲