2015年12月

急告!!まもなくハイライト!


皆さまにとって、今年はどんな一年でしたかー?
よかった人にも、わるかった人にも、新年はおなじくやってきます。
井上二郎です。

わたくしも仕事納めに向け、いま、ばたばたで準備中です!!

i_151228_01.jpg

「ロクいち福岡ハイライト~あなたが決める今年の一番~」の放送に向けての準備。
さあ、きょう放送ですよ!
皆さまからたくさんいただいた、「今年の一番ニュース」の声をそのままパネルにして貼りだしてあります。
あんなニュースも、こんなニュースも。
なかにはこんなのも・・・。

i_151228_02.jpg

本当に、本当に、ありがたい限りです。
よし!きょうも、また来年も、頑張ろう!!

ちなみに、「一番」にこだわったこの番組の担当者は、NHK福岡「一番」のイケメン、加藤ディレクター。

i_151228_03.jpg

私のねたみ心をくすぐってあまりあるルックス。さわやかな振る舞い。まだ若いのに冷静な仕事ぶり。
すべてを持ち合わせているな・・。世の中公平じゃないとは聞いていたが・・。

i_151228_04.jpg

まあ番組成功のために、今回は許そう。

では、加藤くん、どうぞ。
「番組では、さまざまな新しいチャレンジをしています。おっ、いつものロクいちとは違って新しいな!と思っていただければ幸いです。是非、ご覧ください!」。
コメントまできちんとした奴め~。
とにもかくにも、みなさま、本日、ご覧ください!!

そして、よいお年をお迎えください!!!
また来年もよろしくお願いします!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時15分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

「あさ」がいた!? 炭坑の名残を訪ねて~ 飯塚市 ~


大人気のNHKの連続テレビ小説「あさが来た」。主人公あさのモデルとなっている実業家・広岡浅子は、飯塚市の炭鉱と深い縁があった。飯塚市観光協会では、そんな広岡浅子の足跡をたどるツアーを企画。春まで予約がいっぱいと、大人気となっている。
 名だたる豪商・三井家に生まれ、「男女の能力や度胸に違いはない」との信念で実業家の道を進んだ浅子。35歳のときに炭鉱ビジネスに参入し、飯塚市の潤野炭鉱へ来た。ドラマで描かれたように坑夫と生活を共にし、懐にはピストルをしのばせていたという。ツアーでは、潤野炭鉱などの跡地を訪問。潤野炭鉱が売却された後の工業所の門や写真などの記念碑にも探訪。わずかな名残をたどる。また、ドラマでは炭坑の爆発事故が描かれたが、実際には浅子がこの炭鉱を売却した後、潤野炭鉱でも爆発事故が発生。その慰霊碑が今も残る。「あさ」をきっかけに再び光が当たる、炭鉱の町の歴史をたどる。

y_151225_01.jpg

■ツアーについて
▽飯塚観光協会
住所:〒820-0040 福岡県飯塚市吉原町6-1あいタウン2F
電話: 0948-22-3511
FAX : 0948-22-2528

y_151225_02.jpg

mariko.pngのサムネイル画像

飯塚に栄えた炭鉱施設の多くは、今となっては建物の一部やわずかな痕跡しか残っていません。
ところが、空き地に放置された一見何でもないコンクリートが石炭を引き揚げる「巻き上げ機」の一部だったり、民家の中に巨大な石炭が飾られていたり・・・注意して探してみると、いろんな発見がありました。
気分は“ブラタモリ”のタモリさん!
みなさんも飯塚の町を歩き回って、かつての痕跡を発見してみませんか?

