2020年06月01日 (月)梅雨を迎える植物たち


気象予報士の吉竹です。

梅雨入り前の青葉若葉のすがすがしい季節です。
閉園中だった福岡市植物園が再開されましたので、
久しぶりに園内を散策してきました。

前回行ったのが、桜が咲くころでしたので、2か月ぶりです。
すっかり緑が濃くなり、初夏の花たちが季節の移ろいを
実感させてくれます。

yo_200601_01.jpg
アジサイ(紫陽花)が色づき始めていました。
紫陽花は6月にかけての雨の季節に似合う花。
私は涼しげなブルー系の色が大好きです。
色づいているところはガクに相当する部分。
真花とよばれる本当の花は、このガクの部分のさらに内側に小さく咲きます。
紫陽花は色が次々に変わりますので別名「七変化」とも。

yo_200601_02.jpg
アマチャ(甘茶)です。
アジサイに似ていますね。
アマチャはアジサイの変種で、
このアマチャの葉っぱを乾燥して煎ずると甘いお茶になります。
お釈迦さんの誕生日にあたる4月8日の「花まつり」に、
お釈迦さんの像にこの甘茶をかけて誕生をお祝いします。

yo_200601_03.jpg
ヤマボウシ(山法師)です。
比較的背の高い木、この葉っぱの上のところに白い花が並びます。
街路樹でもよく植えられており、
遠くからでも山法師の白い花が目立ちますね。
真ん中にある丸い部分に花が咲きこれをお坊さんの頭に、
そして4枚の白い部分(花ではなく総苞片といいます)を
お坊さんの頭巾に見立てています。
よく見るとそう見えますね。
秋になると、小さい赤いゴルフボールのような実がつきます。

yo_200601_04.jpg
ハナイカダ(花筏)の実です。
気を付けてよーく見ないと、通り過ぎてしまいます。
桜が咲く時季に、葉っぱの真ん中に小さな花が咲きます。
雌雄異株なので植物園では雄と雌、2本の木が並べて植えられています。
5月下旬になると葉っぱの上に、小さい実が付きます。
そして、夏になるとこの緑の実が黒に変わります。
葉っぱを船に、実を船頭さんに見立てて「花筏」。
すてきな呼び名です。

yo_200601_05.jpg
ウツギ(空木)です。
幹が空洞なのでこの名前がついています。
別名、卯の花ともいいます。
卯の花とはおからのことで、
おからのように白い花ということですね。
丁度、この卯の花が咲くころに天気がくずつくことを
「卯の花腐し(くたし)」ということがあります。
湿度が高くなり、卯の花を腐らせるような梅雨のはしりという意味です。

5月下旬は晴れてすがすがしい日が多かったのですが、
福岡県など九州北部の梅雨入りの平年日は6月5日。
いよいよ梅雨前線が北上する気配を見せており、
今年ももうすぐ雨の季節を迎えます。
気温、湿度とも高く、蒸し暑い日が増えてきます。
時節柄、健康管理にはくれぐれも注意してお過ごしください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:11時22分


ページの一番上へ▲