中山庸介

2018年09月03日 (月)夏の思い出


早くも9月。まだまだ暑いですが、
朝晩吹く風は、だいぶ爽やかになりました。

お盆休みは東京・葛飾の実家に戻っていました。
近所の亀有駅前をブラブラしていたら…。

n_180903_01.JPG

おー、懐かしい。
出迎えてくれたのは、おなじみ「こち亀」の両さん。
こんなにカラフルな像だったっけと思いつつ、パシャり。

酒場を放浪してモツ焼きを堪能したり、
寄席に行ったりと、下町文化を味わっておりました。

n_180903_02.JPG

海に、川に、釣りにも出かけましたよ。

n_180903_03.JPG

神奈川県、三浦半島沖です。
船釣りにやってきました。
海風が気持ちいい・・・ものの、久しぶりの船でちょっとグロッキー気味。
それでも、35センチはある大振りのアジが20匹弱釣れました。
肝心の魚の写真は、船酔いで取り忘れました。
ごめんなさい!

n_180903_04.JPG

千葉と東京の境にある江戸川放水路では、夏から秋にかけて
ハゼが成長します。
下町っ子だった私も、よく小学生のころ釣りに行ったものです。

n_180903_05.JPG

昔取った杵柄、ヒョイヒョイっと…というつもりですが、
なかなかうまくいかず。
一緒に釣っていた人が分けてくれ、あわせて50匹あまりの釣果は
おいしく天ぷらにしていただきました。

n_180903_06.JPG

フワフワ、サクサクで、ビールが進む!
流した汗が報われた瞬間でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時12分 | 固定リンク


2018年08月06日 (月)黒木瞳さんにインタビュー


大女優を前に、ワタクシもいささか緊張しております・・・。

n_180806_01.JPG

黒木瞳さん。今月公開された映画『インクレディブルファミリー』で、
しっかり者の母親・ヘレン役の吹き替えを担当されています。
自分の姿をさらさず、声だけでキャラクターを演じる声優の仕事。
その魅力や、ふだんの女優としての表現とどう違うのかききました。

台本に書かれているうめき声ひとつとっても、
「うー」と「うーうーうー」では、心情が違う。
その違いは何か、とことんまでシミュレーションして臨まれたとか。
集中力が大事ですね?と問うと、
「それ以上に、体力です」と明るくにこやかに答えてくれました。

黒木さんといえば、八女市黒木町のご出身。
平成24年の九州北部豪雨の際には、地元を励ますために駆け付けました。
いつも絶やさない故郷への思いとは?
そして、今後挑戦したいこととは?
8月7日(火)のロクいち!福岡のなかで、じっくりお伝えします。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時53分 | 固定リンク


2018年07月27日 (金)夏まっさかり!


2週間ぶりのブログ、失礼いたします。
「山笠とともに、本格的な夏がやってくる」
そんな言葉を肌で感じるきょうこの頃です。

はじめの博多祇園山笠。
夜明け前から多くの人で埋め尽くされる街の様子に
圧倒されました。

n_180727_09.JPG

福岡出身、女優の奈緒さんとともに1枚。
博多織の浴衣がお似合いです。

n_180727_02.JPG

熱気あふれる山笠の模様は、
29日(日)午前11時から、BSプレミアムでダイジェスト版を放送します。

山笠の後は、続く猛暑に耐えかねて、
涼しいところに出かけることにしました。

大分県九重町にある九重“夢”大吊橋です。
歩行者専用橋としては日本一高い吊り橋。
吹き抜ける涼しい風に気分も最高!でしたが…。

n_180727_03.JPG

いざ渡ってみると、ちょっと怖い…。

n_180727_04.JPG

真下の川までおよそ170m。
足がすくみます。

n_180727_10.JPG

実は、高所が若干苦手でして、
冷や汗がにじむ瞬間でした。

吊り橋の次は、高原を満喫!
くじゅう連山の北側にあるタデ原湿原を散歩しました。

n_180727_06.JPG

清々しい空気を吸い込んで、発声練習!

n_180727_07.JPG

小さな花々にも癒されます。
手に何か違和感を感じて思わず見ると…。

n_180727_11.JPG

トンボが遊びに来てくれました。
カシャっと撮影すると、静かに飛び立っていきました。
自然の中で、ほてった体と心を大いにクールダウンできた
休日でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時09分 | 固定リンク


2018年07月13日 (金)山笠中継 ただいま準備中!


