2017年03月17日 (金)いざ上海へ


もともとは私、写真が好きではなかったんです。ほんとです井上二郎です。
それがこの笑顔

i_170317_01.jpg

i_170317_02.jpg

NHK福岡制作の営業ポスター。「嫌いじゃないだろう、お前」と言われておりますが、いや、本当に嫌いだったんですって。だって現実と向き合うのを避けるタイプなんで。しかし人間の訓練とは恐ろしいものですな。「ハイ撮りまーす。笑ってー」で、大笑いですよ。この先に誰がいるわけでもなく、ゲラゲラ笑っているんですよ。怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

i_170317_03.jpg

いやいや、勢いで言ってしまいましたが、まだ終わりじゃありません。
先日、写真をめぐって苦い思いをしてしまいました。
現場はこちら。

i_170317_04.jpg

ご存知、どうでもいいときにはしょっちゅう目にする、撮りたい時になかなか見つからないでお馴染、スピード写真です。
知ってます?!最近のスピード写真。顔の補正機能がついているんです!しかも値段ごとに色々なバージョンが選べるのです。

i_170317_05.jpg

まあしかしそこは「漢」と書いて「おとこ」を標榜するわたくし。修正なんて関係ありません。ありのままで勝負です。さあ、さっさとすませ・・。すま・・。あら?なんですと?「男前」補正機能ですと?!

i_170317_06.jpg

しかも通常のに100円追加のみ。
いや、でもこんなおじさんが男前機能なんて使ったとバレたら何と言われるか。男前への妄想はもう諦めたんじゃないのか?!来世に託したんじゃないのか・・?!。葛藤することおよそ3分。
そして私が下した決断は。

i_170317_07.jpg

「はい」。その瞬間です。「男前を選択しました!」もの凄く元気よく機械が大声で周知したのです!外にも聞こえるのではという音量。聞かれたらと慌てました。
やめてくれ!!ち、違う、違うんだ!間違えて押しただけです!・・違うんです・・・。・・・。すいません・・・、わたしが・・やりました・・・。
「初老男性補正機能使用罪」。
容疑者の写真です。

i_170317_08.jpg

ところで何のためにって?写真が好きだから?違いますって。これです。

i_170317_09.jpg

わたくし、中国は上海に行ってまいります。遊びじゃなくて、お仕事。お・し・ご・と、です。
福岡局と北九州局がタッグを組んで、3月21日(火)~24日(金)の4日間にわたってお伝えするニュースの特別編「ロクいちブリッジ上海」

i_170317_10.jpg

福岡と上海って、福岡東京間の距離とほぼ同じ、ものすごく近いんです。で、いま博多港には中国からのクルーズ船が続々入港、その出発地の多くは上海です。つながりを深めて、さらに発展しようという両都市。アジアの玄関口としての福岡の可能性を探ります。
夕方6時10分から、ダイナミックな放送で皆様に満足いただけるよう頑張ります。
気がかりなのは、日本を代表する食のまち福岡から、中国の美食の都上海へ。
こいつが増殖しないか・・。

i_170317_11.JPG

ま、そうなったら修正機能使って撮ってもらうか。

投稿者:井上二郎 | 投稿時間:16:29 | カテゴリ:井上二郎 | 固定リンク


2017年03月14日 (火)アビスパ 今季ホーム初勝利!


sueishi_02.pngのサムネイル画像

12日のリーグ戦ホーム勝利は、去年7月13日のFC東京戦以来の8か月ぶりの勝利でした。今シーズンからホーム戦で勝利した試合の終了後には、サポーターと選手が一緒になって「博多手一本」を行い、勝利の喜びを分かち合うことになり、この日初めて行われました。

s_170314-3_01.jpg

▲かけ声をかけたのは、先制ゴールを決めた山瀬選手

手一本の指揮をとる役割に指名されたのは山瀬選手。北海道出身で、今シーズン、京都サンガから加入したばかりの山瀬選手は慣れない様子で声をかけていました。山瀬選手は、「勝った試合のあとに博多手一本をやるとは聞いていたが、てっきり手拍子をする方だと思っていてかけ声までは覚えていなかった。また今日みたいな状況になったときにしっかりとできるように覚えておきたい」と苦笑いしながら話していました。

s_170314-3_02.jpg

▲課題だった後半に得点したウェリントン選手

追加点を奪ったのは、2試合連続のゴールとなったウェリントン選手でした。前の試合で初出場したウィリアン・ポッピ選手とブラジル選手同士のコンビネーションを見せました。ウィリアン・ポッピ選手との連携について、ウェリントン選手は「お互い違う特徴を持ちながら、練習してきてわかってきたこともある。あの瞬間、ボールが出る場所を予測できた」と手応えについて話し、その上で「ここで満足することなくもっともっと連携を高めてチームの勝利に貢献出来るようにしていきたい」と話していました。これから2人の連携にも注目ですね!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:16:52 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


