2015年4月

僕の街にはアメリカがあった


ことしは戦後70年。戦争の記憶を伝える活動が注目を集めています。
一方で、戦後、福岡にもアメリカ軍が駐留していたという歴史に光を当てようという取り組みも始まっています。福岡市の中心部にほど近い海の中道海浜公園がある地域は、かつて「キャンプハカタ」という朝鮮戦争で使われた米軍の飛行場やレーダー基地が置かれていました。1972年に基地は返還。今では、面影はほとんど残されていません。地域の歴史を若い人にも伝えたいと西戸崎公民館で写真展が行われていて、日米を超えて思い出の輪が広がっていました。

f_150428_01.jpg

f_150428_02.jpg

■写真展が行われていた公民館
「福岡市西戸崎公民館」
住所:福岡市東区西戸崎5丁目1番1号
電話:092-603-0201
利用時間:午前9時から午後10時まで
※利用の申し込みなどについては、午前9時から午後5時までにお願いします。
休館日:12月29日から翌年1月3日まで
※写真展は平成27年4月末まで

f_150428_03.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像

福岡市東区の西戸崎。海の中道海浜公園の一帯に「米軍基地」があったとは知りませんでした。
地域の公民館で企画された当時を伝える写真展、「僕の街にはアメリカがあった」。
英語の看板が立ち並ぶ様子や、アメリカ兵が「どんたく」を楽しむ様子など、
今の町並みからは想像も出来ない光景が広がっていました。
さらに!あの「マリリンモンロー」も慰問で西戸崎の基地を訪れていた写真も。
写真展を企画した井上さんは、今はもう記憶の中にしかない町の人たちの故郷の光景や、戦後の苦しい時期を乗り越えた記憶を、写真展を通して、思い起こしてもらえたらと話していました。

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

大人になった日


みなさまこんにちは、井上二郎でございます。
このブログのひとつ前の話題、24日放送の「よかなびでご紹介した、みやま市瀬高町の「セロリ」。西日本一の産地。すばらしい。
しかしわたしくしにとっては、特別な響きのある「セロリ」。
「セロリ」・・・。セロリ。
すいません、ほとんど唯一と言っていい苦手な食べ物だったのです。
しかし「よかなび」の中で、みやまの方々の語るセロリ愛には感動しました。そんな私に、リポーターの福居さんが、「はい、あげます」と、立派なセロリを渡してくれたのです。

i_150427_01.jpg

あ、あの、感動と味覚とは別で・・。いや、あ、ありがとうございました・・。

と、思って帰宅して、いやいやいや、これは苦手克服のチャンスでは?と思いなおしました。
あれだけの思いが詰まったセロリ、これまでとは違う体験ができるに違いない!たぶん。と、思ったのです。
そこで、妻に協力を得て、以下のように調理してもらいました。

i_150427_02.jpg

セロリと牛肉の炒め物、セロリのマリネ。
ようし。こい。
目をつぶり、これまでの楽しかった思い出が走馬灯のようによみがえる中、思い切って一口食べました。
・・あれ。イヤじゃない。じゃない、どころか、いける。どころか、おいしい!
おおっ、この歯ごたえ、爽快感、ほのかな甘み!
もう食べないなんて言わないよ、ぜったい。

i_150427_03.jpg

またひとつ、大人になった瞬間。みやまの皆様、ありがとうございます!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時53分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

あなたもセロリが好きになる~ みやま市 瀬高町 ~


y_150424_01.jpg

みやま市瀬高町は、西日本一のセロリの産地です。
セロリの栽培がはじまったのは、戦後。九州各地に駐留したアメリカ軍に納めたことがきっかけでした。
セロリの里をたずねて、セロリの意外な魅力やおいしい食べ方を紹介しました。

■みやま産のセロリについて
株丸ごとの「博多セロリ」は下記の直売所で購入することができます

(1) 道の駅みやま
住所:福岡県みやま市瀬高町大江2328(9時~18時)

