2017年1月

ホテル最新事情


最近、福岡市で深刻化するホテル不足。外国人観光客の増加や、人気グループのコンサートや国際会議などが週末に重なることなどが原因の一つ。こうした状況をビジネスチャンスと捉え、これまでに無かった新たな形の宿泊施設で客を獲得しようという動きが始まっている。
女性専用エリアを設けた「カプセルホテル」では、高級感と安心感が人気でリピーターも多い。「民泊」の分野では、12月の規制緩和を受けて賃貸マンションからの民泊化の動きが急速に進んでいる。また、外国人を取り込もうと「和」をテーマに全室リニューアルを行ったホテルまで登場!番組では、福岡市の最新ホテル事情を伝える。

カプセルホテル:ファーストキャビン博多
住所:福岡県福岡市博多区中洲3-7-24 gate’8F
電話:092-260-1852

民泊あっせん会社:シェアリングホテル株式会社
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-8-27 パネスビル2F
電話:092-292-1319

ホテル:HOTEL 乱
住所:福岡県福岡市博多区西月隈6-4-23
電話:092-571-81

egawa.jpgのサムネイル画像

f_170131_01.jpg

いい夢が見られそう♪ 
こちらは、実はカプセルホテルです。カプセルホテルというと、狭い・怖い・暗いというイメージがあって入りづらかったんですが、ここには女性専用のスペースがあって女性でも安心して快適に過ごせる空間になっています。

f_170131_02.jpg

パウダールームには、アメニティグッズやドライヤー、ヘアアイロンまでそろっていて女性の心を見事につかんでくれます!
観光や出張など遠方から福岡に来られる方が快適に過ごせるように、既存のホテルに加えてこのような宿泊施設がホテル不足の状況を解消することにつながればいいなと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

アビスパ  期待の新戦力に注目!


アビスパ福岡は、1年でのJ1復帰を目指し、27日から宮崎市でキャンプを始めました。攻撃の強化を目標に掲げているアビスパ。スポーツコーナーでは新戦力に注目してお伝えしました。
昨シーズンJ1で最下位だったアビスパはゴール数もリーグワースト。このオフ積極的な補強を進めたのは攻撃面です。フォワードでは名古屋グランパスから松田力選手が加入しました。昨シーズンJ1で14試合に出場し、裏に飛び出すプレーやゴール前での決定力が持ち味です。キャンプ3日目に行われたトレーニングマッチでもドリブルなどでチャンスを作る場面が見られました。
また、ベテランの元日本代表、山瀬功治選手を京都サンガから獲得。巧みなドリブルが持ち味で豊富な経験で攻撃を引っ張る役割が期待されています。トレーニングマッチでは、スルーパスでゴールをアシストするなど攻守での活躍が光っていました。
選手層が厚くなり、井原監督はキャンプ序盤にも関わらず「ある程度目指しているのは出てきている部分もあるので継続していきたい」と手応えを感じていました。

s_170131_01.jpg
▲グランパスから加入したFW松田選手

s_170131_02.jpg
▲元日本代表 山瀬功治選手

s_170131_03.jpg
▲他にもたくさんの選手が!

sueishi_02.pngのサムネイル画像
今シーズンのアビスパ福岡は1月9日に始動しました。およそ3週間、福岡市の雁の巣で調整を行ったあと、27日から宮崎キャンプが始まりました。初日の練習では地元の幼稚園生が駆けつけ歓迎のセレモニーが行われました。和やかな雰囲気で始まったキャンプでしたが、練習が始まると選手たちは声を出し活気ある様子でした。
今回の取材で、私は多くの補強を行った攻撃陣に注目しました。「今シーズンは、堅守は維持しつつ攻撃の時間、マイボールの時間を増やしていきたい」と話していた井原監督。紹介した新戦力の他にもたくさんの加入選手が。どの選手が先発で出てもおかしくない戦力がそろいました。レギュラー争いはし烈になりそうですね。取材した山瀬選手は、「質の良い選手が多いとおもう。レギュラー争いが激しくなるとチーム力アップや個人の質のアップに繋がっていく」と話していて、J1昇格にむけて切磋琢磨していく姿勢を示しました。
アビスパのキャンプは来月11日まで。キャプテンの三門雄大選手は「戦う集団になっていくためにも実りあるキャンプにしていきたい」と話していました。攻守の連携を高める有意義なキャンプになって欲しいと思いました。最後の3日間も取材します!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:16時31分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

サクラさくといいな!


週末(29日)、福岡検定を受けてきました!
無謀にも、中級にチャレンジ。
(初級が行われる午前中は用事があり、泣く泣く諦めたのです・・・。)

当然ですが、福岡市に残る遺跡から発掘されたものなど、しっかり勉強しているかを問われる問題ばかり。
4択中2択までは絞り込めても、最後の2択で「どっちだったっけ…」と頭を悩ませられる問題も多く、
「ああ、なぜあのページをもっと読んでおかなかったのか」、
「そもそも、もっと早く本腰を入れて勉強すればよかった」
と何度ため息をついたことか…。

h_170131_01.JPG

残念ながら、手ごたえはいまひとつですが(涙)、今回の福岡検定をきっかけに、もっと福岡のことを知りたい、勉強したいという気持ちが強まったので、引き続き勉強を続けます!

