2015年10月

子どもドクター!医療体験


このところ朝晩寒くなってきて風邪をひいてしまう季節です。もし病気になった時にたよりになるのがお医者さんです。来月3日の文化の日に、久留米で小中学生たちを対象にした医療について学ぶ特別教室が行われます。その名も子ども医学部。2年前から商店街などで開いている体験型の医療教室で、子どもたちは、外科や内科をはじめ、様々な専門的な医療を体験します。講師をするのが市内で活躍している現役の医師。どんな授業行われるのか、今回一足先に体験してきました。

y_151030_01.jpg

■子ども医学部が行われるイベント
▽DR.BUNBUN
開催日:11月3日(火)
場所:久留米都心部商店街および東町公園
事務局:久留米市中央町38-17(音成神経内科・内科クリニック内) 
電話:0942-36-6856

■子ども医学部を企画した医師
▽医療法人 音成神経内科・内科クリニック
住所:久留米市中央町38-17 
電話:0942-36-4931

y_151030_02.jpg

■子ども医学部で外科の講師を務める医師が働く病院
▽JCHO久留米総合病院
住所:久留米市中央町38-17 
電話:0942-33-1211

y_151030_03.jpg

■くるめ・ぬいぐるみ病院の活動を行っている医学生が通う大学
▽久留米大学医学部
医学部事務部庶務課:福岡県久留米市旭町67
電話:0942-31-7527(庶務課)

y_151030_04.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像

子どもたちが様々な科目の医療を体験できる「子ども医学部」。
現役のお医者さんが、実際に使っている医療器具などを用いて行う。
本格的な体験型の授業です。今回私は、その中で外科を体験させてもらいました!
腹くう鏡手術で使う器具の操作は、肉眼ではなく、カメラを通しての操作なので
遠近感がつかめず、本当に難しかったです。お医者さんのすごさを改めて痛感しました。
そして、もう一つ体験した、久留米大学の医学生が行っている「ぬいぐるみ病院」!
ぬいぐるみを患者に見立て、子どもたちがお医者さんになりきるこの授業は、
診察を重ねる中で、子どもたちが、何の病気で、どんな治療が必要なのか診断していく
内容になっていて、本物の聴診器などを使用するリアリティを追求したものでした。
子どもたちもお医者さんになったつもりで楽しめること間違いなしです!
 

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

"マンションの欠陥" 福岡の実態は


波紋が広がる“マンションの欠陥”、福岡県の実態はどうなっているのでしょうか。先週水曜日、県内で一斉に違反建築防止を目的としたパトロールが行われました。悪質な違反は報告されませんでしたが、こうしたパトロールでは違反を見つけきれない“限界”も見えてきています。マンションの欠陥がわかったとしても、解決は簡単ではありません。広がるマンション問題の実態を報告します。

■番組で紹介した取り組み・場所
違反建築防止週間県内一斉建築パトロール(福岡市)
▽福岡市住宅都市局建築指導部監察指導課
電話:092-711-4582

■マンションについての相談先
▽NPO法人 福岡マンション管理組合連合会
電話:092-752―1555
※マンションに欠陥が見つかったときに相談ができる団体です。
専門の弁護士の紹介は、連合会の正会員になることで受けられます。
正会員にならなくても随時相談は受けつけており、法テラスへの紹介などしてもらえます。

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

パラピリプルペレポロ


隣の客はよく柿食う姿を見たことはないが、隣の人が何を食べているのかはすごく気になる。
青巻紙赤巻紙ちなみに私は黒の巻き髪が好き。東京でも福岡でも特許は許可局でなく特許庁です。
以上、早口言葉に対してはこんなアプローチしかできない井上二郎です。

できないものはできないのです。
必ず、必ず、「アナウンサーです」というと、「え?じゃあ早口言葉やって」「早口言葉のトレーニングは相当やったんでしょうね」等々。
なぜ「アナウンサー」=「早口言葉」なのでしょうか。私はこの風潮に一石を投じたい。

i_151027_01.jpg

そもそも「滑舌」が悪いんです。「カツゼツ」というのもうまく言えないくらい。まあそもそもこの言葉自体、もとは放送業界の言葉で辞書に載っていないことも多いのですが。

新人アナウンサーたちに、「滑舌がよくなるにはどうすればいいんですか?」とよく聞かれます。
「そんな小手先より、まずは意味、そして気持ち。あとは気合いだ、気合いだ、気合いだー、おいおいおい。わははは」みたいなことを言えばなんとなくOK。
初めてご一緒する方に、「どうすればトチらずに読めるのですか」と聞かれ、「いや、うーん、むにゃむにゃ、あ、UFOだ!」とかなんとか言って逃げています。

・・・と、アホなこと言っているとなんと!
我が福岡放送局のラジオブースに貼られた紙を発見!

i_151027_02.jpg

滑舌をよくするための「パラピリプルペレポロ」!

i_151027_03.jpg

滑舌をよくするための「外郎売り」!(発声、滑舌などのトレーニングに使われる長台詞です)

i_151027_04.jpg

レッツチャレンジ!

i_151027_05.jpg

・・・やっぱり口が回りません。

いやー、言いわけですけど、本当に新人研修で早口言葉とかあまりやらなかったんですよね。『話の中身と、普段からの勉強でニュースの意味を掴むことの方が大事、あとは誰にどんな気持ちで伝えるかで、それが伝わることばになるのだ』と教えられました(もちろん、発声や発音の基礎は個々に必死にやっているのですが)。その教えを信じて、これからも心をこめてお伝えします!!!

