2018年10月18日 (木)福岡と深~い関係!?謎のマッチョな弥生人


f_181019_01.jpeg

数多くの遺跡が残り、弥生文化が花開いた北部九州。当時の権力者がこぞって集めたのが、「貝輪」と呼ばれる貝の腕輪だ。しかしそれは1000キロ以上離れた南の海でしかとれない珍しい貝であることから、誰がどうやって運んできたのか、長い間謎だった。
ところがことし8月、長崎県の高島で、そのヒントとなるものが見つかった。それは、上半身が異様に発達した“マッチョ”な弥生人の人骨。発掘した人類学者の海部陽介さんは、彼らこそが海を渡って貝を運んだ「船こぎ集団」ではないかという仮説を立てた。
専門家チームが骨を詳しく調べたところ、彼らが日常的に肩の筋肉を激しく回していたことや、そうしたマッチョな弥生人が、ほかにも長崎県や熊本県の島から複数見つかっていたことが判明。さらに、沖縄や鹿児島の遺跡を調べると、貝を集め、加工し、北部九州に運ぶ「貝の道」があったこともわかってきた。
マッチョな弥生人の骨を通して、知られざる弥生時代の九州の人々の営みを探る。

f_181019_02.jpeg
■マッチョな弥生人の発掘調査を行った人類学者の海部陽介さん

(国立博物館 人類学研究部 人類史研究グループ長
「3万年の航海 徹底再現プロジェクト」プロジェクトリーダー)

f_181019_03.jpeg

f_181019_04.jpeg
■マッチョな弥生人の骨をCTスキャンで分析した
筑波大学足立和隆准教授
(専門はスポーツ科学)

f_181019_05.jpeg
■長年「貝の道」について研究している
熊本大学木下尚子教授
(考古学)

f_181019_06.jpeg

■貝輪をつけた弥生時代の人骨が展示されている場所

▽飯塚市歴史資料館
住所:〒820-0011 福岡県飯塚市柏の森959-1
電話:0948-25-2930

■番組内で紹介した貝輪を所蔵している施設
▽福岡市埋蔵文化財センター
住所:〒812-0881 福岡県福岡市博多区井相田2丁目1-94
電話:092-571―2921

【取材ディレクターの一言】
マッチョな弥生人が携わっていたかもしれない弥生時代の1000km以上にも及ぶ貝の交易。とてもロマンあふれる歴史だと感じました。また、貝の交易ルートをたどると貝の集積所や加工所と思われる場所が見つかっているというのは驚きでした。弥生時代に、まるで現代のビジネスにあるようなシステムがあるとは想像もしていませんでした。
今回、様々な研究者に取材をしたのですが、みなさん興味深い発見にワクワクしている様子がとても印象的でした。歴史書などではほとんど記されていない弥生時代の歴史ですが、想像力を働かせながら、遺跡から見つかる骨や貝などの遺物だけから歴史を探るというのは本当におもしろいと思います。研究者によると、最近は人骨のDNA分析などの研究も進んでいるらしく、今後さらにおもしろいことが明らかになっていくかもしれないと感じました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク


2018年10月17日 (水)おいしさ"ぎゅっ"と!球磨栗


秋到来!熊本市内のカフェで女性を中心に大人気なのが、和栗パフェ。「実がしっかり詰まって、スイーツに最適!」と店がこだわるのが、熊本県球磨人吉地方のブランドぐり・“球磨栗”だ。くりの生産量・全国2位を誇る熊本県で、この地域は年間600トン近くに及ぶくりを出荷。中でも名人と呼ばれる、賀久清文さん(71)のくりは、全国で人気を博す。
秘密のひとつが、「草生栽培」と呼ばれる育て方。除草剤を使わず、刈り取った草や実を取った後のイガなどを有機物肥料として使用。まるでクッションのようなふかふかな土となって木がしっかり根をはり、養分が枝々に行き渡るようになる。さらには、若木を多く生やすための剪定など、1年を通しての知られざる努力をまさに“実らせた”のが、球磨栗だ。
全国の消費者へおいしさを届けたいと、半世紀以上の栽培を続ける生産者の思いを伝える。