結果発表は2月末。果報は寝て待てという言葉もありますが、気長に待ちたいと思います。

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:15時10分 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク

ラ・ラ・ランタン(第一部)


「あけまして、おめでとうございます~!!」
かねてからおめでたい奴だと言われてきた井上二郎でございますが、やけになって新年のご挨拶をしているわけじゃございませんのよ。旧暦の正月を祝う祭り、春節祭。行ってきました「長崎ランタンフェスティバル」

i_170131_01.jpg

街の至る所に中国の提灯「ランタン」が飾られ、様々な催しを見ることが出来る冬の一大フェスティバルなのです!!

i_170131_02.jpg

i_170131_03.jpg

このお祭り、わたくしの大好きな映画の一つ「ペコロスの母に会いに行く」で見て以来、ず~と来てみたかったんです。でも、心のどこかに、「ほんまにあんなに綺麗なんかな。撮影用にやってるんと違うかな」という邪推が働いておりました。
と・こ・ろ・が。
とんでもはっぷん。闇に塗られる赤、青、黄。

i_170131_04.jpg

朱の灯りの群れ。

i_170131_05.jpg

周りを囲まれ眺めていると、心がすうっと浮き出て、色の光の間をふわふわと漂うよう。すいません、撮影用でもなんでもありませんでした。目を奪われる異次元の美。別世界が広がる空間。
中国4000年の底力、でしょうか。

i_170131_06.jpg

感動感動で歩いていると、何やら行列が。とりあえず並んでみる性分が作動。
その先は、新年のお祈りでした。よし、長いお線香を・・。

i_170131_07.jpg

・・と、わーお。たっくさんのお顔が鎮座ましましてるじゃあーりませんか。

i_170131_08.jpg

豚さん、子孫繁栄、おめでたさの象徴なんですって。いや~、勉強、勉強。ちなみにオールホンモノです。

i_170131_09.jpg

ありがたく、いのちをいただく我が罪を詫びつつ。

しかしいやいや、驚いた。ふと見ると。
あっ、パンダさんもいる!癒されるわ~。

i_170131_10.jpg

かわいい、なでちゃおう。
パンダさ・・、パ・・。

i_170131_11.jpg

・・すいませんでした。

では!『出没!ランタン天国!!「長崎コレクション」』

i_170131_12.jpg

i_170131_13.jpg

i_170131_14.jpg

i_170131_15.jpg

最後の方からは「声が小さい、オィーッス!」と怒られてる気がしました。
楽しすぎて歩きまわったらお腹がすいて。
長崎名物「ハトシ」。ゴゾンジ?

i_170131_16.jpg

エビのすり身をパンにはさんで揚げたもの。
う~ん、んまい。トロトロ角煮をふわふわパンにはさんだ角煮まんもぱくり。

i_170131_17.jpg

長崎すごいね、九州すごいね、懐の深さがすごいね。
異国の文化を包み込んで、さらに色、輝かせる。土地と異国の空気が混じって空気が絡みついてくる。あしたはどんなことが待ってるんだろう。
そうして長崎の夜は更けて行くのです・・・。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時47分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

たからのきずな


絆。
被災した方々がこの言葉を使っているのを見ると、とても勇気づけられる。
支援の手を握り返してくれているような。

i_160127_01.jpg


でも。
傷ついていない私たちのほうは、この絆という言葉を安易に使いすぎていないかな。
特に我々マスコミか。

「絆」ってなんじゃろな。
常にそばにいること?
物をあげること?
なんでも手伝うこと?
うーん、どれも当たるんだろうけど、どれもちとしっくりこないな。

「絆」は「覚悟」。
「覚悟」ってのは「最後の最後まで、わたしが味方です」ってこと。そんな気がするな。
どんな状況になっても、ずっと味方でいますという覚悟。これって結構大変だ。
「絆」。だからこの言葉、重いんだ、すごいんだ。

i_160127_02.jpg

きょう放送のドラマ「たからのとき」で、その「絆」を感じてください。
1月27日金曜日夜7時半から、九州沖縄向けに放送されます。

■福岡発地域ドラマ「たからのとき」


主演寺島しのぶさん。舞台は福岡県の東峰村です。

その中で、母と娘の会話がありました。村の良さを語る母と、反発する娘。「ここには絆があるとよ」「そんなもん、見えん」。

i_160127_03.jpg

そして掴んでゆく、見えんはずの絆の力。
目に見えないからこそ、人々はそのずしりとした重みを感じるんでしょうね。

i_160127_04.jpg

i_160127_05.jpg

九州沖縄の皆さん、見てくださいね。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時02分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

たからのとき


いま、またじわじわ来ているお笑いコンビ「いつもここから」
「悲しいときー!」の、あの方々です。「悲しいときー!!悲しいときー!!パンダの目が本当は意外と鋭かったときー!」とか。

では。
「悲しいとき」ではなく私の大事な時間、題して「たから(宝)のとき」でやってみます。

i_170126_01.jpg

ミュージックスタート。(頭の中に、クラシックの『カノン』を流してください)

「たからのときー!!たからのときー!実話なんだけど、先月給料日前財布に422円しか入ってなくて奥さんに前借りするしかないかという時、ズボンのポケットから1000円が出てきたときー」

i_170126_02.jpg

「たからのときー!!たからのときー!!さかのぼれば、男子校を卒業して予備校に入ったら隣が女子で、『ああ、世の中に若い女性っているんだ』と思ったときー」

i_170126_03.jpg

「たからのときー!!たからのときー!意を決して放ったギャグが、反抗期に入りかけの息子が爆笑してくれたときー」

i_170126_04.jpg
(※新喜劇アキさんすいません・・)

すいません。いつもつまらないことで。前ふりですべってしまいました。
本当はこれが言いたかったんです。いきます。
「たからのときー!!たからのときー!NHK福岡放送局が1月27日にお送りする寺島しのぶさん主演のドラマで、福岡県東峰村が舞台の心温まるストーリーのタイトル」
そう、NHK福岡制作のドラマ、「たからのとき」

i_170126_05.jpg

寺島さんがNHK福岡放送局の玄関を彩ります。1月27日(金)夜7時半から、九州沖縄向けで放送されます
■福岡発地域ドラマ「たからのとき」

寺島さんが演じるのは、「室井たから」

i_170126_06.jpg

『とうほう村テレビ』で住民ディレクターとして活動しています。テレビ局の立ち上げから関わる「たから」は、不器用ながらもリポートを続けますが、慣れない撮影にその奮闘は時に空回りします。
藤野涼子さん演じる高校生の娘・みのりは、そんな母の姿を恥ずかしく、応援できずにいます。たからが村の名所を紹介しながら家族の大切な思い出を話すことに、反発さえもします。しかし、たからにはどうしても「撮らなければならない」秘密があったのです。そして、次第にあらわになる異変・・・母、娘の心ゆさぶる物語。

i_170126_07.jpg

どうですか。もう見るしかないでしょう。またこの舞台となっている東峰村の自然がいいんです。

i_170126_08.jpg

夏にはホタルがまちの灯りです。

ドラマ「たからのとき」
心和む風景と、心にしみる物語。きっと、あなたにとっての「たからのとき」となるでしょう。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時34分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