追伸:私は「な」行が苦手です。「など」などがすんなり言えないのです。「ミカンやバナナなど」などという言葉が出てくるなどすると、意味が変わらないかなどを確認するなどしたうえで、「バナナやミカンなど」とこっそり変えるなどしています。など、など、など・・。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時30分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

DATEはしゃいだっていいじゃない


まあしかし強いですな。一つの目的のために個々がしっかりと役割を果たすと、チームがいかに強くなるのか、ホークスから学ばせてもらっている井上二郎です。

近江さんも行ったこの場所、私も行ってきました第二戦。

i_151026_09.jpg

プロ野球日本シリーズ、福岡ヤフオクドームでの戦いです。1戦目を勝ち、ここで勝てば統計的に優勝の可能性は7割以上となるらしく、気合いが入ります。私は恋人と連れだって行ってきました。久々のD・A・T・E、デートです。

i_151026_10.png

ということで今回は近江さんのブログと丸かぶりですが、それだけの関心事だということで、ご容赦いただければと存じます。

まずは尊敬してやまない王ソフトバンクホークス会長にご挨拶をし。

i_151026_11.jpg

i_151026_12.jpg

気合いを入れ。

i_151026_13.png

やっぱり強くて勝利目前となり。勝利のしるし、白い風船を飛ばす準備を。

i_151026_14.png

球場は今か今かとその時を待ち。

i_151026_15.jpg

今日も完勝!飛び交う風船!

i_151026_16.jpg

やったーーー!!!!!

i_151026_17.jpg

福岡に来て本当に良かった。わたしのダイスキ福岡物語でした。

追伸:「偶然撮れた風船を飛ばすハシャギ顔があまりにひどい。よくやった」と、久々に妻から褒めてもらえました。ありがとうございます。
口直しに、勝利のドーム内花火写真を最後につけておきます。

i_151026_18.jpg i_151026_19.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時39分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

うたことば再び


歌が苦手、というと、またまた~、と言われ、じゃあと実際披露すると、皆黙る井上二郎です。

以前このブログでもご紹介したラジオのコーナー「九州沖縄歌ことば」。
九州沖縄にゆかりのある歌の「歌詞を朗読」するコーナー。再チャレンジです。
挑んだのは・・。
ヒント(1)。最近、世の女性が悲嘆にくれた。ヒント(2)。同じ「ヒト科男性」とは思えない。ヒント(3)。天は何物与えればいいのか、と真剣に思う。
さあ、もうわかりましたね。
福山雅治さん。
カッコいいうえに、演技と歌がうまく、その上に作詞作曲ができて、その上にそれらが素晴らしい。
読ませていただく歌は、「道標」。

i_151026_05.jpg

今回は、気持ちを込めるため、立って朗読させていただきました。

i_151026_06.JPG

私の未熟な朗読ではございますが、長崎出身の福山さんが、お婆さんのことを思って作ったという曲。いや~、命を、愛を感じさせる名曲です。
歌詞をじっくりと味わっていただければと存じます。

さて、この「歌ことば」。強力な制作チームがいるんです。
W浅野以来の衝撃と言われる福岡アナウンスの「W新井」。新井信宏アナウンサーと、新井秀和アナウンサー

i_151026_07.jpg

写真奥の「のぶくん」こと信宏アナウンサーが全体の指揮をとり、手前の「ひでちゃん」こと秀和アナウンサーが、制作を一手に引き受けてくれます。
この二人が引っ張る「九州沖縄歌ことば」。私の朗読は、10月30日(金)朝7時40分~7時58分までのラジオ第一「おはよう九州沖縄」の中で流れる予定です。もしよろしければお聞きください。

では、最後にサービスカットです。
ひでちゃんで、「ものまね番組の審査で採点に迷いながら聞き入る平尾昌晃先生」。

i_151026_08.jpg
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時20分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

熱女!


o_151026_01.jpg

今朝、出勤したら机に置いてありました。内川選手のクッキー!
どなたが置いてくれたのか、いまだに分かりませんが、嬉しいです。
もったいなくて、食べられません~

o_151026_02.jpg

きのう、おとといは、熱男ならぬ「熱女」の一員として本拠地ヤフオクドームで応援してきました!

o_151026_03.jpg

内野席でしか観たことのなかったホークス戦。
今回は清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ひとりで球場へ向かい、
「外野1塁側」でメガホンを持って、応援歌を歌いながら日本シリーズを応援しました!

