2017年7月12日

豪雨災害スポーツ界も被災地を気遣う


福岡県と大分県が記録的豪雨で大きな被害を受けたことについて、大分県出身のソフトバンク内川聖一選手や柳川市出身の琴奨菊など地元にゆかりのある選手たちは被災地を気遣っています。8日にホーム福岡で試合を行ったサッカーJ2・アビスパ福岡は、被災地に届ける義援金や支援物資を選手たちが集めました。

sueishi_02.pngのサムネイル画像

記録的豪雨の被害を受けた福岡県と大分県にスポーツ界からも心配の声が寄せられました。大分県出身のソフトバンク・内川聖一選手は、「自分たちが知っている土地や風景がわかる土地で起こっていることが現実としてなかなか受け入れられない気持ちです。立ち上がろうとしている人の力になれるようできることをやっていきたい」と話していました。ソフトバンクは、11日からの首位楽天との2連戦で被災地に送る義援金の募金活動が行います。

sp_170712_01.jpg
▲地元の大分県が被災した内川選手

また、8日にホームのレベルファイブスタジアムで試合を行ったアビスパ福岡は、スタジアム前でスタッフや選手たちが参加して、被災地への義援金を呼びかけました。
参加した福岡市出身の下坂晃城選手は、「僕たちができることは義援金をよびかけること。少しでも力になれたらいい」と話していました。

sp_170712_02.jpg
▲半日で40万円が集まりました。

大相撲名古屋場所に臨む、柳川市出身の琴奨菊は「土俵上でしっかりと勇気を与えるのが使命なので、頑張っている姿を見せたい」と話していました。

sp_170712_03.jpg
▲今場所小結として臨む琴奨菊

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:14時23分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ページの一番上へ▲