(2) 農産物直売所卑弥呼の里 
住所:みやま市瀬高町坂田2327-6(9時~17時)

y_150424_02.jpg

■セロリの加工品について
「道の駅みやま」のみでの販売になります。

y_150424_03.jpg

mariko.pngのサムネイル画像

♪育ってきた環境がちがうから~♪好き嫌いはイナメナイ~♪
かの有名な曲でも歌われているように、好き・嫌いが分かれるセロリ。
私自身は「苦手ではないけれど、自分で買ったことはないかも・・・」というくらいの距離感でした。
栽培の現場に行ってみると、新鮮なセロリの切り口から広がる爽やかな香り、みずみずしく柑橘類にも似た甘みに魅せられて、いっきに“大好きな野菜”に昇格!
セロリの美味しさを再発見したから、というだけでなく、瀬高町の人たちの笑顔を見ると、自然と「食べてみようかな♪」という気持ちになるんですよね。さっそく自宅でも“セロリのスープ”をつくって、楽しんでいます。
苦手なものを食べるのは、勇気もいるかと思います。
でしたら、“セロリのかりんとう”からでも始めてみませんか?

 

 

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

ホークスをうらなう!


皆様こんにちは、井上二郎でございます。
さあ、きょうはこの方!きのう「ロクいち福岡」お伝えいたしました!ソフトバンク1か月を振り返るコーナー。

i_150424_01.jpg

広島、ヤクルトで活躍した元プロ野球選手、NHK野球解説の小早川毅彦さんの解説でした。

いや~、楽しかった~。
ソフトバンクファン初心者の私ですが、質問にも丁寧に、わかりやすくお答えいただいて、実に「ためになる」9分間でした!
工藤監督のねらい、今後の課題など、独自の切り口で語っていただいた「小早川コーナー」。
今後も折を見てお越しいただけるのでは、と思っています。
ぜひ次回の登板を楽しみにしていてください!

またまた深いプロ野球の世界を垣間見た気がしたこの日。
食事もご一緒させていただき、あんな話、こんな話で盛り上がりました。

i_150424_02.png

ズバリ解説をうけて、なんだか連覇も見えてきた気がしてきましたよ!
よしっ!!僕もがんばるぞー!!!!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:14時23分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

九州を味わう!


こんにちは、井上二郎でございます。
先日、「よかなび」のコーナーで、タケノコの話題があり(平成24年の統計では福岡は生産量日本一だそうで)、おお、いいなーなどと思っていると。

「ほい、あげる」といただいてしまいました!

i_150423_01.jpg

立派なタケノコ!しかも下ゆでまでしていただいて。くださったのは、森さん。

i_150423_02.jpg

お弁当の配送など福岡放送局がながーくお付き合いさせていただいていて、局のみんなとお友達。私も先日その輪にまぜてもらいました。
先日、土砂降りの中長崎県松浦市福島町に掘りに行ったそうで、そのおすそわけでした。
その日の晩には・・。

i_150423_03.jpg

いや~、うんまい。
福岡、九州、最高!!
ごちそうさまでした!

i_150423_04.jpg
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時20分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ホークス愛 その裏で...


みなさまこんにちは。井上二郎でございます。 
福岡の皆さんのソフトバンクホークスへの思い、熱いですよね~!
地元への愛を感じられて、すごくうらやましいです。
ということで、私も福岡が地元となりましたので、ホークスファンとなりました。ビギナーですが。ニワカともいうらしいですが。いいんです。ファンですから。
ただ、なにせニワカ・・じゃなくて、ビギナーなので、まだまだ勉強が必要です。
ロクいち福岡でも、プロ野球速報をお伝えしているのですが、数字だけでなく、皆様に満足していただけるような内容を目指したい!
そんな悩みを解決してくれたのが、先日このブログコーナーでご紹介したこの男です!
生まれたときにすでに実況していたのではというスポーツ担当別井アナウンサー

i_150422_01.jpg

彼に相談すると・・。
翌日。

i_150422_02.jpg

私の机の上に、メモが。今日の試合の見所、これまでの経過などがコンパクトに書かれているではありませんか!優しい男・・・、涙が・・。
それからも毎日のように、メモや、携帯のメールに一言コメントを送ってくれます。
そのふかーい知識の源を、今回ちらっと見せてくれました。
スポーツアナウンサーの日課、「帳づけ」と呼ばれるものです。
毎日の試合結果が、暗号のように書かれていて、その人が見るとその試合の経過からトピックがすべてわかるというもの。

i_150422_03.jpg

彼の存在なくして、私のホークス勉強は成り立ちません。
いやはや、支えられております。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時47分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

"学生ビッグデータ"で社会を変えろ!