「会社の力でチケット取ったの?」とよく聞かれますが、違いますよ!念のため。
弊社にチケットを取る力はありません。
「外野1塁側の席が取れますように!」と願いを込めて、ひとりで申し込み、ひとりで乗り込みました!

o_151026_04.jpg

結果は、2日連続で白い風船が舞う素晴らしい試合。

外野1塁側はホークスの攻撃中は立って応援をするのですが、試合の間ほとんど立っていたのではないか、というくらい走攻守すべてが光る戦いで、汗だくになりました。
周りの席に知り合いは居ませんでしたが、ヒットや盗塁が決まる度に、周りのファンたちと喜びを共有させてもらいました!
福岡県民歴、ホークスファン歴ともに2年目の新米ですが、受け入れていただき、感謝、感謝。

各選手の応援歌、伝統のメガホンさばきも、少しずつ身についてきましたよ♪
あと数試合で今シーズンも終わり。
寂しい気持ちもありますが、日本リーグ二連覇を信じて明日からも応援しましょう!!

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:15時22分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

やっぱり一生懸命コツコツと


やるべきことを淡々と。細かいことにはこだわりません。井上二郎です。
あれ、この間後輩に貸したお茶代、150円だっけ、160円だっけ。後で確認しておこう。

さて。
私どもの世界には、「視聴率」なるものがございます。どれくらいの方に番組をご覧いただけたのか、数字で表れるアレです。良い番組をお届けしていれば気にするものではない。だいたいこの情報化社会で意味があるのだろうか。
などと思うものの、やはり少しは心がざわつかないではありません。

と、思っていると、先日某テレビ番組で、「スズメバチを特集すると視聴率が上がる」と言っておりました。
まさか~。・・と、そこに!!

i_151026_01.png

私の暮らす建物に、「スズメバチ注意」の張り紙が!!!!
でましたよ。スズメバチ。
怖いので近づきたくないのですが、視聴率が上がるということは→多くの人が見る、ということは→このブログで紹介すれば、ブログ閲覧数もうなぎ昇り!
はい。

i_151026_02.png

ほら。

i_151026_03.png

どうでしょ・・、痛っ!!!

i_151026_04.jpg

テレビの神様に張り倒されました。「アホなこと考えんと、一生懸命お伝えせい!!このバカ者が!!!」。

すいません!すいません!もうしません!
いつも以上に早くわかりやすく、そして楽しく。謙虚に。
惑わされません。心の限りお伝えしようと誓い直した一日でした。
ロクいち福岡、どうぞご覧くださいませ。
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時39分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

森の"癒やし"体験~篠栗町~


福岡市のすぐそばにある篠栗町。お遍路の町として有名です。町の面積の7割が森林で豊かな自然が広がっている。一歩入ればすがすがしい森林と石仏が迎えてくれる篠栗の森で、いま注目されているのが森林セラピーだ。森で過ごすとストレスが減りリラックスできるというもので、篠栗町ではこの森を歩くだけに限らず、いろいろな森の過ごし方ツアーを企画している。それが森のなかで行う森ヨガや、2本のポールを使って歩くノルディックウオーキング。弘法大師空海が修行したとも伝わる霊験あらたかな地で行う、人気の森林セラピーツアーを体験する。

y_151023_01.jpg

y_151023_02.jpg

y_151023_03.jpg

■森林セラピーのイベントについて

森林セラピーツアーのイベントは篠栗町観光協会のホームページでも受け付けています。
ノルディックウオーキングのポールやヨガのマットは貸し出しがありますので、ツアー申し込みの時にご相談ください。
そのほかイベント以外でお申し込みの方は篠栗町役場 産業観光課までお問い合わせください。

▽篠栗町役場 産業観光課
電話:092-947-7977

▽篠栗町観光協会
電話:092-947-1880

y_151023_04.jpg


nozomi.pngのサムネイル画像

お遍路の町、篠栗町の森で今人気を集めている「森林セラピー」!
キラキラとした木漏れ日に、ヒノキなどの木の香り、鳥のさえずりなど、
森の自然を全身で味わってきました。中でも良かったのが、森の中で行うヨガ「森ヨガ」!
実は、ヨガが趣味の私ですが(近江アナもw)、森の中でのヨガは初体験でした。
かつて空海が修業をしたという篠栗の森。森の中は、空気も美味しくて、より一層、
自分の心と体に向き合う時間になれた気がしました。2本のポールを使って進む
ノルディックウオーキングも初めての体験でしたが、本当にいつもより楽に登山が出来ました。たっぷり癒やされた篠栗の森、これからの紅葉シーズンにもオススメです♪

