2020年01月17日 (金)久留米の防災士が企画展~阪神・淡路大震災から25年


阪神・淡路大震災から、きょうで25年です。
久留米市にある施設では、
災害についての意識を高めてもらおうと、
日本防災士会久留米支部の防災士が、
きょうから3日間の日程で企画展を開いています。

f_200117_01.JPG
(防災士が実演を交えて説明)

災害時に活用する携帯トイレの使い方や
非常用持ち出し袋に何を入れるかなど、
被災地支援の経験を踏まえながら、
説明していました。

f_200117_02.JPG
(非常食の消費期限もチェック)

福岡県には、
5000人を超える防災士が活動しています。
東日本大震災や熊本地震などで
被災地にボランティアに行った人も少なくありません。
皆さんが口をそろえて言うのが、
「日頃の備え」が一番大切ということです。

私も、非常用持ち出し袋を一度開けて、
賞味期限が切れた非常食がないかなど、
確認したいと思います。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:13時40分


ページの一番上へ▲