■球磨栗のパフェを提供するお店
▽フラベド・バー・リゼッタ
住所:〒860-0844 熊本県熊本市中央区水道町4-2 T―Brio B1
電話:096-327-8444(カフェ専用)
※カフェでは賀久農園の栗のみを使用。カフェの他、マロンジャムなども販売しています。

s_181017_01.jpeg

s_181017_02.jpeg

■球磨栗をつくる栗農家
▽賀久農園 賀久清史さん
住所:〒868-0303 熊本県球磨郡錦町3618

miyawaki.jpgのサムネイル画像

秋といえばくり!とにかくくりが大好きなわたし!
今回のお目当ては、熊本県球磨郡のその名も”球磨栗”!
ほっくほくで濃厚で、甘みもあって香りがいい!本当に最高のくりなんです!
生産者の賀久さんは、くり栽培へのこだわりが半端じゃないんです。
そのままでも十分育つくりですが、地域にあった栽培方法から見直し、先を見越した木の手入れまで力を入れています。
なかでもわたしが驚いたのは、出荷前の入念なチェックです!
ぱっと見ただけではよしあしが分かりづらいくりを、1つ1つ丁寧に目で見極めたり、水につけたりして、何度も確認するんです。
できるだけいいものを届けたいという、賀久さんのこだわりです。
こうした一手間の積み重ねが全国から注目を浴びるくりになっているのだと思いました。
そんな賀久さん一家のおすすめ料理をたくさん頂いたのですが…!
もう、どれも絶品!くりを贅沢に使った「くりご飯」「くり入りの筑前煮」「くりまんじゅう」「くりのヨーグルト」「渋皮煮」などなど…。
秋にはほぼ毎日くりを食べる程くり好きなわたしですが、こんなにいろんな料理に合う食材だとは思ってもみませんでした!
そのまま食べても、おかずにも、スイーツにも合うくり♪
ぜひみなさんも、秋のうちにくりで旬を感じてみては…?

s_181017_03.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2018年10月17日 (水)食欲の秋! 鮮魚を求めて...


福岡といえば玄界灘のおいしい魚!
我が家の食卓で、ときには居酒屋で、その味を満喫する日々ですが、
先週末は朝からここに繰り出しました!

n_181017_01.JPG

土曜日の朝9時前、すでに行列が!
福岡市長浜の中央卸売市場です。
毎月1回程度、おもに土曜の午前中「市民感謝デー」として一般に開放され、
旬の魚を求めることができます。

n_181017_02.JPG

初めて入る市場。
早くも興奮を抑えきれません。

n_181017_03.JPG

「走らないで、ゆっくり中に入ってくださーい!」
一刻も早くいい魚をゲットしたい!
市場の魂?が注入される瞬間です!

n_181017_04.JPG

それにしても広い!
どこまで続くのか、奥が見通せません。
そんな中をずんずん進むお客さんたち。
クーラーボックスを手にした人も。

n_181017_05.JPG

新鮮なエビに!

n_181017_06.JPG

イワシやアジの青魚。

n_181017_07.JPG

ヒラメは生きています!
そして、キビナゴのつかみ取りまで。

n_181017_08.JPG

いったいどれを買ったらいいのか?
手頃な値段のものはあっという間に買われてしまいます。
焦るな、焦るなと思いつつ、あっ、また買われてしまった。
ジンジンとアドレナリンが出る…。
魚屋さんって、こんな気持ちなのかなあと思いつつ、
エビとマグロのブロック、真鯛を買いました。

そういえば、朝飯も食べずに出てきたんだった。
というわけで。

n_181017_09.JPG

ふー。
長浜といえば、やっばりラーメン。
塩味の効いたスープと細麺で、興奮を鎮めたのでした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:18 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2018年10月16日 (火)やった~☆


m_181016_01.JPG

白星風船が舞うヤフオクドーム☆
我らがソフトバンク、
CSファーストステージを突破!

m_181016_02.JPG

大事な戦いを見なければ…!
仕事終わりに行ってきました!

負ければ今シーズンは終了。
まだまだソフトバンクの試合が見たい。
日本一になってほしい。

声援も自然と大きくなって、
いつも以上に一体感を感じる空間でした☆

m_181016_03.jpg

勝利の花火も
きのうは20連発で祝福☆

そして17日(水)からは
西武との戦いが始まります。

強敵ですが、
ソフトバンクの勝利を願って
福岡からエールを送ります(^o^)

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13:48 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2018年10月15日 (月)勝負の行方は...


13日に始まった
CSファーストステージ。
応援に行ってきました!

m_181015_01.PNG

第1戦は
なんといってもデスパイネ選手!
満塁ホームランに、しびれましたね☆

そして第2戦は満員御礼!

m_181015_02.JPG

福岡局のメンバーで応援しましたが、
悔しい悔しい敗戦…。

ですが!
落ち込んでいる時間はありません。
勝負の第3戦、
わたしもヤフオクで精いっぱい応援します!!!

現地へ行けないという方、中継もあります☆
きょう15日(月)
BS1   午後6時~
ラジオ第一 午後6時~(九州沖縄地方・北海道)

m_181015_03.JPG

リポート担当の西川アナウンサー。
朝から気合入ってます!