2017年03月14日 (火)ソフトバンク 激しさ増す先発ローテーション争い


【スポーツ担当・波多野記者の取材メモ】

▽ソフトバンクの開幕ローテーション争い
オープン戦も中盤に入り、選手たちのアピールに熱が入っています。中でも特に注目されているのが、先発ローテーションの争いです。
基本的にシーズンのローテーションは6人で回します。工藤監督はキャンプの後「5人目、6人目は決まっていない」と話していました。1人目から4人目というのは、開幕投手に指名されている和田投手、WBCに出場している千賀投手、武田投手、バンデンハーク投手の4人。残りの2枠を巡って激しい競争が繰り広げられています。去年9勝を挙げた東浜投手に実績のある攝津投手や中田投手、右肩の手術からの復活にかける松坂投手などがこれまでのオープン戦で結果を残しているほか、2年目の髙橋投手や3年目の松本投手にもチャンスは残されています。さらに、一躍争いに名乗りを上げたのが大隣投手。去年は1勝に終わり、今年のキャンプでも腰のハリで出遅れていましたが、状態を上げて、12日のオープン戦で好投、次のチャンスにつなげました。
5番手6番手でこれだけの名前があがる層の厚い投手陣の中で、誰が最終的に勝ち残るのか、これからも注目していきたいです。

s_170314-2_01.jpg

写真:オープン戦で3回を無失点と好投した大隣投手

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:16:28 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


2017年03月14日 (火)センバツ高校野球 東海大福岡高校


3月19日に開幕するセンバツ高校野球。福岡から出場する福岡大大濠高校と東海大福岡高校も甲子園に向かい、いよいよ大会が近づいています。スポーツコーナーでは、東海大福岡を引っ張る2人のピッチャーの甲子園にかける思いをお伝えしました。

【スポーツ担当・波多野記者の取材メモ】

▽センバツ出場 東海大福岡高校
東海大福岡は去年秋の九州大会で、初戦から準々決勝までの3試合、すべて1点差の逆転勝ち。粘り強さと勝負強さを持ち味に春のセンバツ出場を決めました。
チームを引っ張ったのが、秋の県大会と九州大会すべてを1人で投げ抜いた安田大将投手です。先制される試合もありましたが、「粘り強い」チームカラーを体現するピッチングで追加点を許さず、味方の逆転を呼びました。センバツでも、エースナンバー「1」を背負います。
そして東海大福岡には、もう1人、頼りになるピッチャーがいます。それが同じ2年生の佐田健介投手。1年生の時から次のエースと期待されてきましたが、腰を痛めて、去年秋の大会は投げることができませんでした。ケガも癒えた今年に入ってから、状態を上げています。
ともにバッティングもよく、チームの主力の2人ですが、ピッチングスタイルは大きく違います。安田投手は、サイドから両コーナーに投げ分けるコントロールの良さとボールのキレが持ち味。ランナーを背負っても慌てず、冷静に投げる力があります。監督からも「相手の考えを読んだピッチングをする」と評価されています。一方の佐田投手は、長身から投げ下ろす140キロを超える速球とフォークボールで三振を奪うスタイル。気迫を前面に押し出して、ピンチを抑えたら、雄叫びを上げてチームを鼓舞します。安田投手は「健介は自分にないスピードがある」佐田投手は「大将のコントロールはすごい」と互いの良さを認め合いつつも、「負けたくない」という意識を持って練習に励んでいます。一方でどちらかがケガで練習できないときは練習のフォローをしあったり、休みの時には一緒にご飯を食べたり、遊びに行ったりと仲がいいチームメートだそうです。
「夢の舞台」と話す甲子園のマウンドに立って、全国の強豪を相手に堂々としたピッチングを披露してくれる姿を楽しみにしたいと思います。

s_170314-1_01.jpg

写真【1】:背番号1を背負う安田大将投手

s_170314-1_02.jpg

写真【2】:腰のけがから復帰した佐田健介投手

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:15:58 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