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

怒りの味


きょうはまずこの写真!

i_151225_01.jpg

美味しいのは疑うまでもありませんよね。焼き牡蠣。はい、美味しかったです。しかも抜群に。詳細は「カキ」の通り。

漁港にたたずむ中年一人。

i_151225_02.jpg

井上二郎でございます。行ってきました、福岡冬の風物詩、「カキ小屋」に。冬の味覚カキや海の幸を目の前で焼いて食べるカキ小屋。福岡の西、糸島市の漁港に10数軒が軒を連ねているんです。

i_151225_03.jpg

漁港も小屋も、カキ、カキ、カキ。

i_151225_04.jpg

着席すると、熱せられてカキがパーンとはじけることがあるため、黄色い上着の着用を勧められます。

i_151225_05.jpg

こんなにたくさんのカキがあって、一盛りなんと1000円!他の品々もリーズナブル!

i_151225_06.jpg

いや~。

i_151225_07.jpg

ぱくり。

i_151225_08.jpg

素晴らしく美味しいものを口に入れた瞬間、大学時代の記憶が蘇りました。居酒屋さんでアルバイトをしていた時の事。バタバタと仕事を終え、清掃をしたのち、皆で一杯という時の話です。「やんちゃ街道をひた走ってきただろうな~」というリーゼントの先輩が、キンキンのビールを飲むと決まって言っていたセリフです。(以後ちょっと乱れた言葉ですいません、NHKなのに)「くぁ~、ちきしょー、ムカつく、ああ!」。なんで怒ってるんですか?と聞く私に、先輩曰く、あまりの喜びに感情がコントロールできず、感動が怒りに転化してしまったとのこと。いろいろあるんすねー、なんて言っていた自分も、今、なんとなく先輩の思いがわかります。
感動が突き抜けた先の、怒りの味。

i_151225_09.jpg

おいカキ!お前ジューシー過ぎるぞ!!

i_151225_10.jpg

エビめ、いい加減にしろ!プリプリにも程があるだろう!!

i_151225_11.jpg

カワハギ刺身だと!?さらに肝を絡めろ?小憎らしいことを企みやがって・・・。

i_151225_12.jpg

こらアジ!びっくりするじゃないか!!事前にこの鮮度を言っておいてくれよ!!

・・・あら?なんか違います?まあとにかくとにかく、感動の味でございました!!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時40分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

お正月がやってくる ヨォ!ヨォ!ヨォ!


「もーいーくつねーるーとー、お正月~。お正月には、・・・えっと、帰省の交通費と親せきの子供たちへのお年玉と、年始挨拶の品々で、合計・・・」。すいません、現実的な井上二郎です。

さあ、誰のもとにもお正月がやってきます。
お正月の準備といえば・・。こちら。

i_151224_01.jpg

なんと、餅つき。
お呼ばれして、行ってまいりました。餅つき。わたくしも何度目かの体験です。
立派な臼と杵に・・。

i_151224_02.jpg

お手製の蒸し器!薪で!

i_151224_03.jpg

蒸し器のお湯には大根が。

i_151224_04.jpg

お湯が無くなると、大根が音を立てて、いわば『空炊きセンサー』の役割を果たすんですって。

と、ここまで来て、参加者に若者が多かったため、「まず掛け声は何ていえばいい?」みたいな疑問が湧き上がるわけです。しかしそこは最近の若者。「『餅つき、掛け声』で検索してみます!」。さすが。
その結果。
「えいっ、ほっ」。

i_151224_05.jpg

「いいですね!」という年長者を敬う掛け声も頂きながら餅をつき。
餅をこね。

i_151224_06.jpg

私は中座しましたが、みんなで7升のもち米をついたそうな。

i_151224_07.jpg

いろいろあった2015年も、あともう少し。
皆さまに、少し早い、愛の感謝を。

i_151224_08.jpg

はい、そこっ、オヤジのハートは気持ち悪いって言わない!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時21分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

解明!神秘の山・英彦山の全ぼう


初詣に、神聖な山に登るのはいかがでしょうか?かつて九州一円から信仰を集め、日本三大修験道の山とされた「英彦山」。多くの山伏が住んでいたと言われながら謎に包まれてきた山の全ぼうが、5年に渡る研究で解き明かされつつあります。ヘリコプターからレーザーを照射する最新の技術で調査を行ったところ、山の斜面に800を超える家屋の跡が!浮かびあがる“霊山”の姿に迫ります!

