2017年9月

被災地の農家支える集落支援員


九州北部豪雨からまもなく3か月。農業が主産業の被災地・朝倉では収穫の季節を迎えている。しかし、土砂や流木が流入するなど田畑は甚大な被害を受けており、存続が危ぶまれる農家も少なくない。そうした農家を支えているのが朝倉市の嘱託職員として働く集落支援員の師岡知弘さんだ。
集落支援員は過疎や高齢化が進んだ地域に密着し、住民の生活を支援している。師岡さんは日々、集落を巡回。住民とのやり取りを通して悩み事や困りごとを把握し、問題解決の方法を探っている。豪雨から3か月近く経った今、増えているのが田畑に入った土砂や流木の片付けだ。市が開設するボランティアセンターは住宅の片付けを目的としているため、農地には派遣できない。また公的な復旧は来年まで待たなければならず、農家が自力で復旧することが求められている。
そこで師岡さんはNPO団体を通じて、独自にボランティアを要請し、悩んでいる農家に派遣している。集落支援員として活動する師岡さんの取り組みを伝える。

 f_170928_1.png

▽朝倉市
電話:0946-22-1111

▽番組でボランティアを派遣したNPO法人
電話:080-3901-6183
※個人情報に関してはお答え出来ません。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時26分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

香り抜群!グリーンレモン


毎年この時期、非常に香りのいいレモンが熊本県芦北町で収穫されます。
「グリーンレモン」、文字通り、皮が緑色のレモン。熟すと、緑色から黄色に変わりますが、完熟した黄色のレモンより、酸味と香りが豊かなのが特徴です。熊本県はレモンの収穫量・出荷量ともに全国第4位。露地栽培を始めて50年以上になる農家、本村忠信(もとむら・ただのぶ)さんは、安心安全なレモンを作りたいと、農薬は通常より3割減らし、実が傷つかないよう枝に生じるトゲはこまめに切り取るなど管理に余念がありません。収穫後も、防かび剤やワックスを使用せず、皮まで安心して使えるのが自慢といいます。丹精込めて作りだすグリーンレモンは、評判を呼び、西日本や関東を中心に出荷されています。秋、香りと酸味豊かなグリーンレモンは、旬の魚と相性抜群!グリーンレモンの香りがどれほどなのか、成分分析も行いながら、その魅力を余すことなくお伝えします!

▽レモンを栽培して50年以上本村忠信さん
※本村さんは発注は直接受け付けていません。
s_170927_02.jpeg s_170927_01.jpeg

■グリーンレモンを購入できるところ
店休日など詳しくは直接店舗へお問い合わせ下さい。
▽JAあしきたファーマーズマーケットでこぽん
住所:熊本県芦北町佐敷443
電話:0966-61-3020

詳しくは…
▽JAあしきたマルタ選果場
電話:0966-87-2222


egawa.jpgのサムネイル画像

最近、朝晩は涼しいなあと秋を感じるようになってきました。今回は、秋の味覚さんまにかけるとおいしいグリーンレモンを求めて熊本県芦北町に行ってきました。
山奥に進むと…

 s_170927_03.jpeg

どこになってるんでしょう。よーく見てみると、

 s_170927_04.jpeg

ありました!名前通り緑色のレモンです。農家の本村さんに話を聞くと、このまま熟して12月ごろになると、私たちがよく目にする黄色に変わっていくんだそうです。黄色になる前のグリーンレモン。味はどう違うのか、勇気を振り絞ってかぶりつくと、すっぱ!目がさめるような酸味。ふだんもあまりかじったことはないですが、黄色よりもすっぱいように感じました。ただ、香りはとってもさわやかでした。
そして、本村さんがこの時期、毎日欠かさず飲んでいるというのが…

s_170927_05.jpeg 

お湯にグリーンレモンを輪切りにした物を皮ごと入れたレモン水!かぜ予防にいいと話していました。この時期季節の変化でかぜをひかないようにレモン水で対策をとりたいと思います♪