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

甘酸っぱいにおい


においによって蘇る記憶ってありますよね。大判焼きの匂いを嗅ぐと、駅で突然フラれた思い出が蘇る井上二郎です。

イチョウが色づく季節になりました。

i_151023_01.JPG

美しい、でもなんだかセンチメンタル。
木々の色づきにさまざまな感情が去来するのは、年のせいかしら。
などと思っていましたが、立ち上るあのにおい。銀杏のにおい。
このにおいを嗅ぐたび、わたしは高校時代へタイムスリップします。
高校時代、私はハンドボールという競技に汗を流していました。

i_151023_02.jpg

そのグランドは、ぐるりとイチョウの木に囲まれていて、秋には大量の実を落とすのです。
ハンドボールはシュートの後、倒れこんでごろんごろん回ります。
銀杏まみれの男子高校生の体。どうです、想像したくないでしょう。
手にはボールの滑り止め、松ヤニがべたべた。どうです、想像を超えるでしょう。

男子校だった私たちは、いつも腹ペコで、部活帰りにファストフード店などに行くわけです。
するとレジにはかわいい女の子。対峙する銀杏ボーイズ。気まずい空気。

かわいい店員さん同士の「きついね」というひそひそ声が聞こえてしまった時、ポテトがやけに塩辛く感じたものです。

あれから四半世紀。
今度は内から立ち上る加齢臭と戦いながら、おじさんは今日も頑張るのでした。

i_151023_03.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時32分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

喜びの表現とは


「伝わりにくい顔しているね」と、無邪気に人を傷つけるタイプの方から言われたことがある井上二郎です。職業はアナウンサーです。

とってもプライベートなことなのでこの場ではお伝えできませんが、とっても嬉しいことがありました。
人生最良の日。どうやってこの喜びを表現しようかと迷っています。
思いつくのはこんな感じかしら。
その一。
マンガみたいな飛び跳ね方で喜びを表現。

i_151022_01.jpg

その二。
マンガみたいな涙で感動を表現。

i_151022_02.jpg

その三。
マンガのキャラクターになろうとして失敗。

i_151022_03.jpg

飛び跳ねても、ジャンプ力の無さと、腰回りに中年の悲哀を感じます。その三に至っては意味がわかりません。
やはり「伝える」のが苦手なのかしら。ちなみに職業はアナウンサーです。

でも、気づいたんです。
「喜びをあらわす」って、「ありがとうを伝える」、ということなのではないかと。
嬉しいことって、結局たくさんの人の応援で成し遂げられるものなんですよね。

だから、人生最良の日。ありったけの「ありがとう」を伝えようと思います。

i_151022_04.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時42分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

医療、介護・・・コスト減らす"秘策"?


今年、65歳以上の高齢者は3000万人を突破。社会保障費も年々増えています。膨れ上がる行政コストをどう減らすのか。新たなコスト削減の取り組みが始まっています。
福岡や熊本など9つの自治体で、認知症の予防と重症化を防ぎ、社会福祉費用を削減するための実証実験が始まっています。用いられたのが、「ソーシャルインパクトボンド(=SIB)」と呼ばれる、新たなコスト削減の仕組みです。
SIBは、行政がコストを削減したい分野を選択し、その事業の運営を民間事業者に委託。資金は、財団や篤志家といった民間投資家から集めます。その資金で民間事業者は、事業を実施し、行政が本来負担するはずだったコストより削減できた場合、その削減した中から投資家に報酬として配当を与えるというものです。
しかし、SIBは、コスト削減の額をどう評価するのか課題です。評価法も現在研究の途上にあります。果たしてSIBは、コスト削減の秘策になるのか?お伝えします。

■ソーシャルインパクトボンドに関する問い合わせ
▽福岡地域戦略推進協議会 担当:石丸修平さん
住所:福岡県福岡市中央区天神1-10-1
電話:092-733-5682

f_151020_01.jpg

■学習療法に関する問い合わせ
▽公文教育研究会学習療法センター
住所:東京都港区高輪4-10-18 京急第一ビル 12階
電話:03-6836-0050

f_151020_02.jpg

■大川市の老人介護施設

▽社会法人道海永寿会(永寿園・ふれあいの里道海)
住所:福岡県大川市大字道海島859番地
電話:0944-88-0810
 
mariko.pngのサムネイル画像

認知症予防の教材は、簡単な計算や読み書きをさせるもの――実は、ただそれだけではありません。
たとえば、みなさんが取り組んでいた読み書きはこんな文章です。
「縁日で射的や金魚すくいをした」
「きょう封切りの映画が上映されるとあって、映画館は大にぎわいだ」
どこか懐かしい響きだと思いませんか?
これは、読む・書くという単純な動作の中で、シニア世代が若いころの記憶を思い出せるようにという仕掛けだそうです。なるほど、これまでも様々な学習サービスを提供してきた企業ならではの工夫ですよね。
介護施設のスタッフの方は「認知症が改善されることは、ご本人が明るくなるだけでなく、家族の負担も減る。施設スタッフのやりがいにもつながっている」と仰っていました。行政や介護施設だけでなく、社会全体で取り組むという姿勢が必要なのだと改めて感じました。

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

秋の柳川 豊かな恵みを満喫!


