2020年07月06日 (月)大雨に関する情報と警戒レベルについて


気象予報士の吉竹です。

九州北部は6月11日に梅雨入りして、梅雨が三分の二ほど経過、
いよいよこれから梅雨末期の大雨シーズンを迎えます。

2017年7月5日には朝倉市や東峰村を中心に九州北部豪雨が発生、
甚大な被害が出ました。
2018年には7月6日を中心に西日本豪雨が発生し福岡県でも大雨が降るなど、
7月上旬から中旬にかけては過去、大きな大雨災害がたびたび発生しています。

大雨災害から身を守るためには、
気象台から発表される情報などに十分気を付け、
早め早めの避難をするなど、積極的な防災行動が大切です。

yo_200703_01.jpg

これは気象庁から発表される気象に関する情報と5段階の警戒レベルです。
テレビなどで報じる場合は、それぞれ色分けしてわかりやすくしています。
例えば、
レベル5の「大雨特別警報」は黒
レベル4の「土砂災害警戒情報」は紫
レベル3の「大雨・洪水警報」は赤
といった具合です。

去年までは特別警報は濃い紫で表示していましたが、
土砂災害警戒情報の薄い紫と似た色で分かりにくかったので、
今シーズンからレベル5の大雨特別警報は黒に変更になりました。

yo_200703_02.jpg

そして、このような情報が発表されたら、
私たちはどのように行動したらよいのでしょうか。

まず、レベル3の「大雨・洪水警報」が発表されたら、
自治体からは「避難準備・高齢者等避難開始」を呼びかけます。
災害弱者といわれるお年寄りや体の不自由な方はこの段階で
安全を確保していただく必要があります。

次に、大雨警報が発表されているときに、
土砂災害の危険性がさらに高まった市町村には
レベル4の「土砂災害警戒情報」が発表されます。
崖の近くなど危険な場所に住んでいる方は、
速やかに全員避難が基本行動となります。
さらに、各自治体からは「避難勧告」や「避難指示」が
発表されることがありますが、
テレビでスーパーが流される「土砂災害警戒情報」の段階で
避難の行動をとることが大切です。

そして、レベル5の「大雨特別警報」が発表されたら、
この時点ですでに重大な災害が発生していることがあります。
「命を守る行動」をとる必要があります。
つまり、避難はレベル4の段階で完了しておくべきで、
特別警報のレベル5ではすでに手遅れというケースもあることになります。

毎年、全国で大雨による災害が発生しています。
大雨災害はいつ、どこで発生するかわかりません。
梅雨末期の時季、気象台、自治体から発表される情報には
十分注意してお過ごしください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:10時05分


ページの一番上へ▲