 s_170927_06.jpeg

本村さん親子とパシャリ♪お世話になりました!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

びっくりしたなぁ、もう


この夏、観光地でソリのような遊びをやった際、安全のためヘルメットをかぶりました。

i_170914_01.jpg

こうしたものを装着すると、必ず「大~成~功」と言ってしまう、元祖どっきりカメラ世代の井上二郎です。あの番組、びっくりし過ぎて時々喧嘩になってましたね。どうでもいいですけど。

i_170914_02.jpg

いや生きていると日々驚かされます。最近「びっくりしたなぁ、もう」と口をついて出たのは。

その一。
「先輩、せ・ん・ぱ・い」。素敵な笑顔で呼びかける後輩。さわやかトーテムポールこと小宮山晃義アナウンサー

i_170914_03.JPG

私と同じくらいの身長ながらなぜか腰の位置がぜんぜん違うな、と妬みに満ちた視線を送っておりましたが、なんと!
「さっき健康診断行ったら、去年よりまた1センチ身長伸びて、189センチになってました!」
ええっ!!30超えてまだ伸びてるの?!このペースなら2028年に2メートルじゃん!・・・にしても、こっちとら年取ってきて年々縮んできてるというのに・・。びっくりしたなぁ、もう。そして悔しい。ねたましい。

その二。
家の近くの橋にて。穏やかな日差し。穏やかな川の流れを、やや微笑んで見つめるわたくし。この穏やかな微笑み、誰か見てくれないかしら・・好感度あがりそうだな・・・などとよこしまな思いに満ち溢れて歩いていると、ええっ!!ええエイ!!・・いや、ほら、エイ。

i_170914_04.JPG

川を悠然と泳ぐ「エイ」。

i_170914_05.JPG

まさかこんなところにエイが・・。いやちょっと大事件だと思い、大相撲の勢関が塩を取りに行くくらいのスピードで(分からない方、すいません)会社に行って少し調べたら、まあ時々あることらしいですね。川にエイが出没するのは。しかし、びっくりしたなぁ、もう。

その三。
ことしある調査会社のリサーチで、「『子どもが尊敬する人』の項目で、初めて『母親』が『父親』を抜いた」という記事を目にしました。
これはいかん。父親の沽券問題勃発。なんとか「お父さんすごい」を見せねば・・。しかし勉強はもはや追いつけず、流行の歌も分からない。ようし、じゃあこれで目に物見せてやろうではないか。
釣り。

i_170914_06.jpg

オヤジの尊敬回復の定番レジャーです。
釣れそうなポイントを探すそぶりを見せつけ、えさも豪快に手づかみで扱う様子も見せつけ、いざ仕掛けを投入!
ちゃぽん。
・・10分後。30分後。1時間半後。2時間後。

i_170914_07.jpg

天気晴朗なれども魚おらず。各員いっそう眠気退治せよ。びっくりするほど釣れず、出るのはあくびばかり。

と、そこへ。ええっ!!「ぼく釣れたよ!」

i_170914_08.jpg

ええっ!えっ!あ、あそう・・。よかった、ですね。
その後も威厳は見せられず。自分のあまりのふがいなさに一番びっくりしたなぁ、もう。

びっくりどっきり。だから人生はおもしろいのかも。そんなことを言い聞かせながら、また日々を生きています。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:14時10分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

アビスパ 5試合勝ちなし、正念場が続く


サッカー、J2の2位アビスパ福岡は9日に愛媛FCと対戦。立ち上がりから積極的にゴールを狙いましたが、決められない場面が続きました。前半アディショナルタイムに守備のマークがズレて4試合ぶりに先制点を許します。後半、相手の倍近いシュートで、ゴールに迫ったもののアビスパは1点が遠く、0対1で敗れました。なんとかJ1への自動昇格圏内の2位を守っています。

s_170913_01.jpeg
▲最大「9」あった3位との勝ち点差が「1」に。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
J1自動昇格圏内の2位のアビスパは、ここ4試合勝ちがなく正念場が続いています。この試合は3連敗中の愛媛FCと対戦で、互いに流れが悪い中での試合でした。アビスパは多くのチャンスを作ったものの、決定力不足に苦しんでいました。

