2017年12月07日 (木)さまよう遺骨 一体なぜ?


f_171207_01.jpeg

いま、様々な理由でお墓を持つことができない人が増え、遺骨が行き場を失う事態が起きている。
千葉市の住宅街には、墓に入ることができない人の遺骨を引き取る会社がある。この会社が行っているのは「散骨代行サービス」。家族に代わって、海に散骨している。申し込みは、電話かメール。依頼者と直接顔を合わせることはほとんどない。サービスを初めて2年で、利用者は1000人を超えている。
なぜ遺骨を手放す人が相次いでいるのか。九州に暮らす40代の女性は、今回、亡くなった父親の遺骨を、散骨してもらうことにした。お墓を建てる経済的な余裕がないからだ。女性は3人の子供を育てながら、住宅ローンの返済のため、毎日パートの仕事をしている。墓を建てるには100万円以上必要で、諦めざるを得なかった。
一方、経済的な理由ではなく、あえて自分の墓を建てない選択をした人もいる。福岡市に住む70代の男性。家族は、長崎県に暮らす50代の息子、ひとりだけ。息子は仕事が忙しく、めったに連絡は取らない。「自分が死んだ後、迷惑をかけたくない」と、遺骨は海に散骨するか、無縁仏として弔ってもらおうと考えている。
男性が遺骨の処分を依頼したのが、福岡市の社会福祉協議会。社会福祉協議会が死後事務を代行するサービスを始めたのは、元々、身寄りのない人のためだった。ところが申し込んできた人の9割は、意外にも家族や親戚がいる人たちだった。毎日のように寄せられる、高齢者からの問い合わせ。契約者は増え続けている。

f_171207_02.jpeg

■福岡市社会福祉協議会の取り組みについて
あらかじめ預けたお金で、自分が死亡したときに、「葬儀」「納骨」「公共料金の精算」「家財の処分」を行ってくれる事業です。
料金など、詳しくは下記までお問い合わせください。

▽福岡市社会福祉協議会 地域福祉課 事業開発係
電話:092-720-5356
住所:福岡市中央区荒戸3-3-39 ふくふくプラザ3階

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク


2017年12月06日 (水)美肌の湯で大変身!とろっとろの湯豆腐


佐賀県嬉野温泉の名物、温泉湯豆腐。そのとろけるような柔らかい食感と豆腐の濃厚な風味が、味の特徴だ。
おいしさの秘密は、美肌効果のある嬉野の温泉水にある。たんぱく質を分解する重曹を多く含んでいるため、炊き込むと豆腐が溶け出し、なめらかな味わいになる。さらに、嬉野の温泉水には胃腸を活性化させる飲用効果もあるといわれ、体の外側からも内側からも健康に効き目があるという。
51年続く豆腐店の3代目の藤川侑介さんは、嬉野温泉で最年少の豆腐職人だ。3年前に帰郷後、初代から続く味を大切にしつつ、自分にしか作れない味を追い求めている侑介さん。厳しくも優しい父に見守られながら、日々豆腐作りに打ち込んでいる。親と子をつなぐ豆腐を通して、身も心も暖める温泉湯豆腐を描く。

s_171206_01.jpeg

■藤川豆腐店3代目
▽藤川侑介(ふじかわ・ゆうすけ)さん
s_171206_02.jpeg

■紹介したお店
▽大正屋
住所:〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2276-1
電話:0954-42-1170

▽藤川豆腐店
住所:〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町下宿丙64-1
電話:0954-43-1683
営業時間:9:00~16:00(定休日:水曜日)

■温泉湯豆腐が食べられる旅館・飲食店の詳細について
温泉湯豆腐は嬉野温泉の48軒の旅館・飲食店で召し上がることができ、うち20軒でお持ち帰りが可能です。
詳しくは下記の嬉野観光協会へお願いいたします。

