2017年6月13日

ソフトバンク ケガ人続出の中で先発を支える東浜投手


ソフトバンクは和田投手、武田投手、千賀投手と去年2桁勝利をあげた先発ピッチャー3人が離脱する緊急事態となっています。そんな中、先発投手陣を引っ張っているのが東浜投手です。勝ち星、投球回、防御率でチームトップ。活躍の陰には、若手の甲斐捕手と相談して取り組んだ「インコース攻め」がありました。インコースを強気に攻めることで、持ち味のシンカーが決まりやすくなりました。「自分がチームを引っ張る」と意気込む26歳が、ケガ人続出のチームを支えています。

s_170613_02.jpg
▲チームトップの成績で投手陣を引っ張る東浜投手

s_170613_05.jpg
★リポート動画はこちらから


sueishi_02.pngのサムネイル画像
今回の「ゆかメモ」は、東浜投手へのインタビューです。とにかくケガ人が多いシーズンとなる中、開幕からずっとローテーションを守り、今シーズンのエース級の活躍を続けています。去年は規定投球回に届かず、9勝に終わった東浜投手。6月12日の時点で6勝をあげている今シーズンの飛躍の要因は、「インコース」を強気に突くことにありました。持ち味のアウトコースに鋭く落ちるシンカーをより生かすため、インコースを攻めることをキャンプから取り組んできました。速球でのインコース攻めは、一歩間違うとボールがシュート回転して真ん中に入ってきてしまい、甘いボールになってしまいます。今シーズンからバッテリーを組む甲斐選手は、バッターの真後ろに立つくらいの勢いで、強気にインコースを要求し、ここまで上手くインコースを攻められています。
 
s_170613_03.jpg
▲インコースに投げ込む東浜投手

明日も予告先発された東浜投手は、巨人のエース菅野投手と投げ合います。特に意識することはないと話していましたが、「勉強することはあると思うので、しっかり投げ合いたい」と話し、やわらかな話しぶりの中に強い闘志を感じました。沖縄出身の東浜投手ですが、チーム内では「汗かきキャラ」として有名で、暑さが非常に苦手だそうです。そのせいもあってか、去年は体力が落ちてしまい、夏場に成績を落とし、ローテーションを外れてしまいました。ことしは、走る量やトレーニングの量も増やし、夏場に失速しないよう心がけているそうです。苦しいチーム状況を支える東浜投手の今後の活躍も期待したいです。

s_170613_04.jpg
▲投手陣にケガ人続出の中、心がけているのは「長いイニングを投げること」

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:17時24分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

アビスパ 引き分けるも首位をキープ


サッカーJ2のアビスパ福岡は10日にアウェーでジェフ千葉と対戦しました。ここまで11試合連続で得点し首位につけていたアビスパでしたが、前半はウェリントン選手が厳しいマークにあい思うような攻撃ができません。後半はアビスパがたびたびチャンスを作りましたが、決めることができずに12試合ぶりの無得点に終わりました。一方守りは、U20代表から6試合ぶりに復帰した冨安選手を中心に守り切り、0対0の引き分けでした。勝ち点「1」どまりでしたが、アビスパは、首位をキープしています。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
相手のジェフは今季ここまでホームで負けなしという難敵でした。アビスパは、前半は3バックで守っていましたが、立ち上がりから中盤のスペースをジェフに攻め込まれて対応に追われました。そのため、20分頃に中盤のスペースを狭めるために4バックに変更するとようやく落ち着きを取り戻しました。守りの収穫はU20のW杯に出場していた冨安選手が6試合ぶりに復帰したことです。相手のカウンター攻撃の際もゴール前で身体を張ったプレーで縦への突破を許さず、無失点に大きく貢献しました。また、初先発したゴールキーパーの兼田選手もゴールを許さず守り切りました。一方の攻撃では得意のセットプレーなどでリズムをつかもうとしましたが、攻撃の柱・ウェリントン選手が厳しいマークにあい、思うような攻撃ができませんでした。後半は細かくパスを回して攻め込みましたが、決定的なチャンスも相手キーパーに阻まれ、12試合ぶりの無得点に終わりました。アウェーで引き分けた井原監督は、「この勝ち点1を前向きにとらえたい」と話していました。

