2017年07月20日 (木)2週間 思うこと


この2週間、たくさんの数字を読んだ気がしている。

i_170720_01.JPG

「亡くなった人はこれで○人となりました・・」。
「○人が行方不明となっています・・・」。
「避難生活を送っているのは○人で・・・」。

亡くなった方、行方が分からない方、避難生活を送る方。壊れた家の数、被害を受けた街の数。ボランティアにかけつけた人の数・・・。

紙に書かれた数字を、声に出して伝えている。

i_170720_02.jpg

でも。
1人の人には家族がいて、仲間がいて、つながりがその何倍もあって。
傷ついた心に涙を流しあう人々と、再び立ち上がる気持ちに喜び合う人々。

1棟の壊れた住宅には、何年何十年という思い出が詰まっていて。
柱の一本、机の一脚、タオルの1枚にも、暮らしが宿っている。


きょうもぼくは、「○人が・・」といい続けている。
でも。
数字以外の存在を、そこにつながる沢山の温度を、強く強く意識しようと思う。


2週間と1日目が、当たり前にやってくる。

i_170720_03.jpg

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:10時40分


ページの一番上へ▲