▽嬉野温泉観光協会
住所:〒843-0301〒佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-55
電話:0954-43-0137
営業時間:9:00~18:00

egawa.jpgのサムネイル画像
福岡でも初雪が観測され本格的に寒くなってきましたが、みなさんは寒さ対策などされていますか?私は、今回佐賀県の嬉野温泉に入って心も体も温まってきました。日本三大美肌の湯の1つと言われているだけあって、肌がすべすべになったような感覚があり癒やされました。そのあとに頂いたのは・・・名物の「温泉湯豆腐!」

s_171206_03.jpeg

こちらをコトコト鍋で煮込むことおよそ10分。すると・・・

s_171206_04.jpegのサムネイル画像

まっしろに!なんと、豆腐を嬉野の温泉水で煮込むことでとろけたんです♪

s_171206_05.jpeg

食感もとろとろ。何もつけなくても豆腐の味が濃厚で甘みがあってとてもおいしかったです。
それもそのはず。豆腐も、甘みのある大豆からこだわって作られていました。50年以上続く豆腐屋におじゃますると、3代目の藤川さんは、なんと27歳の若さ。私と1歳しか変わらないのですが、とてもしっかりされていて豆腐を見つめるまなざしからは、1つの豆腐をこだわって作ろうという思いが伝わってきました。これからも、おいしい豆腐を作り続けていってほしいです。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2017年12月05日 (火)アビスパ福岡 昇格ならず来シーズンもJ2


サッカーJ2のアビスパ福岡は、今月3日にJ1昇格プレーオフの決勝で名古屋グランパスと対戦し、0対0で引き分けました。大会ルールにより、リーグ戦の年間順位の上位が昇格することから3位のグランパスのJ1昇格が決まり、4位のアビスパは1年でのJ1復帰はなりませんでした

s_171205-2_01.jpeg
▲リーグ最少失点のアビスパ対リーグ最多得点のグランパス

sueishi_02.pngのサムネイル画像
試合は、グランパスのホーム、豊田スタジアムで行われました。3万8000人近くの観客が集まり、完全アウェーの中での試合でした。福岡市東区にあるアビスパの本社ではパブリックビューイングが行われ、400人のサポーターが声援を送りました。
リーグ戦4位のアビスパに対し、グランパスは3位のためアビスパは勝利が昇格の条件でした。井原監督がこの試合のキーマンにあげていたのはエースのウェリントン選手です。今シーズンのレギュラーシーズンではグランパス戦の2試合ともウェリントン選手は警告の累積で出場していなかったため、井原監督は「相手はウェリントンの強さや迫力を体験していない」とエースの活躍をポイントにあげていました。そのウェリントン選手が、後半13分に得意のヘディングでゴールネットを揺らしましたがオフサイドの判定でゴールが認められませんでした。前半から積極的に前に出たアビスパは相手より1本多い12本のシュートを打つも決められず、無得点に終わりました。
一方の守備では、リーグ最多得点を誇るグランパスの攻撃を抑えました。センターバックの冨安選手がリベンジを誓っていた相手のエース、シモビッチ選手に体を張って抑え、仕事をさせなかったのが最も印象に残っています。
残念ながら1年での復帰の目標はかないませんでしたが、シーズンを通じて安定した成績を残し選手の成長も見られた1年でした。来シーズンこそ、J1昇格を期待したいと思います!

s_171205-2_02.jpeg
▲グランパスが1年でのJ1復帰を決めました

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク


2017年12月05日 (火)アビスパ福岡 昇格なるか!あさって決勝戦


サッカーJ2のアビスパ福岡は、今月3日にJ1昇格プレーオフの決勝で名古屋グランパスと対戦します。J1昇格、残りの1枠を争うのは、リーグ最少失点のアビスパとリーグ最多得点のグランパスの好対照な対戦になりました。今シーズン最後の試合を前に、選手や監督の意気込みをお伝えしました。

s_171205_01.jpeg
▲シーズン最後の試合があさってに迫る!