【問い合わせ先】
■英彦山神宮
住所:添田町大字英彦山1
電話:0947-85-0001

f_151222_01.jpgのサムネイル画像

■財蔵坊(添田町歴史民俗資料館)
住所:添田町大字英彦山1249
電話:0947-82-5965
※開館は土・日・祝、冬季の開館日は要問合せ

f_151222_02.jpgのサムネイル画像

nozomi.pngのサムネイル画像

天狗伝説が残る添田町の「英彦山」。私も祖母の家があることから、
小さい頃から、大勢の山伏が住んでいたという話を聞いたことがありましたが、今回の調査で、その伝承を裏付けることができました!
英彦山の山奥に800を超える山伏の家があったとは・・・本当に驚きですね。
実際に英彦山に登ってみると、かなりの雪が積もっていて、
福岡とは思えないほどの一面の雪景色。
それだけ標高の高い場所に山伏が住んでいたことを実感できました。
今後、国の史跡指定を目指して、さらに調査を進めていくというとこで、
英彦山は、ますます注目されていきそうです!

f_151222_03.jpg

f_151222_04.jpg

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

クリスマスがやってくる ヤア!ヤア!ヤア!


「きっと君は来ない~、思えば『君』なんていなかった~♪」。字余り。井上二郎です。将来偉くなって、「クリスマスイブは家族、もしくは一人で過ごす条例」を制定しようと思った15の夜。
さあ、誰のもとにもクリスマスがやってきます。ここ福岡は、こちら!
i_151222_01.jpg

i_151222_02.jpg

クリスマスマーケットでございます。ドイツで盛んなこの催し、そのまんまの雰囲気が福岡天神にもやってきました。クリスマスの小物やギフト類、食事やお酒が売られています。なんておしゃれ。これは盛り上がるわ、カップルさん。ふん。
会場は温かい光に包まれているのですが、そこかしこにサンタさん。

i_151222_03.jpg

おじさんの楽しみと言えば、いろんなサンタさんのセリフを想像するくらい。
たとえば。

i_151222_04.jpg
「えぇ?26日じゃダメなんですか?」

i_151222_05.jpg
「お風呂にするー?それともご飯にするー?」

i_151222_06.jpg
「ご冗談でしょう。残りは来月まで待ってくれですって?」

i_151222_07.jpg
「前金制デース」

i_151222_08.jpg
「急発進」

i_151222_09.jpg
「ここに落ちたんですよ、労災でしょう?なのに慌てん坊扱いされたんだ、私は!」

またつまらぬことをすいません。皆さまに素敵なクリスマスが訪れますように。福岡市民のクリスマスツリーです。

i_151222_10.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時22分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

新年を艶やかに!"筑前クロダマル"


「筑前クロダマル」という黒大豆をご存じでしょうか?
筑前町が8年前から栽培に取り組んできた新品種の黒大豆で、アントシアニンが豊富で艶やかなのが特徴。新年のおせち用に、収穫の真っ最中を迎えています。
町ではクロダマルを盛り上げようと、90を超える加工品を誕生。さらに、栽培にも親しんでもらおうと、町の小学生たちが学校で栽培、先日収穫を行いました。町の新たな名産として売り出そうという、艶やかな筑前クロダマルの魅力をご紹介します。

y_151218_01.jpg

y_151218_02.jpg

■筑前クロダマルについて
筑前町役場 農林商工課 特産振興係
電話:0946-42-3111

■新豆「解禁日」イベントについて
12月19日(土)朝9時~ 筑前町ファーマーズマーケットみなみの里
住所:朝倉郡筑前町三並866
電話:0946-42-8115
・「筑前クロダマル」の平成27年産新豆の、収穫と解禁を祝うイベントが開催されます。
くわしくは、筑前クロダマル生産組合まで。
電話:0946-42-2194