7月15日は、博多祇園山笠のクライマックス、追い山。
無病息災、疫病退散を祈りつつ、勇壮な山笠が博多の街を駆け抜けます。
ロクいち福岡と並行して、今週は山笠中継の準備にあたっています。
この日は、実際に山笠が走る5キロのコースを自分の足で歩いて取材しました。

n_180713_01.JPGのサムネイル画像

スタートとなる櫛田神社にはすでに桟敷席も設けられ、
境内はひっきりなしに掃き清められていました。

n_180713_02.JPG

街のあちこちには「山笠が通ります」「駐車禁止」の看板も。

n_180713_03.JPG

それにしてもこの暑さ。
帽子とサングラスで防備しながらの取材。
歩いているだけでも汗が吹き出すのに
重さ1トンの山笠を舁(か)くとは、どれほどのことか。
そのすごさに思いをはせます。

n_180713_04.JPG

ところどころ、電柱にはゴザが巻かれていました。
狭い道を駆け抜ける際、ぶつかっても大丈夫なようにという配慮だとか。
細かいところまで心くばりがされているんですね。

n_180713_05.JPG

道すがら、豪華な飾り人形を見て楽しめる「飾り山笠」も、
建てられていました。
高さ十メートル以上、その大きさにびっくり。
街行くみなさんも、足を止めて写真を撮っていました。

n_180713_06.JPG

そして山笠のゴール地点となる廻り止めです。
追い山当日、ここでどんなドラマが見られるのでしょうか・・・。
ひたひたと、私の中でも何かが高まってくるのを感じます。

今年で777年の歴史を持つ博多祇園山笠。
福岡県域では、15日(日)午前4時半、総合テレビで生中継します。
そして、全国の皆さんには、29日(日)午前11時から、
BSプレミアムでお伝えします。
お楽しみに!

NHK福岡「博多祇園山笠2018」

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:11時31分 | 固定リンク


2018年07月05日 (木)あの日から1年


先月下旬、被災地・朝倉を訪れました。
行くたびに道路や川沿いの土のうの数が増え、
被害の広がりを防ぐための工事が着々と進んでいるのを感じます。

n_180705_01.JPG

しかし、大きく削られた山肌はむき出しになっていて、
ところどころ、がれきは置かれたままです。

n_180705_02.JPG

この4月から、朝倉の、すもも農家の方をたびたび訪ねています。
青々と茂ったすももの木。
去年の豪雨で9割が流されてしまいました。
なんとか残された木々を育てていこうと、
昼間、避難先から通っては手入れをされています。

n_180705_03.JPG

きょうのように、ひとたび雨が降れば、作業はできません。
去年のことがすぐ脳裏に浮かぶといいます。
そんな中でも、豪雨を乗り越えて、今年も、すももは赤く色づきました。

n_180705_04.JPG

前を向いていこう、ということばを、被災地では多くの方から聞きます。
県内の、全国からの応援が本当に力になっているという声も、心に残っています。
一緒に、自分が何ができるか。
あの日から1年、あらためて考えます。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時47分 | 固定リンク


2018年06月25日 (月)似てるかな?


先日、父の日の特集でお伝えした「似顔絵パン」。
お父さんの顔をパンにしてプレゼントしようというものです。
水越リポーターが、取材後、プロの作ったお手本を持ってきてくれました。

n_180626_01.JPG

実はこれ、ワタクシの顔。
うーむ。
面長なところや、鼻やまゆ毛の雰囲気は似ているような。
比較します。

n_180626_02.JPG

うーむ・・・。
不思議ですね。
雰囲気が伝わるようです。

できあがったパンもうれしいですが、
自分のことを考えながら誰かが作ってくれるという
仕掛けがニクいですね。

“パパってもっと鼻が大きいんだよ”とか“目は一重だよ”とか・・。
「そんなこと喋りながら作ってくれたのかなあ」などと、
世のパパたち、嬉しさもひときわだったのでは。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時48分 | 固定リンク


2018年06月11日 (月)学問と文化の旅 大宰府へ


このところ食べてばかりのブログが続きましたが
それだけではありませんよ!
先週末は福岡市からちょっと足を伸ばして、大宰府市へ。

n_180611_01.JPG

学問の神様にお参りすべく、まずは大宰府天満宮に。
迎えてくれたのが・・・。

n_180611_02.JPG

「御神牛」。頭をなでると、知恵がつくと言われています。
とにかく人気!次々とみなさんの手が伸びる!
もちろん、私も。頭をなでなで。

n_180611_03.JPG

境内におもむき、いざ参拝。
最近、どうもサボりがちの我が子よ、
せめて宿題はちゃんとやっておくれ…。
そして、キャスターとして、少しでもコメント力が
つきますように…。と、願いをこめつつ。

n_180611_04.JPG

お参りの後は、おみくじです!
ワールドカップの日本健勝を祈願して、
この時期、おみくじもサムライブルーだとか。
結果は、「小吉」。
「運気混とんとした兆しあり」とのことでした。

n_180611_05.JPG

おみくじを結ぶ木も、サムライブルー一色!
さて、大宰府といえば、もう一つ行きたかったところが。
九州国立博物館です。
特別展『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』が開催中!