sueishi_02.pngのサムネイル画像
準決勝に勝っていい流れで迎えるJ1昇格プレーオフの決勝。練習は、選手たちがいつもよりも声を出して、集中力が感じられ、いい雰囲気の中で行われていました。決勝の相手は名古屋グランパス。4位のアビスパに対してグランパスは3位で大会ルールにより、アビスパは勝つことがJ1昇格の条件です。
リーグ最少失点で堅守を持ち味に戦ってきたアビスパが、最も失点した試合が3失点のグランパス戦。昇格には、強力なグランパスの攻撃陣を抑えることが必要です。


s_171205_02.jpeg
▲守りの要の冨安選手

期待の若手、センターバックの冨安選手は、グランパス戦を前に「ことし2試合やって、シモビッチ選手には個人的にやられている感覚が大きい」と1メートル99センチの長身フォワード、シモビッチ選手を最も、警戒していました。相手の身体の使い方の技術の高さに注意したいと話し、「同じことを繰り返さないように、無失点で抑えたい」と力強くリベンジを誓っていました。冨安選手がどんなプレーでシモビッチ選手を抑えるのか、注目です!


s_171205_03.jpeg
▲井原監督も期待を寄せるエースウェリントン選手

失点を防ぐ一方で、ゴールを決めて勝たなければいけません。井原監督が期待を寄せるのは、チームの得点王のウェリントン選手です。過去2試合のグランパス戦には出場しておらず、井原監督は「ウェリトンの強さや高さというものはポイントになる」と断言していました。


s_171205_04.jpeg
▲フォワードの松田選手

また、古巣・グランパスとの対戦になった松田選手にも注目です。今シーズン、アビスパに移籍してきた松田選手は「運命じゃないかと思っている。絶対に点を取りたい」と意気込んでいました。双子の兄・松田陸選手がセレッソ大阪にいることについて触れた上で「お兄ちゃんとも対戦したいので、絶対にJ1に上がりたい」と話しました。
今シーズン最後の試合なので、選手たちには悔いのないように戦って昇格を勝ち取ってほしいです!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11:20 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク


2017年11月30日 (木)畳上の格闘技"競技かるた"ひと秋の青春


畳の上に並べられた百人一首の札50枚を取り合う「競技かるた」。ここ数年、人気が急上昇している。きっかけは、競技かるたに燃える高校生の青春を描いた漫画「ちはやふる」。累計発行部数は2000万部を超え、映画化もされた。長時間の集中や瞬発力が求められ、札を払う時の激しさから「畳の上の格闘技」とも言われている程見た目以上にハードな競技だ。
そんな競技かるたに熱中する姉妹が福岡県柳川市にいる。姉の濱川琴葉(はまかわ・ことは)さん中学校1年生と、妹の葵葉(あおば)さん小学校4年生の姉妹。漫画をきっかけに、1年半ほど前に2人そろって競技を始めた。積極的な「攻める戦法」で勝ちを積み上げる妹に対し、一方の姉・琴葉さんは、控えめな性格が影響してか「攻め」のかるたができず、壁にぶつかっていた。姉はどう、壁を乗り越えるのか。

■三池よきもの会(2人の所属する競技かるたの練習会)
代表:福島由紀さん

f_171130_01.jpeg

f_171130_02.jpeg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク


2017年11月29日 (水)ヤーコンで町も人も元気に!福岡県那珂川町


福岡県那珂川町で、今「ヤーコン」の収穫が最盛期を迎えています。南米アンデス地方が原産の野菜で、見た目は、さつまいもに似ていますが、梨のようにジューシーでシャキシャキとした食感と、ほのかな甘みが特徴です。ヤーコンには、フラクトオリゴ糖やポリフェノールが多く含まれ、健康野菜として注目されています。那珂川町では16年前、後継者が不足している中山間地域の農地を有効活用し、町の新たな特産物を作ろうとヤーコン部会を立ち上げました。現在部会員は18人、その一人、首藤孝さんは水田を活用して700株を育てています。水田は排水が悪く育ちにくいため畝を高くしたり、ヤーコンを傷つけないように慎重に収穫したり、一株一株を大切に扱っています。こうして生産者たちが手間隙かけて育てたヤーコンは、小学校の給食に取り入れられるなど、町の特産物として着実に地域に根付きつつあります。さらに、多くの人に広めたいと、35種類以上のレシピを開発し、イベント会場での試食販売や料理教室を実施しています。