先月、九州大学伊都キャンパス近くの学生寮で、ある実験が始まった。140人の行動をデータで管理し、ライフスタイルを分析。さらに、キャンパス内でも14カ所に、ネットワークカメラ・ICカードリーダーなどを兼ね備えた機器を設置し、1日5000人に上る学生の行動を蓄積し始めています。
「ビッグデータ」を入居者に合わせた住居環境作りや食堂などの混雑予測に役立て、将来的に社会を変えていきたいと研究をする方々を取材しました。

f_150421_02.jpg

■学生マンション
株式会社 三好不動産
住所:福岡市中央区今川1丁目1-1
電話:092-752-1000

f_150421_03.jpg

f_150421_01.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像

最近、よく耳にする「ビッグデータ」。膨大なデータを収集し分析することで、
様々な方面で生かすことができるのではと研究が進められています。
その可能性を信じて、九州大学の伊都キャンパスでも新たな研究が始まっていました。
学生専用マンションでは、入居している学生の入退出や食堂でご飯を食べた時間まで
細かな行動をICカードで記録。またキャンパス内では、人の流れをデータとして記録。
データを収集し、どう活用していくか、これから本格的に探っていくそうです。
さらに、こうしたデータの収集が、人間とロボットの共生を可能にするのでは!?という
おもしろい研究も。今後ますますビッグデータに注目が集まりそうです!

 

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

ふたたび!


こんにちは、井上二郎でございます。
前回は新しい出会いについてお伝えしましたが、再会、というのも環境が変わって得られる楽しみですよね。
我がアナウンス班でも、再会を果たした男たちが。

有田雅明アナウンサー

i_150421_01.jpg

毎週金曜日に放送「特報フロンティア」キャスターとして大活躍。
私の初任地沖縄局で、迎えた1つ下の後輩でした。明るいキャラクターで、気のきいたコメントのできる、かなわない後輩だったなぁ・・・。
 
そして、別井敬之アナウンサー

i_150421_02.jpg

スポーツ中継ならこの人。
私の2局目神戸局で出会った後輩でした。諸々事情があって、同い年ですが。バイタリティの塊で、かなわない後輩だったなぁ・・・。

新しい出会い、懐かしい再会。イチからよろしくお願いしますです!!

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:11時46分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

あいの島 春のおもてなし


玄界灘に浮かぶ相島(あいのしま)。島民300人と100匹ほどのネコが住む
「ネコの島」としても知られています。4月19日(日)に行われる、島おこしイベント「春フェスタ」。イベントでは島への愛を持った中学生によるボランティアガイドや
島の漁師による愛情たっぷり!?のコウイカ料理が楽しめます。
リポーター 福居万里子が、「あい」の島でたくさんの「あい」に触れてきました。

y_150417_01.jpg

y_150417_02.jpg

y_150417_03.jpg

春フェスタに関する問い合わせ
■相島渡船場待所
住所:〒811-0116 福岡県糟屋郡新宮町湊
電話:092-963-0304
開館時間:11:00~17:00

■新宮町観光情報「新宮navi」
※当日、雨天によるイベント中止に関するお知らせは「新宮navi」のホームページで発表されます。

相島・相島のコウイカ漁に関する問い合わせ
■新宮町役場 産業振興課
住所:〒811-0192 福岡県糟屋郡新宮町緑ケ浜一丁目1-1
電話:092-962-0238
(平日  9:00~17:30)

mariko.pngのサムネイル画像
コウイカ漁に連れて行ってくれた漁師の稲光さん。
ごちそうしてくれた“卵巣”“くちばし”“みみ”は、手慣れた漁師さんでさえもさばくのにはそれなりの手間がかかります。
それを何百人という人々にふるまうわけですから、準備は大変。
(しかも、売り切れになってはお客さんに申し訳ないから、と余分に用意するつもりなのだとか・・・「余ったら自分で食べりゃえぇ」とのこと。笑)
「儲けとか、どうでもいいんよ。“あぁ楽しかった!相島、また来よう!”そう思ってもらえたら、もういいのよ。」そう話す笑顔は本当にキラキラしているんです。
ガイドを務める中学生たちは手帳を片手に島の歴史を改めて調査。
新しい情報を書き込んで、付箋をたくさん貼って・・・真剣な表情になったかと思えば、海を見おろす絶景ポイントでのリラックスした笑顔がさわやかなこと!
豊かな自然、海の幸、歴史ある場所――たくさんの魅力がつまった相島ですが、何よりも「あの笑顔にまた会いに行きたい!」そう思える場所です。


 

 

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

頼れる男!