いくぞ、ホークス!もう1頂~☆☆☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13:45 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2018年10月10日 (水)"うみっこかあちゃん"が守るカツオの味~宮崎・日南~


s_181010_01.jpeg

宮崎県日南市では一本釣りの「カツオ」の漁獲量が日本一。
「戻りガツオ」がとれる今、その味を求めて観光客も訪れる。地元では、新鮮なカツオの表面をあぶるのが一番おいしい食べ方として、市内の飲食店10店舗で「カツオ炙り重」を提供、町の名物となっている。地元の港の駅でも、「カツオ」は地魚の中でも売り上げは一番。町ではとれたてのカツオをカレーやオイル漬け、菓子など、10種類を超える加工品も生み出している。中でも最近お土産として人気なのが、「かつおのしょうゆぶし」。漁協の女性部「うみっこかあちゃん」たちが生み出した郷土料理だ。隠し味は地元の「焼酎」。農林水産大臣賞も受賞した一品だ。日南市で古くから食べられてきたこの味を観光客にも知ってもらいたいと毎週2日間かけて作っている。「お父さんがとってきた魚をおいしく味付けして広めていくのが私たちの仕事。」その想いを込めて煮込む「うみっこぶし」。「母ちゃん」たちの愛情たっぷりのふるさとの味を伝える。

s_181010_02.jpeg s_181010_03.jpeg

■「日南一本釣りカツオ炙り重」が食べられるお店(冒頭で紹介したお店)
▽港の駅めいつ
住所:宮崎県日南市南郷町中村乙4862-9
カツオ炙り重:1500円
営業時間:午前10時30分~午後2時30分
店休日:月曜日(祝日の場合は日曜日)
電話:0987-64-1581
他、市内9店舗の飲食店で食べることができます。

s_181010_04.jpeg s_181010_05.jpeg

■カツオのしょうゆぶし(かつおうみっこ節)について
港の駅めいつで販売されています。
直接加工場で注文・購入もできます。売り切れる日もありますので、事前の連絡をおすすめします。

▽日南市漁業協同組合水産加工センター
住所:宮崎県日南市大堂津2-10-1
電話:0987-64-1581

s_181010_06.jpeg s_181010_07.jpeg


miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回はかつおを求めて…福岡市内から6時間かけて宮崎県日南市へ!
着いた頃にはへろへろだったのですが…
そんな疲れを吹き飛ばしてくれるほどのおいしさ!!
いちばん最初に頂いたのはお刺身。シンプルにおいしかったです!笑
とろける食感とうまみがたっぷり詰まったかつお。
手が止まりませんでした…!

s_181010_08.jpeg

なぜこれほどおいしいかつおが食べられるかというと、わたしがかつおを頂いた海の駅は魚市場のすぐ隣にあるんです!
さらに取れたての新鮮なかつおを、朝のうちにさばいているんです!
この徹底ぶりがおいしさの秘けつなんだそう。
さらに、しょうゆ節という日南で親しまれている郷土料理を作っているお母さんたちともお会いしてきました。
気持ちいいほどに豪快でとっても元気なみなさんが、かつおを丁寧に丁寧に調理していく姿がとても印象的でした。
昔から保存食として漁師の家庭で作られているそうで、アレンジも自由自在!
わたしも自宅に戻ってから、スープに入れたり、おにぎりの具にしたりといろいろ試してみました。どれもとってもおいしく、普段のメニューが少しグレードアップしました。お母さんたちの知恵と工夫、愛情がたっぷり詰まったしょうゆ節。
ぜひ、おすすめです♪

s_181010_09.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2018年10月09日 (火)スポーツの秋!


中山庸介です。
台風一過、秋晴れの福岡市。
福岡タワーで行われた、あるスポーツイベントに参加してきました。

n_181009_01.JPG

その名も、「超ウルトラ階段のぼり大会」。
以前ロクいちでもご紹介しましたが、
毎年初夏と秋、このタワーの展望台めざして
階段を登ろうというイベントです。

n_181009_02.JPG

ふだんは入ることのできない非常階段にワクワク。
5段ずつ小さな踊り場をはさみつつ、小刻みに、上へ上へと。

n_181009_03.JPG

展望台まで、577段の階段ですが、
最初はごらんのとおり余裕の表情。

n_181009_04.JPG

ところが…。
登るにつれて、すき間から下を見ると、
何とも言えない、ムズムズした感じ。

n_181009_05.JPG

元気な子供たちがグイグイ追い抜いていきます。
この階段、いったいどこまで続くんだろう…。

n_181009_06.JPG

ニクい演出。
深呼吸します。

n_181009_07.JPG

体が重い!もっとダイエットしてくるべきだったと反省。
窓の外からは、さわやかな海風。
味わう余裕すらありません。

n_181009_08.JPG


そうしているうちに、いよいよゴールが!

n_181009_09.JPG

やったー!
無事、地上123mの展望台まで到達。
タイムは11分あまり。
陸上の実業団レベルの選手だと、ここを3分台で登るとか。

n_181009_10.JPG

街の景色が、色濃く見えるのは気のせいでしょうか。
きょうになって太ももとお尻の筋肉がどうも痛くなってきましたが、
自分で登った展望台からの景色。
きっちり心に刻まれました。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:35 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2018年10月09日 (火)250万人


m_181009_01.JPG

今月3日、
ソフトバンクの今シーズンの観客動員数が250万を突破!
パ・リーグ史上最速です!