y_151218_03.jpg

mariko.png
“クロダマル”という武将のようなカッコイイ名前から、「どんな豆なんだろう?」と以前から気になっていて、やっと実物に出会えました!
さやを揺らして「カラカラカラ・・・」という音が聞こえたら収穫の相図。
成熟しきって乾いたさやから美しい黒豆が出てきた瞬間は、思わず「わぁ~!」と声をだしてしまいます。
おせち用の煮豆は上品な甘みがあり、すがすがしい気持ちで新しい年のスタートをきれること間違いなし!
筑前町ではおせちだけでなく、“黒豆ごはん”や“がんもどき”、“クロダマルきな粉をかけたヨーグルト”など、普段の生活の中でクロダマルが大活躍♪
みんなから愛される“クロダマル”は、まるで筑前町のヒーローです。

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

ダイスキランキング!


なんと!心霊写真です、みなさん!!心霊写真が撮れました!
ほら!!

i_151218_01.JPG

スポットライトがあたって一層美しい雨宮萌果アナウンサーのうしろ!ピースサインの中年の亡霊!心霊・・・、しんれ・・・。・・・いいんです。ほっといてください。以前、「ノーフラワー」というありがたくないあだ名を頂戴したこともある井上二郎です。華がないのは自覚してますから。記念写真が心霊写真に見えても、私泣かない。

さて、アホな話はさておいて、何をしているのかといえば、「福岡ダイスキ!ランキング」という番組のナレーション収録のシーンです。雨宮アナをメインに、私もちょこっとだけ、参加しているのです。

i_151218_02.JPG

番組の進行はこの方々!漫才師パンクブーブーのお二人!

i_151218_03.jpg

福岡出身の黒瀬さんと、大分出身の佐藤さん。
「おでんの具、何が好き?」とか、「ラーメンの硬さ、何が好き?」とか、各テーマを県民の皆さんに伺って、それをパンクブーブーと多彩なゲストの皆さんで味わうという番組です。

ちなみに。
福岡放送局1階には、各界の皆さんが「福岡の大好きなところ」を自らの写真に書きこんで掲載しております。

i_151218_04.jpg

こんな男も。

i_151218_05.jpg

ポーズは常にダブルピースで精一杯の明るさを演出。
でも心霊だけに、怪奇現象で後ろのテレビも電源が落ち真っ暗に・・・。もういいですか。

とにもかくにも、笑顔満載の「福岡ダイスキ!ランキング」是非ご覧ください!!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:13時40分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

年末商戦で人気!"男性向け"サービスって?


お正月やクリスマスにむけて賑やかになるのが百貨店などの商業施設。そこでいま売り上げを伸ばしているのが紳士服です。さらに洋服だけではありません。これまでなかった“男性向け”の商品が生まれ、売り場は拡大、サービスも広がっています。
オシャレに敏感な男性に限らず、幅広い年代の人気を集めているサービスの現場を探ってきました。

■メンズスタイリストサービス
▽博多阪急 
電話:092-461-1381 (利用するには事前予約が必要です)