ちょっとご無沙汰してしまいました。井上二郎でございます。
生来のさぼり癖、戒めたいと思います・・・。
さてさて。
新年度、私のように新生活が始まった方、いらっしゃいますか?
だいぶ慣れましたか?
新しい出会い、刺激を受けますよね!
私もさまざまな出会いに日々感動しています。
頼れる男に出会いました。
この人。

i_150417_01.jpg

お天気の吉竹顕彰さんです。もう皆さんにはお馴染すぎるほどお馴染の方とは存じますが、私は「はじめまして!」でした。

i_150417_02.jpg

いや~噂には聞いておりましたが、「仕事人」ですね。助けられています。「予定よりも○秒長くやってください!」「○秒で収めてください!」。その場で言われても動じることなく、情報も過不足なく、1秒の狂いもなく終わるんです!
「どう話をふっていただいても大丈夫ですよ」とおっしゃっていただいて、本当に大丈夫な方はそうそういません。
そして何より豊富な知識量。
本番前も、吉竹さんがスタジオに入る直前まで気象や草花について電話で聞きまくる近江さん。

i_150417_03.jpg

頼りに頼ってすいません。これからも頼りにしています!

i_150417_04.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:13時20分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

腹が減っては・・・


新番組が始まってから、夜は帰宅して、そのままバタッと寝てしまう日が多かったきょうこの頃。
「これではいけない!」と思い、自炊を再開しました。

まずはシンプルで、好きなものから始めよう・・・ということで。

o_150415_01.JPG

「しゃぶしゃぶ」です。
しゃぶしゃぶが大好物のわたし。家でも、ひとりでも、しゃぶしゃぶします。
実家を離れた今は、しゃぶしゃぶ用の鍋が無いので、ふつうの鍋で代用です。

野菜もお肉も食べられて、シメにうどん。翌朝は、お出汁で雑炊。
ひとり暮らしの味方です♪

そして次は・・・
先週の「よかなび」でも紹介した“たけのこ”!
自炊のレベルをほんの少し上げて、たけのこご飯に挑戦です。

シンプルに、具材はたけのこのみ!
お出汁は、福岡に来てから重宝している“あごだし”を活用してみました。
圧力鍋でお米とたけのこを数分加熱。余熱後ふたを空けると・・・

o_150415_02.JPG

三つ葉をのせて、お味は・・・

o_150415_03.JPG

う~ん、我ながら合格点です(*^_^*)◎

プライベートだけでなく、仕事でも出汁のきいたうまみのある番組づくりに励みますよ!!
と、放送後にブログを書いていたら、お腹が空いてきました・・・腹が減っては戦ができぬ。
今晩は帰ってなにを作ろうかしら・・・
 

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:10時59分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

学校が○○に!?廃校の新活用法


新学期、学校には賑やかな声が戻ってきた一方で、児童数の減少で学校の統廃合が進んでいます。福岡県内の公立学校もここ5年で20校以上減少。そんな中、最近では廃校の再利用がさまざまな方法で広がっています。

f150414_01.jpgのサムネイル画像

■旧甘木市立黒川小学校を活用した美術館
▽山里の美術館 共星の里
住所:朝倉市黒川1546-1
電話:0946-29-0590

開館日:水曜~日曜※振替休館有り
(休館 毎週月・火曜日※祝日の場合開館 冬期12月~2月)
開館時間:11:00~17:00
施設料金:大人 500円 小中学生 300円(コーヒーもしくはジュース付き)

f150414_02.jpg

■旧福岡県立田川商業高等学校を活用した工場
▽株式会社 山口油屋福太郎 添田町めんべい工場
住所:田川郡大字添田2282
電話:0947-31-4019
併設売店営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始

f150414_03.jpg

■旧福岡市立大名小学校を活用した取り組み
▽福岡市住宅都市局都市づくり推進部 都心再生課
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号
電話:092-711-4425

f150414_04.jpg

nozomi.pngのサムネイル画像
廃校となった小学校や高校・・・中に入ってみるとびっくり!
小学校は美術館、高校は工場に!校舎を活用した美術館は、廊下や教室などもそのまま。
もとの作りを生かしたオシャレな空間が広がっていました。柱には、卒業生の落書きもそのまま残されていて、時間が止まったような感覚も一緒に、アートの世界を堪能できました。
そして工場として使われているのは、高校の体育館だった場所。工場の建設コストが抑えられた上に、地域での雇用も生まれ、町全体の活性化に貢献しています。さらに、去年閉校となった旧大名小学校跡地。商業地帯に囲まれた福岡の中心部に立地しているだけに、
どのように活用されるか注目が集まっています。廃校の活用に、今後も期待が高まります!