スポーツ 国際的な人材育成の現場は


s_170126_01.jpg
▲シリーズでお伝えしている「福岡スポーツの現在地」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、全国の大学とJICA(国際協力機構)では、学生を海外に派遣して、スポーツのボランティアや指導者として国際的に活躍できる人材を育てようという取り組みを始めています。福岡県内では唯一、福岡大学が去年から参加して、今年は、野球部とサッカー部の20名がボリビアに派遣されます。ボリビアでは子どもたちにスポーツの指導などを行います。サッカー部で4年生の永井翔也さんは、2年連続で参加。去年初めて行ったボリビアでは、整備されていないグラウンドや不足する練習用具などの日本との環境の違いに戸惑ったと言います。今年は、恵まれない環境でも子供たちが楽しめるトレーニングについてコーチと意見を交わして、十分な練習用具がなくても出来るトレーニング方法を学び、ボリビア派遣に出発しました。

s_170126_02.jpg
▲参加者10名が朝8時から集まっていました

sueishi_02.pngのサムネイル画像
12月から県内の様々なスポーツを取材し、シリーズでお伝えしている「福岡スポーツの現在地」第4弾。大学スポーツについて調べたところ、学生をボリビアに派遣する取り組みを行っているということを知り取材しました。
今回は、2年連続で参加する永井さんを紹介しましたが、福大サッカー部からは男女合わせて10名の学生が参加することになっています。「大学で学んだことを言葉や文化が違う子供たちに教えていきたい」と話す学生や「熊本地震でボランティアなどを行う大切さを痛感し、今回参加した」という学生など様々な思いを持った学生が居ました。
“ボリビア“と聞いて治安がいいのかと少し心配になりましたが、現地の人たちはサッカーが大好きで陽気な南米人が多く、魅力ある国だったと永井さんは話していました。しかし、生活環境では日本との違いがたくさんあり、自分の環境が当たり前ではないこと、恵まれない環境でも楽しそうにサッカーをしている姿を目にしたことで価値観が大きく変わったそうです。
国際化が進む中、こうした取り組みは学生たちにとって世界に飛び出して行く、いいきっかけになると思います。学生たちは、空き時間を見つけてはスペイン語の勉強をしたり、どうすればボリビアの環境でも競技が楽しめるかを話し合ったりして、充実した表情をしていました。
県内ではまだ福岡大学でしか行われていないので、多くの大学でこうした取り組みが広がっていってほしいと思いました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時49分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

ダイコン食べて鬼退治!?長崎の紅大根(あかだいこん)


節分にいただく食べ物といえば、最近では恵方巻が人気ですが、長崎には、節分には欠かせない伝統野菜があります。それは「紅大根(あかだいこん)」。カブの仲間ですが、見た目が“赤いダイコン”に見えることから、そう呼ばれています。長崎料理研究家の脇山順子さんによれば、紅大根を「赤鬼の腕」に見立て、鬼を退治するという意味で、江戸時代から、節分には紅大根を酢の物にして食べる習慣があるんだそうです。
番組では、収穫の最盛期を迎えた紅大根の畑を訪ねて、伝統野菜の継承に取り組む生産者の思いや工夫を探るとともに、長崎の節分料理を紹介。地域に伝わる食文化の奥深さを伝えます。

s_170125_01.jpgs_170125_02.jpg

■紅大根の生産者
▽中尾 順光(なかお・のぶてる)さん
住所:長崎県長崎市木場町256
電話:FAX:095-824-1370
※紅大根の注文は、2月中旬まで受け付ける予定だそうです。

egawa.jpgのサムネイル画像

鬼は~外!福は~内!来週は節分ですね。皆さんは節分の日、どんなことをされますか?豆まきをして年の数ほど豆を食べる、恵方巻きを食べるなど・・・ありますが、今回は、それぞれの地域に伝わる伝統料理の中でも長崎で食べられている節分の食材「紅大根」を紹介します。地元では、鬼の腕に見立て退治するという意味で食べる習慣があるそうです。見た目はきれいな赤色で食卓も華やかになる野菜です。地域の伝統野菜が、今後も食べ継がれていきますように。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

福岡で急増! シェアオフィス最新事情


f_170124_01.jpg

いま福岡では、複数の企業がオフィスを共同利用する「シェアオフィス」が急増している。先月博多区にオープンした日本最大級のシェアオフィスは、プリンターなどが揃った事務スペースや会議室が一人月2万円から利用でき、福岡への出張が多い東京の企業やベンチャーなど61社が契約している。入居企業同士が得意分野を活かして共同で仕事を請け負う仕組みもあり、新たなコラボレーションが生まれている。
地方ならではの環境を活かしたものも登場。今宿にあるシェアオフィスは、空いた時間に目の前の海でマリンスポーツを楽しめ、仕事のインスピレーションが湧くとIT企業の社員などに好評だ。運営会社では、能古島やキャンプ場など、より自然豊かな場所に新たなオフィス作りを進めている。
“新しい働き方”を生み出すシェアオフィスの最新事情に迫る。

f_170124_02.jpg

■国内最大級のシェアオフィス
▽ザ・カンパニー
電話:092-710-7050
住所:福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F&2F

f_170124_03.jpg

■海辺の自然豊かな場所で働けるシェアオフィス
▽SALT
住所:福岡市西区今宿駅前1-15-18 マリブ今宿シーサイドテラス3F
※電話での問い合わせ・受付などはおこなっていません。