f_151215_01.jpg

■男性向けの美容商品
▽雑貨館 インキューブ
電話:092-713- 1092

f_151215_02.jpg

■メンズコスメ 肌診断サービス
男性専用のメンズコスメブランド:アラミス(岩田屋本館 1階) 
▽岩田屋三越
電話:092-734-3133

f_151215_03.jpg

f_151215_04.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像

男性用のデオドランド商品にファンデーション、さらにはマニキュアまで!
男性をターゲットにした商品やサービスに力を入れて、売り上げアップを目指すお店が増えていました。
井上さんに体験してもらった紳士服のスタイリストサービスでは、普段カジュアルでかわいい系な服装の井上さんが、ダンディな『大人カジュアル』に大変身!ウィンドウショッピングが好きな女性に比べて、選ぶのが面倒だったり、普段着る服と違うものになかなか挑戦出来ないという男性には、役に立つサービスだと思いました。
そして化粧品売り場のお肌のカウンセリングサービス。女性ばかりの化粧品コーナーに行くのに抵抗があると話していた井上さんですが、お肌の悩みも相談出来て、満足したご様子。オシャレや美容は女性だけのものというイメージ、今後ますます変わっていきそうです。
それにしても、男性が身だしなみに気を使うようになると、女性はさらに先に行かないといけなくなるかもしれませんね・・・笑。

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

おかえり


疲れて外から帰ってきた時、お風呂に入るたび「あぁー、うぉえー」みたいな奇声が出てしまい、かつ年々ボリュームが大きくなってきている井上二郎です。あともう一歩で「極楽じゃー」が付け加わります。

先週末、東京に行ってきました。ナレーションの収録です。12月23日(水)BS1スペシャル「もうひとつのショパン国際コンクール」という番組。5年に1度のコンクール、ピアニストともにしのぎを削る日本人調律師たちの戦いを追ったドキュメンタリーです。

i_151215_01.jpg

この番組、以前出演していた「知恵泉」という番組で上司だった方が担当していて、その御縁で声をかけてもらいました。久々の再会は「おかえり。どう最近」という言葉からでした。なんとかがんばってます、先輩。


収録の合間に、仕事でよく一緒になっていたディレクターとお茶を。
「おかえりなさい。久々ですね」。奥様がケーキを焼いてくださいました。教室を開くほどの腕前で、これはビールを使ったクリスマス用のケーキだそうです。

i_151215_02.jpg

またご一緒したいですね、仲間として。


無事に仕事は終わり、飛行機の時間まで、30年来の幼馴染と。
「おかえり。もうちょっとゆっくりできないのかよ」。すぐまた会えるって、友達だもの。


バタバタと福岡に帰ると、駅で、待っててくれました。
「おかえり。きょうサッカーでね、ぼくね・・・」。ただいま。福岡に帰ってきたよ。

i_151215_03.jpg

知らず知らずのうちに、「おかえり」を言われる人も、場所も、増えているんですね。
「おかえり」。「ただいま」。帰る人がいて、迎える人がいる。温かい言葉で、私は大好きです。

つながりを大切にして、ほっとできる所で手足を伸ばして、そんでまたあしたから「行ってきます」!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時59分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

あなたが決める 今年のいちばん!


仕事帰りで帰宅した私に、息子が「はげ踊り、はげ踊り、伝統芸能はげ踊り」と舞を披露しながら迎えてくれた後、立て続けにトレンディーエンジェルの頭髪ネタ漫才の真似をしてくるので、焦りから思わず「うるさい」と叱ってしまったのが先週のハイライト。井上二郎です。対策はしています。

なんだか若い方々の間で、その日一番面白かったりときめいたりしたことを、「今日のハイライト」と言ってSNSに投稿するのが流行りだとか。

局内を歩いていると・・・。

i_151214_01.jpg

こんな部屋が。

i_151214_02.jpg

こんなところにも「ハイライト」。そう、「ロクいち福岡」では、12月28日(月)に、今年の総決算、ニュースハイライトをお伝えいたします!!
タイトルは。

i_151214_03.jpg

「ロクいち福岡!ハイライト~あなたが決める今年のいちばん!~」
ことし、福岡もいろいろなニュースや話題がありました。ホークス、アビスパ、戦後70年、爆買い、世界遺産・・・。様々ありましたよね~。そのなかで、皆さまが印象に残った「いちばん」ニュースを大募集しております。みなさんとともに作り上げる「ニュースハイライト」でありたいと思っています。
豪華ゲストも・・・?!

