2019年11月29日 (金)私の趣味は植物観察


気象予報士の吉竹です。

休みの日は何をするか?
家族の冷たい視線を背中に感じながら、ひたすら趣味に没頭します。
その中のひとつが「植物観察」。
ということで、週末になるといそいそと福岡市植物園に出かけます。
バスと徒歩で植物園正門に到着しました。

y_191129_01.jpg

きょうは穏やかな小春日和。
おっ!いきなりきれいな寄せ植えがお出迎え。
植物園では春夏秋冬、いろいろな工夫が施されており、来園者を楽しませてくれます。

y_191129_02.jpg

園内は遅れていた「イロハモミジ」がようやく見ごろ、錦秋の季節を迎えていました。
さあ、きょうはどんな植物たちが私を待っていてくれるのか、
毎回、ワクワク!ドキドキ!です。

y_191129_03.jpg

「ジュウガツザクラ(十月桜)」です。
桜といえば春ですが、
名前の通り、10月ごろから咲き始め、
冬にかけて風雪の中でも次々に可憐な花を咲かせます。

y_191129_04.jpg

植物の状態を次々に「みて」いきます。
「見る」はなんとなくボーっとみる、いわゆるチコちゃんですね。
「視る」は「おや?いつの間にか咲いてる」といいながら近づいてしっかりみる。
「観る」は「この花はどうなってるのかな?」と観察しながら、写真に撮っていきます。
そして必ず、その植物の名前を観察野帳に書き込みます。
私は書かないと覚えられないので、とにかく書いて植物の名前を覚えます。
過去の観察野帳をさかのぼることにより、植物の開花などの遅速もわかります。

y_191129_05.jpg

おっ、今年も逢えたね。
足元には「キチジョウソウ(吉祥草)」が。
大きな木の下、日に反り返った落ち葉をかき分けたら、
5cmほどの高さに小さな花が咲いていました。
吉祥という名のとおり、縁起のいい花です。

y_191129_06.jpg

途中、展望台に登ります。
眼下には福岡市の街並みと山々が一望できます。絶景です。
お茶を飲んだりしてひと休み。

y_191129_07.jpg

人目につかない場所にひっそり、
「ロウヤガキ(老爺柿)」の実です。
サクランボくらいの大きさです。
去年は10個余り実をつけていましたが、今年はこの貴重な1個です。
カラスに食べられないか見守っていましたが、きれいに色づきました。

y_191129_08.jpg

植物園は、私にとって植物の面白さと奥深さを教えてくれる大切な場所。
数年前、NHKで「植物男子ベランダー」なる植物萌えの中年おじさんの番組がありました。
私はそんな植物男子です。
ロクいち!の気象コーナーでは、私の趣味をいかし、
これからも季節の花、四季折々の季節の移ろいをご紹介していきたいと思います。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:14時05分


ページの一番上へ▲