■賃貸オフィス物件の需要について
▽三幸エステート
電話:092-686-5311

f_170124_04.jpg

egawa.jpgのサムネイル画像

福岡市博多区にある国内最大級のシェアオフィスを取材して驚いたのは、オフィスのスペースをシェアするだけでなく、仕事のシェアも行っていたこと。シェアオフィスを利用する企業が参加している独自のSNSで情報交換し、異なる企業同士がチームを作って仕事を請け負う仕組みです。同じオフィス内で気軽に話し合う姿は、まるで同じ企業の同僚同士のようでした。それぞれの企業が得意分野を生かして連携できるところに、大きな可能性を感じました。
自然に囲まれたシェアオフィスもあります。オフィスの中で海を眺めて波の自然のBGMを聞きながら仕事に集中できる環境です。利用者の方は、何かを考えるとき、とても集中できるとおっしゃっていました。いろんな可能性を秘めたシェアオフィス!今後もどんどん増えていきそうです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時13分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

うみのみるく


また会えたのね。
春が来てお別れして、夏が過ぎ、秋が暮れ、そしてまた、私たちが出会った冬がやってきて、そして私の前に現れた。
君の名は。

i_160123_01.jpg

「カキ」くん!

福岡冬の風物詩、海沿いに建ち並ぶ「カキ小屋」、行ってきました。思えば昨シーズン、カキ小屋に初めて行き、カキ嫌いからカキ大好きへのコペルニクス的転換を図ったのでした。

i_160123_02.jpg

寒いからやめようかと思ったけど、来てよかったよ。感動の再会。燃え上がる思い。

i_160123_03.jpg

やっと会えたね。飛び跳ね防止のレンタルジャンパーは、心の輝き黄色くひかる。
そして僕らの恋を応援するかのようなウチワエビ

i_160123_04.jpg

華を添えるカワハギさん。

i_160123_05.jpg

ああ、食べ終わっちゃう。あと少しだけでも一緒にいたかった。

出会い、と言いますと、こんな出会いがありました
先日行われた福岡の各放送局のアナウンサーが一堂に会するという会合。
あ、あの番組のあの人だ、あ、この番組のこの人だ。
お話させていただくと皆さん魅力的な方ばかり。
そうした中で、私が意を決して「あの・・・写真、よろしいですか?・・」と言った方がいます。
こちらの方。

i_160123_06.jpg

KBC九州朝日放送の宮本啓丞アナウンサー。毎朝軽快なスタジオ進行で楽しませてくれる「アサデス。」メインキャスターです。
我が子はこの番組をみて学校に行くのを日課にしているんです。
NHKを見なさい、NHKを。と小言を言うお父さんを横目に。
そのお父さんは、最近家庭内地位の低下に悩み、この写真を切り札に復権を図ろうとしたのでした。

にしても、こんなおじさんの「写真よろしいですか・・?」という申し出にも、画面そのまま、とっても気さくに応じてくださった宮本アナウンサー、そのサービス精神、その回転の速さ、勉強になりました~。ありがとうございました。

カキは、大量の海水を吸い込んで、そこからたくさんの栄養を吸収してどんどん大きくなると言います。ようし、私もたくさんの出会いからたくさんの教えを吸収して、うまみのつまった人間になるぞ~!「海のミルク」カキに学んだ一日でした。

i_160123_07.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時54分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ぼくはいま


1月17日。朝5時46分。
目を閉じ、手をあわせます。阪神淡路大震災から22年。
テレビの画面の向こうには、神戸の慰霊のつどいの会場。ことしも、とても多くの方々が訪れ祈りをささげていました。「忘れてはいけないと思い、ここに来ました」。若い人たちの言葉に、うん、と頷きます。

突然奪われたいのち。ドン、という揺れで運命が隔てられた生と死。「あまりに突然のことで、自分がどうなったかわからんかったんちゃうかなぁ。でも、せめてそうあってあげてほしいなぁ」。亡くなった肉親の事をそう語るご遺族に何人かお会いしたことがあります。

昨日のブログで、「生きることを考える日」と書きました。

そうしたら、なんだかふと、家にあるDVDを見返していました。

i_170118_01.jpg

「エンディングノート」。数年前、かなり話題になった映画です。
企業戦士として働いてきた男性が、定年直後、第二の人生を歩み始めようとした時にガンであることが発覚。そこから彼の「終活」が始まります。自分の終わりへの段取りをノートにしてつづり、半年後に最期の時を迎えるという、ドキュメンタリーです。
死に向けて歩む日々。死が想定される一日、一日。薬を投与しながら、みるみる痩せてゆく身体で、それでも生き抜こうと必至の闘いを繰り広げる父を、映画監督の娘が時にユーモアを交えた語りで見つめて行きます。
支える家族も、「その時」に向けて少しずつ受け入れ、準備を進めます。

その時まで生きて生きて、命をつなぐ。
そしてまた、記憶の宝物を胸に抱いて、つながれた命を生きる。

最後に大好きな「ハナレグミ」の曲「天国さん」が流れます。
「最後に じいちゃんは 宝のありか 教えたのさ
心のありかは 気づけばいつも そこにあるんですよと‥」

i_170118_02.jpg

震災で突然絶たれた生と、準備を重ねて終わる生。

i_170118_03.jpg

ぼくはいま、きちんと生きているだろうか。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:12時38分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