宛先はホームページまたはお葉書(〒810-8577福岡市中央区六本松1-1-10「年末ハイライト」係)もしくはFAX(092-771-8579)です!
ぜひ、ご応募くださいませ!

あ、ちなみに私の「今年のいちばん」はと言えば・・。
勿論。

i_151214_04.jpg

福岡に来たこと。
この楽しさをかみしめながら、このつぶつぶもかみしめながら、この土地との出会いに感謝して、来年に向かおうと思うのです。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時27分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

身も心もあたたかく!ドイツ流クリスマス


y_151211_01.jpg

12月最初の「よかなび」のテーマは、クリスマス!
JR博多駅前と福岡市役所前の広場では“クリスマスマーケット”が開催中。
クリスマスマーケットとはドイツ発祥の伝統的行事で、町の広場に飲食店や雑貨屋が並び、12月25日のお祝いに向けて準備をします。
今回は、ドイツ人スタッフの案内で天神のクリスマスマーケットを堪能。
ドイツのクリスマス文化にふれてみませんか?

【 福岡クリスマスワールド2015 】
2か所でクリスマスマーケットを開催中( どちらも12月25日(金)まで )

y_151211_02.jpg

■JR博多駅前広場
平日:午後5時 ~ 午後11時 / 土日祝:正午 ~ 午後11時

y_151211_03.jpg

■福岡市役所西側ふれあい広場
平日:午後5時 ~ 午後10時 / 土日祝:正午 ~ 午後10時

( 問い合わせ先 )
福岡クリスマスワールド推進委員会
電話:092-516-4025

y_151211_04.jpg

mariko.pngのサムネイル画像

私が聞いたドイツの人の話では、「ドイツの冬は寒さがとても厳しくて、外に出るのもつらいけれど、クリスマスマーケットは身も心もあたたかくしてくれる。だからみんなが笑顔で集まるんだよ」ということでした。
足を運ぶたびにクリスマスが楽しみになる“クリスマスマーケット”。
寒さでちぢこまった体をあたたかく幸せな気分に変えてくれる魔法をもっているような気がしました・・・☆
 

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

札走


「師走」ではないんです。私の中では。「札走」です。
12月。なんで私の手元からお金が走って逃げるのでしょうか。こんなにも好きな気持ちを伝えているのに、なぜ君は逃げたがる。そう。札が走って逃げるんです、12月。井上二郎です。

今年もあとわずか、早いものです。このイベントも迫ってきました。

i_151211_01.jpg

12月20日九州大学で公開収録される「着信御礼!ケータイ大喜利イン福岡」でございます。
以前このブログでも私のつたない大喜利をご披露しました。
今も二つのお題の募集が行われているんですよ。ということで。

お題「セレブすぎる屋台。どんなの?」
はい。

i_151211_02.jpg

相変わらずのクオリティーの低さですいません。身を呈して番組宣伝をする愛社精神を発揮してみました。

あぁ、それにしても年末、この金欠でどう乗り切りましょう。
そうだ、あれ買いに行こう。10億円くれる、あれ。
買っちゃった。えへへ。10億円あたったらどうしようかしら。

i_151211_03.jpg

ぱっと思いつく「10億円あたったら」。
この流れですので。
はい。

i_151211_04.jpg

i_151211_05.jpg

i_151211_06.jpg

ひそかに大喜利ハマってるだろうって?滅相もございません。アタマの出来が違います。
ケータイ大喜利、放送は1月10日0時5分から。素晴らしい作品の数々、テレビの前で大笑いしましょう!
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:14時42分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

お勉強


ビフォー
o_151209_01.jpg

アフター
o_151209_02.jpg

先週末、思い立って髪を切りました!
いやぁ、すっきり。

先月は2回も風邪を引いてしまったのですが、
ようやく風邪から解放されて元気になり、髪も切って「新しいわたし!」という感じです。

髪を切ってリフレッシュして早々、良いことがありました☆
実は、今年の春から、細々と英語の勉強を再開したのですが・・・
先月TOEICという資格試験を受験したところ・・・

勉強を始めたこの春と比べて、150点アップしていました!