2017年03月10日 (金)合格発表


受験や合格発表のニュースをお伝えすることが多い今日この頃。

h_170310_01.JPG

先日受検した「福岡検定」の結果発表を見に行ってきました。
合格発表、いくつになっても緊張しますね。恥ずかしながら、朝から一人でそわそわしていました。

h_170310_02.JPG

あ、あ、ありましたー!!!!

h_170310_03.jpg

思わず記念撮影。
後日…きちんと合格証書も届きました!

h_170310_04.jpg

h_170310_05.jpg

h_170310_06.jpg

中級合格者は「上級」にもトライできるそうなので、次は金色に輝く認定証をゲットすべく引き続き勉強を続けて、福岡の隅々まで知りたいと思います。

投稿者:林田理沙 | 投稿時間:15:18 | カテゴリ:林田理沙 | 固定リンク


2017年03月08日 (水)限りなく搾りたてに近い牛乳


みなさんは「特別牛乳」ってご存じですか?飲用乳は、省令で「牛乳」や「加工乳」などと呼び分けられていますが、「特別牛乳」とは、国が定めた厳しい衛生基準を満たす施設で製造されるため、無殺菌または低温殺菌で販売が許される牛乳。製造しているのは全国でも4か所しかありませんが、その味は"限りなく搾りたてに近い"ため、牛乳の概念を覆すオドロキの牛乳として根強い人気があります。
九州で唯一、その特別牛乳を作っているのが、大田竜司さん(36)が営む福岡県嘉麻市の牧場。特別牛乳は、一般的な牛乳にもまして、牛が食べるエサや水の質が牛乳の味に直結するため、大田さんは、牛ふんを使って手作りした堆肥で自ら牧草を育て、地下水をくみ上げるほどのこだわりよう。製品に責任を持ちたいと、配達まで自分で担います。
番組では、妻の晴美さん手作りの自慢の牛乳料理も登場!「搾りたてを届けたい」という若き酪農家の熱意に迫ります。

■「特別牛乳」を生産している酪農家
大田竜司(おおたりゅうじ)さん
大田晴美(おおたはるみ)さん

f_170308_01.jpg f_170308_02.jpg

大田さんの作る「特別牛乳」の購入は、牧場のホームページ、またはFAXで受け付けています。牧場でも販売していますが、日によって販売数が違うため、予約をなさったほうが確実だそうです。

▽白木牧場
住所:嘉麻市熊ヶ畑269
営業時間:午前10時~午後5時(年中無休)
FAX:0948-53-2621(電話では注文は受け付けていません)

■その他、「特別牛乳」を購入できるお店
▽道の駅うすい
住所:嘉麻市上臼井328-1
電話:0948-62-4400
定休日:不定休

▽手作りふるさと村(山田活性化センター)
住所:嘉麻市熊ヶ畑2141
電話:0948-53-1897
定休日:木曜日

f_170308_03.jpg

■番組冒頭でご紹介したお店【大田さんの特別牛乳が飲めるお店】

f_170308_04.jpg f_170308_05.jpg

▽「農場レストランあんず畑から」
住所:福岡市東区原田4-32-5
営業時間:ランチ午前11時~午後4時、ディナー午後5時~午後10時
店休日:不定休(12月31日・1月1日ほか)
電話:092-626-2860
※バイキングスタイルのメニューの中で、週に2日ほど、「特別牛乳」を出しています。
特別牛乳を出す曜日は決まっていないそうです。
詳しくはお店にお問い合わせください。

egawa.jpgのサムネイル画像

お風呂上がりには、牛乳をゴクゴク飲むという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?でも、今回紹介する牛乳はゴクゴク飲んではもったいない!じっくり味わって飲んでみてください。きっと、牛乳の概念が変わります。特に「牛乳の、あのにおいがちょっと...」とおっしゃる方には、ぜひオススメ。
私も実際に飲んでみましたが、最初に出てきた言葉が「え?」。口の中いっぱいに優しい甘さが広がって、とってもまろやか。そして「牛乳の、あのにおい」がほとんどしないんです。機会があれば、みなさんもぜひお試しください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:45 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2017年03月07日 (火)福岡発!セーラー服物語