n_180611_06.JPG

ルノワールやモネ、ピカソなど巨匠たちの描いた絵。
本物を、一度この目で見ておきたいと思っていました。
中に入ると、黒山の人だかりでした。

いざ拝見。
やっぱり、本物は全然違う・・・。
なんというか、絵の中の世界が動き出すようです。
なかには、写真撮影がOKな絵画もありました。

n_180611_07.JPG

今回の展覧会を代表する一枚。
ルノワールの最高傑作、
《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》です。
写真やポスターで何度も見ましたが、
実物を目の当たりにして、吸い込まれそうになります。
イレーヌちゃん、いまにも喋り出しそうです。
これが「本物」か、と思わぬ感動が得られた旅でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時53分 | 固定リンク


2018年06月04日 (月)週末うまいものめぐり


このところの福岡、週末は青空!
市街地からビーチまで、自転車で10分。
海、大好きです!
素晴らしいところに来たと感じる今日この頃。

n_180604_01.JPG

百道の海辺を散策した後は、西新の商店街をブラブラ。
博多ラーメンも好きですが、このところハマっているのが。

n_180604_02.JPG

博多うどん。
この日はごぼう天に肉入り。
あっさりしただしに、やわやわのうどんがたまらない!

n_180604_03.JPG

最初は、うどんにコシがなくてどうする!と思っていたのですが、
ふわふわの博多うどんを一口食べて、
その優しい味わいにとりこになりました。
飲んだ後の締めにもいいですね!

n_180604_04.JPG

昼下がり、こんどは山へ。
市内の油山牧場です。
風も少しひんやり、広々とした景色に「♪アーアー…」と
思わず「北の国から」のテーマ曲を口ずさんでしまいます。

n_180604_05.JPG

きれいに咲いているアジサイをながめつつ、
お目当てはやはり。

n_180604_06.JPG

名物のソフトクリーム!
2つ持っているのは子どもの分ですよ。
では失礼して…。

n_180604_07.JPG

味、濃い!
新鮮なミルクの味に感動でした!
うまいものめぐりの旅は、まだまだ続きます…。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時58分 | 固定リンク


2018年05月29日 (火)休日、北九州へ


毎日お伝えしている北九州のニュースや話題。
キャスターとしても、現地に行かないわけには!
ということで、私も行ってきました。

n_180529_01.JPG

北九州市若松区の響灘緑地グリーンパーク。
広大な芝生とともに、アスレチックや動物がいる公園です。
長年の友人でもある、この人に案内してもらいました。

n_180529_02.jpg

北九州放送局のエース!本澤俊一記者です。
4月には、自動運転実験のニュース解説でスタジオにも登場。
東京時代から、家族ぐるみで6年来のおつきあいになります。

n_180529_03.JPG

チャームポイントのひげをさっぱり落として、
若返ってました。

n_180529_04.JPG

木漏れ日を感じながら・・・

n_180529_05.JPG

昼寝をしてはリラックス!

「中山さん、さらにいいところがあるんですよ…」(笑)と
教えてくれたのがこちら。

n_180529_06.JPG

こんなに近くでカンガルーを見るのは初めて!
カンガルーの飼育では国内有数の施設だとか。
おずおずと背中をなでる私でしたが、おとなしく迎えてくれました。

n_180529_07.JPG

・・なんだか手の組み方がキャスターっぽいですね。
誰が来ても動じない安定感。
見習いたいものです。

いろいろと引き出しの多そうな北九州。
暇を見つけては、さらにディープな世界にも飛び込んでみたいと思います!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時59分 | 固定リンク


2018年05月08日 (火)九州食べまくりの旅 (連休編)


九州といえば新鮮な海の幸、山の幸。
この連休、福岡県からちょっと足をのばして美味しいものの現場を旅しました。

向かったのは、おとなり佐賀県。
「釣りに行きたい!」とせがむ我が家の小学生を連れて、
佐賀県玄海町にある海上釣り堀で釣り体験です。

n_180508_01.JPG

天気もカラリと晴れ、日焼け対策も万全!
オキアミをつけた釣り針をそっと海に沈めると・・・。

n_180508_02.JPG

来た!シマアジです。
この日は、シマアジ3連発!
刺身にしてありがたくいただきました。
食べるの何年ぶりだろう・・・?
ほどよい脂が口の中で溶け、絶品でした。

n_180508_03.JPG

翌日は、イカで有名な呼子へ。
体も柔らかくなりました・・・?

n_180508_04.JPG

呼子といえば、朝市。
青空にパラソルが映えますね~。
風情のある道をのんびり歩いていると、香ばしい香りが…。

n_180508_05.JPG

炭火でカキを焼いている真っ最中。
もう我慢できん!

n_180508_06.JPG

「一皿お願いします!」。
そしてパクリ。
ム!!
「パパだけずるい~」と我が子ら。
ほのかな磯の香りとフレッシュで肉厚な身。
家族で堪能させていただきました。
でも、呼子といえば、やはり…。

n_180508_07.JPG

透き通ったイカ。
甘い!そして柔らかい!
またしても奪い合いになったのは言うまでもありません。

すみません!ただ食べているだけでした。
ともあれ、九州の海の恵みをたっぷり満喫した連休の前半でした。
後半につづく・・・。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時20分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