 

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

たけのこの里 春のにぎわい


春の味覚“たけのこ”。実は、福岡県はたけのこの生産量日本一(1万3517t:平成24年)。なかでも、八女市 立花町はトップクラスの生産量(2702トン:平成26年)を誇ります。この地域で採れるたけのこは、「えぐみが少なく、甘い」と評判。おいしさの秘密は、“赤土”と呼ばれる水分を多く含んだ土壌です。みずみずしいたけのこが育つといいます。
町は今、収穫の最盛期。道の駅には朝掘りのたけのこが並び、お客さんでにぎわっています。そして、この時期ならではのサービスも。購入したたけのこを大きな釜で茹であげる“大釜ゆがき”です。家庭では湯がくのが難しい大きなものも、火力の強い大釜で一気に茹でてくれるのです。
たけのこ好きにとっては、旬の味を楽しめるうれしい季節。生産者にとっても年度最初の収穫、喜びもひとしおです。春の香り漂う“たけのこの里”を訪ねます。

■問い合わせ先
▽道の駅たちばな
住所:福岡県八女市立花町下辺春315-1
電話:0943-37-1777
道の駅で購入したたけのこに限り、無料でゆがくサービスを行っています。
受け付けは、9時から14時まで。

y150410_01.jpg

【おいしいたけのこのポイント】
(1) たけのこの形がまるまると太っている(おしりの方が大きい形)
(2) ずっしりと重みがある方が水分を多く含んでいる
(3) 穂先が黄色いもの

y150410_02.jpg

mariko.pngのサムネイル画像

甘くてやわらかいたけのこは、立花町の春の象徴。
「横浜に住む息子夫婦に毎年送っているの」と品選びをする女性、「博多から娘が帰省したから、今夜はたけのこを食べさせてあげるんだ」といって両手いっぱいに抱えた男性――掘りたてのたけのこのまわりには、たくさんの笑顔があふれていました。
「大釜ゆがき」を待つ間は、周辺を散策するのがオススメです。
私のオススメは、道の駅から車で10分ほどのところにある“黒岩橋”!
とっても雰囲気のある素敵な石橋です。
今度はたけのこ好きの母を連れて、また遊びに行きます!

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時20分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

商店街 若者のハートをつかめ!


from15040701.jpg

新生活が始まる春。就職や転勤などで新しい街に引っ越し、新しい生活を始める人も多いのでは? 福岡の商店街の中には、そんな新しく街にやってきた人たち、特に若い世代の人たちに、「商店街」に来てもらおうと、あの手この手で集客をはかっています。その方法とは・・・ゲーム!?アイドル!?生き残りをかけて、新たな顧客獲得に向けて奮闘する商店街を紹介!

from15040702.jpg

from15040703.png

■商店街を舞台にしたスマホゲーム「僕の黒崎商店街」
黒崎商店組合連合会(人形の田中)
 住所:北九州市八幡西区熊手1-3-28
 電話:093-622-0909

from15040704.jpg

■井尻商店街を拠点に活動するアイドル
「hipS Ship(ヒップスシップ)」

from15040705.jpg

nozomi.png

若い人たちに商店街を知ってほしい!足を運んでほしい!
取材をする中で、商店街の人たちの熱い想いが伝わってきました。
店の人も、やってくる客層も高齢化が進んでいる商店街。黒崎の商店街の田中さんは、
「若い人たちに、いきなり来てほしいというのは、ハードルが高い。
まずは商店街について知ってほしい。」と話していました。
井尻商店街で活動するアイドルグループ「hipS Ship(ヒップスシップ)」の
メンバーたちは、商店街を盛り上げるために一生懸命です。
売り上げが大きく伸びるといった成果が出ているわけではまだありませんが、
試行錯誤の中で、世代間の交流が芽生えていると感じました。
若い世代を取り込めるか!?商店街の挑戦は続きます。