今年1月、福岡市内の街角にこんな看板が設置された。“ニッポンセーラー服発祥の地"。セーラー服といえば、今や国内だけでなく“Sailor fuku"としてタイや中国の学校に採用されるほどの人気ぶり。その「セーラー服」のルーツが福岡にあったという説が今注目されています。そのセーラー服はどうやって生まれたのか?その歴史を紐解くと大正時代に福岡にやって来たひとりのアメリカ人女性の物語がありました。セーラー服に込めた思いとは、、、。福岡発!セーラー服誕生秘話に迫りました。

f_170307_01.jpg

■福岡市内の街角に歴史を記した看板を設置する活動に取り組むまちおこしグループ
▽ハカタ・リバイバル・プラン
住所:福岡市博多区大博町4-32
電話:092-281-4008

f_170307_02.jpg

f_170307_03.jpg

■大正時代からセーラー服が受け継がれている学校
▽学校法人 福岡女学院
住所:福岡市南区日佐3-42-1
電話:092-575-2949

f_170307_04.jpg

egawa.jpgのサムネイル画像

3月になって、最近日中は気持ちのいい天気だなあと感じることが多くなりました。春が来ると、みなさんはどんな気持ちになりますか?私は、わくわくした気持ちになります。学生時代の、小学校から中学校へ、中学校から高校へ、高校から大学へとそれぞれを卒業して入学したときの不安や期待が入り交じったわくわく感です。学生時代、ほとんど毎日身を包んだ制服。みなさんは学生時代の制服ってまだ残していますか?制服にはそれぞれの思いが詰まっていると思います。
今回、セーラー服の発祥は福岡!ということを聞いてそのルーツを探ると、アメリカ人女性の発案で運動着として生まれたという思いもしなかった物語がありました。そして、セーラー服が生まれた130年以上の歴史がある福岡女学院高校の卒業式に伺うと、式には50年前に卒業した方々も招かれていて、みなさん卒業生のセーラー服を見て思いをはせてらっしゃいました。福岡女学院のセーラー服はおよそ100年前からほとんどデザインが変わっていないそうです。中には、母から子へと代々同じセーラー服を着ているという方もいらっしゃいました。これからもこのセーラー服が着続けられていったらいいなと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク


2017年03月07日 (火)ソフトバンク オープン戦始まる


1か月にわたるキャンプも終わり、プロ野球のオープン戦が始まりました。シーズンに向けたポジション争いも熱を帯びてきています。
オープン戦の初戦で先発したのは、右肩手術からの復活を目指す松坂投手。ホームランは打たれたものの、1週間前の試合よりもコントロールや変化球のキレなどに手応えを感じていました。2試合目では、外野手のレギュラーを目指す上林選手が目立ちました。6回に打ったレフトスタンドへのホームランは、左バッターの上林選手にとって逆方向となる一打で、キャンプで取り組んできたパワーアップの成果を実戦でも見せつけました。
復活にかけるベテランからレギュラーを目指す若手まで、シーズンが始まるまで厳しい競争が続きます。

s_170307_05.jpg
写真:振りかぶって投げる松坂投手

【スポーツ担当・波多野記者の取材メモ】

▽松坂大輔投手について
「ピッチャー振りかぶって第1球を・・」という実況を聞く機会も少なくなりました。「ワインドアップ」という、振りかぶって投げるフォームのピッチャーがだんだん少なくなっているからです。松坂投手の代名詞といえば、そのワインドアップから投げる剛速球にキレのあるスライダー。相手バッターから豪快に空振りを奪う姿をイメージするファンも多いと思います。その松坂投手は、このオフに参加したプエルトリコのリーグでの試合以降、振りかぶらずに投げる「ノーワインドアップ」と呼ばれるフォームを試しています。キャンプ中もその取り組みは続き、先週の練習試合でもそれは同様でした。
その松坂投手がオープン戦初戦で、ワインドアップのフォームを見せました。試合後、「基本的にはワインドアップだと思っています」と話し、練習の一環としてノーワインドアップで投げていたことを明かしました。
剛速球やスライダーで空振りを奪うかつてのスタイルとは異なり、手元で細かく動かして、バットの芯を外す投球にも取り組んでいる松坂投手ですが「個人的には振りかぶって投げるのが好き」と話した通り、フォームを変えるつもりはないようです。ダイナミックなワインドアップで打者を打ち取る姿を、ぜひヤフオクドームで見てみたいと思います。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:12:24 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


2017年03月07日 (火)アビスパ 今シーズン初勝利!


