2019年02月28日 (木)vol.6 土呂久と歩む ~宮崎 記録作家・川原一之さん~


c_190301_01.jpg

九州・沖縄ゆかりの人々のその後を「決定づけた」場所と時間を探り、その人の人生をたどるミニ人間ドキュメント「九州・沖縄クロスポイント」。今回は、宮崎県在住の記録作家・川原一之さん(71)に迫った。
九州有数の観光名所、高千穂の隣にある土呂久(とろく)集落。豊かな自然に恵まれ、酪農が盛んな場所だが、かつて住民たちは鉱山が原因で起きる公害病に悩まされてきた。皮膚や呼吸器に異常をもたらし、発がん性を高める「慢性ヒ素中毒」。土呂久ヒ素公害は、1973年、イタイイタイ病や水俣病などに続く4番目の公害病に認定された。
当時、朝日新聞の記者として取材に当たったのが川原さん。被害者の力になりたいと、被害の実情を記事にして伝えたが、やがて“転勤族”という障壁により、土呂久を離れることになる。被害者に寄り添えないもどかしさを抱いていた川原さん。数年後、再び土呂久を訪れる。そのとき再会した被害者の女性から温かい声をかけられたことが、人生を大きく変えることになった。「覚えていてくれたうれしさ。同時に、やっぱり土呂久の人たちのために、できることがあれば、やらなきゃいかん」。川原さんは、28歳で新聞記者のキャリアを捨て、記録作家として土呂久に留まることを決めた。
その後、鉱山会社を相手取った住民裁判の支援などを続けてきた川原さん。半世紀たったいまも、被害の実情を伝える本を出版するなど、土呂久に向き合い続けている。また、バングラデシュなどアジア地域で、慢性ヒ素中毒に苦しむ人々の支援も行ってきた。
川原さんの活動の原点と、人生をかけるに至った強い思いを伝えた。

■問い合わせ
▽特定非営利活動法人 アジアヒ素ネットワーク
電話:0985-20-2201

c_190301_02.jpg
 
【取材者のひとこと】
「命が続く限り、土呂久に関わっていきたい」。取材の終わりに川原さんが言った言葉がいまでも深く印象に残っています。
温和な空気の流れる宮崎県に公害があったという衝撃が私を取材に突き動かしました。そして出会ったのが川原さん。たったひと言が人生を変えるきっかけになったと聞いたときは少し驚きました。しかし、そのことばから、公害に立ち向かいたいという強い気持ちや、被害に苦しみながらも優しい気持ちを忘れない土呂久の人々の人間性にひかれたということを感じ取り、土呂久を「公害のあった地域」としか見ていなかった自分に恥ずかしさを覚えました。
川原さんは今後も、土呂久の人々の姿を伝えていきたいと言います。「やりたいことをやり遂げる」その強さに感銘を受ける取材でした。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