2017年6月29日

どんどん身近に!活用広がる人工知能


囲碁の世界王者に勝つなど、最近よくニュースで話題になる人工知能、AI。いま、私たちの身近なところまで、活用が広がってきています。介護施設では、人工知能が入居者一人一人の体調を見極め、異変があったらすぐに医師に連絡。新聞社では、天気予報などの記事をわずか数秒で書いてくれるシステムの活用を模索しています。
さらに、福岡のベンチャー企業が開発したのが"誰でも使える人工知能"のアプリ。専門知識のないホームセンターの店員が、商品の売れ行き予測に人工知能を活用するなど、大企業だけではなく、中小企業の現場でも活躍し始めています。私たちの働き方や医療のあり方を変えるかもしれない、人工知能の最前線を取材しました。

f_170629_01.jpg

■入居者の体調管理に人工知能を活用しはじめた介護施設
▽医療法人芙蓉会介護付有料老人ホームメディカルケア南ヶ丘
住所:福岡県大野城市大字牛頸1034-66
電話:092-595-2822

f_170629_02.jpg

■天気予報の記事を人工知能に執筆させる取組みを行った新聞社
▽株式会社西日本新聞社
住所:福岡県福岡市中央区天神1丁目4-1

f_170629_03.jpg

■人工知能による商品の売れ行き予測に取り組むホームセンター
▽株式会社グッデイ
住所:福岡県筑紫郡那珂川町松木2丁目61
電話:092-953-0369

f_170629_04.jpg

■人工知能を簡単に扱うことができるパソコン用アプリケ-ションを開発した福岡市のベンチャー
▽株式会社グルーヴノーツ
住所:福岡県福岡市中央区今泉1丁目19-22天神CLASS3階
電話:092-986-2701

miyawaki.jpgのサムネイル画像

f_170629_05.jpg

最近、なにかと話題になっているAI、人工知能。
少し遠い世界のことだと感じる人も多いのではないでしょうか。
機械音痴の私も、もちろんそうでした!
ですが、現場を訪れてみると・・・・
介護現場や新聞会社、なじみのホームセンターまで!
私たちの身近なところで人工知能が使われていました。
それも、機械に疎い私でも理解できるほどシステムが簡単なんです。
そして、とにかく早い!
驚くほどのスピードで、もちろん正確に作業をこなしてくれるんです。
これは普及が期待できるのでは!?と感じました。
あんなことやってほしいな、こんなことまでできれば・・・
期待は膨らみますよね(^^)
多方面に、より身近なところにまで広がる人工知能。今後も目が離せませんね。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

ページの一番上へ▲