投稿者:古澤のぞみ | 投稿時間:18時20分 | カテゴリ:フロム福岡 | 固定リンク

" 2度目の成人式 " 四十四賀 ~宗像市 鐘崎~


y150403_01.jpg

福岡で一番の漁獲量を誇る宗像市鐘崎の港。ここで毎年4月4日に“四十四賀”(しじゅうしが)と呼ばれる、お祭りが開かれる。この日、鐘崎は一年で一番の盛り上がりを見せるという。花飾りで装飾されたトラックと共に、仮装した男女が行進し、パレードを行うのだ。数え年で厄年の44歳になる人たちが、厄除けを祈願するのだ。町中を踊り歩き、紅白の餅を配ることで、育ててくれた地元への恩返しをする。
今年、パレードで行進するのは昭和47年、48年生まれの子年と丑年の人たち。彼らが結成する“子丑会”(ねうしかい)には、地元の同級生を中心に30人以上が参加。準備に盛り上がる鐘崎の様子をお伝えする。

y150403_02.jpg

■四十四賀

・厄年のお祓いは、地元の織幡神社で1000年以上前から続いていると言われている。
 パレードを行うようになったのは、江戸時代後期から明治時代初期にかけて。
・パレードは4日(土)11時ごろから、見学は自由。餅や御神酒が振る舞われる。
・パレードのルートなど詳細は、下記のコミュニティセンターに問い合わせください。

▼岬地区コミュニティセンター
電話:0940-62-2656
住所:福岡県宗像市鐘崎776-4
[交通アクセス]
●車…九州自動車道/古賀ICから45分・若宮ICから40分
●公共交通機関…JR東郷駅下車/西鉄バス鐘崎行 JR東郷駅前→鐘崎車庫 徒歩約15分

y150403_03.jpg

mariko.png
祭りの準備をのぞきにきていたおじいさんが教えてくれました。
「漁師の仕事は、危険と隣り合わせ。昔から事故で亡くなる人も少なくなかった町だから、無事に生きていることが、私たちには何よりの喜びなのさ」と。
「町のみなさんのおかげで、ここまで大きくなりました」という44歳の世代と、「立派に育ってくれて嬉しいよ」という親世代。
4月4日の鐘崎は、いろんな“ありがとう”があふれる1日です。
みなさんの笑顔を見ていたら、家族や友人、かつての恩師・・・ふるさとの人たちに無性に会いたくなりました。

 

投稿者:福居万里子 | 投稿時間:18時20分 | カテゴリ:よかなび | 固定リンク

あれから3年・・・


新年度が始まりました!

きのうはフレッシュな新入生、新社会人のニュースをお伝えしました。

わたしが入局したのは3年前の2012年春。
あれから3年か・・・ニュースを読みながら、しみじみしました。

o150402_01.jpg

これは、入局式のときに撮った写真です。
いまと変わらない?いや、少し子どもっぽいでしょうか・・・


ロクいち!メンバーにも、フレッシュウーマンがいます♪

月曜スポーツコーナー担当の居石友夏子さん
この春、大学を卒業したばかりの福岡出身22歳。

o150402_02.jpg

大学生活最後の春休みも返上で、局に来て勉強したり、スポーツ取材に出たりしていました。

そんな頑張り屋さんの居石さん、
番組がスタートした今週月曜日、無事に放送デビューを果たしました!


番組も、生まれたてほやほやの1年生。

これからが伸び盛りの「ロクいち福岡」を、どうぞよろしくお願いします!
 

投稿者:近江友里恵 | 投稿時間:13時53分 | カテゴリ:近江友里恵 | 固定リンク

お片づけ


みなさまこんにちは、井上二郎です。
昨日、「ロクいち!福岡」初回、第二回と放送が終わりました。
いろいろありましたが、まずは放送が出て、ほっとしました。
というか、プレッシャーと緊張でぐったり・・。

0401a.jpg

心配性なわたくし、福岡の皆様に受け入れてもらえるか、
わかりにくくはなかったか・・、悩みは尽きませんでした。

が、しかししかし、正直な感想は、「楽しませていただきました!」。
この番組が、皆様のお力添えで成長していけるようがんばろうと、
改めて思った次第です。

で、4月1日、良い仕事は良い環境から、ということで、
近江さんとわたくし、自分たちの作業スペースのお片づけをしました。
(といっても、片づけが苦手症という長患いのわたくし、
ほとんどしっかり者の近江さんがやってくれましたが・・)
いろいろ出てきました。こんなものも。

0401b.jpg

熊手。これからも運をかき集めて、ロクいちに力を与えてください!!
きれいになった机で、ますますパワーアップしてお伝えしていきますよ!
 

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:09時54分 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク

ページの一番上へ▲