観光客で賑わう秋の柳川へ!しかし、今回訪れたのは観光地とはちょっと離れた場所です。最初に訪れたのは、地域にのこる小さな神社。「風流」と呼ばれる、収穫に感謝する伝統の秋祭りが鎌倉時代から続いています。
そして、柳川といえばノリの名産地としても知られています。この時期、養殖業者たちはノリの種付けを前に大忙し。半年かけて育ててきたノリの種を網につけ、豊漁を祈って海へ沈めます。海と里、秋の柳川の豊かな恵みを訪ねました!

■番組で紹介した神社
▽鷹尾神社
住所:福岡県柳川市大和町鷹ノ尾

y_151016_01.jpg

y_151016_02.jpg

y_151016_03.jpg.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像

観光列車「水都」に乗って訪ねた柳川市。車内から見える黄色い稲穂がとっても綺麗でした。
この秋の季節に行われるのが、五穀豊穣を願うお祭りと、ノリ養殖の準備。
私も知らなかったのですが、ノリの種は、カキ殻に胞子をかけて半年間育てたもの。
ロケをした日は、まさにその種を海に放つ前日。町の至る所で、カキ殻を網の袋に詰める作業が行われていました。
家族総出で作業を行う光景は、なんだか懐かしい温かい気持ちになり、年に1度、この時期しか見られない柳川の秋の風物詩を満喫しました。
1か月後、1番ノリの収穫が楽しみです!

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

本当に、本当にありがとうございます


温かい励ましが目にしみる、いや身にしみる年ごろの井上二郎です。

最近、このブログに対して、「見てますよ」というお便りを全国各地からいただくことがあります。
最初は下らない私のプライベートなど書いていいものだろうか、「ロクいち福岡」の品位を下げるものだといつか叱られやしないか、怯えながらの日々でした。なにせノミに「君心臓ちっちゃいな~」と言われた私。みなさんからの温かさに、感謝、感謝です。

i_151016_01.jpg

そのなかのいくつか、ご紹介させていただきます。
「井上さんは、まじめ一筋の方かと思いきや、なんだがホッとさせられる人間味豊かなブログに好感が持てます」
自慢です。ただの自慢です。どうですか、この嬉しいお葉書。こんな言葉いただけるなんて、すごいでしょう、わたくし。そうですか。私も気づいていませんでした、人間味の豊かさ。うんうん。前面に出していきます。ありがとうございます!(調子に乗りました、すいません)

i_151016_02.png

つづいて。
「二郎さんのブログを読んでいて、初めて知った感情がありました。“家族になるって良いなぁ”です。(中略)しっかり者の奥さんと、ちょっとゆるくてやる時はやる夫と、元気で正直な息子の構図が浮かび上がってきて」
ゆるくて・・。ええ、ずばり正解です。実際のところ、私が家族に混ぜてもらっている感覚なのですが、まあ、いいもんですよ。ありがとうございます!

i_151016_03.jpg

最後にこちら。
「二郎さんのブログを見て、「お酒は・・・なんでも大丈夫」(という文章に)笑ってしまいつつ、二郎さんに是非案内してみようと思った次第です」
なんと、山口県での日本酒試飲会のチケットを同封してくださったのです!残念ながら、私の手元に届いたときにはすでに日時が過ぎていて参加できませんでしたが・・。行ってありったけの試飲を・・・。残念、ですが、ありがとうございます!

i_151016_04.jpg

「お前の悪いところは、優しい声にしか関心を持たないことだ」。そう言われたこともありました。でも温かい励ましの言葉がどれほど人の背中を押してくれるものなのか。言葉を生業とするわたくし、ことばの力を、文字のやさしさを改めて実感したのです。厳しい言葉は頭に刺激を、優しい言葉は心に力をくれます。両方同じく、いや、3:7・・、4:6くらいで共に力にしていきます。
みなさま、本当にありがとうございます!!!!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時32分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

気分一流アスリート


走らざること銅像のごとく。動かざること、大きなのっぽの古時計のごとし。
移動は自動車、上下動はエスカレーター、ソファを見れば横たわり、駆け込み乗車はしない主義。

i_151015_01.JPG

そんな私が、「フルマラソンに出ます」と安請け合いしてからはや数十日。気づけば、本番まであと1カ月を切っておりました。街のあちこちに、こげなものが。

i_151015_02.jpg

走り始めに体重を支えきれず、練習中にけがをしてしまった私。

反省を生かし、そして大人なので、モノに頼ることにしました。
まず、こちら。

i_151015_03.jpg

ジョギング用タイツ。足をしっかりと包み込み、サポートしてくれます。もう君なしでは走れない。

そして、靴。めちゃめちゃ大事。

i_151015_04.jpg

ということで、せっかく新しい靴を買うならばと、イチから足を計測してもらいました。
すごいですねー。足を特殊な機械に入れてスキャンし、そしてルームランナーのような機械で実際に走ってそのクセを解析する。
マラソン走ったこともないくせに、イカンガーか宗兄弟になった気分(同世代の方に楽しんでいただければと思います)。自分の足を計測してもらうなんて、気分は一流アスリートです。