2部昇格へ 福岡のプロバスケチームの挑戦


去年、新しいプロリーグとしてスタートしたバスケットボールの「Bリーグ」。福岡のチーム、「ライジングゼファーフクオカ」は、3部にあたるB3からのスタートとなりました。当面の目標は2部にあたるB2への昇格です。そのためには、3部の中で1位になって入れ替え戦に出場し、勝つことが求められます。また、昇格のためには、経営状況や集客、運営体制が整っているとリーグから認められ、「ライセンス」を受ける必要もあります。
スポーツコーナーでは、昇格を目指すチームの戦いぶりを紹介するとともに、集客面で工夫している様子や社長自らスポンサー巡りを積極的に行い、経営面での強化に奮闘する様子をお伝えしました。

【スポーツ担当・波多野記者の取材メモ】
▽プロバスケットボールについて
去年まで、bjリーグというプロリーグで活動していた福岡のチーム「ライジング福岡」は、バスケットボールのリーグが「Bリーグ」と新しくなったのに合わせて、「ライジングゼファーフクオカ」と名前を変えて、新たなスタートを切りました。
福岡のチームは、スポンサー集めなど運営面で苦戦が続き、Bリーグへの参入に当たってもリーグから経営面を不安視されて、一番下の3部からのスタートとなってしまいました。目標とする2部昇格に向けて、経営の安定化が必要で、そのためには入場料収入の増加とスポンサーの確保が欠かせません。ライジングゼファーの運営会社は、潤沢とは言えない人員の中で、なんとか観客やスポンサーを増やそうと、あの手この手で頑張っています。
福岡県は、去年も福岡第一高校が全国大会で優勝するなど、バスケットボールがさかんな県で、ライジングゼファーにも福岡県出身の選手が多く所属しています。チームには、日本代表の経験がある選手など、3部とは思えないほど豪華な選手たちが揃っています。チームの勝率は、ここまでリーグ1位で十分に昇格を狙える位置に付けています。また、バスケットボールは、ほかの競技と比べると会場が小さい分、選手たちを間近で見ることができますし、身長が2メートルを超える外国人選手たちは、毎試合のように迫力あるダンクシュートを見せてくれます。試合後には、選手たちとハイタッチをしたり、サイン会が行われたりといった企画も数多く行われています。野球やサッカーとはシーズンが異なるので、冬場でもプロスポーツを見たいという人は、ぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

s_170118_01.jpg
▲スピードあふれる突破を見せる地元、福岡出身の小林選手

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時31分 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク

PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)


この週末、いや、今年一番(まだ年が始まって15日しか経っていませんが)衝撃を受けたと言っても過言ではない動画が、某動画投稿サイトに公開されました。
その名も、PPAPならぬ『PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)』。
歌舞伎や文楽といった日本の伝統芸能を上演する、国立劇場が作成・公開した動画です。

和楽器の笛や太鼓の音、「いよーっ」という掛け声とともに始まる三味線の軽快な音楽・・・。
右手にペン、左手にはアポー(りんご)…ではなく塗三方(ぬりさんぽう)を持って登場するのは、国立劇場のマスコット「くろごちゃん」。
ピコ太郎旋風は日本の伝統芸能にまで広がっているのか、と驚かされました。
これをきっかけに日本の伝統芸能に興味を持つ人が増えるといいなと思うのですが…。
皆さんも宜しければぜひご覧ください!

PPAPといえば、お正月、小学生のはとこたちに「PPAPと恋ダンスを一緒に踊ろう」とせがまれ、逃げられなくなった私。
「思いっきりやるしかない」と、意気揚々と踊り始めたのですが、何かおかしいかも・・・?

h_170116_01.png

時すでに遅し。「なんか違う~~!」と笑われてしまったのでした。

そんな年始の苦い思い出も・・・

h_170116_02.jpg

「まぁいいか」と思わせてくれる、えびす顔。

「ロクいち!福岡」でもご紹介しましたが、先日、博多区にある十日恵比寿神社の「十日えびす」に行ってまいりました。

h_170116_03.jpg

この日は、博多券番の芸妓が参拝する徒歩(かち)詣りの日ということもあり、参拝待ちの人、人、人!

h_170116_04.jpg

前に進むのがやっとというほどでした。
さっそく「十日えびす」ならではのイベント、福引きにチャレンジ。

h_170116_05.jpg

鈴をもつえびす様の貼り子をいただきました。こちら「鈴鳴り」といって、「お客様が鈴鳴りになるように」という意味をもつそうです。
外れなし、全員に福が当たるこの福引きですが、世話人の方の「大当たり~!」という威勢のいい声を聞いていると、今年一年、幸せに過ごせる気がしてきます。

そして、恒例のおみくじです。かわいい形をしていますよね。

h_170116_06.jpg

結果は・・・

h_170116_07.jpg

おみくじのメッセージを受け止め、「心」を磨いて、充実した一年にしようと、気持ちを新たにした一日でした。

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:10時38分 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク

それでも


遅ればせながら、映画「この世界の片隅に」を観ました。

i_170116_01.jpg

覚悟の無い無謀さは、いつも弱い立場の人たちを踏みにじります。
止めるでもなしに自然と涙があふれ出ました。
博多の街のその帰り道、神戸のまちで聞いたある言葉が脳裏に浮かびました。
「それでも人は生きねばならんのです」

1月17日がやってきます。6434人が亡くなった阪神淡路大震災から22年という日
今から10年ほど前、神戸局にいた当時。週一回の震災インタビューコーナーや番組取材のために神戸の街を歩き回って、たくさんの方からお話を聞かせていただきました。

息子さん、娘さん、ご両親を一度に亡くしたご夫妻。消えゆく最愛の命を目の前で救えませんでした。
「そりゃあ、いつ、どの瞬間も、早く『あっち』に行きたいと思ってますよ」。とても穏やかな表情です。「でもね」。はい。「それでも我々、生き残ったから生きざるをえないんです。なんでやねんって思うけど。辛くてたまらんですけど、それでも人は生きねばならんのです」。
ふっと、笑顔になって、ご夫妻。「だから、だからこそね、毎日楽しく。いろんな事やらないと、生きる意味がないですやん」と。今も鮮明に思い出すやりとりです。

i_170116_03.jpg

下宿に出していた息子さんを亡くしたお父さんにもお会いしました。口癖は「あの世で再会した時、『おやじ、なかなかがんばったやないか』って言ってもらうために生きとります」。疲れてないですか?といつも心配するほどボランティア活動に打ち込んでいました。

