2019年11月18日 (月)スシ食いねェ!


中山庸介です。
週末、思い立って関門海峡に行ってきました。
下関と門司、寄り添いながら発展してきた二つの街。
かつて「新日本風土記」でナレーションを担当して以来、
あこがれの場所でしたが、ようやくかないました。

na_191118_01.jpg

思っていたよりも対岸が近い!
海というよりは川ですね。
そして潮の流れの速さに驚きました。
潮どまりでないとなかなか釣りづらいだろうな・・・などと考えつつ、
まずは下関の台所・唐戸市場へ。

na_191118_02.jpg

週末ということもあり、人がぎっしり!
駐車場もあちこち満車でした。
新鮮な寿司や刺身を買ってその場で食べられるのが人気です。

na_191118_03.jpg

というわけで、寿司!
ネタが大きい!!
マグロのほほ肉とか、クエとか、ネタも一味違います。

na_191118_04.jpg

ご当地名物、フグ、いや、こちらでは「フク」と呼ぶようですね。
コリコリした歯ざわりと甘みが絶品でした。

お腹を満たした後は、対岸の門司へ。
妻子らは乗って5分の連絡船で。
私は車を廻送して門司港レトロで落ち合うことに。

na_191118_05.jpg

レンガ造りの雰囲気のある街。
街歩きが楽しくなります。

na_191118_06.jpg

駅構内の水道栓も、レトロ。
「帰り水」と言われ、終戦後、引き揚げて門司に上陸した人たちが
安堵の思いで喉を潤したとか。

歴史と食と、関門海峡をはさんで一挙に楽しめるコースに家族も大満足。
また、折にふれて行こうと思った一日でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時39分


ページの一番上へ▲