やった~嬉しい~~


「5年後の東京オリンピックまでに、母国語以外で深い話ができるようになりたい」
という目標を立てているので、ほんのちょっと、ちょっとだけですが前進した気がします。
まだまだ道のりは長いですが、千里の道も一歩からということで。
成績の伸びと比例するように、勉強の夜食に博多ラーメンをたくさん食べて、体重もやや増えました。

次は、風邪を引いて、まったくはかどっていなかった福岡検定の勉強に本腰をいれねば・・・

人生いくつになっても勉強の日々、です。
 

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:16時21分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

福岡から広がる"サードウェーブ"って?


f_151212_01.jpg

寒い冬、飲みたくなるのが、温かいコーヒー。今コーヒー業界では、「サードウェーブ系」という、豆の産地にこだわり、1杯1杯丁寧にいれる新しい動きが流行しています。そんな中福岡では、8年前から独自の広がりを見せていて、「コーヒーの街」として世界に発信しようとしています。福岡から広がる「サードウェーブ」とは?探ってきました。

■今年7月にオープンした“サードウェーブ系カフェ”『フスクコーヒー』
場所:福岡市中央区谷1-12-30
営業時間:7:00~18:00
店休日:水曜日
電話092-406-7745

f_151212_02.jpg

■福岡の喫茶店やカフェの経営者の勉強会

『COFFEE FUKUOKA(コーヒー福岡)=COF-FUK(コファック)』
 
f_151212_03.jpg

■番組で紹介した、全国大会で優勝したコファックのメンバー
・ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ2014優勝者 田原照淳さん

f_151212_04.jpg


nozomi.pngのサムネイル画像

“コーヒーの街・福岡”を目指して!
今回の「サードウェーブ」のブームを通して、コーヒーにもファッションのように、
時代とともに流行があり、奥深いことを知りました。
豆の産地にこだわり、「個性」を重視するコーヒーの文化が福岡ですでに広がっていたことにも驚きました。それぞれ別のお店を経営するライバルでありながら、
ともに情報を共有し、切磋琢磨できる「コファック」の皆さんは、
本当に懐が深く、改めて福岡の良さを感じます。
そしてコーヒーの味を当てる競技。私も体験させてもらいましたが、さっぱり分からず・・・。チャンピオン田原さんの一瞬で味を見極める技はさすが!盛り上がりました!
コーヒーのトレンドを福岡が引っ張っていくと、ちょっと誇らしいですね。

f_151212_05.jpg

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

勇気をくれるもの


きょうまずはこの写真。

i_151208_01.jpg

井上二郎もついに抽象の世界へ・・。ではなく、このブレブレ。サッカー、アビスパ福岡J1昇格の決定的瞬間をカメラに収めようと携帯電話を握りしめていたものの、大興奮の渦の中撮れていたのがこれだった、という話でございまして。
ニワカファンと言われても何と言われても、嬉しいものは嬉しいんだもの。おめでとうアビスパ福岡J1昇格!
その瞬間を福岡市民皆さんと見届けようと、スポーツバーにて観戦しておりました。

i_151208_02.jpg

昇格を決めたのが日曜日。それにしてもこの土日はめまぐるしい土曜日と日曜日でした。
まず土曜日。年末特番のため、作家の五木寛之さんにインタビュー。わが身の不明さに恥じ入りつつ夕方収録終了。⇒そこから妻子と約束していたDreams Come Trueのコンサートにダッシュ。行きがてらタクシーの運転手さん「あの、ドリーム、あの、トルーのやつですか」。なごみながら会場入り。大ファンの妻は私の到着などそっちのけでしたが、よかったよかったで終了。⇒そこから子どものサッカーチームの大忘年会へ。40人を超える声が飛び交い、来年もよろしく、で終了。
で、日曜日。福岡国際マラソン。我が家のすぐ近くを世界記録保持者が駆け抜けるということで、応援へ。

