2019年01月24日 (木)歌人・俵万智さんにきく


今週、宮崎に行ってきました。
迎えてくれたのは、
鮮やかに咲くブーゲンビリア…。

n_190124_01.JPG

空が広い!そして近い!
これぞ宮崎。

n_190124_02.JPG

今回訪ねたのは、歌人の俵万智さん。
去年、宮崎出身の若山牧水の評伝「牧水の恋」を上梓されました。
いまは宮崎に居を構えて創作活動をされています。

n_190124_03.JPG

時代の移り変わりをみずみずしい言葉で切り取ってきた俵さん。
歌集・「サラダ記念日」は260万部を超える大ベストセラーとなり、
バブルの時代、空前の短歌ブームを巻き起こしました。

n_190124_04.JPG

それから、30年あまり。
時代はいかに変わっていったのか、じっくり伺いました。
平成という時代は、携帯、メール、SNSなど、どんどんと情報、言葉のやり取りで無駄な時間がそぎ落とされていったと言う俵さん。
その中で、何を失っていったのか。
次の時代、私たちはどんなコミュニケーションをしていけばよいのか?
インタビューは、1月25日(金)、ロクいち!福岡の中でお伝えする予定です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時35分


ページの一番上へ▲