1月17日は「防災とボランティアの日」です。でも、私は「生きることを考える日」だと毎年この日を過ごしています。

i_170116_04.jpg

震災追悼の竹灯篭に書かれた「命」の文字。

なんでそれでも生きねばならないんだ。でも、精一杯生きるんだ。自分のために、誰かのために。

いろんなことを教えていただいた、たくさんの人生の先生たちの顔が浮かびます。私のような者にはわかるはずもありませんが、でも、考えることは続けようと思います。
そうそう、神戸の「先生」から毎年末おしゃれなビールが送られてきます。

i_170116_05.jpg

ご夫妻代わる代わる「今年の出来はな・・・」というお電話の声。あの時話をしてくれた、穏やかな表情だろうな。美味しいんだ、これが。17日にいただきます。

神戸は、明日朝5時46分、祈りに包まれます。

i_170116_06.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:17時22分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

サバサバした心持ち


皆様サヴァ?
フランス語で「元気?」の意味です。おっと教養が溢れてしまいました。フランスに行って「ボンジュール」と挨拶しただけなのに、何度も聞き返された揚句両手を水平にして首を左右に振る「やれやれ」のポーズをされた井上二郎です。

サバ。そう、私はサバが好き。福岡のゴマサバ、最高。

i_16011102_01.jpg

でもやっぱり味噌煮かしら。

i_16011102_02.jpg

定食屋さんでサバの味噌煮とカキフライがあったら、どっちにしようかと身も引きちぎられる思い。お金さえあれば両方頼むのに・・。

そうだ。金運アップさせましょう。ということで、検索しましたところ、ここに辿りつきました。

i_16011102_03.jpg

福岡県篠栗町のお寺「南蔵院」です。
ここは、ブロンズ製では世界一の大きさの涅槃仏があることで有名なのですが、ご住職が宝くじで1億円を超える当選を果たしたことでも有名な「金運上昇スポット」らしいのです。
「人間は欲に手足のついたものぞかし」。井原西鶴先生すいません。
欲の塊が仏様のもとに歩みを進めます。

i_16011102_04.jpg

宝くじ当たったら、これ買ってこれ買って・・。えへへ。と、歩くこと数分・・。

i_16011102_05.jpg

巨大なものが見えてきました。
「こっ、これは・・・一体・・・」。言葉を失うそのスケール感。

i_16011102_06.jpg

大きい大きいと言われる私も、なんてちっぽけ。40メートルを超えます。頭に渦巻く螺髪(らほつ)も、一つがこの大きさ。

i_16011102_07.jpg

恐れながら足元に回り込むと。

i_16011102_08.jpg

仏足にはさまざまな紋様があり、これを触ると願いがかなうとか。

i_16011102_09.jpg

さらに左手から延びる五色の布を持つと、また願いがかなうとか。

i_16011102_10.jpg

うーんこれで一攫千金、しめしめ、うひひ・・。

・・とはならなかったんですよね。気持ちが。
なんだか仏さまのお顔を見ていると、全部ぜんぶお見通し、という思いに包まれ。

i_16011102_11.jpg

「変なことを考えず、一歩一歩が一番の近道だぞ」。
あいすみません。その通りです。金運を得に行って、心に金言を頂いてまいりました。
カネに目がくらんだ自らの愚かさに恥じ入りながら帰ります。

するとこんな出会いがありました。さば大師さま。

i_16011102_12.jpg

サバを手にお持ちです。「地道に働いて、時々大好きなサバを食べる。これ以上の幸せはどこにある。原点に戻りなさい」。大師様からも聞こえてきました。

サバから始まった旅の帰り道。篠栗の町には、こんな優しい仕掛けがありました。橋の手すりに設置されたこれ。

i_16011102_13.jpg

「メロディーブリッジ」と言って、鉄琴になっているんですね。奏でるのは「ふるさと」。

i_16011102_14.jpg

済んだ音色が冬の空気にこだまします。

i_16011102_15.jpg

優しい音と、優しい言葉が、心に沁みわたる一日でした。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時23分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

七草粥


1月7日といえば、七草粥。
7日の朝に、春の七草を入れたお粥を食べると万病を防ぐと言われています。
年末年始、ついつい食べすぎて胃腸を酷使してしまった私にはぴったりではないか…
ということで、七草粥を作ってみようと、七草セットを購入しました。

h_160111_01.JPG

「炊飯器でかんたんに出来る七草粥レシピ」という甘い誘惑に負けそうになりながらも、
せっかく作るならばと、「ガッテン!」で以前紹介された、究極のおかゆの作り方を参考に
作ってみることに。

まずは下準備。七草をぐらぐらと煮立った鍋に投入!

h_160111_02.JPG

サッと茹でたら、刻みます。

いよいよお粥づくり。
驚いたのが、達人はお米と水を一緒に火にかけるのではなく、
熱湯にお米を入れるのだそうです。
「ガッテン!」によれば、沸騰した熱湯に生米を入れると、外側のデンプンが一気に糊化(こか)して
“壁”のようになり、お米内部のデンプンが外へ漏れだしにくくなるとのこと。

h_160111_03.JPG

時々かき混ぜながら、火にかけること15分。

h_160111_04.JPG

最後に、七草を混ぜ、蒸らして完成!