その結果。

i_151015_05.jpg

甲の高さ、幅の広さから、どこに重心がかかるか、傾斜に至るまで、精密に測ってもらいました。
店員さん「数値はほぼどれも正常ですが・・。内またですね・・。」

i_151015_06.jpg

そう、私は内また。体が人一倍大きいのに内また。中年の内また。
けが予防のためにも、下半身太り解消のためにも(内またがその一因という話もあるらしい)、ちょっとずつ矯正していこうと思った一日でした。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時13分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

回転数マックス


このブログの最近の投稿に対して、「ちょっといい話路線に転向しようとしているのではないか」「何を狙っているんだ」「カン違いが始まったか」というご意見を頂戴しました。
はやり言葉で申しますと、「安心してください。履き違えてませんよ」。
職場の目に怯えながら、いかに私の下らぬ脳内をご披露するかを考え続けております。

では気を取り直して。
学生時代、「痔ろう」という病気があることを知って、名前を付けてくれた親への複雑な感情が芽生えた井上二郎です。以来、お尻の痛みには敏感です。

福岡自転車デビュー!イェーイ。

i_151014_01.jpg

モデル風に。イェーイ。

i_151014_02.jpg

今年の秋は例年よりも晴れが多いそうで、気持ちいいですねぇ。みなさん、風、感じてますか。

ところが。とってもカッコいい自転車、ぼくのお気に入り。ところが。
乗り慣れていないせいか、「お尻が痛いんです」。およそ10年ぶりに乗ったら、「ちょっと声が出るくらい」お尻が痛いんです。

i_151014_03.jpg

「あぁ、痛い!このままじゃお尻割れちゃう!いや、すでに割れてる!」大騒ぎの末3択です。

i_151014_04.jpg

これまでの私であれば、(3)に流れるところですが、今の私は色々あって、すごく前向きボーイ。いや、アンクル。お尻をいたわりつつ、いつの日か、サイクリングサイクリング、ヤッホー、ヤッホー!

追伸:2~3日乗り続けていると、だいぶ慣れてきました!ということで、正解は(2)をやりながら(1)!
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時36分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

博多に"日本初の町人図書館"


季節はすっかり秋に。食欲の秋、芸術の秋に続いては、「読書の秋」です。実は、福岡は歴史をひも解くと読書に縁が深く、江戸時代後期、博多では町人によって図書館が作られ、本をシェアする取り組みが日本で初めて行われていたともいわれています。図書館があったのは、博多祗園山笠で知られる櫛田神社。神職が中心となって呼びかけ、博多の町人たちが本を持ち寄りました。当時の若者たちは、仕事を忘れるほど本に熱中したとも。気持ちのいい秋。江戸時代の博多っ子に触発されて、ちょっと難しい本に挑戦してみませんか。

f_151013_01.jpg

■櫛田文庫が展示されている施設
▽「博多町家」ふるさと館
住所:福岡市博多区冷泉町6-10
電話番号:092-281-7761

▽「日本初の町人図書館!櫛田文庫展」
会期:10月11日(日)~11月30日(日)
時間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
入館料:一般200円 小中学生(無料)

f_151013_02.jpg

f_151013_03.jpg

mariko.pngのサムネイル画像

つい先日、「ブラタモリ」でタモリさんも訪れた、
博多っ子ならおなじみの“お櫛田さん”。
「こんなところに“図書館”があったんですねぇ!?」
・・・と、タモリさんにも教えたくなりました。

博多町人たちが持ち寄り、櫛田神社に大切に保管されていた書籍たち。
ところどころすりきれていたりボロボロだったりするのは、
“博多っ子たちが競って読んだ痕跡”なのかなぁ?なんて、思ってしまいます。
ふるさと館で本の紹介をしている博多町人の人形たちも可愛らしく、
江戸時代の博多の文学ブームを身近に感じられました。

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

気軽に楽しむ!組子の魅力 再発見


y_151009_01.jpg

「ななつ星」や「或る列車」に用いられ、話題となっている「大川組子」。その影響もあり、今大川を訪れる観光客が急増!地元ではこのチャンスに、組子の魅力を発信しようという取り組みが盛り上がっています。
ボランティアガイドが始めたのは、木工の歴史について学ぶことができ、組子づくり体験もできる「町歩きツアー」。組子職人たちは、新たな商品開発を進めています。大川に来て組子をもっと気軽に楽しんでほしい、魅力を再発見してほしい。大川の人たちは今燃えています!