■番組で紹介したヤーコン生産者首藤孝さん
※首藤さんは発注を直接受け付けていません。
s_171129_01.jpeg s_171129_02.jpeg

■ヤーコンを購入できるところ
※店休日など詳しくは直接店舗へお問い合わせ下さい。

▽那珂川町役場売店
電話:092-953-2211
住所:那珂川町西隈1丁目1番1号

▽中ノ島公園生産物直売所かわせみの里
電話:092-953-0514
住所:那珂川町市ノ瀬445-1

▽JA筑紫ゆめ畑那珂川店
電話:092-952-2971
住所:那珂川町松木1-156

■ヤーコンについて詳しくは・・・
▽那珂川町産業課
電話:092-953-2211

egawa.jpgのサムネイル画像

きょうは、11月29日「いい肉」の日ですが・・・取り上げる食材は、那珂川町のヤーコンです。みなさんヤーコンって食べたことありますか?私は今回見るのも食べるのも初でした!収穫してみると・・・

s_171129_03.jpeg

こんなにたくさんの実が!このときは1株に15個ほどついていました。なので、引き抜くときも重たくて大変な作業でした。生産者の首藤孝さんは、「この瞬間が1番楽しみで、たくさんついていたらうれしい」とおっしゃっていました。
ところで、ヤーコンを見てみると、見た目はなんだかさつまいものように見えますが、
気になるお味はというと・・・生でいただけるんです。

s_171129_04.jpeg

シャッキシャキでジューシー!ほんのり甘みがありました。根菜に分類されるんですが、まるでフルーツのなしのようにも感じる味でした。
今回、私が1番驚いたのは、ヤーコンの調理の幅広さです。

s_171129_05.jpeg

ヤーコンのフルコース!これ、すべてヤーコンを使った料理なんです。サラダや肉料理、ごはんにデザート、お茶まで。ちなみにお茶は、ヤーコンの葉です。
ヤーコンを堪能しました♪

s_171129_06.jpeg

首藤さんとパシャリ♪

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2017年11月17日 (金)アビスパ福岡 自動昇格ならず昇格プレーオフへ


アビスパ福岡は、今月11日にホーム最終戦で5位の松本山雅と対戦しました。前半に山瀬選手のゴールで先制したものの、後半39分に同点に追いつかれ1対1で引き分けました。2位のV・ファーレン長崎との勝ち点差が「4」になり、目標としていたJ1への自動昇格はなりませんでした。試合後、行われたホーム最終戦のセレモニーでは井原監督が1年でのJ1復帰への決意を語りました。

s_171117_01.jpg

sueishi_02.pngのサムネイル画像
試合は、自動昇格の可能性が残るホーム最終戦でした。この大一番に後押しをしようと、1万4千人あまりが応援に駆け付けて、いつも以上の声援を送っていました。しかし、リードを守りきれず引き分け…。悔しさの残るホーム最終戦となりました。試合後のセレモニーで井原監督がJ1復帰への決意を語ると、サポーターが大きな拍手や声援を送っていて、サポーターの今年にかける思いを感じました。それにしても、12試合負けなしで昇格したV・ファーレン長崎は本当に勢いがありました。悔しいですが、アビスパもプレーオフで昇格して、「J1での九州ダービー」をサガン鳥栖、V・ファーレン長崎、アビスパ福岡と3チームで行いたいですね!そのためにもプレーオフを勝ち上がらなくてはいけません。