次の試合は、J1昇格を争う4位・名古屋グランパスです。アビスパとの勝ち点差は「3」のため、敗れれば追いつかれる重要な一戦です。ここまでチームトップの11得点をあげているウェリントン選手が警告の累積でグランパス戦は出場停止となるだけに、攻撃陣に奮起が求められる戦いとなりそうです。

s_170613_01.jpg
▲試合の模様はNHKで中継します!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時52分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

○リンピック


「Road to 2020」。東京オリンピックに向けて、いよいよ盛り上がってきましたね。我がロクいち福岡でも、東京に向けてひた走るアスリートをご紹介するコーナーが出来ました。

i_170613_01.JPG

そうなるともう黙っていられない男、井上二郎。オリンピック、ぼくも出場したい。入場行進したい。「ちょうきもちいい」とか言いたい。
何とかもぐりこめないかと思考をめぐらすこと40秒。はじき出した答えは「世の中に不可能はないかもだが、それはまちがいなく不可能」

でっ、でも、でもですよ。あったんです!わたくしが参加できる「リンピック」があったんです!頭が「オ」ではなく、こちら。

i_170613_02.jpg

そう、「『ガタ』リンピック」!有明海の広大な干潟を利用して、泥まみれの中さまざまな競技が行われるという、あの「ガタリンピック」。もう出るしかないでしょう。

会場は異様な熱気と盛り上がりです。

i_170613_03.jpg

泥の中を老若男女がひしめき合う。近代オリンピックの父・クーベルタン男爵もびっくりの光景が広がっていました。
さまざまな競技が用意されているこの大会。

i_170613_04.jpg

世界を飛び越えて宇宙からも参加です。

i_170613_05.jpg

いや、それにしてもみんなすごいですよ。泥はこんなにクリーミー。

i_170613_06.jpg

でもそんなのをものともせず突き進みます。

i_170613_07.jpg

沢田教一のような光景ひろがる。

i_170613_08.jpg

健闘をたたえあう姿はもはや前衛芸術のやう

i_170613_09.jpg

なぜそこまでするのか。そう、そこに「泥」があるから。

さあ、わたくしです。出場種目はこちら。

i_170613_10.jpg

「人間むつごろう」。動物と仲良くなるスピードを競うわけではございませんのよ。有明海の名物魚「むつごろう」のように、板に乗って干潟の上を這うようにして進む競技です。
出場に向け気持ちを高めます。緊張の夏、日本の夏。

そしていよいよこの大舞台での勝負を迎えました。もうわたくしの目の前にはスタジアム、そして大歓声と手拍子と無数の日の丸が浮かんでいます。

i_170613_11.jpg

「ようい」。鼓動、ドキン。「スタート!!・・・・」

i_170613_12.jpg

ああっ!遅れたか・・!ガンバレニッポン!!

i_170613_13.jpg

そして、ゴォォォール!!!・・・。

ご覧ください。43さい、激闘。

i_170613_14.jpg


i_170613_15.jpg

おぢさん、がんばりました。
若者たちにはだいぶ遅れましたけど、なんとか完走です。ああ、楽しかった。

「この議案の意味は?」「この仕事の効率は?」「このスケジュールの見通しは?」日々追われているこんな言葉たちを泥の中に埋め込んで、ゲラゲラげらげら大笑い。「オリンピックは平和と青春の花園である」と言ったクーベルタン男爵は、もしかしたらこんな光景見てたんじゃないかしら、なんて。みんな笑顔のシャワー行列。

i_170613_16.jpgのサムネイル画像

金メダルの代わりに、ゆっくりした気持ちと、そして強烈な日焼けをもらった一日でした。

i_170613_17.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時26分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ページの一番上へ▲