開幕戦黒星スタートとなったアビスパは、初勝利を目指し、レノファ山口と対戦しました。この試合で効果的だったのはセットプレー。前半の早い時間帯から立て続けにチャンスを作ります。駒野選手からの右コーナーキックで、冨安選手のヘディングシュートはキーパーにはじかれましたが、その直後、再び駒野選手からのコーナーキックをウェリントン選手が頭で合わせて先制しました。39分には亀川選手のロングスローから石津選手がアビスパ復帰後初ゴールを決めました。得意のセットプレーで得点を重ねたアビスパは、開幕2戦目で初勝利をあげました。

s_170307-2_01.jpgのサムネイル画像

▲先制し喜ぶウェリントン選手
 
s_170307-2_02.jpg

▲復帰後初ゴールを決めた石津選手

sueishi_02.pngのサムネイル画像

レノファ山口との試合を前に、「連敗だけはしないように」と何度も話していた井原監督。練習ではレノファの堅い守りへの対策として攻撃陣を中心に相手守備の崩し方の確認を行っていました。
試合は亀川選手などが積極的に相手の守備ラインの裏を取り、ゴールに近づきました。その結果、コーナーキックのチャンスが前半に7回もあり、ウェリントン選手のヘディングで先制をすることが出来ました。ずっとボールを持ちながら攻め続けるサッカーに、井原監督も「前半のようなサッカーは最初から目指していたもの。非常にいい内容だった」と評価していました。後半は防戦一方の展開で8分に失点してしまい耐える時間帯が続く中、守り切った形で初勝利を掴みました。
この日は他にも若手の冨安選手の攻守での活躍や、新加入のウィリアン・ポッピ選手の初出場など今後への期待が膨らむ内容でした。1年でのJ1昇格に向けて一歩ずつ前進です!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10:40 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


2017年03月07日 (火)センバツ!福岡大大濠高校 初勝利に向けて


3月19日から始まるセンバツ高校野球。福岡県からは福岡大大濠高校と東海大福岡高校の2校が出場します。秋の九州大会を優勝した福岡大大濠高校は、三浦投手と古賀選手のバッテリーを中心とした堅い守りが持ち味です。三浦投手は最速144キロの速球を中心としたコントロールが持ち味。古賀選手はキャッチャー歴がまだ半年ですが、リードや配球などで人一倍努力を重ねて、三浦投手の信頼を得てきました。
九州大会を制して乗りこんだ秋の明治神宮大会では、準決勝で清宮選手率いる早稲田実業と対戦。接戦の終盤に清宮選手にデッドボールを与えてしまい、さらに続く野村選手にホームランを打たれて敗れました。この試合で見つけた課題として冬の間に2人は体力と筋力のアップに取り組んできました。三浦投手は投げ込みと走り込みを、古賀選手は体重を7キロ増やしました。一冬を越えて成長した2人がチームを引っ張り、学校にとってのセンバツ初勝利を目指します。

 s_170307_01.pngのサムネイル画像

▲鍵となる“バッテリー"

s_170307_02.jpg

▲三浦投手はコントロールが持ち味


sueishi_02.pngのサムネイル画像

三浦投手と古賀選手がバッテリーを組んだのは半年前。古賀選手は、それまでショートを守っており、キャッチャーをするのは新チームになってからでした。肩の強さがキャッチャーへの転向を勧められた理由でした。
最初は三浦投手が引っ張っていたバッテリーでしたが、試合が進むにつれて古賀選手が引っ張っていくようになったそうです。その理由は古賀選手のリードや配球などへの勉強熱心な姿勢。三浦投手も「あいつのリード通りにやれば負けない」と厚い信頼を寄せ、八木監督も「古賀選手はよくやってくれている。いいバッテリーになった」と評価していました。
九州大会と明治神宮大会では宿舎の部屋が一緒で、野球に関する話を繰り返し、理解を深めてきました。配球に関して意見が合うことが多いという2人。特に明治神宮大会での早稲田実業・清宮選手への攻め方では2人とも考えが一致し、バッテリー成熟の手応えを感じたそうです。
来週のスポーツコーナーでは、東海大福岡高校についてお伝えします!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10:27 | カテゴリ:スポーツ | 固定リンク


ページの一番上へ▲