2020年06月18日 (木)大雨の季節に


中山庸介です。
きょうの福岡市は朝から雨が降ったりやんだりの天気です。

na_200618_01.jpg

福岡県内では、これからあすにかけて非常に激しい雨が降る
おそれがあります。
土砂災害などには、引き続き十分、警戒してください。

きのうの「気象双方向」では、
出水期となって、いざというとき、どのような「避難」を
行うのかアンケートを行いました。

na_200618_02.jpg

投票総数10832票のうち、
▼避難所に逃げると答えた人が10%
▼親戚・知人の上が10%
▼在宅避難が64%
▼決めていない人が16%でした。

私たちが想像していた以上に「在宅避難」という方が
多い結果でした。
今年はとりわけ避難所でのコロナウイルス感染を心配された結果、
「在宅」を選んだ方がいるかもしれません。

ただ、注意したいのは、土砂崩れや濁流は、一瞬にして
私たちの命を奪う、危険なものだということ。
これまでの「ロクいち」でもお伝えしていますが、
もう一度お住まいの地域のハザードマップなとを見直して、
どんなリスクがあるのか、ぜひ確認してください。
危険が迫る場合や、不安を感じる場合にはためらわずに
避難をすることが大切です。
そのうえで、持ち出し袋の中に、マスクやエタノール、
手袋やポリ袋など接触感染を防ぐグッズを準備して、
早めの対策をしていこうと、私自身も思っています。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時33分


ページの一番上へ▲