y_151009_02.jpg

■「大川観光ボランティアガイド」まち歩きについて

▽大川観光情報センター 
電話:0944-87-0923

y_151009_03.jpg

■大川組子と特産品のコラボ商品について

▽大川市役所インテリア課
電話:0944-85-5584

y_151009_04.jpg

y_151009_05.png

nozomi.pngのサムネイル画像

実は、私も「ななつ星」をきっかけに、大川組子の美しさに魅了された1人です!
(あ、乗ったわけではありません!笑)
ガイドの皆さんによる「まち歩きツアー」では、組子作りも体験できて大満足でした。
大川の木工の技術がもともと船大工の技から来ていたとは・・・!
ななつ星、或る列車を手掛けた木下さんにも会うことができ、当時の裏話も聞くことが
できました。その経験をきっかけに挑戦するようになったという新しいものづくり。
組子をより身近なものにと取り組んだ「組子×地酒」のコラボ商品。飾りと思っていた組子が取り外せて、箸置きとコースターになるアイディアには驚きでした。
伝統の大川組子、これからはもっと身近なものになりそうです。

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

トライ


前回のブログ続きですが、結局栗は1キロでは物足りず、もう1キロ買い足してしまいました。
ひとり暮らしなんですが・・・。

ラグビーワールドカップの日本対サモア戦を見ながら、2キロの栗をコトコト煮ました。

o_151009_01.jpg

大学の先輩でもある五郎丸選手。屈強な外国人選手を相手に、格好いいなあ。

と、日本代表のトライに心を打たれつつ、私はささやかながら初めての渋皮煮にトライしました。

o_151009_02.jpg

夜中の2時に完成した渋皮煮。我ながら、初トライにしてはなかなか良い感じでした。

 

先日、福岡に出張に来た中高時代の同級生と食事をしました。

o_151009_03.jpg

先月、思い切って外資企業への転職を果たしたそうです。
「英語は会社に入ってから勉強するよ」と笑う彼女。
すごい“トライ”だなぁ。

なんだか食べ物の写真ばかりですが、ラグビー、友人に刺激を受けた今日このごろでした。
 

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:14時56分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

がんばれ


「がんばれー!」という声がこだまする季節ですね。
運動会に、部活の大会に。がんばれ、がんばれ。

もう十分頑張ってるから、「がんばれ」という声は、ありがたいけど辛いんだよ、というお話を何度か伺ったことがあります。
とても勉強になりました。震災で傷ついた方、事件事故で傷ついた方。本当にその通りでした。以来、相手の立場、自分の立場を考えて、この言葉を言おうと気をつけています。

その中で、応援するしかない人間にとって、気持しか届けられない人間にとって、寄り添うしかできない人間にとって、ただ一言「がんばれ」だけで、そばにいるしかない時があるんですね。

頑張りすぎているほど頑張っている。そばで見てるからよくわかる。そばで見てるからこそ、あとちょっとでゴールが見えてくることがわかるんだ。

たったひとり、立ち向かう君へ。がんばれ。

i_151008_03.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16時45分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

かわりゆく街


「限定」と聞くと欲しくなり、財布をのぞいてあきらめ、でもあきらめきれずお金をためた頃には当然限定だから無くなっている井上二郎です。

期間限定のこの風景。

i_151008_01.jpg

平成29年の秋に、六本松の街が大きく変わります。
九州大学の跡地に、13階建ての複合ビル、14階建ての分譲マンション、裁判所やプラネタリウムもできるそうです。
六本松といえば、NHK福岡放送局のある場所。毎日のようにクレーンが立ち並ぶ様子を見てきましたが、こうしたニュースをお伝えすると、いよいよ街が動き出す、という思いが湧き上がります。
楽しみです。

楽しみ、ではありますが、期間限定のこの風景を目に残しておこうという気持ちにもなるものです。
右も左もわからず、不安の中で降り立った私の目の前に広がっていたのもこの風景でした。
慣れない職場で、ああ失敗したととぼとぼ歩いていた横に流れていたのもこの風景でした。

i_151008_02.jpg

過ごした時間は短いですが、思い出の深さは、とても深い。

変わる街、刻まれる風景。

どんな街になるのだろうか。
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時22分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

10周年!九州国立博物館 人気の秘密は・・・?


f_151006_01.jpg

“九博”の愛称で親しまれている九州国立博物館。この秋、開館10周年を迎えます。これまでに1300万人が訪れるなど、安定した人気を集める博物館のヒミツを探ります。

f_151006_02.jpg

f_151006_03.jpg

■九州国立博物館
所在地:太宰府市 石坂 4-7-2
電話:050-5542-8600

f_151006_04.jpg

mariko.png

2005年の開館から、もう10年!・・・まだ10年?
当時私は長崎で暮らしていて、開館のニュースをテレビで見ながら「なんだかすごそうな博物館だ!行ってみたいな~」とワクワクしたのを思い出しました。
今ではすっかりおなじみの“九博”。
特別企画展ばかりに目がいってしまいがちですが、実は、常設展示は年間300回以上も展示品の入れ替えをするなど、日々進化しているんです。
九博は貴重な文化財に会えるのはもちろん、“お客さんを楽しませる工夫”も、たくさんつまっています。
 