s_171117_02.jpg
▲残りの1枠を争う昇格プレーオフ

J1昇格プレーオフは3位から6位で行うトーナメント形式で決まります。3位と4位はホームで行えるというアドバンテージがあります。

s_171117_03.jpg
▲41節終えて順位表

現在3位ですが、順位は最終戦で決まります。16日のアビスパの練習取材で井原監督は「プレーオフを少しでもアドバンテージを持って戦うために、最終戦は勝たないといけない。ここからの3試合はある意味、トーナメントととらえて、最終戦の岡山戦はプレーオフ準決勝の前の“準々決勝”というイメージで戦いたい」と話していました。また、選手たちに取材しても、「3試合で残り1枠を絶対に取るっていう気持ちで取り組んでいて、いい練習が出来ている」と話していました。まずリーグ最終戦で勝った上で、いい流れを作ってプレーオフにつなげていきたいですね!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10:27 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク


2017年11月10日 (金)ソフトバンク 熱男・松田選手が生出演!


今月4日に日本一に輝いたプロ野球のソフトバンクホークス!
6日の「ロクいち!福岡」では、ホークスの“熱男”こと、松田選手をゲストに迎えて、日本シリーズの激闘の裏側を伺いました。

s_171110_04.jpg
▲松田選手がスタジオに来てくれました。

やりましたね~!日本一の奪還!劇的なサヨナラ勝ちで福岡の街は歓喜にわきました。私は、日本一になった場合の特番を担当していたので局内でドキドキしながら祈るような気持ちで応援していました。1点負けていた9回裏の内川選手の同点ホームラン。川島選手のサヨナラヒット、たくさんのドラマがあって印象に残る試合でしたね!
 
s_171110_05.jpg
▲笑顔で話す松田選手


松田選手も日本一を決めた試合ではホームランを打って、本拠地でおなじみの「熱男―!!」のパフォーマンスを響かせました。全試合に出場し、選手やファンを盛り上げた松田選手。試合前にはベンチ裏で「熱男―!」と声だしやフォームの練習をしてから試合に入るというルーティンを明かしてくれました。
今後については、「追われる立場なので、チーム一丸となって連覇を目指したい」と話していました。来シーズンの松田選手、どんな活躍をしてくれるのか楽しみです!
 
s_171110_06.png
▲放送後に一枚。「日本一の熱男」

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:55 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク


2017年11月10日 (金)アビスパ J1自動昇格に望みをつなぐ


シーズンが大詰めになったサッカーJ2。アビスパ福岡は、5日にホームでJ1昇格を決めた湘南ベルマーレと対戦しました。上位が勝ったために勝つしかないアビスパは、前半27分に出場停止明けのウェリントン選手がこぼれ玉を押し込んで先制。後半14分に同点に追いつかれたものの、7分後に石津選手が決勝点となる今シーズンの8得点目を決めて、2対1で勝ちました。アビスパは勝ち点3を積み上げ、J1自動昇格に望みをつなぎました。

s_171110_01.jpg
▲J1自動昇格争いはアビスパ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパスに絞られました。

sueishi_02.pngのサムネイル画像
スタジアムには、今シーズン最多の1万6千人を超えるサポーターが応援に駆けつけました。石津選手の決勝ゴールが決まった時には、地響きのような歓声があがりました。石津選手は「いつもに比べていい雰囲気のなかでサッカーをすることができたし、それが選手一人ひとりのパワーになった」と話し、サポーターやファンの声援の後押しが石津選手のゴールにつながったと思えました。また、試合後の記者会見でベルマーレの曺監督も「昨年以来、ここのスタジアムに来ましたが、観客、サポーターの方々とアビスパのスタッフ、選手とが一つになる雰囲気をつくられ、非常に『アウェイ』を感じました」と話すなど、今まで以上の一体感があったスタジアムでした。
自動昇格に向けて厳しい状況は変わりませんが、試合に向けての気持ちやファンの歓声が選手のパワーになり、試合で「何か」を生むこと、まだまだあきらめる必要はないということをスタジアムで取材していて感じました。次の試合がリーグのホーム最終戦です!