h_160111_05.jpg

う~ん、真っ白なおかゆと青々とした七草の緑色のコントラストが食欲をそそります。
どろっとなりがちなお粥ですが、お米の粒がふっくらとしているのが見ただけでわかります!
職人のレシピは違うなぁ!と感じながらも口に運ぶと、お米の甘さがじんわりと広がります。
そして七草のシャキシャキした歯ざわり、そして青菜の香りがふわりと鼻に抜けます。
疲れた胃腸に沁みわたりました。
七草パワーにあやかって、今年一年、元気に過ごせますように。

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:10時33分 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク

大吉


故郷横浜の中華街の味わいは世界一だと思うな。初任地沖縄の沖縄そばは地球最後の日に食べたい一食かな。
洋食を食べるためだけに神戸に行く価値ありまっせ。東京の天ぷらは歴史を味わう満足感。そしていま、食の都福岡食べ尽くし中。人生を豊かにしてくれる土地の味。生まれ故郷と各勤務地の思い出は、その味とともに刻まれています。井上二郎です。ああベルトがきつい。

沖縄から沖縄そばが届きました。

i_170111_01.jpg

ネコにまたたび。男の子に棒。じろうに沖縄そば。食事の時間が来るまでもうソワソワです。小麦抜きのグルテンフリー中では、との声もありますが、それとこれとは別。グルテンフリー・フリーです。妻が作ってくれた沖縄の家庭料理「にんじんしりしり」と共に。

i_170111_02.jpg

ぱくり。

i_170111_03.jpg

この幸せ。もう一度一口目の直前に戻りたい

こんな感じで新春早々この上ない満足感に浸っておりましたが、実はわたくしにはこの年明け、満足できないことが一つだけありました。そう、「大吉」です。おみくじ大好きなわたくし。前回のブログで神様から切ないお言葉をいただいたことご紹介しましたが、きっとあれは何かの手違いだったのだろうと。

ということでやってきました、日本三大八幡の一つ福岡市の筥崎宮。

i_170111_04.jpg

あいにくの雨模様でしたが、多くの方が訪れていました。まずは厄があけたことを確認。決して人の災いを楽しんでいる顔ではございませんよ。

i_170111_05.jpg

そして1年無事に過ごさせていただいたお札などをお返しいたしました。

i_170111_06.jpg

心から、ありがとうございました。

そして。さあ、さあ。おみくじタイムがやってきました。

i_170111_07.jpg

さあ、さあ、結果は・・・。

i_170111_08.jpg

出たぁぁあーーーーー!!!!

i_170111_09.jpg

大吉でございます!!「引くの何回目だ?」ですと?いいんです。これはいいことあるに違いない。この調子、勢いはもう誰にも止められない

と、ふと隣を見ると、出ました、筥崎宮恒例の鳩みくじ。

i_170111_10.jpg

大きな催し物の時に当たりつきのくじが発売されます。海外旅行券始め豪華賞品が山のように。

i_170111_11.jpg

この勢いでやるしかない。

・・・と、ここまできて、このブログを何度かご覧いただいた方にとってはいつものパターンですので、はい、こちらです。

i_170111_12.jpg

ありがたい「獅子土鈴(ししどれい)」いただきました。でもこれ、ドンドンと太鼓を鳴らしていただけるような「当たり」の景品の一つでして、うれしく頂戴いたしました。

しかしながら一瞬でも「海外旅行・・」と欲をかいてしまった私。さすが神様はお見通し、くぎを刺しておられました

i_170111_13.jpg

はいすいません。仰せの通り、今年も地道に歩んでまいります。

i_170111_14.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時32分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

今年もよろしくお願いいたします!


みなさま、遅ればせながらあけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
年末年始はのんびりまったり過ごしました。

年末は、別府温泉へ。

h_170110_01.JPG

かねてより乗ってみたいと思っていた特急「ゆふいんの森」。
内装に木がふんだんに使われていて、なんだかリッチな気分になりました。

h_170110_02.JPG

年末年始ならではの飾りもありました!
車内限定のアイスがあると聞き、早速購入。

h_170110_03.JPG

大豆を使ったアイスです。口の中でとろける瞬間、豆乳の香りがふわっと広がり、後味はさっぱり。
車窓から景色を楽しみながらくつろぐ、贅沢なひと時でした。

別府では、別府名物のひとつ、泥湯を堪能しました。少しは美肌になれたかしら…。
そして、別府に行くからには体験しなければと思っていたのが、こちら。

h_170110_04.JPG

地獄蒸しです。温泉の噴気を利用して食材を蒸す、昔ながらの調理方法です。
エビやイカなどの海鮮や野菜、卵を蒸したのですが、普段家でガスを使って作る蒸し料理とは全く違い、驚きました!
特に感激したのは、イカのぷりぷりっとした食感と温野菜の甘さ。
素材の味がギュッと濃縮されて、ほんのり塩味もつき、ドレッシングをかけるのはもったいないと思わせられるほど。(源泉に塩分が含まれているためだそうです。)
こんなにおいしい温野菜があるのか!と目からうろこが落ちる思いがしました。

…気付いたら、食べ物の話ばかりになってしまいましたが、
正月三が日の最終日は、1年の豊作・大漁を占う筥崎宮の伝統行事「玉せせり」を見に行きました。

h_170110_05.JPG

h_170110_06.JPG

h_170110_07.JPG

この日はお天気にも恵まれ、沿道を埋め尽くさんばかりの観客が集まっていました。
競り子たちが「勢い水」を浴びながら、触れると幸運を授かるという木の玉を奪い合う様子は圧巻でした。
博多の祭りの一年はこの「玉せせり」から始まるともいわれていますが、
今年一年、県内各地で一人でも多くの方、そして一つでも多くその地域ならではの行事やものに出会う年にできるよう、気持ちを新たに頑張ります!!