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

ダイスキ!福岡「小鴨由水さん(バルセロナ五輪女子マラソン代表)インタビュー」こぼれ話


『彼らの中には、最初、「大濠公園の池の周りを、ぐるっと周回する」ということがどういうことなのか、理解できなかった子がいたと言います。
コースからそれる子、立ち止る子、興味のままに動く子。知的障害があるみんなは、走り方も様々です。でも、月に一回、一緒に走るのが大好きなのは、みんな同じでした。そばでいつもニコニコしているコーチのもとで、汗を流していました。

そんな彼らが、ある日、大きな目標を掲げます。「みんなでタスキをつないで、42.195キロを走りきる」。リレーマラソンへの出場です。
しかし、このリレーマラソンには、時間制限があります。“42.195キロをリレーして、4時間で走りきる”。これがルールです。うまく走れない子がいるからといって、その制限時間が他の人と違うことはありません。みんなは、8人のメンバーと、2人のサポートメンバーで、この長い距離に立ち向かおうと決めました。

でもニコニコのコーチは、心の中で、ニコニコはできませんでした。
毎回の練習会でのタイムを見ると、完走はできないだろうと思ったのです。それに、コースはみんなにとって初めての場所です。戸惑うことは目に見えています。

1日1日が過ぎ。それでもやるんだというみんなの気持ちにこたえられるのか、コーチの不安は取れないまま、スタートの日を迎えました。

そして、スタート!。すぐにコーチは自分の目を疑いました。全員が、これまで出したことの無いタイムを、初めてのコースで出していったのです。そして、一歩を踏み出してから3時間38分46秒後。メンバー全員でゴールする輪に、ニコニコしたコーチが加わっていました・・。』
ダイスキ!福岡でご紹介した、福岡在住の元オリンピック女子マラソン日本代表・小鴨由水さん。知的障害のある方々のランニングサークル「かものこクラブ」で指導しています。時間の関係で放送ではお伝えできませんでしたが、上記のエピソードを聞かせていただきました。「指導者として、人を信頼すること。一人ひとりが無限の可能性を持っていること。そのことを、改めて教えられちゃいました」と、また、ニコニコしていたのでした。

i_151005_01.jpg


■「かものこクラブ」について
開催日:第3日曜日 午前8時から
場所:大濠公園
対象:中学生以上

■「九州DUCKS」(小鴨さん指導の市民ランナーサークル)
開催日:土曜日・日曜日 午前7時半から
場所:大濠公園
対象:どなたでも(面接などを経て入会)

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時50分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

好きすぎて


o_151005_01.jpg

栗が大・大・大好きです。
きのう、スーパーで栗を買いました。
計量してみたら、1キロを超えていました。

この栗、なんと栗をおおう鬼皮をむいた状態で売られていました!
あ~ありがたい!!

ひとり暮らしなので、ひとりで栗を1キロも食べられる。だれにも干渉されることなく・・・
10月の幕開けと同時に、近江友里恵の栗独り占め計画が始まりました。
この栗の行方はいかに!


つづく

 

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:11時09分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

約束を守る男か否か


言うんじゃなった、ということばかり。そういう人生を送ってきました。井上二郎です。

昨日のブログで、「1日限定の赤い福岡タワーを、ジョギングがてら撮ってきます!」と宣言したわたくし。
鼻歌交じりに文章を書いていたのですが、盲点でした。
天候の事、全く考えていませんでした。
で、雨。

ああ・・あんなこと言うんじゃなった・・。雨の日はジョギング休みたい。休みたい。休みたい。
そう思っていると、奴らが私の心に現れます。

i_151001_01.jpg
デビル二郎。「お前のブログなんて、見てるやついないだろ。たとえ数人見てたとしても、誰も気にとめてないぞ、お前の約束なんて。気にすることはない、休め。雨は冷たいぞ~」

i_151001_02.jpg
エンジェル二郎。「約束は、誰かが見ているから守るものなのかい?自分の心に嘘はつけないはずだよ。こんな経験も、神様が与えてくれたと思ってむしろ感謝しなくちゃ、フフフ」

圧倒的に前者に惹かれるわたくし。
逡巡すること20分。結果こうなりました。

i_151001_03.jpg

もう軽はずみなことは言わない。もう撮るぐらい簡単だなんて言わないよ絶対。
雨なのか、汗なのか、涙なのか。中年の顔が濡れたその時、目の前に現れた風景。

i_151001_04.jpg

赤く輝く福岡タワー!美しい、そして貴重。見てよかった。

i_151001_05.jpg

雨降りしきる夜空に向かって、おっさんが吠えました。
「撮ったどー!!!」
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:15時30分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ページの一番上へ▲