そんな記念すべき日に
私もヤフオクドームに行っていました☆

m_181009_02.JPG

土日はもちろん
平日でも本当に多くのファンが応援に来ていて
最速記録も納得です。


パ・リーグ2位が決まったソフトバンク。
CSファーストステージが
いよいよ13日(土)からです!


どんな戦いになるのか…
ワクワクします☆

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14:07 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2018年10月04日 (木)vol.5 ゴミへの挑戦~世界に広がる「福岡方式」~


k_181004_01.jpg

九州・沖縄ゆかりの人々のその後を「決定づけた」場所と時間を探り、その人の人生をたどるミニ人間ドキュメント「九州クロスポイント」。5回目は、福岡大学の名誉教授、松藤康司さん(70)に迫る。51年前、福岡大学薬学部に入学した松藤さん。卒業にあたり、長崎県五島列島の福江島にある総合病院で現場実習を行った。そこで出会ったのが、今からちょうど50年前に問題となった「カネミ油症」の患者たちだった。福江島では、原因となる食用油が多く流通し、被害が集中していたのだ。油症患者との出会いをきっかけに、公害に関心を持つようになった松藤さん。このまま薬の勉強を続けていくのか疑問を持っていたとき、教授から、当時確立されていなかったゴミの処分技術の開発プロジェクトに参加しないか誘われた。ひとり海辺で自分と向き合い、悩んだ松藤さんは、ゴミ問題に取り組むことを決意した。
それから半世紀。松藤さんが開発に携わったゴミの処分技術「福岡方式」は、自然の力を生かし、ゴミから出る水をきれいにするだけでなく、メタンガスの発生も抑制することから、世界中から評価されるようになった。松藤さんは、今では世界中を駆け回り、ゴミ処分場の開発の支援を行っている。リポートでは、松藤さんの半世紀を振り返り、その原点と公害、公衆衛生への思いを伝える。

■問い合わせ
▽福岡大学工学部 社会デザイン工学科 水理衛生工学実験室
電話:092-863-8238
▽NPO SWAN-Fukuoka 松藤康司
電話:092-862-3166

k_181004_02.jpg

 【取材者のひとこと】
「たまたまそこに生まれただけで」。松藤さんがインタビューで口にしていた言葉です。カネミ油症も、水俣病などの公害もたまたま食べてしまった、そこに住んでいただけで、何の罪もない人たちが被害にあっていた。松藤さんは、もし、自分がそこにいたら、自分もそうなっていたかも知れないと、他人事ではなく、自分事として考えていたのです。そして、それが、今、世界中を駆け回りながら出会うゴミ山で暮らす人々とも重なっているのではないかと思いました。ゴミの処分場の開発は、ただ、環境をよくするためではなく、そこに暮らす人々を苦しませる貧困問題にもつながり、まさにその地域に住む人々の生活を改善するための糸口ともなっているのです。だから、松藤さんは、70歳になり、福岡大学を退職した後も、止まることなく、世界各地に足を延ばしています。松藤さんの取材を通じて、私自身、自分にできることを改めて考えさせられました。このリポートが皆さんにとっても、別の地域、国で起きていることを自分事として考える一つのきっかけになれればと願っています。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:九州・沖縄クロスポイント | 固定リンク


2018年10月04日 (木)行合の空


タイトルにした
「行合(ゆきあい)の空」。
この言葉、ご存知ですか?
先日。気象コーナーで吉竹さんが教えてくれた言葉で、
「夏から秋へ移り変わるころの空」のことです。


その「行合の空」、見つけました。
9月の終わり、糸島で撮影しました。

m_181004_01.JPG

山の真上には夏の雲。
その上や、手前には秋の雲。
見つけたことがうれしくて
何枚も写真を撮ってしまいました(笑)


空は夏から秋へ移行中でしたが、
食べ物はすっかり秋です。

m_181004_02.JPG

さつまいもご飯を炊きました。

m_181004_03.jpeg

お店では銀杏を頂き、秋の味覚を満喫中です。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:14:05 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク


ページの一番上へ▲