試合後に亀川選手は、「サッカーはチャンスを多く作ったチームが勝ちではない。自分たちがもっともっと学ばなければいけない」と悔しさをにじませていました。得点力不足については、チームの強みであったセットプレーでの得点が取れていないことを挙げ、大きな課題だとも話していました。
この試合を終えてリーグ戦は残り10試合となっています。井原監督は、「下を向く前に上を見て、残り10試合にすべてをかけて頑張りたい」と話していました。昇格に向けて踏ん張りどころですね。

s_170913_02.jpeg
▲九州北部豪雨支援、チャリティーオークション

また、この日は九州北部豪雨で被災された方への支援として、チャリティーオークションが行われました。選手会の協力で、選手のスパイクなどの私物が提供されました。落札金は全額福岡市を通じて、九州北部豪雨で被災された方の支援や災害復興に役立てられるということです。被災された方のためにも勝利を届けてほしいです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:15時08分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ゴールデンスランバー


そろそろ書こうか書くまいか。
夏休みはとうの昔に終わってしまった。

i_170908_01.jpg

長い長い「ゴールデンスランバー」。

甘く見ていました。こやつを。

i_170908_02.jpg

仕事を始めればおのずとブログを書くだろうとたかをくくっておりましたが、こやつの易きに流れる性格。だらけにだらけてもう9月になってしまいました。「ブログ書いてください」。「ブログやめちゃったんですか」。沢山のお手紙をいただきました。すいません。

ぼんやりと福岡の街を見つめていた8月のひと月。

みんなでヒーローに手をたたく街。

i_170908_03.jpg

みんなで伝統を受け継ごうとする街。

i_170908_04.jpg

みんなで少しのお金でわいわい楽しめる街。

i_170908_05.jpg

みんなで住みやすくしようと力を合わせる街。

i_170908_06.jpg

みんなで亡くなった命に手を合わせる街。

i_170908_07.jpg

あらためて、いい街だな。

家へと続く道。
故郷へと続く道。

「黄金のまどろみ」から目を覚まそう。

この夏、この街でいろいろあって少し疲れていましたが、もう一度、また元のとおりに書き始めようと思います。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時31分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

"豊かな海を!" 立ち上がった高校生


f_170907_01.jpg

ことし世界遺産に登録された福岡県の「宗像・沖ノ島と関連遺産群」。その周辺の海は、古くから豊かな漁場として知られてきたが、近年環境が変化し、魚のすみかになる海藻が減少。漁獲量も落ち込んでいる。
こうした中、立ち上がったのが地元の水産高校の生徒たち。
山から海に運ばれる養分を増やそうと、間伐に取り組んでいる。
さらに、間伐した竹を活用して、「竹漁礁」作りを始めた。海底に沈めたところ、イカの卵が多数確認されるなど成果が現れている。宗像の豊かな海を取り戻そうとする高校生の奮闘を伝える。

f_170907_02.jpg

f_170907_03.jpg

■福岡県立水産高校

住所:福岡県福津市津屋崎4丁目46-14
電話:0940-52-0158

egawa.jpgのサムネイル画像
「プロジェクトT」と名乗る皆さんを訪ねて、水産高校に行って来ました。まず向かったのは、竹林。プロジェクトのTとは、竹のことだったんですね。山に生えた荒れてしまった竹をノコギリを使って切っていきます。その竹を有効活用し、なんと、魚のすみか、魚礁を作っていました。竹の魚礁、初めて見ましたが、生徒たちは、これまで何度も形や大きさなど作り方を変えていて「自分が魚の気持ちになって、実際に住みたくなるように作っている」と言っていました。魚が大好きな水産高校の生徒ならではの発想だと感じました。
将来、地元で漁師など漁業関係に携わっていきたいと夢みる生徒たち。地元の海が豊かになるために、少しでもできることを考えて活動を続けていきたいと言っていました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