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:10時59分 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク

昭和ジャンプ


新年、あけましておめでとうございます。
そう、あけましたー!何がって?わたくしの「厄」でございますよ。前厄、本厄ときて後厄の3連戦。長きにわたる戦いに終止符を打って、私の頭はお花畑のやう

i_170105_01.jpg
気持ち晴ればれ、本年も何卒よろしくお願いいたします。

そうそう、今年もたくさんの年賀状を頂きました。

i_170105_02.jpg

この場を借りて御礼申し上げます。
多くの方から「ブログ見てます」とのお声を頂戴しました。ありがたい限りです。と同時に、「最近更新が滞ってないですか」とのご指摘が。どっきーん。
いや、前にもお伝えしましたが、年末の3週間ほど、ぎっくり腰により番組出演以外の年末営業を休止しておりました。

i_170105_03.jpg

家族の隠し撮り。それにしても腰痛とはすごいもんですな。あらゆるやる気、元気、明日への一歩を奪っていきます。

そんな腰痛がようやく沈静化してきた年明け。
行ってまいりました。初詣。
訪れたのは、博多総鎮守の『櫛田神社』

i_170105_04.jpg

今年の腰の安寧等々を祈願しにいきました。
う~ん、さすがの行列。

i_170105_05.jpg

時々ストレッチをしながら並びます。反らない腰をうーんと曲げていると・・。楼門の天井に。

i_170105_06.JPG

「干支恵方盤」というそうです。毎年大晦日に縁起の良い方角「恵方」を指し示すという由緒正しい干支暦なんだそう。

i_170105_07.JPG

1時間ほど待って、無事参拝をすませました。

・・・と。
さあ、私のもう一つのメインイベントが始まります。
「おみくじ」です。このブログでも、おみくじを始め数々のくじに敗れてきたことをご報告してきました。厄があけ、もう来ちゃうでしょう。大フィーバーの1年が。

巫女さんに変な目で見られながらも長時間おみくじの入った升をぐるぐるかき回し続け。

i_170105_08.jpg

いざ!

i_170105_09.jpg

ハイっ!!

i_170105_10.jpg

ちょっと神さまぁぁぁーーー!!!!「秋風に散る木葉の如し」ってぇ!!いきなり「散る」ってぇ!!新年早々地味なキャッチフレーズを頂きました。ひどい、ひどすぎるわ。
読み進めても、追い打ちをかける神様

i_170105_11.jpg

はぁ・・・。
高望みせず、がんばろうと思う1年が始まりました。
お別れは、皆様への年賀状です。今年4月で福岡3年目を迎えます。「ホップ、ステップ、ジャンプ」の年。昭和生まれの私は、腰痛もちの「昭和JUMP」。切れの悪いダンスを踊りそうなネーミングですが、今年もよろしくお願いいたします!!

i_170105_12.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:13時12分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

やわらかコリコリ!絶品ナマコ


s_170104_04.jpg

冬の味覚、ナマコ。なかでも、長崎県・大村湾のナマコは、その身のやわらかさから、九州だけでなく、全国的にも高値で取り引きされています。
大村湾は四方を陸地で囲まれた、まるで湖のように静かな海。“琴湖(ことのうみ)”と称されるほど、波がほとんどなく穏やかなことから、やわらかく、それでいてかむほどに潮の香りが口の中に広がる上質なナマコが育つのだといいます。
漁期になると、大村湾には200隻もの船がいっせいに沖へ出ます。ナマコをとるおもな漁法は「桁(けた)網漁」。桁(けた)と呼ばれる金属製の枠のついた網を船で引き、海底に生息しているナマコをすくいとっていきます。
漁の成否を決めるのは「どこに網を入れるか」。岩の多い海底に網を入れてしまうと、岩に引っかかってしまう危険があるのはもちろん、石が網の中に大量に入ってしまうと、重くて引き上げられなくなってしまいます。
どの海域には岩が多く、どの海域には少ないか。それを見極める経験と知識がなによりも重要になってきます。
妻の勝子(かつこ)さん(73)といっしょに夫婦船を操る川林透(かわばやし・とおる)さん(75)は、10歳のころから大村湾に漁に出ていたという大ベテラン。川林さんの頭の中には、どこに岩があって、どこになめらかな土が広がっているのか、すべての海底の情報がインプットされています。川林さんにとって、大村湾はまさに自分の庭。対岸に見える山の形や潮の流れを確認しながら、的確にかじを切っていきます。
番組では、大村湾のナマコを使った、ちょっとめずらしいイタリア料理や、漁師ならではのナマコ料理も登場。旬を迎えた大村湾のナマコの魅力に迫ります。

■大村湾のナマコを使った料理を食べられるお店(VTR冒頭のお店)

s_170104_01.jpg s_170104_02.jpg

▽ラ カーサ ディ ナオ
住所:福岡市中央区薬院4-8-6
電話:(092)404-7030
ランチ:午前11時30分~午後2時
ディナー:午後6時~午後11時
店休日:水曜日

★大村湾のナマコは、各地の鮮魚店などで手に入れることができます。
お近くのお店にお問い合わせください。
下には、川林さんが所属している大村湾漁協の直売所の情報を記します。

s_170104_03.jpgのサムネイル画像

▽大村湾漁協直売所
住所:長崎県西彼杵郡時津町浦郷542-18
電話:(095)882-2415
営業時間:月~土 午前9時~午後5時
日・祝日 午前9時~午後4時


egawa.jpgのサムネイル画像

あけましておめでとうございます!
みなさん、お正月はどうお過ごしになったでしょうか?
私は・・・食べ過ぎました。怖くて体重計に乗っていません。
来月には、フルマラソンを控えているので絞らないと・・・

ところで、みなさん、ナマコはお好きですか?
お正月に食べたという方もいらっしゃるでしょうか。
ナマコというと、コリコリした固い食感がたまらないという方も、もちろんいらっしゃると思うんですが、コリコリが苦手な方もいらっしゃると思います。
今回は、そんな方にもおすすめの長崎県大村湾のナマコです!
コリコリした食感を残しつつ、やわらかいのが特徴です。そのおいしさから、子どもさんからも人気があるそうですよ♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