i_151208_03.jpg

にしても。先日マラソンを走った身としては、「マラソンとはこういうものなのか」という感動に包まれました。

来た、と思うと。

i_151208_04.jpg

行った。それは一瞬。

i_151208_05.jpg

私がやっていたのは早歩きだと痛感させられました。ほんとに。

で、長くなりましたがその後アビスパの応援に駆け付けたのでした。
結果は、もうこれ以上ないという劇的なもの。
周りの涙につられて・・・。ニワカに泣く資格なんてないかもだけど・・この際。

i_151208_06.jpg

なんだか色々あった年だったけど、来年はいい年になりそうな気がしました。
アビスパ昇格、ホークス優勝、ラグビー活躍・・・、スポーツが力をくれた1年。福岡の地が元気をくれた1年。感謝感謝で今年もあと少し、精一杯楽しもうと思うのでした。
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時18分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ロクいちグッズ!


老いを感じること。くしゃみの際、「へっくしょーい、チキショー」という一連の文言が自然と出るようになったこと。そしてその後鼻水が出てると思って鏡を見たら、白髪の鼻毛が出ていたこと。
風邪などひいてませんか。井上二郎です。

グッズができたそうです!ロクいち福岡の待望のグッズがぁ!!

i_151204_01.jpg

なんとそのグッズとは。
マスク。

i_151204_02.jpg

「ロクいち福岡」をより多くの方に知っていただこうと、お配りしているものだそうです。「だそうです」というのも、私もこの1枚しか持っていないのです。レアだわ~。

なんと表紙には、このブログコーナーも宣伝。

i_151204_03.jpg

この下らぬ文章満載の(近江さんのは格調高いですよ)ブログをプッシュしていただけるとは・・。感涙です。

それにしても、マスク。渋いチョイスですねぇ。
質実剛健。わたしにぴったり。

そうそうマスクと言えば。

ドレミファドン。

i_151204_04.jpg

ジムキャリーのMASK。

i_151204_05.jpg

ああ、またやってしまった・・・。思いつく方向が、アホな方に、アホな方に行ってしまう・・。
もうしません、すいません。

寒い季節、風邪などひかぬよう、ご注意くださいませ。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時43分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

高齢者の地方移住 先進地では・・・


今回のテーマは「高齢者の地方移住」。東京など、都市部の高齢化が進むと、医療や介護施設の不足が深刻化するとして、国が後押ししています。先月、政府は移住の取り組みを支援するため、総額1700億円の交付金をもうけました。その対象の一つとなった住宅街が、福岡県朝倉市にあるとのこと。どんな街なのでしょうか。

f_151201_01.jpg

■美奈宜の杜の住宅・生活に関して
・無料体験宿泊を随時受け付けています。
▽西日本ビル株式会社(美奈宜の杜販売センター)
住所:〒838-0020 朝倉市美奈宜の杜5-12-20
電話:0120-005-337

f_151201_02.jpg

nozomi.png
今、国も後押ししているという「高齢者の地方移住」、そのモデルケースとも言うべき住宅街が、朝倉市にあるということで訪ねました。
20年近くかけて作られたコミュニティには、様々なサークルやイベントがあって、皆さん、アクティブに生活していました。住んでいる人の4割は、県外からの移住者。
千葉や神奈川など関東から移住してきた人も多くいます。
理由は、田舎ならではの自然に惹かれたという点と、もう1つ多かったのは、みんな外から来ている人が多い分、気兼ねなく打ち解けやすいという点。
暮らしに満足している一方で、買い物や病院などは車がないと不便だという声も。
今はいいけれど、将来に対する漠然とした不安がある・・・。
医療や介護など体制を充実させて、こうした住民の不安を乗り越えられるか、今後の対策に注目が集まります。

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

ページの一番上へ▲