s_171110_02.jpg 
▲石津選手など12人の選手が参加

8日は、選手12人とスタッフが福岡市営地下鉄の天神駅でホーム最終戦への来場を呼びかけるチラシを配布しました。キャプテンの三門選手は、「湘南戦でサポーターの皆さんにすばらしい雰囲気を作っていただきましたし、逆転する試合ができたのもサポーターのみなさんのおかげだと思うので、絶対に勝利が必要なホーム最終戦で一緒に戦ってほしい」と呼びかけました。

s_171110_03.jpg 
▲チラシを渡す三門選手

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:47 | カテゴリ:スポロク! | 固定リンク


2017年11月10日 (金)外国人支える"お母さん"たち


福岡市の“在留外国人数”はこの10年で1.6倍に増加し、全国の政令指定都市の中で最も高い増加率となった。仕事や留学で来日する人の中には、生活や学校になじめず苦労する人も少なくない。
そんな外国人を支えようと、東区では14年前から住民によってある取り組みが行われてきた。親子日本語教室“よるとも会”。週に一度、放課後の小学校で開いている教室には、30人ほどの外国人がやってくる。そのほとんどが、アジアや中東からの留学生とその家族だ。地域の住民ボランティア10人ほどが、やさしい日本語や英語を使って教えている。また、“よるとも会”では、チラシや学校からのお便りを翻訳するなど、主婦の目線で生活上の困りごとにも対応するのが特徴だ。外国人のお母さんたちがことばの壁で困っていることを知った日本人の母親たちが、この活動を始めた。特に力を入れているのが、子どもたちの支援。去年父の留学で来日したアフガニスタン人のムサビ アカ君(中3)は、当初は勉強についていけず悩んでいたが、会の支援で自信をつけ、高校受験に挑み始めた。
“日本のお母さん”として外国人住民を支える「よるとも会」の取り組みを取材した。

fc_171110_01.jpeg

■香椎浜小学校親子日本語教室(かしいはましょうがっこうおやこにほんごきょうしつ)「よるとも会」について
活動場所:福岡県福岡市東区香椎浜(かしいはま)2-2-2 福岡市立香椎浜小学校
日時:毎週木曜 夜7時~8時半

fc_171110_02.jpeg

fc_171110_03.jpeg

fc_171110_04.jpeg

egawa.jpgのサムネイル画像

放課後の小学校で開かれている日本語教室「よるとも会」。行ってみると、教室の中からとてもにぎやかな声が聞こえて来ました。そのことばは、日本語や英語、韓国語に中国語など、国際色豊か!子どもから大人まで幅広い世代が集まって、日本語の勉強をしていました。日本語の読み書き、外国人の子どもの場合、学校の授業で学んでいる数学や化学などもマンツーマンで教えてもらっていました。また、よるとも会では、生活面でのサポートも行っていて、例えば、子どもの乳幼児健診の調査票をもらったけど、何と書けばいいかわからない、と相談している母親もいました。日本の仕組みや文化がわからない外国人の方にとっては、この場所で相談できることが本当に助かっているそうです。教室には、小さい子どもが遊べるスペースもあり、「○○ちゃん大きくなったね~」という会話から、子どもたちが地域で見守られていることが伝わってきました。
私は、大学時代に4年間、寮生活で留学生と共に暮らしていた経験があります。それまでは、外国人と会話をした経験もあまりなく、文化の違いから衝突したこともありました。でも、少しずつコミュニケーションをとれるようになると、お互い歩み寄ることができたことを思い出し、日本人も外国人も共に過ごしやすい環境を作っていくことが大切だと改めて思いました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10:27 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク


ページの一番上へ▲