2016年10月12日

あま~い おひさま!北原(きたはら)わせミカン


s_161012_01.jpg

福岡県みやま市伍位軒(ごいのき)地区で、一般的な「わせミカン」の5倍、5キロ1万円の高値(去年 東京中央卸売市場)で取り引きされた、わせ温州みかん「北原わせミカン」が作られています。特徴は一般的なわせみかんの糖度が10度前後に対して、「北原わせ」は12度。皮の色は、太陽の光を反射させて色づける工夫のもと、まるでお日様のような濃いだいだい色なんです。
この「北原わせ」が発見されたのは今から15年前。この地区でミカンを栽培している北原さん夫婦が、「枝変わり」した実を見つけたのがきっかけで新品種として登録されたのです。それから地域をあげてミカンの栽培が始まりました。ミカン栽培は軌道にのり、5年前からは地区の若者4人がUターンしてきました。中には結婚して子どもができた農家も。今では、若者たちでミカン作りの勉強会も開かれ、技術向上や販売戦力にとりくんでいます。番組では、活気を取り戻した山里の元気を伝えるとともに「北原わせミカン」のおいしさの魅力を伝えます。

s_161012_02.jpg

■北原わせミカンに関してのお問い合わせ
▽JAみなみ筑後
電話:0944-67-1211
FAX:0944-67-1213

■北原わせミカンを販売しているお店(10月13日から)
▽岩田屋(福岡市中央区)
▽博多阪急(福岡市博多区)
※詳しくは、JAみなみ筑後にお問い合わせください。

egawa.jpgのサムネイル画像

これから寒い時期になると、こたつでみかんを食べたくなりますよね。今回は、一足先にみやま市で作られている「北原早生みかん」を紹介します!早生みかんというと、緑色っぽくて味は酸味を感じると思うんですが、「北原早生みかん」は鮮やかなオレンジ色で甘いのが特徴です。東京と福岡の市場でのみ出回る貴重なみかん!みなさんもぜひ食べてみてください♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