命つないだ味を守る 三毛門かぼちゃ


福岡県豊前市三毛門(みけかど)地区で栽培されている「三毛門かぼちゃ」は、大きなものは7キロを越す巨大なカボチャです。約450年前に伝えられた、日本最古のカボチャとも言われています。
猫田信廣(ねこた・のぶひろ)さん(76歳)は、三毛門かぼちゃを地域の宝として後世に伝えようと活動しています。子どものころには、三毛門かぼちゃで作っただんご汁が毎日のように食卓に並びました。トロトロに溶けたカボチャの優しい甘みは、思い出の味です。やせた土でもスクスク育つため、食糧難の時代には多くの人が飢えから救われました。
しかし、戦後、甘みが強い品種におされ、生産量は激減。猫田さんは命をつないだ味を伝えたいと、10年前、保存会を立ち上げたのです。現在もメンバー30人とカボチャの栽培を続けています。思い出の味を地域の特産品として残そうと活動するみなさんを取材しました。

■三毛門南瓜保存会 会長
猫田 信廣(ねこた のぶひろ)さん
s_170906_01.jpg

【問い合わせ先】
「三毛門かぼちゃ」は三毛門南瓜保存会に連絡をすれば購入できます

▽三毛門南瓜保存会
福岡県豊前市三毛門747-8
電話:090-8831-4115

s_170906_02.jpg

■番組内で紹介したお店

s_170906_03.jpg
▽ケーキハウス四季
住所:福岡県豊前市岸井188-1
電話:0979-84-0304
営業時間:午前10時~午後6時半
定休日:毎週火曜日(月に1回 水曜日)

egawa.jpgのサムネイル画像
カボチャ畑を訪ねると・・・
一面葉っぱでなかなかカボチャの姿が見当たりません。

s_170906_04.jpg

よーく見てみると、

s_170906_05.jpg

ありました!まるでおとぎ話に出てきそう(笑)。
こちらの三毛門かぼちゃ、本当に大きくて1つ収穫するのも一苦労。重い物でひとつ7キロを超える物もあるそうです。ことしは、雨が多かったので例年に比べてとれる数が少ないとのことでした。

s_170906_06.jpg

こちらは、三毛門かぼちゃを愛してやまない保存会のメンバーの方!400年以上前からこの土地で作られてきたこのかぼちゃを後世に残そうと活動をされています。みなさんが三毛門かぼちゃに情熱を注ぐ訳は、

s_170906_07.jpg

このだんご汁にありました。
戦時中、みなさんが幼少期のころは、食べ物がなく、1日3食、おやつにもこのだんご汁を食べていたそうです。当時は、「毎日飽きるほど食べて、“かぼちゃアレルギー”になったよ」とおっしゃっていましたが、いまではみなさんにとって懐かしい味。私も頂きました。優しい甘みでカボチャの味が濃厚。とてもおいしかったです。

s_170906_08.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

1週間ありがとうございました!


こんにちは!
キャスターの松崎洋子です!

先週1週間、林田アナウンサーに代わって
ロクいち福岡を担当しました!

matsu_170909_01.JPG

代行中は、夏休みや新学期の話題、
被災地の現状や新しい取り組みなど、
福岡について、改めてたくさん考え、勉強した1週間でした!


これからは通常通り、
毎週土曜日の「おはサタ!」、
平日の朝のニュースに戻ります。
こちらも、ぜひご覧下さい☆

1週間ありがとうございました!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時40分 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク

ページの一番上へ▲