2017年6月28日

見た目と味で勝負!大長ナス~熊本~


夏野菜の代表格ナス!去年、熊本県は収穫量・出荷量ともに全国第2位。
熊本市北区植木町では、一般のナスの2~3倍の長さ、なかには60センチもある「大長(おおなが)ナス」の生産が盛んです。スイカの後作として始まりましたが、今では生産性がいいことから、「大長ナス」専門の農家もいます。
大長ナス生産農家の井村正裕(いむら・まさひろ)さんは、30軒ほどある生産者のなかでも収穫量がトップクラス。長いナスを育てるために、苗の育て方などを工夫しています。さらに、出荷前には、手作りの物差しで長さや品質をチェック!また、8年前に「大長ナス部会」を立ち上げ、毎年6月には品評会を行って、生産者同士で切磋琢磨しています。
「大長ナス」は、見た目のインパクトだけでなく、実は甘くてやわらかいのが特徴。アクが少ないので生でも食べられるほど。今、町で人気なのが「大長ナスそうめん」!食欲が減退するこれからの季節、サッパリした大長ナス料理はいかが?

■大長ナス生産農家
▽井村正裕(いむらまさひろ)さん
※井村さんは発注は直接受け付けていません。
s_170628_01.jpg


s_170628_02.jpg
■【大長ナスを購入できるところ】
※季節により、大長ナスの色や長さが多少違うことがあります。
その他店休日など詳しくは直接店舗へお問い合わせ下さい。

▽ファーマーズマーケット夢大地館
住所:熊本県山鹿市鹿央町千田2950
営業時間:午前9時~午後7時
電話:0968-42-0141

■番組冒頭でご紹介したお店

s_170628_03.jpg

▽「酒肴寛(かん)」
住所:熊本市北区植木町岩野266-5
営業時間:午後5時30分~
店休日:不定
連絡先:096-272-7700

■【大長ナスに関する問合わせ先】
住所:JA鹿本特販課0968-41-5143

egawa.jpgのサムネイル画像

s_170628_04.jpg

なんという長さ!度肝を抜かれました。鬼に金棒!江河に金棒!(笑)なんだか強くなった気分です。
この大長ナスの自慢は長さだけではありません!なんと、私、人生で初めて取れたてのナスを生かじりしました。本当に食べられるのか不安だったんですが、農家の井村さんが満面の笑みでおいしいよ!とその言葉を信じて、ガブリッ!「りんご?」甘みが広がって、自分でも信じられないんですがもう一口、二口と進みました。「食いち」のコーナーを担当し初めて、梨のようなタケノコやりんごのようなナスなど驚かされてばかりです。

s_170628_05.jpg

ナスのソーメンは絶品!
大長ナスの長さをうまく生かした一品です。ツルツルッとまるで麺のようにのど越しが良くて夏にぴったり!止まりませんでした。これ、機械などは使わずに一本一本包丁で切って作っているそうです。
見てビックリ!食べて感動の大長ナス!これで暑い夏を乗り切りたいですね♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

アビスパ 終了間際のゴールで首位をキープ


サッカーJ2のアビスパ福岡は25日にアウェーで9位の愛媛FCと対戦しました。前半は攻められる展開でしたが、後半は一方的に攻める展開になりました。終了直前の後半43分、三門選手のゴールが決まりました。1対0で勝利し、勝ち点を3積み上げました。アビスパは、首位をキープしています。

s_170628_01.png
▲4週連続首位!

sueishi_02.pngのサムネイル画像
首位固めしたいアビスパは、8試合連続で得点を挙げて勢いに乗る愛媛FCとの対戦でした。前半は攻撃陣が好調の愛媛が前半からボールを保持し、アビスパは守る時間が続きました。守備のリーダーの岩下選手が警告の累積で出場停止の中、選手全員で身体を張って守りました。
反対に後半は、首位のアビスパが主導権を握ります。6連続コーナーキックなどで相手ゴールに迫りますが、愛媛の粘り強い守りにゴールを決めることができません。終了直前の43分、キャプテンの三門選手が攻撃の起点を作ると、石津選手がボールをキープして相手選手を引きつけてから、再び三門選手にパス。そのまま三門選手が決勝ゴールをあげました。
試合を振り返って井原監督は「押し込まれるシーンがあったし、一進一退の試合だったと思うが、後半は我々のゲームだった」と話し、後半の攻撃については評価していました。
前半戦はあと1試合。警告の累積などでこれからも出場停止の選手が出て来ると思いますが、総力戦で首位をキープ、昇格してほしいですね!

sp_170628_02.jpg
▲次はFC岐阜。この勢いに乗って目指せ!連勝!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:17時25分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ページの一番上へ▲